「nauribon」タグアーカイブ

最低皇子たちによる皇位争『譲』戦 〜貧乏くじの皇位なんて誰にでもくれてやる!〜 /榎本快晴


最低皇子たちによる皇位争『譲』戦 ~貧乏くじの皇位なんて誰にでもくれてやる!~ (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年10月刊。
皇位継承権を持つ皇子たちが継承指名を回避しようとあの手この手で逃げまくる中華風コメディ。
何もかも激しく間違っているのに、何だか熱く盛り上がる4兄弟の奮闘。
読みながら「馬鹿なんじゃないの?」と何度思ったことか。これは馬鹿だわ!曇りなき馬鹿!
正直、全員揃って国外追放が妥当だと思うのだけど、この馬鹿どもは「多忙な皇帝は嫌だけど皇族としての特権は維持しておきたい」というあっぱれな図々しさを発揮。
その思惑が微妙な駆け引きを生んでいて、足の引っ張り合いを楽しく盛り上げていたと思います。やっぱり全員国外に追い出そう?
ふふっと笑える良いコメディでした。オチが綺麗についてるところも好き。

☆あらすじ☆
重責・激務の皇位なんてくれてやる! 回避スキルの無駄使いコメディ!
皇帝の第四皇子・スガンは、ある日、皇帝から次期皇帝の指名を受けるのだが−−。ε=ε=(;p>д<) ヤダ、ニゲロォ! 本人はやる気なし、兄姉もやる気なし!? 継承回避の戦いが今、始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 最低皇子たちによる皇位争『譲』戦 〜貧乏くじの皇位なんて誰にでもくれてやる!〜 /榎本快晴

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい/合田拍子

豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい (ファンタジア文庫)
豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年2月刊。
第1回カクヨムWeb小説コンテスト「特別賞」受賞作。
面白かった〜!
アニメの嫌われキャラに転生した主人公が、アニメ知識を得たことで自己改革(主にダイエット)を目指す物語。
男版悪役令嬢転生+成り上がり英雄譚+純愛ストーリーとか、設定が直球に私好みすぎて楽しめないわけがないw
主人公は自他共に認める「豚公爵」なので丸々としているのだけど、健気だし優秀だし優しいしで好感度の高いキャラクターでした。
愛しい少女のために豚公爵になった元神童は、失恋の運命を回避して彼女にふさわしい男になれるのか。
2巻発売が決定しているようだし、今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
カクヨムPV数NO.1の小説がついに書籍化!
大人気アニメ『シューヤ・マリオネット』には、嫌われ者が存在する。魔法学園に通うデニング公爵家三男こと豚公爵だ。そんな悪役に転生してしまった俺は、このままじゃバッドエンド直行!? ……だけど熟知したアニメ知識と、『全属性の魔法使い』なんていう無双能力を駆使すれば、学園の人気者になって、運命も変わるハズ! そして、アニメの中では成し遂げられなかった豚公爵のささやかな願い──
「おはようございます、スロウ様!」
滅ぼされし大国のお姫様。今は俺の従者である愛しのシャーロットへ。君に相応しい男になって、告白してやるんだ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい/合田拍子

七日の喰い神 4/カミツキレイニー

七日の喰い神 4 (ガガガ文庫)
七日の喰い神 4 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
シリーズ最終巻。
もう少しじっくりとこの物語を読んでいたかった気持ちはあるけれど、内容的には綺麗に完結しています。
ラティメリアは最後まで本当に可愛かった!

