「Izumi」タグアーカイブ

十三歳の誕生日、皇后になりました。3 /石田リンネ


十三歳の誕生日、皇后になりました。3 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年6月刊。
『茉莉花官吏伝』のスピンオフとしてスタートした本作。
これまでは単独で楽しめる内容になっていたけれど、この3巻は『茉莉花』の4巻まで読んだ後に読んでほしいやつだな、と思いました。
今回は『茉莉花』3・4巻の赤奏国編を、赤の皇帝夫妻サイドから描いたストーリー。
いよいよ茉莉花が登場しました。この時を待ってたぜ!

☆あらすじ☆
「ご褒美は、くちづけよりもっとすごいものでもいいですか?」第三弾!
暁月の理想の皇后になるべく日々がんばる莉杏だが、幼い身でできることは少ない。
それでも、暁月の深夜の外出の謎を探ったり、宛名のない手紙の落とし主を探したり、白楼国からやってきた聡明な女性文官・茉莉花と交流を重ねるうち、皇后としての役割を学んでいく。
そんな莉杏に、若手文官の海成から「内乱を止めるため人質になってほしい」とお願いされ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 十三歳の誕生日、皇后になりました。3 /石田リンネ

かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 /糸森環


かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年5月刊。
面白かったー!いや、ほんとヤバいくらい面白かったな!?

糸森環先生の新作は和風異世界転生譚。怪異に侵された人々を手当して救う少女のお話です。

この作品、世界観が最高に魅力的でした・・・・・・あまりにも好きすぎるやつだった。
主人公の住まいは巨大な空き瓶で、それを改造して家具や雑貨を詰め込んで暮らしているんです。ボトルシップみたいなイメージかな。
異世界なのに空き瓶ハウスってなんだよ、と思った方こそぜひ読んでほしい。
「不思議の国のアリス」と日本神話を足して2で割ったような、めくるめくワンダーランド和風異世界が待ってますよ!

孤独な少女が自分の居場所をみつけようと足掻く物語としても読み応えばっちり。
色々と手厳しい虎様との関係も、サスペンスと愛嬌がたっぷりで、すごく良かったです。
これはもう絶対にシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
異世界に転生したら、神様(怪異)の医者でした。世直し和風ファンタジー!
名により本質が定められる『此の世』——亥雲の国に転生した八重。ある日、化け物に襲われた八重は、かつて神だったという金虎・亜雷を解き放つ。俺様な彼に振り回されて弟捜しを手伝うが、見つけた弟・栖伊は本質を失い、異形と化す病に冒されていた。亜雷は、独特な魂を持つ八重ならば栖伊を治せると言うが……?
「俺はおまえのために解き放たれた」アブない虎に懐かれて、魂の意味を取り戻す“神様治療”はじめます!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 /糸森環

茉莉花官吏伝8 三司の奴は詩をうたう /石田リンネ


茉莉花官吏伝 八 三司の奴は詩をうたう (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
表紙の茉莉花の衣装が可愛すぎる・・・!
火種を抱えた異国を舞台にして、新章がスタート。
これまで様々な経験を積んできた茉莉花が、天性の記憶力と観察眼を駆使して次なるステージへ進むようです。
その様は控えめにいって怪物。そこにとてもゾクゾクしました。
本当に楽しいシリーズだ!

☆あらすじ☆
あるときは間諜、あるときは学者、あるときは愛人(候補)!? 茉莉花の立身出世物語(シンデレラストーリー)叉羅国編スタート!
叉羅(サーラ)国の高貴な客人ラーナシュに、王の証(コ・イ・ヌール)というとんでもないものを押し付けられた茉莉花は、視察と称して叉羅国に返してくるよう珀陽に頼まれる。
ところがその道中ラーナシュが命を狙われ、辛くも逃げ出した茉莉花は、あろうことかラーナシュと敵対中の家の当主シヴァンに助けを求めてしまう。
しかし、連れて行かれた邸でなぜかもてなされて——!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝8 三司の奴は詩をうたう /石田リンネ

後宮妃の管理人2 寵臣夫婦は悩まされる /しきみ彰


後宮妃の管理人 二 ~寵臣夫婦は悩まされる~ (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年12月刊行。
皇帝に難題ばかり押し付けられる寵臣夫婦の活躍を描く中華後宮物語第2弾。
今回は夫の扱いが少し気になったけれど、女商人主人公のキャラクターは相変わらず痛快でした。
ライバル登場で負けん気が発揮される展開、良いぞ〜!

