「鏡貴也」タグアーカイブ

終わりのセラフ7 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ7 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ7 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
漫画版12巻で語られた衝撃の真相。ようやく前日譚がそこに追いつきました。
これはきついな・・・・・・。

☆あらすじ☆
『もしも明日、世界が終わるなら、あなたはなにをしますか?』世界が滅亡する、その直前。一瀬グレンとその仲間たちは、みなで決めた。世界が終わってしまわないように、できるかぎり抗ってみようと――。その決意のもと、真昼の誘いに乗り『帝の鬼』を裏切ることを決める。しかしその瞬間から『帝の鬼』の軍勢が襲いかかってくる。グレンたちは抗う。世界を破滅へと導く流れに――! 大人気学園呪術ファンタジー第7巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ7 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語2/鏡貴也

終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語2 (JUMP j BOOKS)
終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語2 (JUMP j BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
「終わりのセラフ」吸血鬼サイドのシリーズ第2弾。
このシリーズもまだまだ続くようなのですが、他との伏線リンクが凄まじいですね。色々と知ってる吸血鬼視点だからか。
謎めく物語はクローリーの過去が明らかになったことで更に謎を生んでしまった気がします。把握するのが大変だ・・・!

☆あらすじ☆
神に仕える身でありながら、戦場で信仰を失ったクローリー。殺人事件との遭遇、フェリドとの出会いで、彼は「人間」をも失うことになる…吸血鬼の過去を暴く物語、第2巻!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語2/鏡貴也

終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語1/鏡貴也

終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語 1 (JUMP j BOOKS)
終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語 1 (JUMP j BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2015年12月刊。
集英社ジャンプSQで優ちゃん編、講談社ラノベ文庫で前日譚となるグレン編と両面原作展開をしている「終わりのセラフ」の3本目のシリーズ。
全部読まないと全容がつかめないというハードルの高さは本当にどうにかならんのかと思うのですが、くそう、面白いは正義ですね!
この新シリーズは吸血鬼サイドの物語。「吸血鬼ミカエラ」というタイトルは本編を読むと色んな意味で納得しました。ミカの出番は思ったより少なかったけれど。
それにしても鏡さんは本当に魅惑的な伏線の張り方をするよなぁ。このシリーズも続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
【小説版登場!】ミカエラの名に隠された秘密。人間だったころのクローリーの死闘と、フェリドとの出会い――暴き出される「彼ら」の遍歴。吸血鬼の真実と起源に迫る衝撃の新シリーズ、解禁!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語1/鏡貴也

終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅

『終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅』(鏡貴也著/講談社ラノベ文庫)★★★☆☆

終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
すでに決まった結末に向けて抗う物語も、いよいよ佳境へ。
といっても今回はクライマックスに向けて様々な覚悟を再確認する溜めの回という感じでしょうか。この続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
世界が滅亡する直前まで、抗い続けた、物語――。「真昼を殺せなければ、お前の父親を殺す」柊家に父・一瀬栄を人質に取られ、真昼を探していたグレンだがあと一歩のところで吸血鬼たちに真昼をさらわれ取り逃してしまう。そして時間は無情にも過ぎていき、一瀬栄は……! 自らの力不足を改めて痛烈に感じながらも、前に進みはじめたグレン。一方吸血鬼にとらわれた真昼は、吸血鬼の女王クルル・ツェペシに交渉を持ちかけ――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅

終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅 

『終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅』(鏡貴也著/講談社ラノベ文庫)★★★☆☆

終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年4月刊。
祝アニメ化!なかなかのクオリティで毎週視聴が楽しみです。
アニメ化するのは漫画版の「終わりのセラフ」なのですが、前日譚であるこちらは漫画版とのリンクもどんどん大きくなってきました。
もはや「単独で楽しめます」というのは無理があるのでは・・・・・・どちらも読んでる私からすると超楽しめてますけども。
今回は謎をさらに勢いよくばらまくタメの回という印象。確定事項なタイムリミットが迫り、この前日譚にもそろそろ終わりが見えてきました。

☆あらすじ☆
世界が滅亡する、まさにその直前の、物語――。終わりの天使計画――真昼が残した手紙に記載されたそれは、≪百夜教≫によって行われている、忌まわしい実験の記録。『帝の鬼』ですらつかんでいないその実験は、世界を破滅へと向かわせるものだった。その情報をグレンに渡した真昼の意図は、そして「あなたと心中はしてあげられない。私はあなたに、未来を託すから」と心中しようとしたグレンに、真昼が言った言葉の意味は――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅 

終わりのセラフ4 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ4 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ4 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年7月刊。
鏡さん、ツンデレ男を書くのがうますぎです。
こんなに面白いのにグレンがデレたことしか思い出せない・・・(・◇・)

