「86」タグアーカイブ

86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.7 ―ミスト― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年9月刊。
ラブコメ好きとしては★を10個でも100個でも1000000000000000個でも差し上げたい。
湯けむり旅情で慰安旅行で修学旅行でニヤニヤ止まらぬラブコメ回でした。
新章の始まりでありながら、最初から最後まで戦場から遠く離れ平和に息抜きを満喫する第7巻。
普段が精神的負荷最大値の戦争ものだから、こういう日常回には果てしなく癒やされます。オンとオフのギャップが良いのだ。
ていうか、やっぱりこのシリーズの恋愛パートめちゃめちゃ好きだ・・・!

☆あらすじ☆
ひとときの休暇は、新たなる戦いの予感を連れて——〈盟約同盟〉編!
上位指揮官機〈無慈悲な女王〉。それは対レギオン戦争で守勢に立つ人類に与えられた“銀の弾丸”。『第86独立機動打撃群』の活躍で〈彼女〉の確保に成功した連邦・連合王国は、轡を並べる第三国「ヴァルト盟約同盟」にて、その解析と「尋問」を開始する。
一方、大戦果を上げた者たちにも報奨が授与された。特別休暇。鉄と血にまみれた日々を、僅かひととき遥か遠くに置き、シンとレーナはじめ皆はそれぞれに羽を伸ばす。が、同時に《その二人以外のほぼ全員》はある思いを共にしていた。
それは。“お前らいい加減、さっさとくっつけよ”
もう一つの戦線がついに動く(!?)Ep.7!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.7 ミスト /安里アサト

86―エイティシックス― Ep.6 明けねばこそ夜は永く /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年4月刊。
連合王国編完結。
ようやくここまで辿り着いた・・・っていう感動は何度目だ?
戦場で必死に戦い続ける彼らは、きっとこれからも何度も壁にぶつかり、何度でもそれを乗り越えるのでしょう。だから私も何度だって感動してしまうに違いない。
本当に良い作品です。とても面白かった。

☆あらすじ☆
生きるために、すべきこと。それは――〈連合王国編〉、後編!
誇り高く戦い、そして死ぬ。
それが我らのさだめ。生への執着など、とうの昔に、はるか彼方に置いてきた。
……そう思っていた。そう信じていた。
だが戦場へ臨み、潰され、壊され、朽ちることを良しとする〈シリン〉達の姿は、「エイティシックス」である彼らの目指す生き方が、只の狂気であると蔑む。
生きる意味とは何か。苦悩するシン。シンを理解しようと心を砕くレーナ。
だがその想いは不格好にすれ違ったまま――連合王国の命運をかけた「竜牙大山攻略作戦」の火蓋が、無情にも切って落とされる……!
『連合王国編』完結のEp.6!
戦わねば、生き残れない。だが戦えば生きられるわけでは、ない。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.6 明けねばこそ夜は永く /安里アサト

86―エイティシックス― Ep.5 死よ、驕るなかれ /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.5 ―死よ、驕るなかれ― (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
連合王国編スタート。
え、エグい!
ちょいちょい挟まるラブコメだの性癖だのに笑ってたのに、なんだこの結末は・・・・・・むごいな。問いかけ方が、むごい。

☆あらすじ☆
待ち受けるは新たな地、白い戦場――〈ロア=グレキア連合王国〉編、開幕!
探しに来なさい――。
シンが聴いた〈レギオン〉開発者・ゼレーネと思しき呼び声。レーナたち『第86機動打撃群』は、その姿……白い斥候型が目撃されたという「ロア=グレキア連合王国」へと向かう。……だが。
それは生への侮辱か、死への冒涜か。
「連合王国」で行われている対〈レギオン〉戦略は、あの〈エイティシックス〉たちですら戦慄を覚えるほどの、常軌を逸したものであった。
極寒の森に潜む敵が。そして隣り合う「死、そのもの」が彼らを翻弄する――。
《連合王国編》突入のシリーズ第5巻!
雪山に潜む怪物たちが、彼らに、笑みとともに問いかける。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.5 死よ、驕るなかれ /安里アサト

86―エイティシックス― Ep.4 アンダー・プレッシャー /安里アサト


86―エイティシックス―Ep.4 ―アンダー・プレッシャー― (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年5月刊。
いよいよ物語は1巻ラストシーンのその先へ。
シンとレーナの何とも言えない青くさくて甘酸っぱい距離感に悶えてしまいました。悶えたんだけど・・・・・・あわわ

☆あらすじ☆
第八六独立機動打撃軍、始動。彼らの時計の針が、いま新たに動きだす――!
二人の奇跡を歯牙にもかけず。戦争は続く。ただひたすらに。
ついに運命の再会を果たしたシンとレーナ。どことなくいい雰囲気を醸し出す二人に、フレデリカとクレナは戦慄し、そして気を揉むライデンらの苦労は留まることを知らない。
しかしそんな束の間の休息を破り、レーナを作戦司令とする新部隊に初任務が下った。 共和国85区内北部、旧地下鉄ターミナル。地下深くに築かれたレギオンの拠点が、その口をあけて彼らを待つ。
そこに見えるのは闇。レギオンの、共和国の、そして彼の国が虐げた者たちの、闇。
シンとレーナ、二人の共闘を描く『Ep.4』登場!
“地の底からの呼び声が、彼らに新たな試練を告げる。”

