「SF」タグアーカイブ

テスタメントシュピーゲル3 上・下 /冲方丁


テスタメントシュピーゲル3 上 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
上巻2017年1月刊、下巻2017年7月刊。
最高でした・・・・・・本当に最高だった。

国際都市を舞台に繰り広げられる、機械化された少年少女の戦い。
そこで彼女たちが対峙する過去の傷と因縁。
果たして過去を乗り越え未来を掴み取ることができるのか――

素晴らしい青春小説でした。
クライム・アクションで近未来SFなんだけど、それ以上に青春小説としてパーフェクトだった。
過去の暗闇を這いずりながらも未来へ進み続ける少年少女の物語好き・・・・・・シュピーゲル大好き・・・・・・
読んで良かったです!すっごく楽しかった!

☆あらすじ☆
鬼才・冲方丁の原点にして記念碑的大河ライトノベル、ついに完結へ――。 都市を驀進する蒸気機関車とともに、6人の少女は希望への道を切り開く!!
「前へ進み続けろ!! 真っ直ぐ前へ――!!」
西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊の涼月は、敵の情報汚染への対抗ユニットを目標地点に運ぶため、機能不全に陥った都市を蒸気機関車で驀進する。そのころ、仲間2人――陽炎/夕霧もまた、のっぴきならない危機に直面していた。やがて散り散りになった仲間たちは集い、全ての事象はひとつに収束していく――。機械化された肉体を武器に闘う少女たちの物語、いよいよ最終章!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む テスタメントシュピーゲル3 上・下 /冲方丁

テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁


テスタメントシュピーゲル1 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前シリーズの感想はこちらから

評価:★★★★★
2009年11月刊。
面白すぎる・・・・・・あまりにも面白すぎる・・・・・・
オイレンとスプライトの段階でも「おっもしろーい!ひゃっほーう!」となってたのに、嘘やんこんな面白くなるとかありえるの・・・?

本当はブログに感想を書くよりも続きを読みたい気持ちでいっぱいです。
でも1巻を読み終えたこの瞬間の絶望と感動と興奮は今しか書けないと思ったので、グッとこらえて感想を書きます。

もうね、心が血塗れなんですよ。
今までの全てが容赦なく心を握りつぶした。丁寧にすり潰されて、ぺしゃんこになった。

なのに悔しいくらい面白い。

どうしたらいい?面白すぎるんだけど、これ、まだ1巻なんですよ??
本当にどうしたらいいの・・・・・・

☆あらすじ☆
西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊(MPB)に所属する涼月、陽炎、夕霧は今日もささやかな休息を寸断され、テロリスト集団と対峙していた。機械化された肉体を武器に重犯罪者と戦う〈特甲児童〉、だがその心にはいまだに癒えぬ痛みがある。単純に見えた事件の奥に過去へと繋がる断片を見出し、独自の調査へ乗り出す少女達。事態は重大な局面へ……。
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の衝撃的ライトノベル、新シリーズ突入第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む テスタメントシュピーゲル1 /冲方丁

オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁


【合本版】オイレンシュピーゲル 全4巻 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
オイレンシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年5月刊。
スプライトシュピーゲル:2007年2月刊 〜 2008年4月刊。

めちゃくちゃ面白かった!
架空の国際都市を舞台に、治安維持組織に所属する少女たちの戦いを描くSFクライム・アクション。
体に障害を持つ子どもに機械の手足をつけてテロリストとの戦いに放り込むという、かなりドギツイ物語ですが、そこで描かれるドラマとアクションは濃厚の一言。
救いがたく反吐が出るような世界だけど、そこで必死に進み続ける少女の慟哭が胸を打つ。
また、現実世界と切り離せない設定・描写が多々あり、そのリアリティが物語への没入感を高めるかのよう。
あとラブコメが予想外に楽しすぎた・・・!笑

色々書きたいことは後ろに回すとして、近未来警察モノとして最高に面白いエンタメ小説でした。

ちなみに『オイレンシュピーゲル』(角川スニーカー文庫)と『スプライトシュピーゲル』(富士見ファンタジア文庫)はワンセットです。
もしもこれから読む方は1巻ずつ交互に読んでくださいね(2巻と4巻で交錯があります)

シリーズ完結作の『テスタメントシュピーゲル』も近日中に読む予定です。

☆あらすじ(オイレンシュピーゲル1巻)☆
「なんか世界とか救いてぇ――」。あらゆるテロや犯罪が多発し『ロケットの街』とまで渾名される国際都市ミリオポリスに、「黒犬」「紅犬」「白犬」と呼ばれる3人の少女がいた。彼女たちはこの街の治安を守るケルベルス遊撃小隊。飼い主たる警察組織MPBからの無線通信「全頭出撃!」を合図に、最強武器を呼び込み機械の手足を自由自在に操り、獲物たる凶悪犯罪者に襲いかかる!
『天地明察』で2010年本屋大賞第1位を獲得した冲方丁の、衝撃的ライトノベル第1弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む オイレンシュピーゲル(全4巻)、スプライトシュピーゲル(全4巻)/冲方丁

86―エイティシックス― Ep.8 ガンスモーク・オン・ザ・ウォーター /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.8 ―ガンスモーク・オン・ザ・ウォーター― (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年5月刊。
今回は海上戦。
意外と早く辿り着いてしまった海で、迷子のような顔するエイティシックスたちに切なくなってしまったり・・・・・・

