「蝸牛くも」タグアーカイブ

天下一蹴 今川氏真無用剣 /蝸牛くも

天下一蹴 今川氏真無用剣 (GAノベル)
天下一蹴 今川氏真無用剣 (GAノベル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年1月刊。
「ゴブリンスレイヤー」の作者の幻のデビュー作。新人賞の最終選考に残った作品とのこと。

わずか一代で国を滅ぼした天下御免の無用者・今川彦五郎氏真。
旧知の家康にお使いを頼まれた彦五郎は、愛する妻と共に、信長に蹴鞠を見せるため京都に向かうのです。
その「おつかい」の意味を重々承知した上で。

時代劇に馴染みが薄い私でも十分に楽しめる時代小説でした。
剣術槍術忍術が衝突するちゃんばら合戦。そこできらりと光るは蹴鞠の技。そんな破天荒なエンタメ感がすごく楽しかったです。
あと夫婦愛がとても良かったんですよね・・・・・・天下に無用と言われようとも「それがどうした」と支え合う夫婦の絆が尊い。

☆あらすじ☆
第六天魔王・織田信長が桶狭間で討った今川義元。その義元の佩刀、「義元左文字」は「それを持つ者は天下を取る運命にある」という。
信長のいる京までその刀を届ける密命を徳川家康より授かったのは、義元の息子――大名としての今川家を滅ぼしたとされる天下御免の無用者、今川氏真であった。
「己は駿河彦五郎。飛鳥井流と、新当流を少々」
今は彦五郎と名乗っている氏真は、和歌と蹴鞠を愛し、その妻、蔵春とともに京へと向かう。
その旅路を阻むは「甲賀金烏衆」。
剣風吹きすさぶ京への街道に剣聖直伝の彦五郎の剣が、鍔鳴る!
蝸牛くも×伊藤悠が贈る剣戟エンタテインメント小説!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 天下一蹴 今川氏真無用剣 /蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー9 /蝸牛くも


ゴブリンスレイヤー9 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年12月刊。
今回はゴブリン遭遇戦の裏でゴブリン以外との戦いも繰り広げられ、ゴブスレ不在の状態で女神官の成長を示す内容でした。
牛飼娘のターンでもある第9巻。今回の話で思ったのだけど、ゴブスレさんの抱える哀愁を引き出すのは彼女の役回りなんだろうなぁ。
そして彼女こそが彼の帰る場所。なるほどこれが正妻か。

☆あらすじ☆
ただの配達。ゴブリンスレイヤーですら、そう思っていた。
牧場の手伝いで配達に出たゴブリンスレイヤーは牛飼娘とともに、ゴブリンの大群に待ち伏せされる。それは、ある祈らぬ者の策謀だった!
一方、ゴブリンスレイヤー不在の一党は、見習聖女の託宣(ハンドアウト)より、雪山を目指すことに。そこは、氷の魔女の統べる永久(とこしえ)の冬の領域だった!
包囲された雪の廃村で、牛飼娘を守り、孤軍奮闘するゴブリンスレイヤー。彼不在の中、女神官は、ゴブリンではない怪物たちの脅威と対峙し、一党の行動を決断していく――。
「――手は、あります」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第9弾! 

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー9 /蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー8 /蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー8 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー8 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年10月刊。
アニメ放送中のゴブスレ最新第8巻。
アニメはまだ見ていません。ちょっとコレを動画でみる心の準備が整わなくて・・・・・・エグいから・・・・・・

☆あらすじ☆
「来てしまいました」
そう、彼女は言った。
辺境の街のギルドにやってきた至高神の大司教――剣の乙女は、ゴブリンスレイヤーたち一党に王都までの護衛を依頼する。街道には、狼に乗ったゴブリンが群れているという。
一方、王都では霊峰に天より火石が落ちてきたことで、災厄の兆しが囁かれていた……。
一党が訪れた時に起きる事件は、《宿命》か《偶然》か。その行方は、最も深き迷宮、最果ての深淵、死の迷宮へと連なってゆく――。
「もし四階より下へ行くのなら……帰っては来れませんから」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第8弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー8 /蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー7/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー7 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー7 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
アニメ化決定おめでとうございます!
でも、このエグくてグロいダークファンタジーがどこまで黒塗りなしに放送できるのでしょうか。
私は耐える自信がないので見れない気がします・・・・・・文字で読むのと動画で見るのとじゃ全然違うからね(ビビリ)

☆あらすじ☆
TVアニメ化決定!
「結婚することになったみたい」
故郷からの報せを受け、そう呟いた妖精弓手。かくして一党は、森人の里に行くこととなった。またその旅には牛飼娘と受付嬢の姿も――。一方、ゴブリン退治のおりに発見された石版をゴブリンスレイヤーから託され、剣の乙女は鑑定を行う。
「古い……とても古い文字ですわね」
川を上り、森人の里を目指す一党だが、現るは小鬼の影……。
「鏖殺でなく脱出で宜しいか?」「宜しいわけがあるものか!」
さらに森人の里には、密林の奥に潜むと言われている、古きものが現れるという事件が起きていた――。
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第7弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー7/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー6/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー6 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー6 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
始まりから1年が経ち、変わったものと変わらないものが描かれる第6巻。
今回はゴブスレさんの内面にいつもより一歩踏み込んだ感じで面白かったです。