☆あらすじ☆
「何度言ったらわかるの? わたしは六花じゃない--!」
大事にしていたウミネコのサキちゃんに逃げられ、傷心のラティメリア。七日とのやりとりもすれ違う一方で、“六花のマガツカミ”を巡るプロジェクトは最終局面を迎えようとしていた。祈祷士協会解散を目論むGHQと、「最後の切り札」を楯に祈祷士たちを利用し、自らの悲願を遂げようとする紙燭龍之介。すべての六花のマガツカミを集め、紙燭龍之介が成し遂げようとしていたことは、過去に囚われたおぞましい計画だった--。運命と策謀に導かれ、ついにラティメリアたち「六花のマガツカミ」は集結する。マガツカミにその身をすべて喰われ、それでも六花が望んだこととは。そして、六花が最後に生んだマガツカミ、ラティメリアの想いは。そして七日は--。
「決めた。私は、人間を喰うわ」
七日とラティメリア--人間と喰い神。彼らの戦いは終わり、雪はすべての者に等しく降り続く。
シリーズここに完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七日の喰い神 4/カミツキレイニー

七日の喰い神3/カミツキレイニー

七日の喰い神 3 (ガガガ文庫)
七日の喰い神 3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
マガツカミと祈祷士の異種バディの奮闘を描くシリーズ第3弾。
前巻に引き続き、ますます面白くなってきました。それにしても元六花隊メンバーはキャラ濃いなぁ。

☆あらすじ☆
人喰う神を乗せて、列車は走り続ける。超高級蒸気機関車『カムパネルラ』に乗り込んだ七日とラティメリア。煌びやかな車内装飾に、豪華な食堂車、そして上流階級の乗客たち。そんな浮き世離れした世界とは異にする車両があった。祈祷士たちが強固に警備にあたる物々しい雰囲気……。この高級列車は、祈祷士協会によって捕らえられた“六花のマガツカミ”の一人である“掴み神”を秘密裏に移送するためにカモフラージュされたものだった。列車に潜入した七日の目的はただひとつ“掴み神”ヘリアンサスを斬ること。タイムリミットは目的地到着予定の深夜まで。そんななか、七日はかつて戦場でともに戦った元六花隊の一人と再会する。“妖刀使い”獅童巳月――彼は“掴み神”ヘリアンサスの移送を監督する看守長となっていた。一方、初めての列車旅行に浮かれるラティメリアもまた、ある人物と出会っていた――「やあ、“喰い神”ラティメリア。君は本当に六花に似ているね」マガツカミを殺す者と護る者、かつての戦友同士が繰り広げる熾烈な攻防戦! それぞれの思惑を乗せて列車は走り続ける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七日の喰い神3/カミツキレイニー

七日の喰い神2

『七日の喰い神2』(カミツキレイニー著/小学館ガガガ文庫)★★★★☆

七日の喰い神 2 (ガガガ文庫)
七日の喰い神 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
前巻よりも著者らしさが出てきて、格段に面白くなってきました!!
七日と六花の過去が明らかになると、七日とラティメリアの関係がちょっと切なく感じられたりして・・・・・・

☆あらすじ☆
明かされてゆく七日の凄絶なる過去。“六花のマガツカミ”の存在を報せる手紙を受け取った古川七日は、ラティメリアを連れて夏祭りで賑わうとある町を訪れる。手紙の差出人は、戦時中、ともに最前線で戦った女祈祷士の大坂雪生。七日との再会を喜ぶ雪生だったが、初めて見るラティメリアの容姿に驚愕する――「六花さんにそっくり……」。戦場において七日と雪生は、七日の姉・六花を中心に編成された祈祷士部隊に属していた(のだトルツメ)。六花から生まれたマガツカミの脅威は七日もよく知っているはずなのに、なぜそれを側に置いておくのか? 雪生はラティメリアを斬るよう忠告するが、七日は取り合おうとしない。そんな折、祭りの最中に、古くから生き長らえる強大なマガツガミ・轢き神が現れる。轢き神の暴走を止めるため、その行く手に立ちふさがる七日だったが……。明らかになってゆく七日の過去と、その姉・六花の存在。そして、ラティメリアの誕生秘話。人間とマガツカミの異種コンビが魅せるダークファンタジー第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 七日の喰い神2