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.4 アンダー・プレッシャー /安里アサト

86―エイティシックス― Ep.3 ランスルー・ザ・バトルフロント(下)/安里アサト


86―エイティシックス―Ep.3 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈下〉 (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年12月刊。
1巻ラストの空白期間を埋める上下巻の後半戦。
前半はしどかったのだけど、終盤ちょっと最高すぎる・・・・・・
結末が分かっていても(分かっているのに)最高でした!

☆あらすじ☆
待望の《ギアーデ連邦編》後編登場! “史上最大の作戦”の火蓋が切られる――!
敵〈レギオン〉の電磁加速砲(レールガン)による数百キロ彼方からの攻撃は、シンのいたギアーデ連邦軍の前線に壊滅的被害を与え、レーナが残るサンマグノリア共和国の最終防衛線を吹き飛ばした。進退極まったギアーデ連邦軍は、1つの結論を出す。それはシンたち「エイティシックス」の面々を《槍の穂先》(スピアヘッド)として、電磁加速砲搭載型〈レギオン〉の懐に――敵陣のド真ん中に突撃させるという、もはや作戦とは言えぬ作戦だった。だがその渦中にあって、シンは深い苦しみの中にあった。「兄」を倒し、共和国からも解放されたはず。それなのに。
待望のEp.3、《ギアーデ連邦編》後編。なぜ戦う。“死神”は。何のために。誰のために。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86―エイティシックス― Ep.3 ランスルー・ザ・バトルフロント(下)/安里アサト

86 ―エイティシックス― Ep.2 ランスルー・ザ・バトルフロント(上)/安里アサト


86―エイティシックス―Ep.2 ―ラン・スルー・ザ・バトルフロント―〈上〉 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
1巻で満足してそのまま放置してた86シリーズ。ようやく再チャレンジします。
かなり気合を入れて(覚悟を決めて?)読んだのだけど、2巻もやっぱり面白い。
じわじわ首を締めるような圧迫感は1巻に比べると軽減されている気がするけれど、そのぶん問題の根深さが見えてくる感じ。
続きも楽しみ。どんどん読んでいこうと思います。

☆あらすじ☆
第23回電撃小説大賞《大賞》受賞作、第二弾登場!
共和国の指揮官(ハンドラー)・レーナとの非業の別れの後、隣国ギアーデ連邦へとたどり着いたシンたち〈エイティシックス〉の面々は、ギアーデ連邦軍に保護され、一時の平穏を得る。だが――彼らは戦場に戻ることを選んだ。連邦軍に志願し、再び地獄の最前線へと立った彼らは、『隣国からやってきた戦闘狂』と陰で囁かれながらも、シンの“能力”によって予見された〈レギオン〉の大攻勢に向けて戦い続ける。そしてその傍らには、彼らよりさらに若い、年端もいかぬ少女であり、新たな仲間である「フレデリカ・ローゼンフォルト」の姿もあった。少年たちは、そして幼き少女はなぜ戦うのか。そして迫りくる〈レギオン〉の脅威を退ける術とは、果たして――?
シンとレーナの別れから、奇跡の邂逅へと至るまでの物語を描く、〈ギアーデ連邦編〉前編! “――死神は、居るべき場所へと呼ばれる”

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86 ―エイティシックス― Ep.2 ランスルー・ザ・バトルフロント(上)/安里アサト

86 ―エイティシックス― /安里アサト

86―エイティシックス― (電撃文庫)
86―エイティシックス― (電撃文庫)

評価:★★★★★
2017年2月刊。
第23回電撃小説大賞「大賞」受賞作。
素晴らしかった・・・!
もう最高すぎて泣きながら読了しました。
先の見えない末期的な戦争、苛烈な人種差別、恐ろしく強力な敵の兵器と無様で頼りない自国の兵器。そして、死地にある少年たちに寄り添い、やがて真実を知っていく無力な少女――。
波状攻撃かってくらい絶望的な真実が次々と襲ってきて、途中で投げ出しそうになるほど辛く苦しい物語だったけれど、最後まで読んで良かったと心から思います。
帯に書いてある「ラストの一文まで文句なし」って、まさにその通りすぎて引用せざるを得ない。

☆あらすじ☆
サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器“レギオン”による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。そう―表向きは。本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。“存在しない“第86区””。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜“有人の無人機”として戦い続けていた―。死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遙か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官”となった少女・レーナ。二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる―!第23回電撃小説大賞“大賞”の栄冠に輝いた傑作、堂々発進!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86 ―エイティシックス― /安里アサト