「谷瑞恵」タグアーカイブ

額を紡ぐひと/谷瑞恵

額を紡ぐひと
額を紡ぐひと

評価:★★★★★
2018年2月刊。
「伯爵と妖精」「異人館画廊」の谷瑞恵さんによる、オーダーメイドの額縁を手がける額装師の物語。
婚約者を失ったヒロインが、額装という仕事を通して過去に向き合っていくというストーリーです。
額縁というと絵を飾る枠のイメージしかなかったのだけど、本作で描かれる「額装」は自由な発想と優しい願いによって紡がれる救済の形。
他者のために、祈りを込めて様々な額装を施していく主人公の仕事ぶりはとても厳かで美しいものでした。
彼女に仕事を依頼するのは心に傷を抱えた人々であり、主人公自身も癒えない傷を抱えている。
そんな彼らの喪失と再生がとても優しく切なく語られていく作品だと思います。
谷瑞恵さんの語り口、本当に好きすぎてしんどくなる・・・・・・

☆あらすじ☆
彼女は額装師。手放せない想いに、ふさわしい居場所をつくるひと。『思い出のとき修理します』著者最新刊。事故で婚約者を喪った額装師・奥野夏樹。彼女の元には一見額装不可能で、いわくありげな依頼ばかりやってくる。ヤドリギの枝、小鳥の声、毛糸玉にカレーポット――。依頼人の心に寄り添い、時にその秘密を暴いてしまう夏樹。表具額縁店の次男坊・久遠純は、夏樹の作品の持つ独特な雰囲気に惹かれ、彼女自身にも興味を持つが。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 額を紡ぐひと/谷瑞恵

異人館画廊5 失われた絵と学園の秘密/谷瑞恵

異人館画廊 失われた絵と学園の秘密 (オレンジ文庫)
異人館画廊 失われた絵と学園の秘密 (オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年12月刊。
「呪いの絵」を生みだす図像術を巡る美術ミステリー第5弾。
今回は学園潜入編なのだけど、言われて思い出す「千景(18)」という事実。
千景の拗らせ方って思春期よりも少し上の女の拗らせ方っぽいよなという印象があって、18歳ということをうっかり忘れてしまいます。それくらい彼女が大変な人生を送ってきたということなのだけど。
悪い意味で大人びているし、悪い意味で子どもっぽい。
でもそこから生まれる不安定さに目が離せないんですよね。正直、私は千景の面倒くさいのキャラが嫌いじゃない。
まぁ、この子に対して微妙な距離感を保つ努力をし続ける透磨さんは不憫ですがw

☆あらすじ☆
自殺未遂した少女、消えた絵……。鈴蘭学園美術部で起こった複数の事件には、図像術につながる何かが感じられる。
そんななか鈴子の提案で、千景は転入性として生徒の一人を装い、学園の潜入調査を決行することになって……!?
今まで経験することのなかった学生生活に戸惑いながらも、次第に学園に溶け込んでいく千景――。嘘をついているのは誰……!?
此花統治郎の孫で、目立った存在の千景に近付いてくる疑惑の同級生たち――。それを心配するあまり、やきもきしながらも見守る透磨――。
矛盾する少女たちの証言に翻弄され、時に危険にさらされながらも、二人は、事件と……呪われた絵画「ユディト」の謎を追う――。
その先には、千景の過去ともつながるような学園の秘密が隠されていて――!?
話題の美術ミステリー、第五弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊5 失われた絵と学園の秘密/谷瑞恵

木もれ日を縫う/谷瑞恵

木もれ日を縫う
木もれ日を縫う

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
疎遠な関係の三姉妹のもとに突然現れたのは、行方不明だったはずの母親。嫌っていた母の存在をきっかけに、少しずつ三姉妹の心に変化が生まれていく。
本当の自分とは何か、大事にすべきものは何か、価値あるものは何か。
答えに迷う三姉妹を「山姥」の母が優しく導いていく物語です。
温かくて優しくて、そして少し切ない家族の姿がそこにはありました。
母によって結び直されていく三姉妹の絆を、作中で重要な意味を持つパッチワークに例えていく語り口はとても柔らか。
その一方で、彼女たちが母に覚える違和感には理由があり、その秘密に迫っていくミステリーでもあるのです。
謎が明かされる終盤は目頭がぐっと熱くなり、自分の両親に優しくしたいと思わずにいられませんでした。

☆あらすじ☆
ファッション業界で働く小峰紬(こみね・つむぎ)の前に、行方不明だった母親の文子が姿を現した。自身を「山姥になった」と言い、面影にもどこか違和感がある母に困惑する紬。母を山奥から東京に連れてきた古書店主の柳川から話を聞きつつ、年の離れた姉の麻弥と絹代に相談する。恋愛と仕事に迷いを感じている二十代半ばの紬、女である自分に悲しみを抱えている三十代の麻弥、夫との間にすれ違いが生じ始めている四十代の絹代。それぞれに悩みをいだく三姉妹は、疎遠になっていた母親と再会し、少しずつ距離が縮まる中で、自分たちの幸せの形に気づいてゆく。そんなとき、母をある事件が襲い――。
三姉妹は母との絆を結び直せるのか。心に染みるミステリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 木もれ日を縫う/谷瑞恵

