「糸森環」タグアーカイブ

竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王/糸森環

竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王 (角川ビーンズ文庫)
竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年10月刊。
面白かった〜!
「花神遊戯伝」「恋と悪魔と黙示録」の糸森環さんの新作は、空中に浮かぶ「天の都」が舞台の和風ファンタジー。
人に対して複雑な感情を抱く四神の竜と、死を覚悟して竜の世話をすることになる少女。
彼らの出会い方や設定はダークなのだけど、その割にはシリアス押しではなく、コミカルにすれ違う彼らの日常がテンポ良く描かれていく物語でした。心にもないことばかり言う竜たちが可愛すぎてしんどい。
平安ベースの凝った世界観も楽しかったし、ぜひシリーズ化してほしい新作です!

☆あらすじ☆
あなたのために生きる──少女は竜王に全て捧げると決めた。
「おまえは神の皮をかぶった怪獣にはべる」──黒竜・由衣王にそう告げられ、世話係として人間の娘・紗良は召し上げられることに!?
神竜が人を護る世界で、運命の少女と竜王が織りなす和風ファンタジー恋絵巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜宮輝夜記 時めきたるは、月の竜王/糸森環

恋と悪魔と黙示録9 恋咲く世界の永遠なる書/糸森環

恋と悪魔と黙示録: 9 恋咲く世界の永遠なる書 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録: 9 恋咲く世界の永遠なる書 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
波乱の運命を背負った少女と一途で乙女思考な魔物の恋と戦いを描いたファンタジーシリーズ最終巻。
ついに完結です・・・・・・私の生きる楽しみがまたひとつ失われてしまった・・・・・・
完結巻に相応しい激動の最終決戦。素晴らしく面白かった!

☆あらすじ☆
「この世界でぼくだけは、レジナの望みを叶えたい」人と獣の姿を持つ神魔アガルと契約をし、彼の恋人となったレジナ。人間と悪魔が争う中、《最古の王女》である自分の運命を受け入れたレジナは、魔王マグラシスと対峙する。混沌とした世界で明かされていく真実、レジナとアガルが選んだ未来――そしてその先に待っていたものとは? 一途な魔物と乙女が織りなす大人気悪魔召喚ラブ★第九弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録9 恋咲く世界の永遠なる書/糸森環

令嬢鑑定士と画廊の悪魔2 永遠の恋を描く者たち/糸森環

令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち (角川ビーンズ文庫)
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 永遠の恋を描く者たち (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
病弱無表情令嬢と世話焼き悪魔のコンビが、「歪画」に潜む悪魔と戦うラブファンタジー第2弾。
前巻よりもストーリーが面白かったし、リズとジョンの掛け合いも更に光っていたと思います。終盤のリズの悪魔を恐れぬ所業は本当に笑ったw
恋の自覚があるのかないのか微妙だけど甘い距離感も堪能できたのだけど、ラストで一気に関係が進んじゃってびっくり。これはもしや完結?

☆あらすじ☆
あなたを誰にも渡さない――悪魔のために、リズが選ぶ道は!?
養父ペテロン殺しの容疑で、悪魔のジョンが教会に拘束された。無実を証明しないと、一緒にいられない――リズはジョンを取り戻すため、真犯人の悪魔が棲む歪画を追うが、待っていたのは“神が宿る”という絵で!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 令嬢鑑定士と画廊の悪魔2 永遠の恋を描く者たち/糸森環

恋と悪魔と黙示録8 身代わり聖爵と悪魔のための茨姫/糸森環

恋と悪魔と黙示録 身代わりの聖爵と悪魔のための茨姫 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録 身代わりの聖爵と悪魔のための茨姫 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
ここ数巻は本当に衝撃の連続なのだけど、今回もまた物語が大きく動きました。
更なる真実も発覚したりして、一体物語がどこへいくのかさっぱり予想できない・・・・・・!
それでもブレないアガルの乙女っぷりが本当に癒しですw

☆あらすじ☆
「逃がしてあげません。攫いに来ました」
神であり悪魔でもある神魔アガルと契約をし、彼の恋人となったレジナ。《最古の王女》である彼女を魔王に渡さぬため、朔使総帥リウはレジナを深き眠りにつかせた。時は過ぎ、棺の中で目覚めたレジナを迎えにきたアガルは、変わらない愛と情熱を向けてきて――。悪魔と人が入り乱れ争う混沌とした世界で、レジナの運命の輪は再び廻りだす。
一途な魔物と乙女が織りなす悪魔召喚ラブ★第8弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録8 身代わり聖爵と悪魔のための茨姫/糸森環

令嬢鑑定士と画廊の悪魔/糸森環

令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)
令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年10月刊。
病弱令嬢と毒舌悪魔が、悪魔が潜む絵画を探すというファンタジー。
人外×美少女で、契約主従で、絵画に悪魔や宗教が絡むゴシックな雰囲気があり・・・・・・という、美味しいものが詰め込まれてますね!な作品でした。
主人公ふたりがローテンションな割に、掛け合いやノリがテンション高めなところがシュールな面白さを生んでいたと思います。
まだまだ序章な物語だけど、続けば更に面白くなりそうな予感。期待しています!

