「赤井てら」タグアーカイブ

第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様1/翠川稜

第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様 1 (ヒーロー文庫)
第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様 1 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年7月刊。
見た目が幼いことを気にする第六皇女と、見た目が怖すぎることを気にする黒騎士。
政略によって結婚することになった二人が、未来に思いを馳せながらゆっくりと心を交わす物語です。
辺境領地運営モノになっていくのかな? 見た目幼女でも中身はチートな姫さまが大活躍しそうな予感。
この1巻は主役二人の馴れ初め物語として綺麗にまとまっていたけれど、おそらく本題は二人が領地に移動してからなのだと思います。
ラブコメと内政を上手く絡めて描いてくれる作品だけに、今後の期待大です!
2巻も楽しみ!

☆あらすじ☆
天使のような王女が降嫁された相手は強面の騎士!? 恋には年の差も身長差も関係なし? あま~いラブコメディが登場!
リーデルシュタイン帝国は隣国との戦争に勝利し、戦勝の式典のために慌ただしい時を過ごしていた。
そんな中、第六皇女であるヴィクトリアは父である皇帝より、先の戦争で武勲を挙げた第七師団師団長のアレクシス――通称「黒騎士」に降嫁させると告げられる。
ドラゴンすら屠ると言われる剣の腕に加え、その鍛え抜かれた大きな体躯と厳しい風貌は、令嬢なら顔を見ただけで泣いて逃げ出すと恐れられている黒騎士。
対するヴィクトリアは16歳という実年齢に反して、10歳程度の子供にしか見えないほどに、幼くあどけない少女だった。
政略結婚にしても可哀想だと、周囲は結婚に反対するのだが、当のヴィクトリアは何故かアレクシスとの結婚に前向きなようで――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 第六皇女殿下は黒騎士様の花嫁様1/翠川稜

夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進

『夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進』(地本草子著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進 (ダッシュエックス文庫)
夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進 (ダッシュエックス文庫)

2016年2月刊。
すごく面白かった!!
ヒーローが崇拝されヴィランが憎悪される街を舞台にした、アメコミ感満載のヒーローアクション。
「ヒーローとは究極的に善の存在であり、その成す行為は善である。」
この一文にゾワゾワくるものを感じたら是非読んでほしい。
ヒーローとヴィラン、正義と悪。その対立の中で生まれる新たなヒーローの物語です。
今回の事件そのものは一応綺麗に終わっていますが、気になる伏線もあるので是非シリーズ化してほしいです!

☆あらすじ☆
悪役(ヴィラン)は正義の夢を見るか? 僕の中に、最凶最悪の悪役(ヴィラン)が棲む――
超人的な力を生み出す器官–〝チャンバー〟の発見により、ヒーローとヴィランの存在が科学的に証明された世界。ヴィラン排除の気運が高まる中、リアクタ・シティに住む高校生シンザキ・ユウマは、最凶最悪のヴィラン、エヴィルエンドの息子として生まれ、その能力を受け継いでいることを世に暴かれないか恐れていた。だがヒーロー殲滅を叫ぶヴィラン、Dr.デブリードマンによる市民への無差別攻撃から、子どもを救ったことをきっかけに、ユウマは同級生のヒーロー、キョウノ・アカリに目をつけられ、やがてヒーロとヴィランの境を超えた壮大な戦いへと巻き込まれていく……善と悪が交錯する新たなヒーロー伝説ここに誕生!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 夜明けのヴィラン 聖邪たちの行進

幻葬神話のドレッドノート2

『幻葬神話のドレッドノート2』(鳥羽徹著/GA文庫)★★★☆☆

幻葬神話のドレッドノート2 (GA文庫)
幻葬神話のドレッドノート2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
前巻よりもさらに糖度がパワーアップした最強夫婦のバトルファンタジー第2弾。
前半のラブコメパートはひたすら砂糖吐きまくってました。それはもうドバドバと。
今回は新キャラ投入で夫婦との対比がなかなか面白かったのですが、肝心の神話級戦はややあっさりめだったような?
ただ気になる動きが続いていますし、世界観も順調に広がりをみせているので次巻以降も楽しみです。

☆あらすじ☆
「貴方、強いわね。あたしの愛人にならない!?」
神話級幻獣ヴリトラを日輪と共に討伐した志雄は、鍛錬と研鑽を続けつつも、比較的平穏な日々を過ごしていた。だが、街中で突如襲撃してきた西方の戦技魔装士・雅楽(男)を撃退したことから興味を持たれ、何かとつきまとわれることに!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 幻葬神話のドレッドノート2