異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵

異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)
異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
徐々に糖度が出てきたような気がする美術ミステリー第4弾。
千景と透磨のじれったい関係も良いのですが、千景の過去がますます気になる展開になってきました。

☆あらすじ☆
成瀬家は、代々“禁断の絵”を守ってきた旧家だ。その絵が盗まれた。現当主の美津に絵をさがしてほしいと頼まれた千景と透磨だが、件(くだん)の絵は異人館画廊に置き去りにされていた。同時期、失踪中の次期当主候補・雪江が遺体で見つかるが、容疑者として浮上した男が千景の誘拐事件の関係者だと判明し!? 深まる謎の中、記憶の封印が次第に解けてゆく。緊迫の美術ミステリー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊4 当世風婚活のすすめ/谷瑞恵

思い出のとき修理します4 永久時計を胸に/谷瑞恵

思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)
思い出のとき修理します 4 永久時計を胸に (集英社文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
大好きな谷瑞恵さんの一般文芸初進出となるシリーズでしたが、ついに完結。
懐かしい思い出と、その時を刻む時計の優しい物語。最後までとても素敵でした。穏やかな気持ちになれる良い作品だったと思います。
そして秀司と明里のカップル、本当に大好きです。

☆あらすじ☆
不仲に思えた両親の絆、亡き妻への秘めた思い…時計店には今日も人々の「思い出」が持ち込まれる。そんな中、秀司が作ってくれているドレスウォッチの完成が近いと聞き、喜びとともに複雑な気持ちになる明里。秀司の元に、スイスの時計工房から手紙が届いているらしいからだ。ともに商店街で暮らす未来を夢見つつ、本当は秀司がスイスで修業を続けたいのではないかと悩み…。ついに完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 思い出のとき修理します4 永久時計を胸に/谷瑞恵

新釈グリム童話 めでたし、めでたし?

『新釈 グリム童話 −めでたし、めでたし?−』(谷瑞恵・白川紺子・響野夏菜・松田志乃ぶ・希多美咲・一原みう著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

新釈 グリム童話 -めでたし、めでたし?- (集英社オレンジ文庫)
新釈 グリム童話 -めでたし、めでたし?- (集英社オレンジ文庫)

2016年3月刊。
面白かったー!!
コバルト文庫とオレンジ文庫で活躍する作家陣による現代版グリム童話アンソロジー。
ほっこりと優しい話、ときめく恋の話、爽やかな友情の話、笑えないレベルのホラーな話などなど、バラエティに富んだ内容の短編集です。
一部作家さんを目当てに読んでみたのですが、予想以上に満足できました(´∀`*)

☆あらすじ☆
誰もが知るグリム童話をベースに、舞台を現代におきかえストーリーを大胆にアレンジ!
ヒロインがふたりの白雪姫、老舗ホテルの一人娘として生まれたの眠り姫、廃屋から届くある依頼に悩むヘンゼルとグレーテル…など、全六編収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 新釈グリム童話 めでたし、めでたし?

異人館画廊3 幻想庭園と罠のある風景

『異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景』(谷瑞恵著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景 (集英社オレンジ文庫)
異人館画廊 幻想庭園と罠のある風景 (集英社オレンジ文庫)

2015年8月刊。
孤独を抱える天才少女が、人の無意識を操る図像を解き明かす絵画ミステリーの第3弾。
今回出てくるのはブリューゲルの絵。そして、それを模した広大な庭園。
庭園に欠けているものを探すうちに、千景はある家族の問題に巻き込まれていくのです。
意外な真実を隠したミステリーも、千景と透磨の焦れったい恋愛も、どちらもとても面白かったです(*´ω`)

☆あらすじ☆
図像術の絵を求めて離島に住むブリューゲルのコレクターを訪ねた千景。波田野は邸の庭園でブリューゲルの絵を再現し、そこに図像術を込めようとしていた。庭園を完成させれば絵を見せると言われた千景は庭園の謎を追うが、透磨はそれが千景の父・伸郎の設計だと気づく。父の見えない悪意に苦しむ千景は、さらに波田野の息子が起こした事件に巻き込まれてゆき…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊3 幻想庭園と罠のある風景