☆あらすじ☆
契約する。私に飼われなさい――令嬢と悪魔、秘密の関係とは……
絵画好きの伯爵令嬢リズは、叔父の画廊の臨時管理人ジョンから「あんたをくれ」と告げられる。それは恋ではなく、リズの持つ“絵画に棲む悪魔を見抜く目”が必要だから。実は悪魔のジョンに契約を迫られたリズは!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 令嬢鑑定士と画廊の悪魔/糸森環

階段坂の魔法使い3 恋で射止めた水曜日/糸森環

階段坂の魔法使い 恋で射止めた水曜日 (角川ビーンズ文庫)
階段坂の魔法使い 恋で射止めた水曜日 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
完結巻。
今回もすごく可愛くて素敵な物語でした。表現のひとつひとつに心がときめくんです(*´艸`)
特にジュディの想いが爆発するラストシーンは最高にロマンチック。このカップルが好きでたまらない・・・!
作品が素晴らしいだけに、ここで終わりなのが本当に残念です。

☆あらすじ☆
想いが通じ、ヴィクターから「好きだ」と告げられるジュディ。けれど彼女は、まだ迷っていた。呪い持ちで一生触れ合えない自分が、彼を縛っていいのかしら――。そんな中、ジュディの呪い絡みで事件が起こり……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 階段坂の魔法使い3 恋で射止めた水曜日/糸森環

恋と悪魔と黙示録7 身代わり王子とラプンツェルの花の塔

『恋と悪魔と黙示録 身代わり王子とラプンツェルの花の塔』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★★

恋と悪魔と黙示録 身代わり王子とラプンツェルの花の塔 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録 身代わり王子とラプンツェルの花の塔 (一迅社文庫アイリス)

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
前巻から鞭展開が留まるところを知りません。
胸が痛い・・・・・・!
そんな過酷な状況の中でもアガルがあまりにもアガルのままで、本当にそれだけで救われるものがあります。やっぱりアガルは最高に乙女!

☆あらすじ☆
「ぼくの運命は、あなたなんですから」神魔アガルと契約し“名もなき悪魔”の生態を解明する朔使となったレジナ。魔王マグラシスから彼女を救うために払われた代償は、ヴィネト卿の“命”だった。朔使総帥に保護されたレジナだったが、そこで待っていたのは、意外な人物との再会で―!?人と悪魔、その狭間で揺れるレジナは、恋人となったアガルへの想いを秘めたままある決心をして…

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録7 身代わり王子とラプンツェルの花の塔

階段坂の魔法使い2 やさしい魔法は火曜日に

『階段坂の魔法使い やさしい魔法は火曜日に』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★★

階段坂の魔法使い やさしい魔法は火曜日に (角川ビーンズ文庫)
階段坂の魔法使い やさしい魔法は火曜日に (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
ひねくれ者の魔法使いと呪いを抱えた少女の恋を描く英国フェアリーテイル第2弾。
くっそー・・・・・・

や  ら  れ  た !!!

ラストシーンで見事に撃ち抜かれました。こんなの最高すぎる。
最後の最後で萌え上がってしまった心をどうやって抑えればいいのか分かりません(ノД`)
なんだか泣きたくなるくらい素敵なラブロマンス。本当に素晴らしかったです。

☆あらすじ☆
悪い魔法使い×少女が贈るラブ・フェアリーテイル、待望の続刊!
手紙を動物の姿で送る“鳥獣郵便”の工房で働き始めたジュディ。だけど元婚約者の魔法使いルイスとの距離は遠いまま。そんな中、彼女に芸術家たちが集まる晩餐会の招待状が届く。意を決してルイスを誘うけれど――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 階段坂の魔法使い2 やさしい魔法は火曜日に

六花爵と螺子の帝国2 すべては恋のせいですので。

『六花爵と螺子の帝国2 すべては恋のせいですので。』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

六花爵と螺子の帝国 すべては恋のせいですので。: 2 (一迅社文庫アイリス)
六花爵と螺子の帝国 すべては恋のせいですので。: 2 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
男女入れ替わり学園ファンタジー第2弾。
引きこもりが遠出できるのか!?というところから、案の定ナナメ上の方向に暴走していくジーンとアレクシアが面白可愛すぎました。
バカップルめ・・・・・・本当にバカップルめ・・・・・・!
前巻同様に隷民差別の厳しさをみせていく作品ですが、アレクシアを取り囲む人たちの優しさにじんわり癒やされました。

☆あらすじ☆
貴族の青年ジーンと体が入れ替わる体質になってしまった元奴隷の少女アオ。それまでの生活から一転、特権階級である《花族》の養女アレクシアとして魔導学院でジーンと片時も離れず過ごすことに…。そんな中、他校との交流のある野外授業が行われることになり、脱引きこもりを果たしたジーンと参加することになって――!? 全寮制の学院を舞台に、少女と無自覚天然青年貴族が織りなす逆転学院ラブ第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 六花爵と螺子の帝国2 すべては恋のせいですので。

階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日

『階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日』(糸森環著/角川ビーンズ文庫)★★★★☆

階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日 (角川ビーンズ文庫)
階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年8月刊。
糸森環さんの新作!
期待通り、めちゃくちゃ面白かったです( ・ㅂ・)و ̑̑
産業革命期の英国を舞台にした、ひねくれ者の魔法使いと呪いを持った少女のフェアリーテイル。
素直になれない魔法使いと主人公のすれ違った距離感に悶えさせられましたw
今まで読んだ糸森環作品の中で一番笑ったかもしれません (*´罒`*)
鳥や動物が手紙を配達してくれる「鳥獣郵便」という童話的な設定も、郵便事故の真相を追っていくストーリーもとても面白かったです。
これはシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
ジュディは触ったもの全てを眠らせる。そのせいで養父に疎まれ悪名高い“階段坂の魔法使い”と婚約することに!なのに魔法使いから結婚するつもりはないと拒絶され、帰る所のないジュディは彼のもとに居座るが…?
「花神遊戯伝」の著者が贈る、悪い魔法使いと少女のフェアリー・テイル!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 階段坂の魔法使い 恋からはじまる月曜日