「英国マザーグース物語」タグアーカイブ

英国マザーグース物語6 花咲けるきみと永久の歌

『英国マザーグース物語 花咲けるきみと永久の歌』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★★

英国マザーグース物語 花咲けるきみと永久の歌 (コバルト文庫)
英国マザーグース物語 花咲けるきみと永久の歌 (コバルト文庫)

英国ライトミステリ最終巻。
本当にとても良いシリーズでした。最後の事件らしく派手で緊張感あふれるお話でした。初期の雰囲気をうまく取り入れているところも素敵。
私は【電子特別版】を読んだのですが、紙の本でしか読んでいないという方にはぜひ電子版をおすすめします。
本編のエピローグとなる中編が2本収録されていて(雑誌で掲載されたもので文庫未収録)、糖度の高さがやばいです。

☆あらすじ☆
【電子特別版】セシルが自分自身に向けて銃を撃った、そのとき――救出に駆けつけたジュリアンの従者の機転により、セシルの身は守られ、女王の暗殺も未遂に終わる。だが、クリストファーは「ロンドンで最後のゲームをする」と宣言し、闇に消えてしまう。やがて、ロンドンの街で、ある“特徴”が刻まれた遺体が発見されて…!? ふたたびパートナーとなったセシルとジュリアンの想いが交錯する、衝撃と涙の完結巻!! 電子版限定!! 文庫未収録SS「寄り道は危険の香り」「My sweet tea time」「幸せへの脅迫状」&セシルとジュリアン達のその後を描いた長編「Coming back to you」「Beautiful May flowers」を同時収録!!

以下、ネタバレ込みの感想です。

続きを読む 英国マザーグース物語6 花咲けるきみと永久の歌

英国マザーグース物語5 聖夜に捧ぐ鎮魂歌

『英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★★
英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (コバルト文庫)
英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (コバルト文庫)

衝撃的なラストを迎えた前巻に引き続き、今回もまた衝撃的なラストでした・・・。
物語は大きく揺れ動いております。
次巻が最終巻。
ネタバレなコメントしか思いつかない・・・。とりあえず4兄弟は本当に素敵でした。
5巻のあらすじが4巻の重大なネタバレになっているので、薄字にしました。反転したら読めます。

☆あらすじ☆
ジュリアンは、政府の間諜だった―。彼の目的が、セシルの父や、子爵家の内情を探る事だと知ったセシルは、「愛している」というジュリアンの告白を信じることができない。彼が去った新聞社で、ひとり記者の仕事を続けるセシルの元に、一通の招待状が舞い込む。王家主催の舞踏会…これにはクリストファーの思惑が絡んでいると予測したセシルは…。引き離されたふたりに、新たな危機が迫る!!

以下、ネタバレしかない感想です。

続きを読む 英国マザーグース物語5 聖夜に捧ぐ鎮魂歌

英国マザーグース物語4 裏切りの貴公子

『英国マザーグース物語 裏切りの貴公子』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―裏切りの貴公子 (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―裏切りの貴公子 (コバルト文庫)

お、面白くなってきた・・・・・・
そしてこの展開は予想してなかった!!
ちょっともう何を言っていいかわからないというか、読み終わった瞬間に頭真っ白になりました。
大 混 乱 !!

☆あらすじ☆
ヴィクトリアン・ミステリー、急展開!!取材に訪れた広場で、見知らぬ女性に声をかけられたセシルとジュリアン。ジュリアンの兄・ヴィクターの昔の知り合いらしい。行方不明のはずのヴィクターだが、彼女はなにか知っている様子で…?

以下、ネタバレ込みの感想ですが、本シリーズをこれから読む予定の方は絶対に見てはいけません。4巻まで読んでから一緒に絶叫しましょう。

続きを読む 英国マザーグース物語4 裏切りの貴公子

英国マザーグース物語3 哀しみのロイヤル・ウエディング

『英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―哀しみのロイヤル・ウエディング (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―哀しみのロイヤル・ウエディング (コバルト文庫)

マザーグースに彩られた英国ライトミステリシリーズの第3弾。
パートナーとして信頼関係を築いていくジュリアンとセシル。だんだんとタイムリミットが迫るなかで、ジュリアンに対するセシルの想いも揺れ動き始めました。そのジュリアンは今回も飄々としてるくせにやたら格好良かったです。
今回は、セシルのお母さんに絡んだエピソードでした。アッシュフォード4兄弟の家族愛に涙腺を刺激されました・・・。

☆あらすじ☆
19世紀末、ロンドン。殺人床屋に関する有名な都市伝説を記事にすることになったセシル。取材を続けるうち、床屋は実在するのではという疑惑を抱いて…!?また、アッシュフォード家に一大イベントが訪れた。皇太子妃のアレクサンドラからお茶会に招かれたのだ!あたたかい人柄と、絶世の美貌に恵まれた皇太子妃。だが、彼女の結婚生活は決して幸せではないことを知ってしまったセシルは…。

以下、各話の感想です。

続きを読む 英国マザーグース物語3 哀しみのロイヤル・ウエディング

英国マザーグース物語2 新聞広告には罠がある!?

『英国マザーグース物語 新聞広告には罠がある!?』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―新聞広告には罠がある!? (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―新聞広告には罠がある!? (コバルト文庫)

英国ライトミステリー第2弾。
子爵令嬢の男装新聞記者生活は継続中で、秘密の婚約者との関係も相変わらずです。ただ、今回はミステリーには欠かせない怪盗登場!ということで盛り上がっていた印象。面白かったです。

☆あらすじ☆
19世紀末のロンドン―。ある目的のため、セシルは見習い記者として働いている。令嬢という身分を隠し、性別さえも偽る生活だが、仕事上のパートナーであるジュリアンとの仲はとても良好だ。そんな今、ロンドンの街は“怪盗ブラックバード”の話題で持ちきり!鮮やかな手口で貴族の邸宅から宝飾品を盗み、黒い羽根を残して消える大怪盗―。ある日、セシルは怪しい新聞広告に目をとめて…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英国マザーグース物語2 新聞広告には罠がある!?

英国マザーグース物語1 婚約は事件の幕開け!

『英国マザーグース物語 婚約は事件の幕開け!』(久賀理世著/コバルト文庫)★★★★☆

英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)
英国マザーグース物語―婚約は事件の幕開け! (コバルト文庫)

かなり好きなタイプの小説でした。
ライトミステリーの短編2本と主人公セシルの父の死の真相に迫る中編1本。
子爵令嬢なのにある目的をもって男装し、新聞記者として事件を追うセシル。
セシルは知らないけど実は彼女の婚約者であり、仕事のパートナーにもなったジュリアン。
この2人の柔らかな関係性がとても良かったです。
ミステリーの出来自体はそこそこですが、それぞれの事件にはマザーグースが絡められていて、そこから感じられる近代英国の雰囲気に心惹かれるものがありました。

☆あらすじ☆
19世紀、大英帝国の首都―ロンドン。偉大な探検家である当主が亡くなり、長男が爵位を継ぐことになったアッシュフォード子爵家。長女セシルはといえば、子爵家の未来のため、顔も知らない相手と結婚することが決まっている。だが、好奇心旺盛な彼女は結婚までの一年間、新聞記者になるという前代未聞の行動に出た!「子爵令嬢」という正体を隠し、少年姿で働くセシルの前に現れたのは!?―。

では、ネタバレ感想です。
続きを読む 英国マザーグース物語1 婚約は事件の幕開け!