「高校生」タグアーカイブ

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(2)カンパネルラの恋路の果てに (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
椅子を愛して人類を憎む変人オーナーと、霊感持ちバイト女子高生。
そんな二人が、椅子にまつわる幽霊騒動に巻き込まれるホラー・ミステリー第2弾。
相変わらず怖かった・・・!ぶるぶる震えるような怖さじゃなくて、ぞわっと瞬間的に鳥肌が立つ感じ!
でも面白いです。1巻に続き、椅子薀蓄と謎解きに読み応えがある作品です。
そしてヴィクトールと杏の関係が本当に楽しい。
糸森環印のヒーロー、「気にするのそこ!?」っていうズレたヤキモチが可愛すぎてときめくんですよね。

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏はアンティーク椅子工房「TSUKURA」でバイトを続けている。極悪人顔揃いの職人たちは相変わらずみんな心優しく親切だし、死にたがりで人類嫌いで変人美貌のヴィクトールからは人類扱いされず、時に楽しく椅子談義が弾んだりもする。アレさえ出なければ本当に良い職場なのだ。ところが、ある二つの椅子が工房へ持ち込まれて以来、杏はたびたび恐ろしい目に遭うようになってしまい……?
バイト継続の危機勃発、ふんわりオカルティック・ラブ第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環

俺の家に何故か学園の女神さまが入り浸っている件2 /紫ユウ


俺の家に何故か学園の女神さまが入り浸っている件2 (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年3月刊。
餌付けした美少女から数万倍の勢いで餌付けされ返す学園ラブコメ第2弾。
ヒロインの猛攻に甘さが足され、とても糖度が高いです。
ラブコメとしては甘々で良いんだけど、物語としては安定しすぎているかも?

☆あらすじ☆
放課後限定の同棲生活×夏休み=ずっと一緒!? 好きアピールが加速中!
自堕落な一人暮らしを送る俺・常盤木翔和の部屋には、学年一の美少女・若宮凛が入り浸っている。
放課後限定で始まったこの関係も夏休みを迎え――
朝はうちに来る凛に起こしてもらい、バイトから帰ると彼女が待っている、“ずっと放課後”な日々になっていた!
ご飯を食べるのも、宿題をするのも、息抜きのゲームをするのも二人一緒。
「今晩、お世話になってもいいですか?」
ついには、凛がうちに泊まることになり!?
プールに、そして夏祭りに……誰にも邪魔されない二人っきりの同棲生活(なつやすみ)に、凛の好きアピールが加速する!!
WEBで圧倒的人気の甘々ラブコメ、距離が縮まる第2巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 俺の家に何故か学園の女神さまが入り浸っている件2 /紫ユウ

浅草鬼嫁日記8 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。 /友麻碧


浅草鬼嫁日記 八 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
こ、これは・・・・・・凜音人気爆上げ回なのでは??
茨姫と凜音の関係性を紐解く第8巻。今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
千年の忠誠と思慕を胸に秘め、吸血の鬼と「最強の鬼嫁」は競い合う!
茨木真紀は、かつてあやかしの国を治めた鬼姫“茨木童子”の生まれ変わり。前世の夫“酒呑童子”だった天酒馨らとともに暮らす浅草で、毎年恒例のお祭り行事を心待ちにしていた。
しかしその喧騒の裏で、吸血鬼による事件が見え隠れしはじめる。前世の眷属で吸血の鬼である凛音を心配する真紀だが、その凛音に真紀自身が攫われてしまった。
浅草に帰るため、在りし日の仲間と刃を交える真紀。それはやがて、茨木童子と凛音が出会った千年前の勝負の日々を、二人に思い起こさせて——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浅草鬼嫁日記8 あやかし夫婦は吸血鬼と踊る。 /友麻碧

そうだな、確かに可愛いな /刈野ミカタ


そうだな、確かに可愛いな (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
めちゃめちゃ良い・・・・・・
表紙とあらすじから想像していたものとは微妙に(?)違う内容だったのだけど、これは良い・・・!

明るくて笑い上戸な後輩女子と、訳アリで挙動不審な先輩男子の恋人なりたてラブコメ。
初々しくて可愛らしいイチャラブなんだけど、先輩からヒロインに向けられた愛が強すぎてニヤニヤが止まりません。
ヒロインもすごく良い子なんだよなぁ。これは惚れるってなる。むしろ私が惚れる。この子は天使ですか?

もっと掘り下げてほしいところがあるし、ぜひぜひシリーズ化をお願いします。応援してます!

