「羽根川牧人」タグアーカイブ

死にゲー転生ブラッドペイン /羽根川牧人


死にゲー転生ブラッドペイン (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
死にゲーの世界に召喚された有名プレイヤーが、「ゲームの展開上絶対に死ぬ巫女」を守り抜いてゲームクリアを目指すファンタジー。
と言っても熱血でヒロイックな感じではなく、ある目的のために淡々とやるべきことをこなしていく主人公のドライさが印象的でした。
深い闇を感じる彼の過去に何があったのか。
果たして巫女を守り抜くことはできるのか。
そして、この世界は一体何なのか。あのゲームは何だったのか。
様々な謎が残されたまま終わっているので、続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
「任せておけ。なにせ俺は、天才のお前に召喚された、最強の断罪者だ——」
大人気”死にゲー”をプレイ中に意識を失った黒江海斗は、自キャラ《血錆のカイト》として目覚める。自分を召喚した焔の巫女フラムは戦闘を強要してきたり「撫でてください!」と懐いてきたりと、可愛くもあるがやたらとウザい。ゲームの展開通りなら、序盤の負けイベントで彼女は死ぬ——だがフラムの健気な覚悟を知ったカイトは、最強プレイヤーとして誰も見たことのないエンディングを目指す! リアルで成し遂げる前人未踏の縛りプレイ攻略譚!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 死にゲー転生ブラッドペイン /羽根川牧人

八雲京語り 宮廷に雲雀舞いつづる /羽根川牧人

八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる (富士見L文庫)
八雲京語り 宮廷に雲雀舞いいづる (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2019年2月刊。
めちゃめちゃ面白かった!!
武家と公家の和睦のため、幼い東宮の妻となった武家の鬼姫。
仮初めの東宮である夫を本物の帝とするため、慣れない公家社会で奮闘する鬼姫の活躍を描いた和風ファンタジー第2弾。

主人公夫婦とライバル夫婦の戦い、そこで描かれる夫婦の絆が今回もとても熱かったです。
てかもう妻同士の関係が最高すぎて。

強い女と強い女が「彼女には絶対に負けられない!」と闘志を燃やし、互いに刺激し合い、正々堂々と技を競う。
そこに暗い感情はなく、あるのは高潔な対抗心のみ。

これがもう本ッッ当に気持ち良い関係なんですよ・・・!

どこかスポ根少年漫画を彷彿とさせる、夫婦VS夫婦の雅な戦いが前巻にも増して最高でした。
刀を交えるガチバトルもあって、これもまた読み応えあり。
最高だから読んでください!お願いします!

☆あらすじ☆
女らしくなくても、舞が下手でも――「雲雀は僕にとって、理想の妻だよ」
男が箏を奏で女が舞い、出来映えを競い合う宮廷行事「豊寿の舞」。鈴鳴は半ば強引に雲雀との参加を決める。しかし、昨年の勝者である鎬雨が何者かに襲われてしまう。賊として捕らわれたのは雲雀の部下・有宗で――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 八雲京語り 宮廷に雲雀舞いつづる /羽根川牧人

八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく/羽根川牧人

八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく (富士見L文庫)
八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年6月刊。
面白かった!!
武家出身の姫が、年の離れた少年東宮に嫁入りすることから始まる和風ファンタジー。
公家と武家の争いに利用された即席東宮夫妻がリベンジを決意する物語です。

慣れない公家文化に悪戦苦闘しつつも、自分なりの戦いを見つけていく武家の最強鬼姫。
そんな彼女に鍛えられながら、劣等感を乗り越えて目覚ましい成長をみせてくれる少年東宮。

絶対的に不利な状況のなかを、二人は地道な努力を重ねて強者に立ち向かっていくのです。
そこから生まれるカタルシスがとても素晴らしい作品でした。

年の差カップルならではの微妙な距離感も美味しく、ただの協力関係から夫婦の絆が生まれていく姿にグッときます。
是非2人がリベンジを果たし全てを手に入れるところまで見届けたい。
シリーズ化を待ってます!

☆あらすじ☆
「お前を一人前の男にしたる!」姉さん女房の逆光源氏物語!
武士最強の娘・雲雀に持ち上がった突然の縁談。それは公家との和睦を示す東宮との縁組みだった。武家を継ぐつもりだった雲雀は大いに不満。さらに相手は一年限りのお飾り東宮、しかも自分より十も年下の少年で――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 八雲京語り 宮廷に鈴の音ひびく/羽根川牧人

香魅堂奇譚

『香魅堂奇譚』(羽根川牧人著/富士見L文庫)★★★☆☆

香魅堂奇譚 (富士見L文庫)
香魅堂奇譚 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

著者は第25回ファンタジア大賞金賞受賞作「心空管レトロアクタ」でデビューした羽根川牧人さん。
本作は「香」をテーマにした心霊ものです。霊的な現象を科学的アプローチから描く作品は数ありますが、香りだけで説明しようとした作品は初めて読みました(たぶん)。
脳の勘違いなのか、本当に霊がいるのか。わざと曖昧にぼかした書き方は良いですね。ちなみにホラーではないので、怖いのが苦手な方でも大丈夫です。

☆あらすじ☆
京都に居を構えるお香専門店《香魅堂》。「霊なんて存在しない」と言い放つ、慇懃無礼な十代目店主・辰巳のもとに持ち込まれるのは、やっかいなオカルト事件ばかりで……。霊感ゼロの辰巳は、どう解決するのか!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 香魅堂奇譚