「聖王国の笑わないヒロイン」タグアーカイブ

聖王国の笑わないヒロイン1/青生恵

聖王国の笑わないヒロイン 1 (ヒーロー文庫)
聖王国の笑わないヒロイン 1 (ヒーロー文庫)

評価:★★★★☆
2017年9月刊。
これ、めちゃくちゃ好きです!!面白かった!!
乙女ゲーム転生モノの様式に沿いつつ、主人公本人は非転生者という設定が絶妙なファンタジーでした。

ゲーム転生モノって、ストーリー進行上の目的がハッキリしているところが好きなんですよね。
その良さを取り入れつつ、非転生主人公の一人称視点で語られる本作はメタ的なノリが最小限に抑えられているのでファンタジーの世界観を壊しすぎないところが個人的には高ポイントでした。ハイファンタジーとゲーム転生モノの長所を両取りした感じかな。

主人公の女騎士は格好いいと可愛いのバランスが素晴らしいし、脇役たちも魅力的に生き生きしていて素敵。
恋愛要素も私好みで大満足です。
主人公と、彼女を振り回す冒険者の関係性には萌え転がった・・・!

内容的にはまだ序章といったところ。続きがすごく楽しみです!

☆あらすじ☆
王国魔法騎士団の女騎士ニア・エウクレストは、その美しさとは裏腹に、女である自分を封じて生きていた。
そんなニアは、立ち寄った魔法具店で男に声をかけられる。「あんた、エルティニアだろ!?」。
それは、五年前に死亡したとされる少女の名前。悲劇の美姫と謳われた伯爵令嬢エルティニアは過去を捨て、今や女騎士ニアとして生きていた。
その男アルンバートは自らを転生者だと主張し、エルティニアこそ前世で見た物語の「ヒロイン」だと告げる。信じがたい話に半信半疑の日々を過ごすのだが、ある日、魔法騎士団に視察に訪れたクレイグ王子が誘拐されてしまう。ニアは独断で王子奪還へ向けて動こうとするのだが―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 聖王国の笑わないヒロイン1/青生恵