「荻窪やよい」タグアーカイブ

カサンドラ 炎をまとう女 /ミア・マーロウ

カサンドラ 炎をまとう女 (マグノリアロマンス)
カサンドラ 炎をまとう女 (マグノリアロマンス)

評価:★★★☆☆
2019年1月刊。
英国王室を脅威から守らんとする異能者の集団MUSE。
炎の魔法使いとして覚醒した準男爵令嬢は、自身の能力を制御しようと訓練するかたわら、スリルあるMUSEの任務に挑んでいく—— というヒストリカルファンタジーです。

様々な異能を持った人物が登場するファンタジーなのだけど、だいぶラブロマンス寄り。
性描写がっつりあるので苦手な方はご注意を。

物語の舞台は、ジョージ3世が狂気に落ちた後、摂政王太子時代となった1819年の英国・ロンドン。
マナーにうるさい上流階級のしきたりに抑圧されながらも、能力解放と同時に一人の女としても解放され、誰の庇護も必要としない強い女として成長していく主人公の奮闘が描かれていきます。

ストーリーは消化不良気味だし、終盤は駆け足すぎるかな。そこが惜しかったです。ラブロマンス自体は激甘で良かったけれど。
続編があるらしいので、不満点は次巻に期待ということで。

☆あらすじ☆
MUSE―それは、あまたある敵国の脅威から英国王室を守ることを目的に創設された特殊能力者集団だ。伯爵の後継者であるスターリングには、人心操作能力がある。そんな彼に課せられたのは、ここ最近、ロンドンで頻発する出火騒ぎの犯人を見つけることだ。おそらく火を操るその能力者は、力を得て間もない。そして、己の能力に戸惑っているはずだ。これ以上の被害を出さないためにも、すぐに見つけ出す必要がある。一方、社交界にデビューしたばかりカサンドラは、自分のまわりで出火騒ぎがたびたび起こるのを疑問に感じていて…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む カサンドラ 炎をまとう女 /ミア・マーロウ