☆あらすじ☆
ちょいウザ後輩彼女とワケありクーデレ先輩彼氏のお前らさっさと結婚しろ系ラブコメ!
この小説はイチャ甘ラブコメ——彼氏彼女の交際が始まった直後の二人の初々しい日々の記録だ。
彼氏は渡世戒理。17歳、高校一年生(二留)。
二年間の眠りから目覚めたばかりのワケありの少年。
彼女の名は桑折那乃。16歳、高校一年生。
オシャレと面白いことが好きなちょいウザ美少女。
そんな二人の毎日は……大体こんな感じ。
「せーんぱい♪ 今日のあたし、トクベツ可愛くないっすか〜? ほらほら、褒めてくれても——」
「そうだな、確かに可愛いな」
「〜〜っ」
「桑折?」
「……そーゆうとこっすよ、先輩!!」
これは少しズレた先輩の無自覚デレに後輩彼女が赤面しまくるだけのお話。
ヒロインレースも破局の危機もない、尊死必至なラブコメ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む そうだな、確かに可愛いな /刈野ミカタ

幼なじみが絶対に負けないラブコメ3 /二丸修一


幼なじみが絶対に負けないラブコメ3 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年2月刊。
三角関係というより、もはやハーレムっぽくなってきましたね。幼なじみがいっぱいだぁ。
白草のターンは嬉しいし、今回は特に心情描写が良かったと思います。もうそのまま突き進んでも良いんじゃないかな??

☆あらすじ☆
海だ! 水着だ! 逆襲の白草だ!! 混迷を極めるヒロインレース第3弾!
沖縄でMV撮影ってマジ!? 女子たちの水着姿を見るチャンス到来か……! ヤバい、ハンパじゃないラブコメの波動を感じるぜ……! って、空港に現れた白草の雰囲気がいつもと違うんだけど!? ダメだって。節操なさすぎるって。私服姿を見ただけでトキメキすぎだろ俺。
でもでも? 黒羽とは喧嘩中だしー? またしても俺に嘘をついた黒羽が悪いんだしー?? いや、分かってるんだ。きっと何か事情があったんだろう。だけど、今回、俺は悪くない! 黒羽から謝ってこない限り、絶対に許さないんだからな!
海で、水着で、白草の逆襲が始まる!? 先の読めないヒロインレース第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼なじみが絶対に負けないラブコメ3 /二丸修一

幼なじみが絶対に負けないラブコメ2 /二丸修一


幼なじみが絶対に負けないラブコメ2 (電撃文庫)【Amazon】/【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★☆☆
2019年10月刊。
あ、なんか私が好きな感じの方向に入ってきた気がする??
何らかの目標に向かって皆で団結して走り出す青春ものって良いよね。
読み口も相変わらず軽快で、すごくスラスラと一気に読めました。
しかしこれ「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」としては、面白いんだけど、面白いんだけど、「嘘つき・・・!」という気持ちが膨れ上がるばかりだ(面白いんだけど!)(ギリィッ)

☆あらすじ☆
幼なじみはやっぱり負けない!? まだまだ続く予測不能なヒロインレース!
幼なじみの黒羽に告白し、見事玉砕した俺。死にたい。フラれるってこんなに辛かったのか……っていうか、あそこまでいったら普通OKするだろ! 笑顔で「ヤダ!」ってなんだよ! マジで女子の気持ちわかんねー。でもまてよ、白草は俺のことが好きなんだよな……今ならイケる……?のか……いやいやいや、ダメでしょ。もしまたフラれたらと思うと怖すぎるし。
そんなモヤモヤ爆発の俺のもとに、子役時代の後輩にして理想の妹、桃坂真理愛が襲来! 玄関開けたら1秒で「おかえりなさいお兄ちゃん!!」っていったいどこのラブコメだよ!?
末晴に芸能界復帰の話が持ち上がり、ヒロインたちの思惑が交差する、先の読めないヒロインレース第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幼なじみが絶対に負けないラブコメ2 /二丸修一

【WEB小説感想】夜猫ジュブナイル /佐々木匙


夜猫ジュブナイル(カクヨム)

オススメされて読んだのだけど、お世辞抜きでハマりました。

自分ではない別の何かに変身してしまう不思議な現象。
それによって暴かれる、自分を見失うほどの不安や不満を抱えた少年少女の憂鬱な心情。

思春期の繊細な心にそっと触れつつ、まるごと優しく包み込んでくれるかのような物語でした。

辛くてしんどくて座り込んでしまう時、「がんばれ」も「わかるよ」もいらないから、ただ誰かに隣に座ってほしいことってありません?
私の印象だけど、これはそういうお話だと思うんです。
そういう風に読んじゃったから、なんかもう刺さるわ癒やされるわで感情が大変だった。

友情と恋愛の青春小説としても大満足です。青春小説特有の終盤の疾走感が満点すぎる。

これは是非とも書籍化してほしいなぁ。手元にずっと置いておきたい小説だ・・・・・・

☆あらすじ☆
音楽が好きな高校生・三田村真也はある日、夜の散歩中にクラスで浮いた存在の美少女・長瀬夜子と出会う。どこかおかしな彼女の態度に、彼は自分が黒猫の姿に変わっていることに気づく。その日からふたりは、人が別の姿へと変わってしまう、不思議な事件に遭遇していく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】夜猫ジュブナイル /佐々木匙

―異能― /落葉沙夢


―異能― (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
第15回MF文庫Jライトノベル新人賞「審査員特別賞」受賞作。
面白かったです。というかコレは好きなやつだ!

