「転生」タグアーカイブ

転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す1 /十夜


転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す 1 (アース・スターノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年6月刊。
大聖女だった前世の記憶と力を取り戻した少女が、それを隠しながら騎士団ライフを謳歌する転生ファンタジー。
実力を隠す有能主人公系のお話ですが、そのすっとぼけ具合のキレ味が最高でした。めっちゃ笑った。

アホの子なんですよ。頭悪くないしスペックもすごいのに、アホの子。
ばかな子ほど可愛いとは良く言ったものです。本当に可愛いんだもん。すごく好き。

マイペースに周囲を振り回す主人公に対し、勢いよくツッコミを入れる騎士団の面々にも笑いました。
なんだろう?できの悪い末っ子を愛でるお兄ちゃんたちがたくさんいる感じ?アットホームな騎士団ですね。

ストーリーは騎士団舞台の日常モノという感じで、キャラの掛け合いにツボだったので次巻も読みます。

☆あらすじ☆
小説家になろう ジャンル別 年間1位作品!待望の書籍化
騎士家の娘として騎士を目指していたフィーアは、死にかけた際に「大聖女」だった前世を思い出す。
え?聖女って、すごく弱体化しているのに、絶滅寸前なため、崇められている職業だよね?
私が使う聖女の力って、おとぎ話と化した「失われた魔法」ばっかりなんだけど。
そういえば、前世で、「聖女として生まれ変わったら殺す」って魔王の右腕に脅されたんだっけ。
こんな力使ったら、一発で聖女ってバレて、殺されるんじゃないかしら。
…ってことで、初志貫徹で騎士になります! 静かに生きます!
なーんて思ったけど、持っている力は使っちゃうよね。だって、色々便利だから…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す1 /十夜

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ


聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2 (アリアンローズ)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年1月刊。
前世も今世も身分社会に苦しめられる平民の少女が、自由を目指して聖女候補の試験に挑戦する転生ファンタジー第2弾。
今回も面白かったです。前世ロマンスと陰謀サスペンスのバランスが丁度よい。
前世の恋は今世にも続くのか。恋をしているのは誰なのか。
神殿と王宮を巻き込む陰謀が進むなか、前世の因縁を乗り越えようとする主人公カップルの葛藤と奮闘が面白かったです。
それにしても、天与の才により突き進む主人公に比べると、悪役の方が努力してる感じになるのが少し笑える。でもそれが敵対関係に張り合いを生んで、読み応えに繋がっているのでしょうね。ラストのオチがとても好きでした。

☆あらすじ☆
前世で貴族に騙され不幸な死を遂げたリズは、今度こそ好きに生きるため、聖女になると決意する。
リズは次期聖女候補として、身分や思い込みにとらわれず選定試験を“自己流”でクリアしていく。その勢いはすさまじく、次期聖女は決まったものと思われたが、予期せぬライバルが登場し事態は大きく動き出す!
同じく転生していた前世の恋人、キーファと共に次の課題に挑むリズの前に、更に前世の自分そっくりの女性が現れて!?
「私にはわかる、あなたの本当の正体が――」
再び襲い掛かる前世の因縁もふっとばす、爽快ファンタジー第二弾、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ 2/新山サホ

聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます 〜王太子は、前世で私を振った恋人でした〜 /新山サホ


聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます ~王太子は、前世で私を振った恋人でした~ (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年9月刊。
前世と同じく平民として生まれ、身分社会の不条理に腹を立てる主人公。
前世の失恋を引きずりつつ、今度こそ身分に苦しめられない立場を望む彼女が、「聖女候補」として試練に挑む転生ファンタジーです。
オススメされて読んでみたのだけど、これは確かに面白い!
特別な力を持つ主人公の痛快活劇としても楽しく、切なさと甘さが交錯して描かれる転生ロマンスとしても好みなお話。
勧善懲悪要素も強いのだけど、そのなかで生まれる聖女候補同士の絆が心地よくて読後感ばっちりでした。
これは続きも読まないと!