☆あらすじ☆
そして再び、戦いは残酷に全てを奪い——アニメ化決定の人気作、新章開幕!
〈レギオン〉完全停止の可能性。
終わらぬはずの、戦争の終わり。
それは人類の悲願。明日への希望。
しかし、戦士たちは——戦いが終わった先、戦場で死ぬ定めだった「エイティシックス」は、どこへゆくのか。
〈シリン〉との出会いで、死を恐れぬことの不気味を知った彼らは、閉じていた未来への眼を、無理矢理に開かされた。
ある者は、愛する人を見つけた。
ある者は、世界を見て夢を描いた。
だが……、それが出来ぬ者は。
温かい希望の光が、彼らの鉄の意志と結束を歪め、そして。
ついに、過去最悪の犠牲を生む。
平穏を許さぬ、新章開幕のEp.8!
“辿り着いた海は、彼らに血を求めた。”

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.8 ガンスモーク・オン・ザ・ウォーター /安里アサト

少女願うに、この世界は壊すべき 〜桃源郷崩落〜 /小林湖底


少女願うに、この世界は壊すべき ~桃源郷崩落~ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
第26回電撃小説大賞《銀賞》受賞作。
中華風と和風を足して2で割ってポストアポカリプスで味付けした楽しいファンタジーでした。
かなり込み入った設定で、そこに慣れるのが少し大変だったかな。でも読み応えはすごかったです。
あと最近では廃れた暴力系ツンデレヒロインに懐かしさを感じたり。全裸で始まり、全裸で終わる男がいかんのよ(違)

☆あらすじ☆
時空を超え目覚めた最強の霊術遣いが、残虐な妖魔を殲滅する!
こんな世界はぶっ壊してやる——
妖狐の因子を持つ少女・熾天寺かがりは、村を襲う天颶や心ない人間たちから迫害され、この世界の全てを忌み嫌っていた。
そんな彼女の願いに応じ、はるか昔に自らを封印した最強の聖仙・神津彩紀が覚醒する。五彩の覇者と呼ばれ、全能の薬神でもある彼の姿は——
全 裸 だ っ た 。
「間一髪だったな」流れるように神州刀を振り回し、敵を殲滅した彩紀は告げる。
「どうやら俺はお前の式神、平たく云えば奴隷になってしまったようだ。お前の願いはなんだ──」
最強のエロ聖仙と灼熱の狐耳少女による、世界変革の物語が始まった。
——人の祈りは、天の法則を書き換える。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 少女願うに、この世界は壊すべき 〜桃源郷崩落〜 /小林湖底

魔法も奇跡もない、この退屈な世界で /渡風夕


魔法も奇跡もない、この退屈な世界で (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★☆☆☆☆
2020年2月刊。
犯罪者と捜査官がバディを組むクライム・アクションでミステリ要素あり、というあらすじに惹かれて読みました。
でも残念ながら私には合わない作品でした・・・・・・

☆あらすじ☆
改造人間達と超常者達が争う23世紀日本が舞台の痛快SF犯罪アクション!
人体改造による異能者が跋扈(ばっこ)し、犯罪こそが退屈な日々を送る大衆のエンターテインメントとなった23世紀の日本──。
人々を熱狂させる『王』の称号を持つ〈殺人王〉フォルックは、敬愛する師の死体の行方を探し求めていた。
そんな彼の前に、死体の悪用をほのめかす同業者、取引を持ちかける警察組織、そして、冷凍睡眠(コールドスリープ)から目覚めて間もない21世紀人・女捜査官のヒナコが現れる。
同業者を追うべくバディを組む事になったフォルックとヒナコは『人殺し』への理念でぶつかりながらも、巨大な陰謀劇に巻きこまれていることを知るようになる─ ─そして激しい追跡劇を経る内に判明する、二人の悲しい真実とは?
謎解き+どんでん返しが連続する、痛快・近未来クライムバトルファンタジー!

以下、ネガティブな感想です。注意。

続きを読む 魔法も奇跡もない、この退屈な世界で /渡風夕

86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.7 ―ミスト― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年9月刊。
ラブコメ好きとしては★を10個でも100個でも1000000000000000個でも差し上げたい。
湯けむり旅情で慰安旅行で修学旅行でニヤニヤ止まらぬラブコメ回でした。
新章の始まりでありながら、最初から最後まで戦場から遠く離れ平和に息抜きを満喫する第7巻。
普段が精神的負荷最大値の戦争ものだから、こういう日常回には果てしなく癒やされます。オンとオフのギャップが良いのだ。
ていうか、やっぱりこのシリーズの恋愛パートめちゃめちゃ好きだ・・・!

☆あらすじ☆
ひとときの休暇は、新たなる戦いの予感を連れて——〈盟約同盟〉編!
上位指揮官機〈無慈悲な女王〉。それは対レギオン戦争で守勢に立つ人類に与えられた“銀の弾丸”。『第86独立機動打撃群』の活躍で〈彼女〉の確保に成功した連邦・連合王国は、轡を並べる第三国「ヴァルト盟約同盟」にて、その解析と「尋問」を開始する。
一方、大戦果を上げた者たちにも報奨が授与された。特別休暇。鉄と血にまみれた日々を、僅かひととき遥か遠くに置き、シンとレーナはじめ皆はそれぞれに羽を伸ばす。が、同時に《その二人以外のほぼ全員》はある思いを共にしていた。
それは。“お前らいい加減、さっさとくっつけよ”
もう一つの戦線がついに動く(!?)Ep.7!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト