「覇剣の皇姫アルティーナ」タグアーカイブ

覇剣の皇姫アルティーナ14/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナXIV (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナXIV (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
平和を目指すアルティーナたちが、南のヒスパーニア帝国へと侵攻する第14巻。
今回も安定した面白さでした。個人的には新キャラの父娘がとても好きです。

☆あらすじ☆
――ヒスパーニア帝国を征服せよ。
無能や背信の指揮官に足を引っ張られつつも、軍師レジスの策により、アルティーナはエルトリア教国を降伏せしめた。
しかし、元帥となった彼女に帰還は許されない。新皇帝ラトレイユからの勅命が下る。
『ヒスパーニア帝国を征服せよ』
命令には不服ながらも、第四軍は隣国へと侵攻した。大砲と小銃で圧倒するも、敵国には””神の子””と謳われし軍師がおり……!?
覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー、第十四弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ14/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナ 13/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナ XIII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナ XIII (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年2月刊。
皇帝を目指す姫と、読書狂の軍師の戦いを描くファンタジー戦記第13弾。
なんだか久々にアルティーナとレジスが同じ戦場で戦ったような・・・?
しばらく物足りなさが気になっていたのですが、今回はとても面白かったです。
そしてなによりアルティーナの成長が頼もしい!

☆あらすじ☆
アルティーナは帝国元帥に任命され、南方戦線へと派兵される。その道中、旧知である貴族ティラソラヴェルデ家のエレアノールが部隊を訪ねてきた。彼女は、新皇帝から過大な要求を受けて頼ってきたのだ。レジスは救いの妙案を出しつつ、南方戦線の早期決着を約束する。しかし、アルティーナたちが合流した第六軍・第八軍の兵は戦意が低く、レジスは今までとは違う苦労を背負うことに……!?
覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十三弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ 13/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナ12/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナXII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナXII (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年4月刊。
う、薄い・・・!
話自体は面白いんだけど、あまりにも遅々とした進行具合が物足りなく感じてしまいました
いくらシリーズものでも、1冊の小説なんだから本編で山場を設けてほしい・・・・・・。

☆あらすじ☆
ラトレイユにより謀殺されたと思われていたレジスだったが、帝都に戻り、政治面で暗躍していた。同時にアルティーナが軍を率いて帝都に現れる。緊迫した状況を招きつつ、ついに再会するレジスとアルティーナ――だが、無事を喜ぶ暇もなく、新皇帝の即位を目にすることに。そして、ラトレイユは近隣諸国へ宣戦を布告し、アルティーナたちは劣勢の続く南方戦線へと派兵されることに! 覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ12/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナ11/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナXI (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナXI (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
なんかすごく久しぶりと思ったら前巻は去年の11月でした。長かったなぁ。
今まで以上に「これまでのあらすじ」が役に立ちましたw
内容的には最終章に突入してもおかしくなさそうだけど、今回はまだ下準備的な1冊。続きがとても待ち遠しい!

☆あらすじ☆
対立するレジスとラトレイユ! 新皇帝に抗う一手とは――!?
レジスの奇策によりグレボヴァール市奪還は成功し、難敵ハイブリタニア王国との戦いは決着した。戦功を立てたレジスは総督ラトレイユに改めて軍師として請われるも、理想の違いから決別を選ぶ。だがその結果、暗殺の手を差し向けられることに。危険を察知した彼は《吊られた狐》傭兵団と共に帝国第一軍からの脱出を図るのだった。果たしてレジスはアルティーナと再会できるのか!? 覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十一弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ11/むらさきゆきや

覇剣の皇姫アルティーナ10

『覇剣の皇姫アルティーナⅩ』(むらさきゆきや著/ファミ通文庫)★★★★★

覇剣の皇姫アルティーナX (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナX (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
ついにハイブリタニア戦決着。
長かった戦争の結末を描きながらも、今後の波乱を予感させるターニングポイント的な1冊。ひたすら溜めに溜めた鬱憤を晴らすカタルシスが最高でした。とても面白かったです!

