「Elysion」タグアーカイブ

Elysion 二つの楽園を廻る物語(下)

『Elysion 二つの楽園を廻る物語(下)』(十文字青著/角川書店)★★★★☆

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (下)
Elysion 二つの楽園を廻る物語 (下)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
Elysion 二つの楽園を廻る物語(上) | 晴れたら読書を
2015年6月刊。
SoundHorizonのアルバム「Elysion」のノベライズ下巻。上巻はアルバムを聴かずに読んだのですが、下巻は予習ばっちりで挑みました( ・ㅂ・)و ̑̑
やはり原曲を知っていた方が数倍楽しめますね。青先生の技巧に唸るしかない。
この仄暗く鬱々として狂気的な世界は本当に最高です。

☆あらすじ☆
幾度も開かれる扉。廻る楽園。仮面の男が繰り返すのは果たして悲劇なのか。世界は終わり、そして始まるだろう。娘は収穫を誤り、姉は妹を犠牲にされ、女は星屑に踊らされる。果てなき物語にもたらされる答えとは?避けられぬ罪と、悲しき祈りが紡ぐ異なる地平線の全てが今、明かされる。さあ、心に深い傷を負う者よ。その心に深い闇を飼う者達よ。あの仮面を被った笛吹き男が待っている。「―楽園パレードへようこそ!」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Elysion 二つの楽園を廻る物語(下)

Elysion 二つの楽園を廻る物語(上)

『Elysion 二つの楽園を廻る物語(上)』(十文字青著/角川書店)★★★★☆

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (上)
Elysion 二つの楽園を廻る物語 (上)

SoundHorizonのStory CD「Elysion~楽園幻想物語組曲~」(通称「エリ組」)を、「薔薇のマリア」「灰と幻想のグリムガル」の十文字青がノベライズするという企画作品。
実はサンホラはよく知らないんですよね・・・・・・。この本を読むまで、進撃の巨人のやつしか知りませんでした。でも青先生だからきっとサンホラ知らなくても面白いでしょう、と思って読んでみました。
いやー、すごかったです。万人におすすめできるかはともかく、面白い作品でした。何というか、青先生が童話を書いたらこうなっちゃうんだろうなぁって感じで。読んでいるとメンタルをガリガリ削られる系の美しくも恐ろしい物語でした。
サンホラファン(ローラン)の方が読むとどう受け取られるのか気になるところ。
原曲をよく知らなくても楽しめる本だと思います。たぶん。ちょっと自信ない。
ちなみに私は本を読んでから曲を聴いてみました。小説とあわせて曲を聴くと、より頭がおかしくなりそうでおすすめですよ!
連作短編のような構成の作品で色々謎が多いのですが、これは下巻で明らかになるのか各自の解釈に任せることになるのか。

☆あらすじ☆
Sound Horizon10周年記念特別企画。
如何にして楽園の扉は開かれたのか……。真摯なる策略が無垢なる呪いを招き、男は仮面を被り、女たちが嘆き、少女は笑う。否応なく罪を背負わされ、肉体の檻に閉ざされた者たちの魂の軌跡はどこまで続いてゆくのだろう。その先に楽園はあるのか?そして楽園の正体とは?終わりなきパレードを率いる仮面の男の目に映った狂気と愛憎の世界が、今描かれる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Elysion 二つの楽園を廻る物語(上)