「終わりのクロニクル」タグアーカイブ

AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔


終わりのクロニクル 1(上) 電撃文庫 AHEADシリーズ

総評:★★★★★
2003年6月刊 〜 2005年12月刊。
おッッッッッッッッッもしろかったーー!!!

かつて存亡をかけて10の異世界と戦い、その全てに勝利した世界。
しかし世界は再び滅びに向かっており、滅亡を防ぐためには「戦争が残したもの」を清算をしなければならない。
そうして戦後処理を任された少年少女は、異世界の生き残りたちと戦い、交渉し、その過程で戦争の真実と世界の謎に迫るのです。

各異世界の人々が持つ様々な「概念」、様々な戦闘スタイル、様々な事情、様々な信念。
新たな異世界と対峙するたびに物語の雰囲気が変わり、章ごとに新鮮な楽しさを感じるシリーズでした。
生身の肉弾戦、巨大ロボット、戦闘機による高速空中戦・・・・・・バトルパートだけでも多種多様な趣向が用意されていて、途中で飽きる暇もなかった。ずーーっと楽しくて夢中になって読みました。

4組の男女を中心に置く、群像劇的なストーリーも最高。
カプ厨に大変美味しい構造なんですよね。みんな魅力的だから全てのカップルが推せる。
変態彼氏とツッコミ彼女とか、変態彼氏と暴力彼女とか、変態彼氏と天然彼女とか、変態天然彼女と巻き込まれ彼氏とか・・・・・・・・・・・・変態多くない?多かったなぁ。
でも決めるべきところでは鳥肌たつくらい格好良いのがずるいんだ・・・!

☆あらすじ☆
かつて世界は、平行して存在する10個の異世界と戦闘を繰り広げていた。概念戦争と呼ばれるその戦争に勝利してから60年。全てが隠蔽され、一般の人々に知られることなく時が過ぎた現在…。高校生の佐山御言は祖父の死後、突然巨大企業IAIより呼び出しを受ける。そして、この世界がマイナス概念の加速により滅びの方向へ進みつつあること。それを防ぐには、各異世界の生き残り達と交渉し、彼らが持つ10個の概念を解放しなければならないことを伝えられる。かくして、佐山は多くの遺恨を残した概念戦争の戦後処理として、最後の闘いに巻き込まれていくが…。川上稔が放つ新シリーズ、遂に始動。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む AHEADシリーズ 終わりのクロニクル 全7巻(全14冊) /川上稔