「糸森環」タグアーカイブ

【WEB小説感想】花術師 /ia(糸森環)

糸森環先生のサイト「27:09の地図」(http://ash-map767.riric.jp/index.htm)にある小説を読み尽くすチャレンジ第3弾!

今回は『花術師』です。
サイト版はここ→ http://ash-map767.riric.jp/kazyutsushiTOP.htm

 

書籍版で既読だった『F-エフ-』や『she&sea』と違い、『花術師』は完全に初見です。
『花術師』の書籍版が糸森先生の商業デビュー作でしたっけ?
私が知ったときには既に絶版&電子版もなしの状態だったんですよね。どこかで復刊してくれないかしら。

 

花がなければ魔術を使えない異端の魔術師と、歩くところ屍の山を築く恐怖の死神閣下。
様々な意味で凸凹な二人の出会いから始まり、彼女たちが住む「背徳の町」が秘める闇に迫っていく物語です。

色んな方に「花術師はいいぞ!」とオススメされてきたのだけど、本当に良かった。面白かったです。

☆あらすじ☆
リスカは花を媒体とせねば魔術を使えない。このように、魔力に制限を与えられる不具の魔術師を「砂の使徒」と呼ぶ。だが、伝説に残るほどの例外的な「砂の使徒」も存在して……。
死神閣下の異名を持つ最凶の剣術師と花術師リスカの一見波瀾万丈な日常ファンタジー。(恋愛なのか変愛なのか……)

以下、ネタバレありの感想です。
2020年6月現在サイトに掲載中の「終幕の声」まで。

続きを読む 【WEB小説感想】花術師 /ia(糸森環)

【WEB小説感想】she&sea /ia(糸森環)

糸森環先生のサイト「27:09の地図」(http://ash-map767.riric.jp/index.htm)にある小説をいい加減読むぞ!第2弾!!

第1弾は『Fーエフー』でした。感想はこちら。

続く第2弾は『she&sea』(サイト版はここ→http://ash-map767.riric.jp/sheandsea-TOP.htm)。
こちらもFと同じく書籍化されており、書籍版は読んでいます。その時の感想はこちら。

she&sea、私が読んだ糸森環作品の中ではダントツで鞭打ち展開がきついんですよ。私的に。
異世界で海賊に拾われた少女がたどる運命が残酷すぎて、読めば読むほど精神が摩耗していく。
しかし読むのをやめることはできない、魔性の魅力がある作品だと思うんです。うう、なぜ4巻以降が出ないのか・・・・・・

もう一度あの荒海に飛び込むのは勇気がいったけれど、サイト版の続きもすごかった。
めっちゃ面白かったです。でも更新分を全部読み終わって悲鳴あげちゃったよ!

というわけで以下はWEB版の感想、ネタバレありです。

 

続きを読む 【WEB小説感想】she&sea /ia(糸森環)

【WEB小説感想】 F-エフ- /ia(糸森環)

糸森環先生の新作『かくりよ神獣紀』が良すぎて、糸森環熱が爆発しました。

 

もうダメだ!我慢できぬ!と、なんだかんだ躊躇していた糸森環先生のia名義のオンノベサイト『27:09の地図』にようやく着手。

正直、未完の沼に落ちるのが怖かったんですよね。あとスマホ対応してないオンノベは読みにくいなって。

 

でも腹をくくったのでもう逃げません。
スマホ非対応オンノベはSafariのリーダー表示を使えばヨシと言う知見も得たし(遅い)

 

全部読むつもりですが、まずは『F−エフ−』(http://ash-map767.riric.jp/F-TOP.htm)から。

『F』は角川ビーンズ文庫から書籍化されている作品で、そちらは読んでいます。

しかし1巻が出たのが2014年かぁ。もうそんなに経つの??月日の流れは恐ろしいですね。

 

で、読んできましたよ、サイト版『F』!

ほどよく内容を忘れていたので書籍化された第1部も超楽しかったし、完璧に初読な第2部も最高に面白かったです。

なーーーーーーーーーんでこんなに面白いのに書籍版は打ち切りなんだろ!ふしぎだね!(泣)

そんな感じでWEB版の感想いきます。例によってネタバレありです。

続きを読む 【WEB小説感想】 F-エフ- /ia(糸森環)

かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 /糸森環


かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年5月刊。
面白かったー!いや、ほんとヤバいくらい面白かったな!?

糸森環先生の新作は和風異世界転生譚。怪異に侵された人々を手当して救う少女のお話です。

この作品、世界観が最高に魅力的でした・・・・・・あまりにも好きすぎるやつだった。
主人公の住まいは巨大な空き瓶で、それを改造して家具や雑貨を詰め込んで暮らしているんです。ボトルシップみたいなイメージかな。
異世界なのに空き瓶ハウスってなんだよ、と思った方こそぜひ読んでほしい。
「不思議の国のアリス」と日本神話を足して2で割ったような、めくるめくワンダーランド和風異世界が待ってますよ!

