「Izumi」タグアーカイブ

簒奪帝の幼妻は与えられた謎を解き明かす―― 『十三歳の誕生日、皇后になりました。』/石田リンネ

十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)
十三歳の誕生日、皇后になりました。 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
面白かった!
『茉莉花官吏伝』に登場した赤奏国の皇帝夫妻を主人公とするスピンオフ作品。
『茉莉花』を知らなくても楽しめる新作で、簒奪に居合わせたことから皇后になった少女が、皇帝から夜ごと与えられる問いの答えを探していく物語です。
予想外にミステリーとして読み応えのある作品でした。
なにより良かったのは探偵役の莉杏がすごく魅力的だったこと。
幼くも聡明で一途なヒロインが、宮中に起こる謎を解き明かすなかで「皇后」としての素質を光らせるストーリーに心が躍りました。
是非シリーズ化してほしいです。この夫婦のこれからをもっと見たい!

☆あらすじ☆
十三歳の誕生日、赤奏国の皇帝に後宮入りを願い出た莉杏。
ところが謁見の間にいたのは、《正規の手段》で帝位を簒奪し、新たな皇帝となった暁月だった!
莉杏は「ちょうどいい」と皇后にされるが、一緒に寝始めても湯たんぽ代わりのまるで子供扱い。
それでも莉杏が眠れるようにと、暁月は毎夜問題を出してくれて!?
夜毎に夫婦の絆が深まる恋物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 簒奪帝の幼妻は与えられた謎を解き明かす―― 『十三歳の誕生日、皇后になりました。』/石田リンネ

茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ

茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 四 良禽、茘枝を択んで棲む (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年8月刊。
絶対的な記憶力を持つ天才少女の立身出世ファンタジー第4弾。
茉莉花の能力の長短どちらも掘り下げつつ、その両面から彼女の成長を描いていくところが本当に面白いシリーズです。
そして赤奏国編が今回でクライマックス。こちらも素晴らしい盛り上がりでした。
でも落ち着く間もなくこの引きはずるい!続きはよ!

☆あらすじ☆
赤奏国に借り出された白楼国の文官・茉莉花は、赤の皇帝・暁月の無理難題に見事応えたことにより、“宰相候補の海成との結婚”という引き抜き計画に巻き込まれていく。
一方で、赤奏国の内乱を完全に終結させるための最後の戦が迫っていた。
戦を回避したい茉莉花は、暁月に意見書を提出するが「あんたの案で誰が満足する?」と破り捨てられ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝4 良禽、茘枝を択んで棲む/石田リンネ

茉莉花官吏伝3 月下賢人、堂に垂せず/石田リンネ

茉莉花官吏伝 三 月下賢人、堂に垂せず (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 三 月下賢人、堂に垂せず (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年4月刊。
記憶力を武器に官吏として成り上がっていく少女の立身出世中華ファンタジー第3弾。
今回は前回のゲスト・暁月の助っ人として赤奏国へ出向するお話です。
官吏として目覚ましい成長を続ける茉莉花の活躍にワクワクします。彼女が理想とする官吏像も定まってきた感じかな?

☆あらすじ☆
珀陽のもとを離れ、官吏としての試練が始まる――。立身出世物語第三弾!
皇帝・珀陽に文官の高みを目指す宣言をした茉莉花。その意を受け珀陽が命じた先は――皇帝位を巡る内乱の危険性をいまだに残す【赤奏国】だった! 国の建て直し と敵軍との「和平交渉」を任された茉莉花は……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝3 月下賢人、堂に垂せず/石田リンネ

茉莉花官吏伝2 百年、玉霞を俟つ/石田リンネ

茉莉花官吏伝 二 百年、玉霞を俟つ (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 二 百年、玉霞を俟つ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年12月刊。
元後宮女官が女性官吏として政治の世界で成長していく立身出世物語第二弾。
前回は科挙受験というプロローグ的な話だったからか、実際に新米官吏として動き回る今回の方が面白く感じました。
「かわいい顔しながらろくでもないことを考えて実行できる女」という、ある人の茉莉花評がとても好きw