☆あらすじ☆
婚約者は自分を裏切り、貴族のご令嬢と結婚。恋人や身分に振り回され不幸な死を遂げ――
(我ながら、ふざけた人生を送ったものだわ)
生まれ変わって、今度こそ自分の好きなように生きると決意したリズ。前世と同じく身分は平民だが、今世では天啓のような“不思議な力”を持っていた。その力を見いだされ、聖女候補の一人に選ばれたリズだったが、他の候補者は正統な魔力を持った貴族令嬢ばかり。
聖女になって、身分なんかに負けない力を手に入れようとするリズだったが、そんな彼女の前になんと“前世の恋人”が現れて――!?
魔力? 持ってません。身分? 平民です。
でも二度目の私は勝手にさせてもらいます!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます 〜王太子は、前世で私を振った恋人でした〜 /新山サホ

公爵令嬢ティアレシアの復讐 〜悪魔の力、お借りします〜 /奏舞音


公爵令嬢ティアレシアの復讐 ~悪魔の力、お借りします~【電子特典付き】 (ビーズログ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
第1回ビーズログ小説大賞「優秀賞」受賞作。
姉によって処刑された元女王が、悪魔に魂を売って復讐を目論む転生ファンタジー。
1巻が女の子ピン表紙って女性向けレーベルでは割と珍しいような?なんか少女漫画のカバーっぽくて新鮮です。
復讐を敢行する少女と彼女に執着する悪魔のバディもの、でもあるのかな。
色々と設定は美味しかったし、内容は1冊で綺麗に終わっているのだけど、細部が私の琴線に触れるほどではなく、ううむ、、、

☆あらすじ☆
無実の罪で処刑!? それなら転生いたします!
異母姉に嵌められ、十六という若さで処刑された女王クリスティアン。
それから十六年の月日が経ち、女王生誕祭に思いを馳せる少女が一人。
公爵令嬢ティアレシアだ。
彼女の従僕は囁く――「俺はいつまでお守りをさせられるんだ?」
そう彼女こそ、この美しき悪魔と取引をし、転生した元女王だった!
今ここに、転生令嬢と悪魔による復讐の幕が上がる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵令嬢ティアレシアの復讐 〜悪魔の力、お借りします〜 /奏舞音

魔法使いの婚約者9 かわいいあなたと紡ぐ祝歌 /中村朱里


魔法使いの婚約者9 かわいいあなたと紡ぐ祝歌 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
内容が内容だったので完結巻かと思ったら違った・・・!
救世の魔法使いと、その妻となった転生者の愛しき日々を描くラブファンタジー第9弾。
色んなことに区切りがつきましたね。幸せいっぱいでとても素敵でした。

☆あらすじ☆
夏のある日、王宮筆頭魔法使いで最強の旦那様であるエディとの間に授かった双子を出産したフィリミナ。彼女は、かわいい双子の存在に日々喜びを噛みしめつつ、とある難題に悩まされていた。それは、双子の妹が生まれながらに精霊に愛されているせいで、精霊に嫌われているフィリミナが我が子に近づけないというもので――。
「小説家になろう」でも大人気シリーズ、待望の書籍完全書き下ろし第9弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔法使いの婚約者9 かわいいあなたと紡ぐ祝歌 /中村朱里

王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 3.暗躍せし影 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年10月刊。
面白かった!
転生した1000年後の世界で蠢き始める陰謀の気配。
そこにレティシエルの運命も絡み始めてきました。これは楽しくなってきた・・・!
前世の記憶を取り戻す前の「失われた記憶」も謎めいた形で蘇りつつあり、こちらはどういう展開になるのか想像もつきません。
続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
最強王女VS邪悪なる意志
フィリアレギス公爵家との縁を切り、自由を謳歌するレティシエルの元に、公爵家の長女・サリーニャが訪れる。
公爵家の忌み子である『ドロッセル』を嫌っていたサリーニャの思惑が読めず困惑するレティシエル。
その裏では、クリスタがレティシエルの学友・ジークへと近づいており……?
違和感を拭えないまま始まった学園の課外授業の真っ最中、人々を誘拐する謎の集団にジークとヒルメスが捕まってしまう。
友人を狙われ怒るレティシエルは集団を制圧するも、敵の未知の力は不穏な匂いを感じさせ……?
レティシエルを取り巻き暗躍する影と、蘇り始める『ドロッセル』の記憶。転生した王女殿下を待ち受ける新たな謎とは――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓

王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 2.精霊王の来訪 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年4月刊。
1000年後に転生した最強王女がマイペースにわが道を突き進むファンタジー第2弾。
世界情勢が少しずつ明らかになり、国が抱える問題も見えてきた感じ。
レティシエルの新しい環境もゆっくりと整い始めているのを感じます。
まぁでも2巻は準備回という雰囲気で、大きな動きはそこまでなく(重要そうな新キャラは出てきましたが)
一方で様々な伏線が気になって仕方ありません。次巻も期待。

