「空飛ぶ卵の右舷砲」タグアーカイブ

SF初心者の私がお薦めしたいSFラノベ10選

ラノベブロガー界隈の流れにうちのブログも乗ります!SFラノベはいいぞ!!

SFが読みたい!SF要素が強いライトノベルを10作品をオススメするぜっ!(本達は荒野に眠る)

もっとSFが読みたい! 俺もSFライトノベル10作品をオススメする!(WINDBIRD)

この星で生きてるだけでソレってSFって言うことできる?SFラノベ5選(ソルティライムシャーベット)

というわけで便乗いきます!隠しテーマは「SFを読み慣れてない人でも楽しいSFラノベ」です。

 

続きを読む SF初心者の私がお薦めしたいSFラノベ10選

空飛ぶ卵の右舷砲/喜多川信

空飛ぶ卵の右舷砲 (ガガガ文庫)
空飛ぶ卵の右舷砲 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年7月刊。
面白かったー!
世界規模の厄災により、「樹竜」と呼ばれる怪物に陸地を奪われ、人類が海上へと追いやられてしまった世界。
そんな世界で、小型ヘリに乗り込み、巨大な敵との戦いに挑む師弟の活躍を描いたSF作品です。
ヘリコプターが縦横無尽に空を駆る空戦シーンがめちゃくちゃ熱い。
皮肉を交わしながらも息の合った連携を魅せる主従の絆に痺れる。
そして困難を乗り越えようとする人間の放つ輝きに感動する!
一度は終末を迎えた世界観も奥行きを感じて良かったし、今後も楽しみな新シリーズだと思います。

☆あらすじ☆
人造の豊穣神・ユグドラシルによって繁栄を極めた近未来。人類は植物を自在に操り、時にはビルさえ“育てていた”。そんな文明絶頂期の中で、『大崩壊』は起きた。世界人口の半数以上が死に絶え、各地ではあらゆるシステムが麻痺。さらに突如現れた樹獣、樹竜と呼ばれる異形の怪物たちによって、人類はあっという間に地上から追放され、その拠点を人工の浮島・海上都市へと移した。
『大崩壊』から数十年。小型ヘリ<静かなる女王号>を操り、樹竜狩りを生業とするヤブサメ。彼は妹が患う奇病を治すため、師であり相棒でもあるモズとともに仕事をこなしながら、日本各地を飛び回っていた。そんな中、二人は東京第一空団副長セキレイの窮地を救い、その腕を買われて旧都市・新宿での大規模探索作戦への同行を依頼される。彼らを必要とするセキレイはヤブサメにこう囁きかけた。
「この作戦の成功は、キミの妹の病を治す事に繋がるかもしれない」
しかし新宿は「帰還不可能」とも噂される、Sクラスの危険地帯。割に合わないと、モズは難色を示すのだが――
これは鋼の翼と意志で空を駆り、樹竜を狩る者たちの物語。
第12回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞作。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 空飛ぶ卵の右舷砲/喜多川信