「芥見下々」タグアーカイブ

呪術廻戦 夜明けのいばら道 /芥見下々・北國ばらっど


呪術廻戦 夜明けのいばら道 (ジャンプジェイブックスDIGITAL)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年1月刊。
呪術廻戦のノベライズ、本当に良いですね。本編の補完として素晴らしい出来だと思います。
ていうか呪術廻戦のキャラとか設定って、やはりラノベ媒体との相性抜群なのでは・・・?

個人的には第一話の野薔薇と棘先輩の絡みが新鮮でめっちゃ楽しかったです。でも全部面白かった!

☆あらすじ☆
八十八橋の事件後、街で買い物をしていた釘崎は、何やら馴れ馴れしい男に声をかけられる。男は芸能プロダクションに勤めているスカウトマンらしく、釘崎をスカウトしたいと言うのだ。しかし、男の正体は「言った言葉を信じさせる」という呪言を扱う呪詛師で!? そして釘崎のピンチに駆けつけたのはこれまで接点の少なかった狗巻だった! 他にもメカ丸や真依の京都での任務や、東京校一年生がアミューズメント施設で遊び倒したり、五条・伊地知・家入の飲み会など5編を収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 呪術廻戦 夜明けのいばら道 /芥見下々・北國ばらっど

呪術廻戦 逝く夏と還る秋 /北國ばらっど


呪術廻戦 逝く夏と還る秋 (JUMP j BOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年5月刊。
小説版『呪術廻戦』第1弾。
高専の3人組が揃ったところから、再び揃うまでの空白期間を描いたノベライズです。
世界観の補完になるし、意外なくらいキャラの内面に踏み込んでいて読み応えがありました。
今まで幾つか読んだノベライズの中でも特に面白かった。シリーズ化するといいなー。

☆あらすじ☆
虎杖の死の直前から、交流会開始までの空白の物語が描かれる小説版が登場!
里桜高校での事件後、虎杖はある呪いに悩む少年と出会う。しかし、その呪いは倒しても倒しても蘇り、少年を苦しめる特殊な呪いだった! 順平を助けられなかった後悔から虎杖は自信を喪失していくが、そこで五条はある問いを投げかけ…
他にも虎杖と伏黒の秋葉原散策、五条と七海の北海道出張、真人とある老人の交流、伊地知のお仕事大公開と、大ボリュームでお届け!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 呪術廻戦 逝く夏と還る秋 /北國ばらっど