☆あらすじ☆
優蘭長官の初仕事は秀女選抜! しかしそこには天敵がいて——!?
健美省長官に就任した優蘭は、早々に秀女選抜の詔令を賜る。そこに……「珀優蘭!わたしを馬鹿にしてるの?」怒り心頭で乗り込んできた、まったく話の通じない美女、徳妃。彼女の実家・郭家は珀家と犬猿の仲で——?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮妃の管理人2 寵臣夫婦は悩まされる /しきみ彰

後宮妃の管理人 寵臣夫婦は試される /しきみ彰


後宮妃の管理人 ~寵臣夫婦は試される~ (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年5月刊。
第1回富士見ノベル大賞審査員特別賞受賞作。
皇帝の命令により結婚することになった夫婦が、後宮の妃嬪たちの美容に気を配ったり、後宮内で起こるトラブルの処理に奔走する中華後宮物語です。
損得勘定に厳しい敏腕女商人と、貧乏くじを引きやすい廷臣の夫。
突如夫婦となった二人の距離が少しずつ近くなっていくなかで、互いへの信頼を高めていき、良いパートナーとなっていくところが楽しかったです。
あと、あらすじにもあるけど女装ヒーローものですね。いやぁ、旦那はもっと上司に怒っていいと思うよ!笑

☆あらすじ☆
後宮を守る相棒は、美しき(女装)夫――? 商家の娘、後宮の闇に挑む!
勅旨により急遽結婚と後宮仕えが決定した大手商家の娘・優蘭。お相手は年下の右丞相で美丈夫とくれば、嫁き遅れとしては申し訳なさしかない。しかし後宮で待ち受けていた美女が一言――「あなたの夫です」って!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮妃の管理人 寵臣夫婦は試される /しきみ彰

茉莉花官吏伝7 恋と嫉妬は虎よりも猛し /石田リンネ


茉莉花官吏伝 七 恋と嫉妬は虎よりも猛し (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年10月刊。
デート回!?デート回だ!茉莉花官吏伝でデート回!!(興奮)
珀陽すら眉をひそめるような問題が新たに起こる一方で、茉莉花と珀陽の関係が大きく動いた第7巻でした。
このシリーズで甘い展開がくるとテンションが跳ね上がりますね!

☆あらすじ☆
茉莉花と珀陽が手つなぎデート!? 立身出世物語、ときめき加速の第七弾!
珀陽に想いを告げられた茉莉花は、珀陽にとあるお願いをされた結果、二人で夜市に出かけることに!!
精いっぱいのおしゃれをして、まるで恋人のように珀陽と過ごす茉莉花だが、そこで探しものをしているわけありの異国人と出会う。
たちまち“皇帝”の顔に戻った珀陽から、茉莉花は「できる限りこの人に力を貸してあげてほしい」と密かに依頼され……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝7 恋と嫉妬は虎よりも猛し /石田リンネ

十三歳の誕生日、皇后になりました。2 /石田リンネ


十三歳の誕生日、皇后になりました。2 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
「ちょうどいいから」という理由で簒奪帝の皇后に選ばれた少女の後宮奮闘記第2弾。
待望の続編に大歓喜!しかもコミカライズ決定ということは3巻以降もあるのかな!?ワクワクですね!

肝心の本編は、期待に十分応えてくれる面白さでした。
子どもっぽい天真爛漫な振る舞いと、「子どもらしさ」すら計算に入れる理知的な瞳。
恋心に浮かれる無邪気さが可愛いけれど、彼女の想いは決して幼いものではなくて。
1巻同様、惚れてしまいそうなほど魅力的なヒロインです。唯一無二だと思う。

暁月との支え合う夫婦関係も素敵でした。
ところでカバーイラストは寝室縛りなのでしょうか。1巻に続き最高ですね・・・!