☆あらすじ☆
ハイブリタニアとランゴバルトの連合軍に城塞都市グレボヴァールは占領されてしまう。第二皇子ラトレイユに求められたレジスは帝国第一軍の軍師として、都市奪回作戦に参加することに。レジスの作戦により、グレボヴァール市内への潜入に成功したヴァレイズ三等武官は少女フェルの協力を得て、捕虜となった市民たちの代表者と会うために行動を開始するのだった。ハイブリタニア編ついに決着!? 覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第十弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ10

覇剣の皇姫アルティーナ9

『覇剣の皇姫アルティーナⅨ』(むらさきゆきや著/ファミ通文庫)★★★☆☆

覇剣の皇姫アルティーナIX (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナIX (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
覇剣の皇姫アルティーナ8 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
焦らすなぁ〜っ!
群像劇めいてきたことで少し進行が遅くなってきました。
ダラダラしているというよりも、ジリジリとどこかにある到達点に迫っていく感じ。
内容が面白いだけに、もっと物理的な分量を増やしてくれてもいいのよ?って思ってしまいます。
それはそうと、アルティーナの出番が減って私は寂しい・・・・・・(´・ω・`)

☆あらすじ☆
読書狂の軍師が挑むは――攻城戦!!
帝都への招聘に応じたレジスは第二皇子ラトレイユの軍師として、ハイブリタニア軍の追撃戦へと挑む。一方で、レジスの帰りを待つアルティーナは彼の言葉を信じ、戦力を蓄えるのだった。そして、友の遺志を継いだ第三皇子バスティアンもついに祖国ベルガリアへと戻り、国を変えるため立ち上がろうとしていた。三人の皇子皇女はそれぞれの理想を抱き、信じる道へと一歩を踏み出す――。覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第九弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ9

覇剣の皇姫アルティーナ8

『覇剣の皇姫アルティーナⅧ』(むらさきゆきや著/ファミ通文庫)★★★☆☆

覇剣の皇姫アルティーナVIII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナVIII (ファミ通文庫)

前巻の感想はこちらから
覇剣の皇姫アルティーナ7 | 晴れたら読書を

新章スタートの第8巻。
次巻以降への準備回という印象が強い1冊でした。
各所で色々と動きがあるので次巻から一気に面白くなりそうな予感。楽しみです!

☆あらすじ☆
皇帝の死後、第二皇子ラトレイユの即位が確実となり、失意に打ちひしがれるアルティーナ。さらには、帝都からの出頭命令でレジスが彼女の下から引き離されることに!だが、レジスは「戦争をなくしたい」というアルティーナの願いを諦めてはいなかった。皇帝の死を不審に思う彼はラトレイユの真意、そして彼の皇帝としての資質を見極めるため、たった一人で帝都へ赴く決意をする――。覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第八弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ8

覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚

『覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚』(むらさきゆきや著/ファミ通文庫)★★★★☆

覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚 (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚 (ファミ通文庫)

前巻の感想はこちらから
覇剣の皇姫アルティーナ7 | 晴れたら読書を

短編集です。
1巻直前のレジス&アルティーナ、フェリシアとエディの出会い、そしてバスティアンとエリーゼのその後の話の3本立て。
とくにバスティアンたちの話は8巻以降で本編に絡んできそうで面白かったです。

☆あらすじ☆
宮廷を追われ、辺境の司令官にされてしまった皇姫アルティーナ。そんな彼女が皇帝を目指すために必要としたのは叡智だった。覇剣の皇姫が、読書狂の軍師を知った最初の物語―『~前夜~』。亡き兄皇子の身代わりとして生きる妹フェリシア。彼女を救う運命の騎士とは―『銀の皇女オーギュスト』。第三皇子バスティアンと、女王の座を奪われたエリーゼの新たなる旅立ちを書き下ろし―『明星の誓い』。大人気覇道戦記ファンタジー小綺譚、登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚

覇剣の皇姫アルティーナ7

『覇剣の皇姫アルティーナⅦ』(むらさきゆきや著/ファミ通文庫)★★★★☆

覇剣の皇姫アルティーナVII (ファミ通文庫)
覇剣の皇姫アルティーナVII (ファミ通文庫)

前巻までの感想はこちらから
「覇剣の皇姫アルティーナ」シリーズ感想一覧 : みかこの読書日記

ハイブリタニアとの戦争は、これで終結なのかな?
面白かったですけど、意外にもあっさりと終わってしまったような気がします。
それはともかくラストの展開はやばい。まずい。どうするんですか。次巻いつですか。

☆あらすじ☆
提督代理を任されたレジスの指揮により、ハイブリタニア軍から港町を奪還したアルティーナたち。しかし、敵軍の補給部隊はすでに出発した後だった。帝都を背負った要塞では第二皇子ラトレイユが、策士オズワルドの奇略により苦戦を強いられている。補給を届けさせるわけにはいかない…しかし、敵補給部隊の護衛は傭兵王の異名を持つ猛者だった。果たして、戦争の結末やいかに!?覇剣の皇姫と読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第七弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 覇剣の皇姫アルティーナ7