☆あらすじ☆
1巻即重版御礼! 立身出世物語(シンデレラストーリー)、本格始動!
科挙試験を好成績で合格し、新米官吏となった茉莉花。ところが珀陽は、「早く手柄を立ててね」とまたも無茶を言い出す始末。そんななか、赤奏国の皇帝が突如やってきて女性官吏に世話をさせろと言い出し……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝2 百年、玉霞を俟つ/石田リンネ

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず/石田リンネ

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず (ビーズログ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
「おこぼれ姫と円卓の騎士」の石田リンネさんの新作。
「ちょっと物覚えがいい」というチート持ち少女が、皇帝との出会いをきっかけに持ち腐れ状態だった宝の使い方を知り、自分の才能を開花させていく中華風ファンタジーです。
少女の立身出世物語の序章という感じ。これ1冊で綺麗に終わってはいるけれど、シリーズ化すればどんどん面白くなっていきそう。
前半は主人公の過剰な卑屈さにモヤっとしたのだけど、それを吹き飛ばす後半の爽快感は好みでした。

☆あらすじ☆
優しい笑顔と声の皇帝に(官吏として)寵愛されています!?
後宮の女官の茉莉花(まつりか)は『物覚えがいい』というちょっとした特技がある。
そんな彼女は、名家の子息のお見合い練習相手を引き受けることに。しかしその場にきたのは、お見合いをしてみたかったという皇帝・珀陽(はくよう)で!?
しかも茉莉花の特技を気に入った珀陽は「とりあえず科挙試験に合格してきて」と言い出し……!?
皇帝に見初められた少女の中華版シンデレラストーリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず/石田リンネ

四竜帝の大陸1・2/林ちい

四竜帝の大陸 (アイリスNEO)
四竜帝の大陸 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

総評:★★★☆☆
1巻:2015年11月刊、2巻:2016年3月刊。
溺愛系異種婚姻譚+異世界召喚ファンタジー。
世界を監視する最強の竜の妻となった女性の新婚生活を描く話なのですが、読んでいる間やたらハラハラしていました。新婚夫婦があまりにも不安定すぎて。
盲目的な共依存関係と、うっかり世界を滅ぼしそうになる破滅型の思考が恐ろしい・・・・・。
1巻はそれが面白かったのですが、2巻は色んな意味で少し停滞気味かな。3巻での変化に期待します。

☆あらすじ☆
「こういうのって、普通女子高生が召喚されるんじゃないの(涙)」ある日、手違いで異世界に召喚されてしまった鳥居りこ(24歳)。彼女は、状況も言葉も分からず途方にくれていた。そんな中、日本語が分かる小さな白い竜が目の前に! とっさに彼にすがりついた彼女は、なりゆきから名前のない彼に「ハク」と名前をつけたのだけれど……。えっ、それって求愛行動だったの!? しかも私、もうあなたの妻になっちゃってるの!?恋愛ファンタジー大賞、大賞受賞作品、可愛い見た目を裏切る最凶で最悪な竜の旦那様と、異世界事情に振り回される平凡なりこの異世界新婚ラブファンタジーがついに書籍化。

以下、1巻・2巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 四竜帝の大陸1・2/林ちい

箱入り魔王の花嫁

『箱入り魔王の花嫁』(佐槻奏多著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

箱入り魔王の花嫁 (一迅社文庫アイリス)
箱入り魔王の花嫁 (一迅社文庫アイリス)

タイトルそのまま「箱入り」の魔王のもとに王女が嫁ぐというラブコメ。
ひたすら笑いながら読んでました。終盤にいくにつれてどんどんテンションが高くなっていきます。
出てくるキャラがみんな生き生きしていてとても楽しかったです。

☆あらすじ☆
異常な怪力のせいで三度目のお見合いに失敗した王女ディートリンデ。彼女に残された道は、ただ一つ。兄王の命令通りに結婚して、離婚されないように役に立つ妻だと認めてもらうこと。そのためなら、魔物あふれる山を持つ伯爵ランベルトのために、魔王だって倒してみせる。そう斧を手に決意したのだが…。結婚早々、旦那様の正体が魔王だと知ってしまって!?退治すべき?それとも尽くすべき?悩ましき怪力王女の新婚ラブコメディ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 箱入り魔王の花嫁