孤独な少女が自分の居場所をみつけようと足掻く物語としても読み応えばっちり。
色々と手厳しい虎様との関係も、サスペンスと愛嬌がたっぷりで、すごく良かったです。
これはもう絶対にシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
異世界に転生したら、神様(怪異)の医者でした。世直し和風ファンタジー!
名により本質が定められる『此の世』——亥雲の国に転生した八重。ある日、化け物に襲われた八重は、かつて神だったという金虎・亜雷を解き放つ。俺様な彼に振り回されて弟捜しを手伝うが、見つけた弟・栖伊は本質を失い、異形と化す病に冒されていた。亜雷は、独特な魂を持つ八重ならば栖伊を治せると言うが……?
「俺はおまえのために解き放たれた」アブない虎に懐かれて、魂の意味を取り戻す“神様治療”はじめます!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。 /糸森環

糸森環はいいぞ糸森環を読むのです ― 少女小説家・糸森環先生のオススメ作品を紹介する

突然ですが、糸森環先生の小説が大好きだ!!(記事タイトルの敬称略すみません)

糸森環先生は、ia名義のオリジナル小説サイト「27時09分の地図」(http://ash-map767.riric.jp/index.htm)で作品を公開されている作家さんで、現在は少女小説・ライト文芸のレーベルから多くの作品を発表されています。

 

そんな糸森環先生の作品が持つ魅力といえば、

・独特の感性によって細部まで作り込まれた、奥行きのある世界観
・セリフ回しやネーミングセンスに感じる「言葉遊び」の妙技
・主人公と読者を容赦なく痛めつけて甘やかすストーリー展開
・個性的すぎて底なしの魅力を発揮するキャラ造形 

など、個人的に推したいポイントはこのあたりでしょうか。

 

・・・・・・いや、全然足りない。

素っ頓狂で変人揃いの美形たち(男女問わず)とか、
人間の理屈なんかサッパリ通じない魅惑の人外とか、
章タイトルまで徹底して凝りまくる遊び心とか、
天国と地獄を紙一重の場所に置くような物語性とか、
どれだけ愛し愛されても一瞬で裏切られる油断できないドラマとか、

本当に色々あるんです。いっぱいある!
何もかもが好きすぎてたまりません。大好きだ。本当に好き。

 

でもこんな短くて拙い説明では1ミリも伝わらない気がします。
それぞれの作品にそれぞれの魅力があり、こんな抽象的な総括で語り尽くせるわけがないのです。

そういうことにしておこう。一番足りないのは私の語彙力だ。

 

前置きはこのへんで。
以下では、糸森環作品の中で特に私がオススメしたい作品を紹介していきたいと思います。

 

続きを読む 糸森環はいいぞ糸森環を読むのです ― 少女小説家・糸森環先生のオススメ作品を紹介する

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(2)カンパネルラの恋路の果てに (ウィングス・ノヴェル)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年2月刊。
椅子を愛して人類を憎む変人オーナーと、霊感持ちバイト女子高生。
そんな二人が、椅子にまつわる幽霊騒動に巻き込まれるホラー・ミステリー第2弾。
相変わらず怖かった・・・!ぶるぶる震えるような怖さじゃなくて、ぞわっと瞬間的に鳥肌が立つ感じ!
でも面白いです。1巻に続き、椅子薀蓄と謎解きに読み応えがある作品です。
そしてヴィクトールと杏の関係が本当に楽しい。
糸森環印のヒーロー、「気にするのそこ!?」っていうズレたヤキモチが可愛すぎてときめくんですよね。

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏はアンティーク椅子工房「TSUKURA」でバイトを続けている。極悪人顔揃いの職人たちは相変わらずみんな心優しく親切だし、死にたがりで人類嫌いで変人美貌のヴィクトールからは人類扱いされず、時に楽しく椅子談義が弾んだりもする。アレさえ出なければ本当に良い職場なのだ。ところが、ある二つの椅子が工房へ持ち込まれて以来、杏はたびたび恐ろしい目に遭うようになってしまい……?
バイト継続の危機勃発、ふんわりオカルティック・ラブ第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録2 カンパネルラの恋路の果てに /糸森環

お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環


お狐様の異類婚姻譚: 3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2019年11月刊。
お狐様と薬師の少女の甘くてこわい攻防を描く和風ファンタジー第3弾。
3巻を読み終えてふと思ったのですが、この作品面白すぎませんか??本当にめちゃんこ面白くない???

あやかしが支配する世界の風習にまでこだわった設定、
その設定が後から後から意味を重ねていく物語の構成、
そして鮮烈な存在感で心を惹きつけるキャラクターの裏表。

完璧なんですよ。求めるものを最高水準で与えられている実感がある。
和風ファンタジーで面白いものを読みたければコレを読め!ってところまできた。
このシリーズに対する愛が最高値に達して頭がバグッてる自覚はあるけど、それにしたって面白すぎるんですよ・・・!

