「紅玉いづき」タグアーカイブ

悪魔の孤独と水銀糖の少女/紅玉いづき

悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)
悪魔の孤独と水銀糖の少女 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
悪魔の島に訪れた死霊術師の孫娘と悪魔を背負った罪人の男の孤独と愛を描いたファンタジー。
物悲しい雰囲気が、静かに心に馴染んでいく。そんな錯覚を覚える作品でした。
「孤独」と「愛」の物語で、ヒロインと死霊術師たちの絆に心が震えます。家族愛がとても良かった・・・・・・
その一方で全体的に読みにくさや展開の唐突さを感じたりもして、設定は好きなのにイマイチ気持ちが乗らない部分もありました。
私のコンディションが良ければもっとハマったのかなぁ。いつか再挑戦したいです。

☆あらすじ☆
『ミミズクと夜の王』紅玉いづきが贈る、極上のファンタジー。
「あなたを愛するために、ここまで来たんだもの」
黒い海を越え、呪われた島にやってきた美しい少女、シュガーリア。今は滅びた死霊術師の忘れ形見である彼女が出会ったのは、大罪人の男、ヨクサルだった。彼は無数の罪をその身に刻み、背負う悪魔は、『孤独を力にかえる』という──。
「あんた、何様のつもりだ」
「わたしはシュガーリア。この世界で最後の……死霊術師の孫娘よ」
愛など知らない男と、愛しか知らない少女が出会った時、末路を迎えたはずの物語が動きはじめる。
水銀糖の少女の、命をかけた最後の恋は、滅びの運命に抗うことが出来るのか。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪魔の孤独と水銀糖の少女/紅玉いづき

大正箱娘 見習い記者と謎解き姫

『大正箱娘 見習い記者と謎解き姫』(紅玉いづき著/講談社タイガ)★★★☆☆

大正箱娘 見習い記者と謎解き姫 (講談社タイガ)
大正箱娘 見習い記者と謎解き姫 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年3月刊。
大正時代という開かれつつある時代の「女性」を描く4本立ての幻想的なミステリー。
なんとも奇妙な空気をもった作品でした。
箱娘によって開かれる「箱」の中にある真実は、仄暗くて窮屈で、正直、あまり読後感は良くないものばかりでした。
私はちょっと疲弊しましたが、この異様な雰囲気はクセになりそうだし、話そのものは面白かったです。

☆あらすじ☆
新米新聞記者の英田紺のもとに届いた一通の手紙。それは旧家の蔵で見つかった呪いの箱を始末してほしい、という依頼だった。呪いの解明のため紺が訪れた、神楽坂にある箱屋敷と呼ばれる館で、うららという名の美しくも不思議な少女は、そっと囁いた――。「うちに開けぬ箱もありませんし、閉じれぬ箱も、ありませぬ」謎と秘密と、語れぬ大切な思いが詰まった箱は、今、開かれる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 大正箱娘 見習い記者と謎解き姫

青春離婚

『青春離婚』(紅玉いづき著/星海社FICTIONS)★★★★★

青春離婚 (星海社FICTIONS)
青春離婚 (星海社FICTIONS)

指先からはじまる恋もある。
スマホを持つことが普通になった、最近の高校生たち。同じ高校を舞台に、男女3組の恋を描く連作短編でした。
人と関わることに不器用な彼らが、スマートフォンを片手に何を想うのか。
未熟だけどまっすぐに思い悩む姿に共感しない人はいないのではないでしょうか。
カバーイラストとコミカライズを漫画家のHEROさんが担当しているということで興味をもったのですが、この小説にHEROさんを起用したことは「良い仕事をしてくれました!」としか言いようがないですね。
HEROさんの作品と通じるところがあって、とても私好みでした。
紅玉さんの作品は初めて読んだのですが、句読点を多用してぽつぽつと降り積もるように語られていく世界は、昔を思い出させて切なくなるような泣きたくなるような、そんな気持ちにさせてくれます。
これは、今まさに高校生の人たちにはぜひ読んで欲しいし、かつて高校生だった人たちが読んでも面白い作品だと思います。素晴らしい青春小説でした。

☆あらすじ☆
11月22日、いい夫婦の日に、わたし達は青春のまま、離婚をする。
同じ名字に、同じクラス。春に進学したばかりの八木商業高校で、偶然に出逢ってしまった“佐古野”郁美と“佐古野”灯馬。すぐにクラスメイトから「夫婦」とはやしたてられるようになり、憂鬱な日々を過ごしていた郁美だったが、ある日、灯馬のアイディアで、ふたりは夫婦の秘密を共有することになる――。
星海社ウェブサイト『最前線』にて“いい夫婦の日(11月22日)”に公開され、イラストを担当したHERO自身のコミカライズでも話題を呼んだ表題作に書き下ろしを新たに二篇加え、ついに単行本化。
今、スマートフォンを通じて掌(てのひら)の中にある恋を描いた、紅玉いづき×HEROのタッグで贈る最新作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 青春離婚