がらくた屋と月の夜話

『がらくた屋と月の夜話』(谷瑞恵著/幻冬舎)★★★★☆

がらくた屋と月の夜話
がらくた屋と月の夜話

2015年8月刊。
待望の谷さんの新作は、ガラクタ同然のブロガントたちが語る千夜一夜物語。

OLである主人公は、ある日、不思議なガラクタ屋の老人に出会い、彼が扱うブロガントの魅力に惹かれていきます。
老人とその息子の奇妙な関係を気にしながら、主人公は老人が語る様々なガラクタたちの物語を聞いていくのです。

連作短編の形式で話が進むのですが、どのエピソードも苦さと温かさのバランスが絶妙で、読んでいてじんわり心が癒やされるようでした。
女性の弱さを繊細に優しく描いていく、谷瑞恵作品ならではの空気も最高。
これがあるから谷さんの本を読みたくなるんですよねぇ。

☆あらすじ☆
仕事も恋も上手くいかないつき子は、ある日、道に迷い、一軒の骨董品屋に辿り着く。そこは、モノではなく、ガラクタに秘められた“物語”を売る店だった。古い時刻表、欠けたティーカップ、耳の取れたぬいぐるみ…。がらくたばかりの「河嶋骨董店」を、今日もまた忘れてしまった大切な何かを探しにお客たちが訪れる。トランクいっぱいに、あなたへの物語が詰まっている。「河嶋骨董店」へようこそ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む がらくた屋と月の夜話

異人館画廊2 贋作師とまぼろしの絵

『異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵』(谷瑞恵著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵 (集英社オレンジ文庫)
異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵 (集英社オレンジ文庫)

新創刊の集英社オレンジ文庫。
創刊ラインナップで真っ先に読んだのは、当然、谷瑞恵さんの「異人館画廊」です。信者ですから!
このシリーズ、1巻は集英社コバルト文庫の下旬発売枠で出版されたんですよね。今思えばあれはオレンジ文庫の試運転だったわけですね。
おかげで1巻と2巻の背表紙が違う・・・・・・これは買い直さねば。
さて、そんな経緯を経ての第2巻。谷瑞恵さんは新作を出すごとに主人公の女性の性格が複雑化していっているような気がします。深味が出ていると言い換えても良いですね。
透磨との関係は・・・・・・うん。気長に待ちます。長期シリーズ化してくれるって信じてる。
本題の美術ミステリーはいつも通り面白かったです。前巻よりも図像術絡みの蘊蓄が増えているような気がしましたしね。
贋作問題と並行して描かれる、関係者それぞれの「絵」に対する愛憎渦巻く感じにゾクゾクします。美術展行きたいなぁ。

☆あらすじ☆
英国で図像学を学んだ千景は祖母の営む『異人館画廊』で暮らしている。ブロンズィーノの贋作の噂を聞いた千景と幼馴染みの透磨は高級画廊プラチナ・ミューズの展覧会に潜入するが怪しい絵は見つからなかった。が、ある収集家が所持していた呪いの絵画が、展覧会で見た絵とタッチが似ていることに気づく。しかも鑑定を依頼してきたのが透磨の元恋人らしいと知って!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異人館画廊2 贋作師とまぼろしの絵

拝啓 彼方からあなたへ

『拝啓 彼方からあなたへ』(谷瑞恵著/集英社)★★★★★

拝啓 彼方からあなたへ
拝啓 彼方からあなたへ

「伯爵と妖精」「思い出のとき修理します」の谷瑞恵さんが初の単行本を出版されると聞いてから、ずっと読むのを楽しみにしていた1冊です。
期待に違わずとても面白かった!
「手紙」をテーマにしたミステリーであり、主人公は「手紙」を扱う雑貨屋の女性店主です。
店に訪れるお客さんたちの、「手紙」にまつわる小さな心温まるエピソードに触れる日常。そんな日々の中で、主人公は自分に「手紙」を託した親友の不可解な死の謎に迫っていきます。
最初は「思い出のとき」のようなライトミステリー系の連作短編なのかと思っていましたが、中盤以降から雰囲気ががらりと変わってしまいました。これは長編ミステリーになるのかな?
ライトミステリーほどライトではないし、かといって本格ミステリーのような終始殺伐とした作品とも違うような気がします。帯には「ハートフル・ミステリー」と書いてありました。確かにこの表現が一番近いかもしれません。
そして、谷瑞恵作品といえば繊細な恋愛感情とそれに対する戸惑いと苦悩の描写。
本作は今までの作品よりさらに一歩踏み込んで、より複雑で息が詰まるような大人の恋愛感情が描かれていきます。
少女小説とも「思い出のとき」とも違う、谷瑞恵さんの新境地を見ることができた作品でした。本当に素晴らしかったです。

☆あらすじ☆
親友の響子に「自分が死んだらこの手紙を投函してほしい」と託された詩穂。
響子の死を知った詩穂は手紙を開封し、響子の過去にまつわる事件に巻き込まれてゆく・・・。
ベストセラー作家初の単行本。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 拝啓 彼方からあなたへ