そしてコミカライズ連載開始おめでとうございます。
コミカライズ担当の方の絵柄が原作担当の凪さんの雰囲気に近くて嬉しい。こちらも応援せねば!

☆あらすじ☆
神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元旦那様は八尾の白狐・白月。婚姻してすぐに離縁された雪緒は、彼が信用できず復縁を断り続けていた。そんなある日、鬼の嫁入りの祭儀の混乱の中、雪緒が鬼にさらわれてしまう。白月は、雪緒を取り返そうとするが――。え? このままだと私が鬼の嫁にされてしまうってどういうことですか!? 大人気異類婚姻ラブ第3弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚3 元旦那様と鬼の嫁入りに巻き込まれるところです /糸森環

椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録1 欺けるダンテスカの恋 /糸森環


椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録(1)欺けるダンテスカの恋 (ウィングス・ノヴェル)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年4月刊。
霊感の強い女子高生と、椅子を偏愛する変人オーナー。
そんな二人が巻き込まれていく、椅子とポルターガイストと嘘と愛憎の物語です。
糸森さん、こういうホラーテイストの作品もいけるんですね。意外に怖くてドキドキした・・・!
椅子に関わる奇妙な心霊現象の真相も、そのなかで語られる様々な椅子の薀蓄も、とても面白かったです。
情緒不安定な変人に振り回されるJK主人公も可愛くて良かった。
ナンバリングが振ってあるので続きますよね?楽しみです。

☆あらすじ☆
霊感体質の女子高生・杏は呼ばれるように入ったアンティーク椅子工房「TSUKURA」で霊を祓い、請われてバイトを始めることになった。たまのアレさえ出なければ良い職場で、極悪人顔揃いの職人たちはみんな心優しく親切だ。そして店のオーナーの、死にたがりで人類嫌いで変人美貌のヴィクトールに、杏は不意にときめいたりもしている。そんな時、杏がある椅子に座ってから店にはポルターガイストが頻発するようになり……?
椅子談義も楽しい、ふんわりオカルト&ほんのりラブ開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 椅子職人ヴィクトール&杏の怪奇録1 欺けるダンテスカの恋 /糸森環

竜宮輝夜記3 天よ望めよ、恋の久遠 /糸森環


竜宮輝夜記 天よ望めよ、恋の久遠 (角川ビーンズ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
四竜に愛でられる元奴隷階級の巫女が、天と地に分かれた世界で自分の役目を見定める和風ファンタジー第3弾。
最終巻です。駆け足気味だったけれど綺麗に終わっていると思います。
恋愛要素に関して言えば、前回がハーレムエンドで今回が個別ルート突入といった感じ。
どうなることかとハラハラしたけれど、最後まで楽しめました。面白かったです。

☆あらすじ☆
人が、竜が、世界の在り方が変わっても。心を捧げるのは貴方だけ
竜を統べる姫・斎花である紗良が、星宮より流罪を宣告される。それは竜が守護する世界の在り方を変える事件の始まりだった。人の思惑が竜たちの心を傷つけて行く中、紗良は最後に誰の手を取るのか——和風恋絵巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 竜宮輝夜記3 天よ望めよ、恋の久遠 /糸森環

お狐様の異類婚姻譚2 元旦那様に誘拐されるところです /糸森環

お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)
お狐様の異類婚姻譚 元旦那様に誘拐されるところです (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
溺愛ムーブで誑かしにくる妖狐の元夫を全力で拒否する薬屋の少女。
恋情のない、打算まみれの求婚を受け入れることはできない。
そう自分に言い聞かせながら、必死で逃げ続ける少女の奮闘を描く和風ファンタジー第2弾。
今回もとても面白かったです。やっぱり糸森作品の人外恋愛は本当に凄い。
人と怪の間に横たわる生態や価値観の違い。その摩擦によって生まれる火花のように鮮やかで儚い感情の交錯。
甘い言葉で包んだ残酷な関係なのに、そこに芽生える偽りではない何かにとても惹かれるのです。

☆あらすじ☆
「黙れよ、雪緒。もう甘やかさないからな」
幼い日に神隠しにあい、もののけたちの世界で薬屋をしている雪緒の元旦那様は八尾の白狐・白月。新婚早々放置され離縁されたことから、復縁を求めてくる彼のことが信用できずにいたけれど、白月が行方不明になったと聞いて……。彼を追った先で出会ったのは、白月そっくりの黒狐!? え? 他人の振りをしているけれど、あなた、白月様ですよね?
お狐様との異類婚姻ラブ第2弾! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お狐様の異類婚姻譚2 元旦那様に誘拐されるところです /糸森環