☆あらすじ☆
「美十を救う。五士を救う。小百合を救う。時雨を救う」
真昼との逢瀬を経て、グレンの決意は固まった。そんな中、ついに≪百夜教≫と≪帝ノ鬼≫の戦争が始まり、グレンの通う第一渋谷高校にも敵が押し寄せ、壊滅状態に陥ってしまった。仲間を、従者を、そして世界を破滅から救うため、グレンは≪鬼呪≫を手にする。圧倒的な力を手に入れ、≪鬼≫の誘惑に耐えながら力をふるい敵を倒していくグレン。彼は仲間を救い、運命の歯車から抜け出せるのか――?
鏡貴也×山本ヤマトが描く大人気学園呪術ファンタジー第4弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ4 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年1月刊。
最近、やっと漫画版を購入しました(以前はレンタルで読んでた)。
小説版も漫画版もどちらもほんと面白いですね。おすすめです。
クリスマスに起こると予言され、実際成就されてしまう 破滅までの過程を描いた物語。
2巻までも展開が早かったのですが、3巻もまた一気に物語が動きました。グレンと真昼の関係も動きがあったものの、とても切ないです。何気に相棒っぽくなってきた深夜とグレンが良い感じですw

☆あらすじ☆
世界が破滅に向かうそのさなかの、物語―。身分の低い分家出身で、侮蔑の対象であったはずの一瀬グレン。だが、柊家の、さらには『帝ノ鬼』の次期当主候補でもある柊暮人に強制的に部下にさせられた結果、周囲の扱いが大きく変わったことに戸惑っていた。そんな中、グレンと深夜は、上野公園で対峙したキメラ―ヨハネの四騎士についての情報を得るべく、“百夜教”との接触を決断する。極秘であったはずの会談の場に現れたのは―!さらに翌日、暮人に呼び出されたグレンが見たものは、幼い少女の―!?
鏡貴也×山本ヤマトの最強タッグが描く大人気学園呪術ファンタジー、世界の終わりが加速する、運命の第3巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2013年7月刊。
かなりギリギリのところで生きているグレンですが、さっそく状況が変わります。
結末ありきの物語だけにさくさくと展開していくところがいいですね。
小百合めちゃくちゃかわいいんですけど、どうにか報われないかなぁ。

☆あらすじ☆
これは、世界が滅亡する直前の、物語―。
“百夜教”による大規模襲撃から、1ヵ月。グレンは呪術学校で、相変わらず野心を隠してクズを演じていた。美十や五士、そしてクラスメイトに無能だなんだと揶揄されながらも、のらりくらりと実力を隠すグレン。しかし平穏な時間は続かない。グレンの実力を訝しんだ真昼の兄―柊暮人生徒会長が内務調査を始めたのだ。圧倒的な実力を持つ暮人の前で、グレンはついに、その力を見せることになる。人間、鬼、吸血鬼―それぞれの欲望が悲しいまでに絡み合いながら、やがて戦争が始まる。
鏡貴也×山本ヤマトの最強タッグが描く大人気学園呪術ファンタジー第2弾!

以下、ネタバレ有りの感想です。
続きを読む 終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也

終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2013年1月刊。
ジャンプSQの漫画版「終わりのセラフ」を先に読み、その前日譚である小説版に興味がでて読んでみました。
漫画版主人公の上司である一瀬グレンの学生時代のお話。彼が呪術者のエリート校に通いながらどう過ごし、その一方で世界がどのように破滅していったのかが描かれる物語です。
今回はまだ序章ということなのですが、呪術バトルメインではあるものの思ったよりラブストーリー要素も入っていた印象。もっとも、主人公とヒロインの関係はロミジュリのようでいて、全然甘くはないのですが。
漫画版で、グレンと真昼の恋がどのような結末を迎えるのかをうっすらと知らされているものの、そこに至るまでに彼らに何が起こったのかはまだ分かりません。グレンの物語はまだ序章、でも終章は分かるという不思議なドキドキを感じながら、楽しく読めた小説版でした。
ちなみに、漫画版未読でも問題はないと思います。

☆あらすじ☆
「ねえグレン。大人になっても、私たち、ずっと一緒にいられるのかな…?」
世界が滅亡し、地上が吸血鬼に支配される直前の―最後の春。一瀬グレン15歳が入学したのは、渋谷にある呪術師養成学校だった。学校にいるのは呪術世界では有名な家系のエリート子女ばかり。身分の低い分家出身のグレンは、胸に大きな野心を抱きながらも、クズだと嘲られながら過ごす。だがそんな中、遠い昔に約束を交わした少女の、婚約者を名乗るクラスメイトが現れて―。
滅び行く世界で、少年は力を求め、少女もまた力を求めた。
鏡貴也×山本ヤマトの最強タッグが描く学園呪術ファンタジー登場。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅/鏡貴也