「絶対城先輩の妖怪学講座」タグアーカイブ

絶対城先輩の妖怪学講座12 /峰守ひろかず


絶対城先輩の妖怪学講座 十二 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
古今東西の妖怪の正体を、独自の視点から新たに描き出す妖怪学シリーズ第12弾。
まるでシリーズの軌跡を振り返るような展開で、最終巻にふさわしい内容だと思います。
派手に盛り上がっていた前巻ではなく、身近な存在である「猫」をテーマにした話がラストだったのは、『妖怪』という存在に向き合ってきた本作らしいなと思ったりして。

☆あらすじ☆
傍若無人な黒衣の妖怪博士・絶対城の活躍を描く伝奇譚、第12弾!
『真怪秘録』をまとめる中で、妖怪学の限界を感じたという絶対城。熱意を失った彼は、文学部の非常勤講師として妖怪学を教えてくれないか、という織口からの誘いも断ってしまう。
そんな中、礼音が何者かに狙われていることが発覚。大切な人を守るため、事件の調査に乗り出す絶対城だったが、一方で、その一件の解決をもって妖怪学徒を廃業するとも宣言し——。
猫また、猫ばば、五徳猫。事件の鍵を握るのは『猫』!?
絶対城阿頼耶、最後の事件!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座12 /峰守ひろかず

白澤編クライマックス『絶対城先輩の妖怪学講座11』/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座 十一 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 十一 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
ついに白澤編クライマックス。
ホラーじみた包囲網に悪戦苦闘する中盤にハラハラし、ラストの少年漫画的に熱い盛り上がりに大興奮でした。
シリーズ屈指の面白さを感じる11巻でした。そして完結まであと1冊!

☆あらすじ☆
四十四番資料室の怪人に『白澤』の魔の手がしのびよる――!
妖怪の正体や知識を司る『白澤』の脅威が迫り、親しい人達が次々と取り込まれる中、白澤に仲間入りすれば『真怪秘録』をはじめとする全ての妖怪知識が手に入るという誘いに揺らぐ絶対城。
そんな最愛の先輩のため礼音が取った行動とは──。
傍若無人な黒衣の妖怪博士・絶対城の活躍を描く伝奇譚、第11弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 白澤編クライマックス『絶対城先輩の妖怪学講座11』/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座10/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座 十 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 十 (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年8月刊。
先輩と礼音が交際スタートさせた第10巻。
付き合いたてカップルが醸し出す気恥ずかしさがとても美味しい・・・!
予言にまつわる妖怪たちの謎を追っていくストーリーも安定の面白さでした。

☆あらすじ☆
四十四番資料室の怪人・絶対城が紐解く伝記ミステリ、待望の第10弾!
『白澤(はくたく)』に襲撃された狐からの情報を受け、警戒を強める絶対城たち。そんな中迎えた夏休み。つきあって初めての長期休みにもかかわらず、礼音は一人、牧場で短期のアルバイトに励んでいた。
優しい夫妻が営む牧場を気に入る礼音だが、いるはずのない子供の影を見てしまう。心細さを感じつつ、休日に近くの川で水浴びをしていると、そこには礼音を心配した絶対城の姿が。二人は牧場主夫妻の発言に疑いを持ち始め──?
“予言”に纏わる妖怪たちの謎に迫る第10巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座10/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座9/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座 九 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 九 (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
絶対城先輩と礼音が・・・・・・!
今回は「狐」回だったわけだけど、それよりも絶対城先輩と礼音が・・・・・・!!

☆あらすじ☆
絶対城を頼り四十四番資料室を訪れた、「狐憑き」に悩む女子学生、葛木葉子。こっくりさんの儀式でお祓いを行う絶対城に対し、葛木は「笑わせないでよね!」と言い放ち、真怪秘録覚書『狐』の資料と共に姿を消してしまう。突然の事態に動揺する一同。しかし、何故か礼音は葉子の声に聞き覚えがあった。声を頼りにして、お祓いと同じ日に礼音が巻き込まれた事件を調べ始めると、海辺のリゾートホテルで開催されるマジックショーに辿り付く。そこで待ち受けていたのは―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座9/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座8/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座 八 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 八 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年5月刊。
絶対城先輩、ほんとヒロイン体質だなって思った第8巻。
礼音と先輩の間に流れる空気がいつもよりちょっと甘めに感じてニヤニヤしてしまいましたw
ダイダラボッチ回な妖怪学講座については相変わらずトンデモなのにとても面白かったです。