デスニードラウンド ラウンド3/アサウラ

デスニードラウンド ラウンド3 (オーバーラップ文庫)
デスニードラウンド ラウンド3 (オーバーラップ文庫)

評価:★★★★☆
実は三部作だったらしいデスニードラウンド完結巻。
全ての元凶であるデスニードラウンドへの潜入任務を受けることになったユリたちですが、これまでで最も過酷で、最も爽快感のある話でした。 ユリの成長が泣けます。
そして際どい際どい!と唸ってきたシリーズの最終巻らしく、ほんとにやばいくらい際どいです。これほぼアウトなんじゃないだろうか。

☆あらすじ☆
ある日、組合から松倉チームに妙な依頼が入る。尋常ではない高額なギャラの仕事とは『デスニードラウンド』というテーマパークで夜な夜な行われている『何か』の調査だった。一般客に紛れてDNRへ来たユリ達は招待を受けたとある園内のレストランへと足を運ぶ。そこはDNRの真のゲストだけが訪れることを許された、秘密の会員制クラブだった。そこでユリ達は知る。DNRの真実と仕組まれた狂気のシステム、そして閉園後の禁断のイベントを。迫り来る、楽しげな音楽と笑顔に包まれた電飾で彩られたパレード、DNRの人気マスコットキャラクター達…。
「愛夢と絶望の国へようこそ!幸福な死を君に―ハピデス!!」
悪夢に占められた夜に、未来を求めて足掻く者達のサバイバルゲームが始まる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デスニードラウンド ラウンド3/アサウラ

デスニードラウンド ラウンド2

デスニードラウンド ラウンド2 (オーバーラップ文庫)
デスニードラウンド ラウンド2 (オーバーラップ文庫)

評価:★★★☆☆
ぐ、ぐろい・・・そして際どいですね、今回も。
前回で世界観と銃器のあれこれに慣れたので、今回は割とすんなりお話に入っていけました。
マクド○ルドのドナ○ドまんまだった1巻。それに続く2巻でユリたちが対峙するのは警視庁のマスコットキャラクターP君。・・・・・・いやいやまんまじゃないですか、大丈夫なのか(@@;)

☆あらすじ☆
女子高生傭兵VS警視庁 マスコットキャラクターを撃つ!
借金返済のために女子高生傭兵を続けるユリの前に、台湾から美鳳という狙撃手がやってくる。同年代だった美鳳とユリは自然と仲良くなっていき、いつしかユリの学校の先輩・宇佐美玲奈も一緒に遊ぶ関係になっていった。そんなある夜、ユリの携帯に宇佐美から1本の電話が入る。
「ユリ…お願い、助けて。あ、あたし、殺される」
そして銃声と、甲高い子供のような人ならぬ声。はたしてユリは大切な人を守る事ができるのか…? 泥だらけの逃走、迎撃、そして事態は群馬県へ。
現実を生き抜くためにユリが撃つ、今度の敵は――警察だ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む デスニードラウンド ラウンド2

デスニードラウンド ラウンド1/アサウラ

デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)
デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)

評価:★★★☆☆
これはまた色々とギリギリな感じですね。
傭兵稼業をすることになった女子高生の所属するチームが、某ハンバーガー屋の人気キャラクターをもじったピエロの抹殺以来を引き受ける、というお話。傭兵のお話なので銃器火気が盛りだくさんで展開もシビアです。ホラーテイストもあったりして、マッドピエロがかなりグロく蠢いちゃったりしています。私、昔からあそこのピエロ怖くて苦手だったんですが、こいつよりはマシですね。マッドピエロ怖すぎる。
そして、食事シーンにめちゃくちゃお腹鳴りました。

☆あらすじ☆
多額の借金を背負う女子高生のユリは返済のために銃を持ち、己の命をリスクに晒す…そんな危険な傭兵稼業に手を出した。彼女は合法・非合法を問わず危険な仕事を請け負う「死に損ない」ばかりの松倉チームで仕事を始めるが、なぜか連れて行かれたのは都内のバーガーショップ。「こ、これ、ヤバくないですか!?超ヤバイですよね!?」ユリの初仕事は、なんとバーガーショップのマスコットキャラクターを襲撃することだった…!不可思議な仕事依頼を切っ掛けに、銃弾と血と笑い声が飛び交う常軌を逸した夜が始まる―ユリは未来を切り開くために戦い抜けるのか!?
『ベン・トー』のアサウラが描く衝撃の新シリーズ。

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む デスニードラウンド ラウンド1/アサウラ