「緋色の聖女に接吻を」タグアーカイブ

緋色の聖女に接吻を 白き翼の悪魔/葵木あんね

緋色の聖女に接吻を-白き翼の悪魔- (ルルル文庫)
緋色の聖女に接吻を-白き翼の悪魔- (ルルル文庫)

評価:★★★★☆
2016年6月刊。
純愛×復讐なゴジックファンタジー。とても面白かったです。
教皇となって神に復讐しようとする女枢機卿と、彼女を想いながら命がけで彼女の傍にいる悪魔。
二人の恋の行方を描きつつ、教皇選挙に絡んで相次ぐ不審死の謎を追うミステリー調な展開もあり、最後までドキドキしながら楽しく読めました。
とりわけ、ヒロインと悪魔の掘り下げ方はすごく丁寧で良かった。誇り高いヒロインと健気な悪魔の純愛に心ときめく物語でした。

☆あらすじ☆
「生きたければ誓え。命が尽きたら、俺のものになると」
死の間際、悪魔と契約することで生き延びた少女・アリーチェ。彼女は復讐をとげるため、その手段として史上初の女教皇となることを誓う。アリーチェは悪魔の力を借りながら着々と力をたくわえ、ついには枢機卿として教皇候補にまで上り詰める。アリーチェと契約した悪魔・バルキネスの正体は、天界を追われた元天使だった。聖なる印「神の接吻」をもつ人間の命を手に入れれば天界に戻れるが、できないまま期限が過ぎれば悪魔のまま消滅してしまう。だが、その印の持ち主であるアリーチェを愛してしまったバルキネスには、彼女を殺すことはできなくなっていた。アリーチェもまた、バルキネスへの気持ちをうすうす自覚しながらも、素直になれないままだった。そしていよいよ始まった教皇選挙。しかしそのさなか次々と枢機卿が不審な死をとげる。バルキネスとともに事件の真相を探ろうとするアリーチェ。だが、真相に気がついたとき、アリーチェの身にも魔の手が及ぼうとしていた・・・。
運命に逆らい強く生きようとする少女と、 美貌の悪魔の恋の行方に胸躍るファンタジー・ロマンス!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 緋色の聖女に接吻を 白き翼の悪魔/葵木あんね