「雨咲はな」タグアーカイブ

鳴かぬ緋鳥の恋唄 /雨咲はな


鳴かぬ緋鳥の恋唄 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

評価:★★★★
2021年2月刊。
すっごく良かった…!
舞台となるのは戦国の世。
島に流れついた少女と島の頭領である青年の出会いから始まる恋の物語です。
声も記憶も失くし、何ひとつ持たない寄る辺なき少女。
若くして頭領として立つために気を張り続ける青年。
それぞれが辛い重荷を抱えながらも、少しずつ歩み寄り、恐る恐る互いの心に触れていく。その焦ったくも甘酸っぱい関係性の変化にときめく物語でした。
そっと優しく琴線に触れるような筆致がとても心地良かった。
どうも続きものみたいなので2巻の刊行が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
過去を失った少女が、自らの居場所を見つける戦国恋物語。
戦国の世、とある島に一人の少女が流れ着いた。声と記憶を失くした彼女は島の頭領・千早に「ひな」という名を与えられ、しばし島で暮らすことに。ひなは千早にこれ以上迷惑をかけまいと自立しようとするのだが……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鳴かぬ緋鳥の恋唄 /雨咲はな

【WEB小説感想】リライト・ライト・ラスト・トライ /雨咲はな

異世界に召喚された少女と、彼女の護衛となった少年。
見知らぬ場所でも動じない少女を訝しげに見つめる少年は、彼女が背負う運命を何も知りません。
どれだけ切実で悲痛な思いが自分に向けられているのか、少年は何も知らないのです。

残酷な異世界で繰り広げられる少女の地獄と、彼女に手を差し伸べようとする少年の優しさ。
二人の関係性の苦しさと切なさに心を奪われ、揺さぶられ、悲鳴を上げながら一気読みしてしまいました。
あまりにも面白すぎた……最高でした!

☆あらすじ☆
神獣の守護人は、異世界からやって来る。
守護人の護衛官を務めることになった青年トウイ。そして選ばれた少女・椎名。
彼女の願いは、故郷への帰還ではなく、世界の安寧でもなかった。
──「望むものは、たったひとつ」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】リライト・ライト・ラスト・トライ /雨咲はな