☆あらすじ☆
常識外れの最強魔術譚、第二幕!!
異形の怪物を退け、穏やかな日常へ舞い戻ったレティシエル。
しかし強大な魔術の力を求める国王に喚び出され、息をつく間もなく王城へ。自由を求めるレティシエルに、したたかな国王はとある条件を提示して……?
謁見を終え、学園に戻ったレティシエルは「魔法同好会」を立ち上げる。
同好会の仲間と期末試験を乗り越えてから数日、絶滅していたとされる双子の精霊王ディトとティーナがレティシエルの前に現れるが、二人はレティシエルに突然襲い掛かってきて!?
二人を無力化するべく、レティシエルはついに本領を発揮する──!
常識外れの王女殿下が我が道を往く最強魔術譚、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓

王女殿下はお怒りのようです1 転生王女と古の力 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 1.転生王女と古の力 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年12月刊。
面白かった〜!
1000年後の世界に転生した最強魔術師が、自分を軽んじる周囲に頓着することなく我が道を突き進む転生ファンタジー。
高性能な女性主人公で、美青年がたくさん登場して、前世から大切にしている恋があって―― と、個人的には女性向けラノベっぽい読み味でした。
主人公のマイペースっぷりは読んでいて不思議な心地良さがあり、とても好きなタイプ。
周囲に侮られたり、不審がられたり、褒めそやされたりと、彼女に対する反応は実に様々。しかしその全てに関心はなく、一方で、一度懐に入れた人のことは大切に守り抜く。
良い良い。そのままマイペースに突き進んでくれって思う。
恋愛要素も好きな感じになりそうだし、魔法技術が後退した世界に古の魔術が持ち込まれることで何が起こるのかも気になります。続きが楽しみ。

☆あらすじ☆
戦乱の王女として生まれ、最強の魔術師と謳われたレティシエル。
隣国の侵攻によって家族と伴侶を失い、魔術の力を敵国に奪われないため自ら命を手放した──はずが、目を覚ますとそこは見知らぬ天井だった。
情報をかき集めてみると、レティシエルはどうやら別の人間として千年後の世界に転生していたらしい。
しかも家族や周囲の人間、婚約者にすら疎まれている無能令嬢として。
色々と物申したいことがある中、千年後の世界における魔術の術式を目の当たりにし──そのお粗末さに“魔術バカ”のレティシエルはブチ切れた!?
「この世界の魔術レベル低すぎっっっっ!!!」
常識外れな王女殿下が我が道を突き進む最強魔術譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです1 転生王女と古の力 /八ツ橋皓

女皇だった前世を持つ織物工場の女工は、今世では幸せな結婚をしたい! /風見くのえ


女皇だった前世を持つ織物工場の女工は、今世では幸せな結婚をしたい! (フェアリーキス ピュア)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
帝国の女皇が属国の平民女工に転生。
しかしチートな能力と女皇の知識を引き継いでいるため、振る舞いが平民の少女には全く見えない。
おかげで婚活がうまくいかない!と嘆くところから始まるラブコメファンタジー。
主人公のキャラを受け入れられるかどうかで評価が変わりそうな作品。個人的には少し苦手なタイプ(上から目線のTUEEEキャラ)でした。
でも国家規模の危機に巻き込まれていく後半のストーリーはとても面白かったです。

☆あらすじ☆
女皇だった前世の記憶を持ちながらも、田舎の織物工場で働く女工のシェーラ。今世の平凡な生活に満足しつつ、前世で叶わなかった結婚を果たそうと婚活に精を出すが、無意識に女皇オーラを発しすぎて男性に逃げられるばかり。「どうして? 私の何がいけないのっ!?」そんなある日、皇族の末裔らしき悪徳商会の会長に見初められ……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 女皇だった前世を持つ織物工場の女工は、今世では幸せな結婚をしたい! /風見くのえ

浅草鬼嫁日記7 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 /友麻碧


浅草鬼嫁日記 七 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年9月刊。
最強鬼夫婦の転生ファンタジー第7弾。
馨の里帰り回です。
真紀に馨にしてあげられること、してあげられないこと。その両方を通して「真紀は本当に良い嫁だな・・・」と感動してしまうお話でした。
馨には真紀しかいなくて、真紀にも馨しかいなくて。
でも、それじゃあ、あの人の想いはどこにいくのかな・・・・・・
今後の展開がちょっと怖くなってきました。楽しみです。

☆あらすじ☆
そこは御伽噺の隠れ里。「最強の鬼嫁」夫婦を、幾つもの想いが待ち受ける。
狩人たちとの騒動を退け、無事に新学期を迎えた少し後。馨の祖父の訃報を受けて、真紀は法事へついていくことになる。訪れた九州の実家で、二人は地域にまつわる伝承と、夜毎屋敷をさまよう不穏な存在に遭遇し……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 浅草鬼嫁日記7 あやかし夫婦は御伽噺とともに眠れ。 /友麻碧