☆あらすじ☆
「のっぺらぼう」の力を持つ桜城晃が、四十四番資料室に持ち込んだ女神像。それは、「ダイダラボッチ」の謎に迫る手掛かりだった。すぐさま御場島と呼ばれる絶海の孤島へ向かう絶対城と晃。二人のやりとりを見た礼音は、女性として、そして絶対城のパートーナーとして晃に遠く及ばないと感じ、一緒に行かないと告げるのだった。大学に残った礼音は織口の「二口」治療を杵松と共に行ったり、一人でオカルト相談の解決に臨む。そんな中、絶対城との連絡が途絶え―?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座8/峰守ひろかず

絶対城先輩の妖怪学講座7

『絶対城先輩の妖怪学講座 七』(峰守ひろかず著/メディアワークス文庫)★★★★☆

絶対城先輩の妖怪学講座 七 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 七 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
絶対城先輩の妖怪学講座6 | 晴れたら読書を
2015年8月刊。
妖怪学講座第2部スタート!
今回は「座敷わらし」絡みの事件で、そちらの方は相変わらず蘊蓄満載で楽しかったのです(いつもよりゾワワ・・・ッ!としましたけど)。
そして新章開幕ということで、主要人物の人間関係が動き始めて面白いことになってきました。ワクワク( ^ω^)

☆あらすじ☆
「顰衆」との一件で、『妖怪学』への意識が変わった絶対城。自分なりの妖怪学論を執筆するため資料整理にあたっていると、紫から「座敷わらし」に関する情報を耳にする。一行は山間の巨木が佇む廃村「神籬村」を訪れ、座敷わらしの正体を突き止めた。一方、東勢大学では謎のドラッグが広まりつつあり、絶対城と杵松が対処に一役買うことに。大学と神籬村という、遠く離れた場所での、一見関係のない出来事が次々と繋がってゆき……そしてその脅威は礼音にまで及ぶのだった。絶対城を巡る礼音と晃の関係も見逃せない、新章突入の伝奇譚、第七弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座7

絶対城先輩の妖怪学講座6

『絶対城先輩の妖怪学講座 六』(峰守ひろかず著/メディアワークス文庫)★★★★☆

絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 六 (メディアワークス文庫)

前巻の感想はこちらから
絶対城先輩の妖怪学講座5 | 晴れたら読書を

第1シーズン完結。ということで大いに盛り上がっている第6巻。
ツンデレ先輩の物語はまだまだ続くようですけどね。これでゴールが見えなくなってしまった・・・・・・。
それはともかく史上最大のピンチ!のはずが、先輩の爆弾発言連続&イチャイチャしか記憶に残ってないぞどういうことだ。

☆あらすじ☆
「『鬼』の正体は探るな」クラウス教授にそう忠告された絶対城。しかし、妖怪学における『鬼』の正体を探るため、礼音と共に政財界の有力者が集まるパーティに参加することを決める。そこで絶縁した家族と対峙した絶対城は、『鬼』の正体がこの国のタブーであることを知る。さらに、幼い頃に絶対城の世話をしていた執事の高岩と再会し、秘匿されていた櫻城晃の死の真相を告げられることに―。妖怪学最大の禁忌『鬼』に絶対城が迫る、緊迫の第6弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座6

絶対城先輩の妖怪学講座5

『絶対城先輩の妖怪学講座五』(峰守ひろかず著/メディアワークス文庫)★★★★☆

絶対城先輩の妖怪学講座 五 (メディアワークス文庫)
絶対城先輩の妖怪学講座 五 (メディアワークス文庫)

前巻までの感想はこちらから
「絶対城先輩の妖怪学講座」シリーズ感想一覧 : みかこの読書日記

ツンデレ妖怪博士絶対城先輩が可愛いシリーズ(違う)第5弾。
最近、先輩のデレが加速しているような気がする・・・・・・。
先輩の過去がさらに明らかになったり、昔の関係がアヤシイ美女が出てきたり、礼音を巡る恋のライバル(?)が出てきたり、となかなか忙しい1冊でした。妖怪雑学もいつも通りたっぷりで今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
絶対城と礼音のもとに謎の美少年が迫る――。
四十四番資料室の妖怪博士が贈る怪奇譚、第五弾。
古い知り合いに年始の挨拶をするという絶対城に、荷物持ち要員として豪奢な屋敷へ連れてこられた礼音。二人を出迎えたのは、清楚な和風美女・櫻城紫だった。
研究の同志である絶対城と紫は、妖怪談義に華を咲かせる。疎外感を覚えた礼音は、近所の河原へと飛び出してしまうのだった。
そんな礼音の前に、朝霧シアンと名乗る不思議な雰囲気の少年が現れる。シアンは大学に戻ってからも、たびたび礼音の周囲をうろつくように。
その頃、礼音がシアンと出会った川に再開発の計画が持ち上がり、紫の周囲にも不審な噂が出始めるのだった――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座5