「鶴城東」タグアーカイブ

クラスメイトが使い魔になりまして4 /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして 4 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年8月刊。
完結巻と聞いてびっくりしたのだけど、綺麗に終わっていたので良かった。最後までとても面白かったです。
ケンカップルでバカップルな二人が、様々なメンヘラたちの妨害に立ち向かっていく学園ファンタジー。
意外な人物の好感度が急上昇する最終巻でした。

☆あらすじ☆
最悪改変の世界。俺は千影を振り向かせる!
落ちこぼれの芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいた。
紆余曲折あった末に、晴れて恋人同士となったはずだった。
しかし、ソフィアとの対決で瀕死となった千影を救うために、想太は「神様」を頼ってしまう。
そして、その対価は……千影から想太を取り上げることだった。
最低最悪に性悪な「神様」はまたも世界を改変し、千影との日々の記憶をなきものとした。
改変されたこの世界での想太の恋人は、よりによって「あいつ」……!!
千影、旭、美砂、そしてソフィア。4人の想太への想いが激しく交錯する最終巻。
想太と千影の運命が決する、「険悪なのに相思相愛」主従ラブコメ、ここに完結!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして4 /鶴城東

クラスメイトが使い魔になりまして3 /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして (3) (ガガガ文庫 か 13-3)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年4月刊。
全ケンカップル好きはこれを読め!
ケンカップル好きにはたまらない主従ラブコメ第3弾。
今回も良きケンk・・・・・・・・・・・・・・・あれぇ!?

☆あらすじ☆
言葉で言えないなら……直接行動で示して。
落ちこぼれの俺、芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいる。
紆余曲折はあったが一応主従関係は継続中。
いや「一応」どころか、藤原は俺のことをはっきりと「好き」と言った。それが恋愛感情かはわからないけどなんて言い訳つきだが。
もはや俺も藤原のことを好きなんだろう。俺だってそれが恋愛感情かは分からないが……。
そんななか、俺の魔術の師匠・真紀美がやっかいな頼みごと(命令?)をしてきた。
「新魔術」使いの俺を手に入れたくて仕方ないらしい魔術結社「宵の明星」(今、一番危険な連中)をおびき出すために、俺と藤原で婚前旅行にでかけろと。
ふざけんな!婚前!?……そうか、俺と藤原、許嫁どうしだったんだよな(ため息)。おまけに藤原と犬猿の仲の生徒会長・三条茉莉花までなぜかくっついてきて最低。ただし「3人いっしょに温泉につかろうじゃないか!」の提案だけは、俺は一応、拒否しません。
そして案の定、肝心の囮作戦は激しくヤバい展開となり、藤原が「宵の明星」のヤツのとんでもない「謎の一撃」を食らってしまって――。
喧嘩ップル好きに贈る、「険悪時々デレ」主従ラブコメ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして3 /鶴城東

クラスメイトが使い魔になりまして2 /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
険悪主従の強制同棲密着学園ラブコメ第2弾。
1巻にも増してケンカップルの良さみが際立っていました。最高かよ。
でも怖い女子も増えた・・・のはさておき、2巻は修行回です。

関係が険悪を超えて冷えだしてきた想太と千影。
そんな二人は試練を乗り越えて信頼関係を築けるのか。

この本を読んでると口元がゆるみっぱなしになるから困ります。もぉ、ニヤニヤが止まらん!
てかね表紙の小指!小指見て!!!

☆あらすじ☆
スキなんて嘘――キライも、たぶん嘘。
落ちこぼれの俺、芦屋想太には藤原千影という分不相応な使い魔がいる。
紆余曲折はあったが一応主従関係は継続中。
そんななか、藤原本家に呼び出された俺は、売り言葉に買い言葉で千影との婚約を認めることに。
おまけに俺たちが婚前交渉しないか、監視役まで付くときた。いや、全裸で懇願されたってしねーよ……一方で、『新魔術』を狙う連中に対抗するため、俺は師匠に特訓を申し込む。
だけどまずは千影と信頼関係を結べ?
なんでこのゴリラ女と、ってうそ暴力はやめ――ごふっ。
喧嘩ップル好きに贈る、険悪主従ラブコメ第2弾!

あらすじの一行目、エモすぎない・・・?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして2 /鶴城東

クラスメイトが使い魔になりまして /鶴城東


クラスメイトが使い魔になりまして (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年5月刊。
第13回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞・審査員特別賞受賞作。
アクシデントにより主従関係となった険悪男女を描いた魔術学園ファンタジーです。

これはケンカップル好きにはたまりませんね・・・!

反りが合わない二人による猛烈な罵詈雑言の応酬と、それでも傍に居なければいけない恥辱。
二人の間に隠された事情も相まって、一体どんな関係へ進んでいくのかニヤニヤしながら読みました。超楽しかった。

魔術師の学園ものとしても設定が面白く、スピード感とギリギリ感でもみくちゃにされるバトルは読み応えあり。
一応は召喚バトルなんだけど、使い魔はヒロインなのでバディものっぽい雰囲気があるかな?

すごく好みな作品でした。2巻も続けて読みます。

☆あらすじ☆
「その貧乳で使い魔は無理だろ」「死ね!」
クラスの美少女を侍らせてみたい。
誰もが一度くらいは考えるんじゃなかろうか。でもまあ、正直オススメしない。
落ちこぼれ魔術師の俺、芦屋想太には藤原千影という使い魔がいる。彼女は魔術師の名門出身で、ついでに誰もが憧れる学年一の美少女だ。
え、羨ましい? まじか、じゃあ譲ってやるよ。
まず、こいつはご主人様に求める理想が高い。負けん気が強く、中々反抗的で、絶望的に貧乳だ。
それでもいいならぜひ引き取って……あ、うそ! 許して、藤原さ―――
この物語は主従関係からはじまる、ふたりの恋(?)のヒストリー……らしい。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む クラスメイトが使い魔になりまして /鶴城東