「花神遊戯伝」タグアーカイブ

花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち

『花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
花神遊戯伝10 ちとせに遊べ、この花世界 | 晴れたら読書を

後日談短編とWEB連載や特典ペーパー等の掌編を盛り込んだ豪華な外伝集です。
なんだろう・・・・・・この切なさで胸が詰まる感じ。とても糖度が高くてニヤニヤするのに、同時に泣きたくて仕方なくなるこの感じ。
はぁ。大好きなシリーズが終わってしまったことへの喪失感と充実感で感無量です。

☆あらすじ☆
のさらの地へ向かう知夏と胡汀。その道中、結婚を意味する「ほぎの儀」をあげながら進むことに。戸惑う知夏に胡汀は甘く囁いて――?(「日々に想う」)知夏たちの未来と隠された過去が明かされる、珠玉の短編集!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち

花神遊戯伝10 ちとせに遊べ、この花世界

『花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界 (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 ちとせに遊べ、この花世界 (角川ビーンズ文庫)

独特の世界観と言い回しをもって描き出された壮大な和風ファンタジー、ついに完結です。
思い返せば過酷なシリーズでした。与えられた役割の重さに震え、信じた人に裏切られ、神代のしがらみにとらわれ、苦しみ抜いた知夏。
彼女がどんな結末を迎えるのか、どんな決断をするのか、ドキドキしながらこの最終巻のページを開きました。
全てが全て幸せではないのかもしれませんが、私としてはとても納得のいくラストだったと思います。
良い作品に出会えました。糸森先生お疲れ様でした。発売予定の外伝もとても楽しみです。

☆あらすじ☆
平穏な世界で制服を着て通学していた頃の私はもういない―知夏を慕う緋剣の伊織は異形に。都は悪鬼の巣窟に。次々と知夏の手のひらからこぼれ落ちる大切なもの。だけど、死を覚悟した彼女の前に現れたのは意外な人物で!?神世から続く悲しい連鎖を断ち切るために、知夏は緋剣たちとともに神を相手に立ち向かう!「すべての想いが繋がって、この瞬間へと導いてくれた」舞台は神と人との対決へ。大人気シリーズ、堂々完結!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花神遊戯伝10 ちとせに遊べ、この花世界

花神遊戯伝9 あさき夢見し、かぐやの戯

『花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯 (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯 (角川ビーンズ文庫)

クライマックス直前巻!
いよいよ物語は最終局面です。ところどころシリーズ初期の頃のエピソードに触れられていて、花神遊戯伝も終わってしまうんだな、と何とも寂しい気持ちになりました。女神として覚醒した知夏ですが、最初の頃よりも何倍も強くなりました。それなのに事態はどんどん混乱し、悪化し、過酷になっていきます。うう、苦しい。色々きつすぎて・・・・・・

☆あらすじ☆
もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―
神力をもって復活し、大好きな暴君・胡汀との再会を果たした知夏。一方、都では悪鬼や疫神がはびこり、荒廃が進む。そんななか、護剣士『緋剣』の一人、伊織の救出に向かうことに。だが、知夏達の前に『緋剣』の朝火が立ちはだかる。引き裂かれる絆、そして、敵対する帝・司義が仕掛けた恐るべき罠が!?
「私は定めじゃなくて自分の意思で選ぶ!」激動の第9弾!!

以下、ネタバレありの感想です。最終巻直前なので見返し用にちょっと細かめに書いていきます。

続きを読む 花神遊戯伝9 あさき夢見し、かぐやの戯

花神遊戯伝8 あさき夢見し、月読み乙女

『花神遊戯伝 あさき夢見し、月読み乙女』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

花神遊戯伝 あさき夢見し、月読み乙女<花神遊戯伝> (角川ビーンズ文庫)[Kindle版]
花神遊戯伝 あさき夢見し、月読み乙女<花神遊戯伝> (角川ビーンズ文庫)[Kindle版]

前回の大ピンチに続く第8巻。そして、今回もラストはぶった切りでございました。
気になる引き方ずるい!花神シリーズは途中まで1巻で起承転結をまとめていたことを思えば、完結が間近ということでしょうか。そう考えると寂しい。
今回は、これまで散々叩きのめされた知夏が立ち上がるお話。三角関係にも決着がつく・・・のか!?
あと、巻末に「ぬまごえさま」の短編が収録されています。絶対に収録時期を間違えている・・・・・・

☆あらすじ☆
もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―帝・司義の命により、『界の川』に落とされた知夏。遠のく意識の中で彼女が見たのは、神世から続く“怨み”の真相だった。護剣士『緋剣』たちや胡汀を救うと誓った知夏を、闇の記憶が襲うとき、救ってくれたのは意外すぎる人物で!?「陽女神の力はまだおまえのなかにある。そうだろう?」愛すべき“ぬまごえ様”との出会いを描いた短編も収録した、怒涛の第8弾!!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む 花神遊戯伝8 あさき夢見し、月読み乙女

花神遊戯伝7 あさき夢見し、百華の雪

『花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)
花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪 (角川ビーンズ文庫)

今回、辛すぎる!!!試練の回です。そして、神世の謎がかなり解き明かされています。

☆あらすじ☆
もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―敵対する帝・司義によって、魔物である滸楽に堕ちた“失格女神”の烙印を押された知夏。対抗するために祭祀を司る帰鼓廷に向かうが、そこには知夏にかわる次代の女神、新『緋宮』がいた。胡汀だけでなく、護剣士の『緋剣』たちとも引き離され、捕らわれる知夏。絶体絶命のピンチに、裏切るのは誰…!?「俺は一度、女神に追い掛けられてみたい」急展開の第7弾!!異世界トリップ・ファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花神遊戯伝7 あさき夢見し、百華の雪