☆あらすじ☆
あなたに愛されるためなら、わたくしは死んでもいい! 熱い声援で続編登場
ちょうどいいから、で赤奏国の皇帝・暁月の皇后となった十三歳の莉杏。
暁月との仲は、“かくれんぼ”をして遊ぶおままごと夫婦のままだ。
それでも『皇后』らしく、後宮で起きたもう一つの冠の謎や、新たな妃候補との対決を経て日々成長していく。
そんななか、暁月が白楼国の皇帝に呼び出された!!
莉杏は暁月の不在を政敵の目から隠すことになり!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 十三歳の誕生日、皇后になりました。2 /石田リンネ

茉莉花官吏伝5 天花恢恢疎にして漏らさず /石田リンネ

茉莉花官吏伝 五 天花恢恢疎にして漏らさず (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 五 天花恢恢疎にして漏らさず (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2019年2月刊。
物覚えの良さを武器に出世街道を突き進む女官吏の物語第5弾。
新章がスタートしました。湖州編、になるのかな?
今回は地方官吏の不審死事件の謎を追う茉莉花の前に二人の男が現れ、なんとも不思議な関係を築いていくストーリー。
安定して面白かったです。特に終盤の盛り上がりが素晴らしい。
新キャラ二人のとぼけた感じも良かったし、続きも楽しみです!

☆あらすじ☆
新天地で出会った二人の男――。彼らの目的は!? 立身出世物語、第五弾!
“御史台”から手柄を奪ってこい――
またも皇帝・珀陽に無理難題を出された茉莉花は、州牧の不正疑惑と、亡くなった州牧補佐の死の真相を探るため、湖州へと赴任することに。
到着早々、御史台の有能で堅物な翔景(しょうけい)と、軽いノリで人の心をつかむのが上手い大虎(たいこ)との【偶然の出会い】を果たすが、それ以来、茉莉花の周囲で奇妙な出来事が起き始め……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝5 天花恢恢疎にして漏らさず /石田リンネ

簒奪帝の幼妻は与えられた謎を解き明かす―― 『十三歳の誕生日、皇后になりました。』/石田リンネ

十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)
十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
面白かった!
『茉莉花官吏伝』に登場した赤奏国の皇帝夫妻を主人公とするスピンオフ作品。
『茉莉花』を知らなくても楽しめる新作で、簒奪に居合わせたことから皇后になった少女が、皇帝から夜ごと与えられる問いの答えを探していく物語です。
予想外にミステリーとして読み応えのある作品でした。
なにより良かったのは探偵役の莉杏がすごく魅力的だったこと。
幼くも聡明で一途なヒロインが、宮中に起こる謎を解き明かすなかで「皇后」としての素質を光らせるストーリーに心が躍りました。
是非シリーズ化してほしいです。この夫婦のこれからをもっと見たい!

☆あらすじ☆
十三歳の誕生日、赤奏国の皇帝に後宮入りを願い出た莉杏。
ところが謁見の間にいたのは、《正規の手段》で帝位を簒奪し、新たな皇帝となった暁月だった!
莉杏は「ちょうどいい」と皇后にされるが、一緒に寝始めても湯たんぽ代わりのまるで子供扱い。
それでも莉杏が眠れるようにと、暁月は毎夜問題を出してくれて!?
夜毎に夫婦の絆が深まる恋物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 簒奪帝の幼妻は与えられた謎を解き明かす―― 『十三歳の誕生日、皇后になりました。』/石田リンネ

茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ

茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
絶対的な記憶力を持つ天才少女の立身出世ファンタジー第4弾。
茉莉花の能力の長短どちらも掘り下げつつ、その両面から彼女の成長を描いていくところが本当に面白いシリーズです。
そして赤奏国編が今回でクライマックス。こちらも素晴らしい盛り上がりでした。
でも落ち着く間もなくこの引きはずるい!続きはよ!

☆あらすじ☆
赤奏国に借り出された白楼国の文官・茉莉花は、赤の皇帝・暁月の無理難題に見事応えたことにより、“宰相候補の海成との結婚”という引き抜き計画に巻き込まれていく。
一方で、赤奏国の内乱を完全に終結させるための最後の戦が迫っていた。
戦を回避したい茉莉花は、暁月に意見書を提出するが「あんたの案で誰が満足する?」と破り捨てられ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