☆あらすじ☆
「ゴブリンを退治したい、それ以外はしたくない、と言っていて……」
「一党は?」
「ないみたいです」
「馬鹿げている」
新たな冒険者希望者の集まる春。ゴブリン退治だけを希望する魔術師の少年が受付嬢を困らせていた。
一方、辺境の街から少し離れた場所に、冒険者訓練場が建設中。そこには、かつて村があったことを、ゴブリンスレイヤーは知っていた――。
「ゴブリンをぶっ殺すんだ!」
少年魔術師らと一党を組むことになったゴブリンスレイヤーたちはゴブリンの跋扈する陵墓へと向かう。
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第6弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー6/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー5/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー5 (GA文庫)

ゴブリンスレイヤー5 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年5月刊。
ゴブリンだけを倒し続ける冒険者の戦いを描いたダークファンタジー第5弾。
ゴブリンばかり相手にしていて話にバリエーション作れるのか?と少し不安になってきたかも。
ただ、変化を感じる部分もあったし、話の面白さ自体は安定していると思います。

☆あらすじ☆
「…………取り戻さないと」
「……何を、ですかな」
「すべてを。喪った物を、すべて」
ゴブリン退治から消息を絶った令嬢剣士を探して欲しい――剣の乙女の依頼を受けて、北方の雪山に向かうゴブリンスレイヤーたち一行。しかし、襲撃される寒村、謎の礼拝堂、今回のゴブリンの群れに違和感を覚えるゴブリンスレイヤー。
「……学習した、だと?」
仲間の痛手を越えて洞窟探索を終えた一行は、あるものを見つける。
「外なる、智恵の神。覚知神……」
何者かに統率されたゴブリンの巣くう古代の砦にゴブリンスレイヤーたちが挑む!
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー5/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー4/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー4 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー4 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
短編集でした。
ゴブリンスレイヤーと愉快な仲間達の、ほのぼの日常時々ゴブリン。

☆あらすじ☆
「ゴブリンよりは、よほど危険だ。だが魔神どもとは比べるべくもない」
国王署名入りの依頼「悪魔の塔」の討伐に重戦士、槍使い、ゴブリンスレイヤーの三人が挑む――。
「ね、ぶらぶらしよっか」
ゴブリンスレイヤーのいない休日、牛飼娘は女神官と街を散策する――。
「見てなさい。私が世界の一つ二つ、救ってあげるから!」
妖精弓手は冒険のない日、受付嬢の提案で、聖騎士を演じる――。
「森人と一緒に冒険に行けぇ?」
種族を超えた共闘、これは彼と出会う前の三人の冒険――。
辺境の街で紡がれる、十の物語。蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第4弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー4/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー3/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー3 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
ゴブリンを狩りまくるダークファンタジー第3巻。
今回はちょっぴりラブコメ模様な雰囲気で新鮮でした。ゴブスレさんは愛されてるなぁ!

☆あらすじ☆
「ところで、ほら、えと、明後日、収穫祭が、あるじゃないですか――予定、空いてますか?」「……ゴブリン」「あ、ゴブリン以外です」
秋、辺境の街は収穫祭を間近に控えていた。そんな中、神殿の仕事で忙しそうな女神官、ある出来事で拗ねる妖精弓手、祭の準備に参加する鉱人道士、蜥蜴僧侶と、それぞれの日常を過ごす冒険者たち。そしてゴブリンスレイヤーもまた“日常”を過ごしていたのだが……。依頼の減るゴブリン退治、現れる三人の来訪者、祭の裏で暗躍する計画とは!?
「素人め、教育してやる」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー3/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー2/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
ただひたすらにゴブリンを狩り続ける冒険者の物語第2弾。
果たしてゴブリンを殺すだけの話でどうやって続けるのかと思っていたのですが、ちゃんとゴブリンを殺すだけの話のまま面白さを維持できていてびっくりしました。

☆あらすじ☆
「どうか、わたくしどもの街を救っては頂けないでしょうか」
「救えるかどうかは、わからん。だが、ゴブリンどもは殺そう」
ある日、ゴブリンスレイヤー指名の依頼書が冒険者ギルドに届いた。差出人は水の街――辺境一栄える至高神の都の大司教だった。大司教はかつて魔神王を打ち倒した金等級の一人として、剣の乙女と呼ばれる英雄でもあった。彼女いわく、水の街の中に何故か小鬼が出るという。
ゴブリンスレイヤーは妖精弓手、女神官、蜥蜴僧侶、鉱人道士とともに水の街の地下迷宮に挑む!
「この小鬼禍は、人為的なものだ」
蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー2/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー

『ゴブリンスレイヤー』(蝸牛くも著/GA文庫)★★★★☆

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)
ゴブリンスレイヤー (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年2月刊。
私事ですが、2日ほど胃腸炎に苦しんでました。本を読めないのが一番辛かった。
未だ微妙に残る吐き気にウンザリしながら、ラノベ読み復帰第1弾に選んだのがこちら。
選択ミスったかもなぁと泣きそうになるくらい、グロい。エグい。ムゴい。
うっうっ・・・・・・となりつつどうにか読み切ったのですが、いやもうすっごく面白かったです!選択ミスじゃなかった!
最弱の怪物であるゴブリンを殺すだけの存在「ゴブリンスレイヤー」。
同じ冒険者から見ても異質で奇矯な彼が、どのようにしてゴブリンを狩るのか、なぜゴブリンを狩るのか、そしてその先に何を見るのかを描く物語。
醜悪な怪物にゾッとさせられる作品でしたが、終盤へのカタルシスに胸が熱くなりました。
綺麗に話は終わっているのですが、続きが出るとのこと。楽しみです(^^)

☆あらすじ☆
「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」
その辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。
冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。
彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していく。そんな彼に振り回される女神官、感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。そんな中、彼の噂を聞き、森人(エルフ)の少女が依頼に現れた――。
圧倒的人気のWeb作品が、ついに書籍化! 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ゴブリンスレイヤー