とある街で繰り広げられる、異能を持つ少年少女のバトルロワイヤル。
なんというか「これぞ私が待ち続けていた現代伝奇!」って感じでした。こういうの読みたかったんだよ〜〜〜

世間の「裏側」で主人公たちが異能を使って色々やって、それが警察や市民などの「表側」の人々から謎多き怪奇事件として扱われる、みたいなやつ。
良いよね。そういうの大好きなんですよ。私の需要にがっちりハマッた作品でした。
1冊で綺麗に終わっているところも良かった。次回作も楽しみです。

☆あらすじ☆
この世界には確実に主人公側の特別な人間がいる。でも、それは僕じゃない。
自分の凡庸さを自覚している大迫祐樹(おおさこゆうき)には、成績優秀で野球部エースの赤根凜空(あかねりく)と学校一可愛い月摘知海(るつみちひろ)という友人がいる。二人は誰が見てもお似合いで、自分は間を取り持つモブキャラなのだ、と認識する大迫だが、なぜか月摘と2人で映画に行くことになってしまう。「デートだね」とはにかむ月摘に戸惑いながら帰宅した大迫の前に、見知らぬ少年が現れて問う。「君の願いは、なにかな?」それは異能を秘めたモノたちへのバトルロワイヤルへの招待だった。「僕……の中にも異能があるのか?」しかしそれすらも「完全な勘違い」だったのかもしれない——!!
予想を覆す怒濤の展開。審査員評が完全に割れた事件的怪作、刊行。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ―異能― /落葉沙夢

隣のキミであたまがいっぱい。 /城崎


隣のキミであたまがいっぱい。 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年1月刊。
人の考えていることが分かる少女と、彼女の能力を自分限定にしてしまう少年。
べったりなのに微妙に距離がある二人の日常を描く甘酸っぱい青春ラブコメディです。
設定とキャラはめっちゃ好き。
特に主人公の無自覚な優しさと、ヒロインの小悪魔ぶりが良いんです。魅力的なカップル。
ただ、SS集みたいな構成で、1冊の物語としては起伏に乏しいんですよね。無いわけじゃないんだけども、期待したほどではないというか。
うーん、これは評価悩むなぁ。。。
とりあえず次巻が出れば間違いなく読むと思います。

☆あらすじ☆
私、あなたの隣にいることに決めました! よろしくお願いしますね?
同じクラスになった如月は、『他人の思考が読めてしまう』らしい。
この『読めてしまう』と『読める』の差は大きく、自分の意思にかかわらず常に他人の考えていることが聞こえてくるのには、彼女もうんざりしているという。
まあだからといって同情はするが、俺に出来ることなんてない。
そう思っていたんだが……。
どうやら俺の隣にいると、彼女の力は俺だけに限定されて、静かで落ち着くらしい。
だからって、距離感おかしくないか!?
いやべつに、俺は美少女がそばにいるからって、ドキドキなんかしていないから!!
——そう、今日もまた俺は彼女に思考を読まれている。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 隣のキミであたまがいっぱい。 /城崎

今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。せんぱい、ひとつお願いがあります / 涼暮皐


今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。 せんぱい、ひとつお願いがあります (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
面白かった!
あらすじ的には小悪魔後輩に振り回される高校生の日常を描いた学園ラブコメなんだけど、うーん、これはジャンルに偽りがちょっとアリでは?ラブコメなのは間違いないけれど。

星に願いを。その祈りの先にあるものは何か。
街で噂される都市伝説をめぐる少年と少女の不思議な関係は、可愛くて優しくて痛々しくて身勝手。
ままならない感情を正面衝突させる二人の姿に、すごく青春を感じました。

ほんとこういうの好き。続きも楽しみです。

☆あらすじ☆
こんなに素直な女の子に慕われて、まさか一ミリも嬉しくないんですかっ!?
双原灯火。幼馴染の妹で、同じ高校に入学してきた後輩でもある。自称・あざとい小悪魔系。自称・温もり大好きスキンシップガチ勢。そして「自称・先輩を慕う美少女」だそうだ。そんな小悪魔系(?)美少女後輩は、今日も早朝からわざわざ僕を迎えに来ている。ポイント稼ぎに余念がないな。
「せんぱい! 手! 手繋ぎましょう! 温もりくださーい!」
けれども僕は、僕だけは知っている。灯火が本当は照れ屋な子犬系で、手が触れるだけで赤面し、僕をからかいながらも内心テンパっていることを。小悪魔キャラは演技でしかなく、僕に近づく口実でしかないことも。そして——今はまだ、僕を好きではないことも。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 今はまだ「幼馴染の妹」ですけど。せんぱい、ひとつお願いがあります / 涼暮皐