「私が大好きな小説家を殺すまで」タグアーカイブ

少女の救済から始まる崩壊と祈りの物語 『 私が大好きな小説家を殺すまで』/斜線堂有紀

私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)
私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2018年10月刊。
凄い・・・・・・凄い物語でした・・・・・・
居場所を失った少女と、スランプに苦しむ天才小説家。
彼との出会いによって彼女は確かに救われたはずなのに、彼女と彼の世界は緩やかに崩壊へと向かっていくのです。
作中を埋め尽くすのは二人が交わす憧憬と失望、愛情と憎悪、そして殺意と祈り。
途方もなく大きく、割り切れないほど複雑で、底が見えないほど深い感情のうねりに目眩がしました。
読んでる間はひたすら息苦しく、終盤はもはや意識が朦朧としていました。
そして読み終わった今はこんなにも辛い。とても苦手なお話なのに、どうしようもなく囚われてしまう。
改めて、本当に凄い物語でした。

☆あらすじ☆
突如失踪した人気小説家・遥川悠真。その背景には、彼が今まで誰にも明かさなかった少女の存在があった。
遥川悠真の小説を愛する少女・幕居梓は、偶然彼に命を救われたことから奇妙な共生関係を結ぶことになる。しかし、遥川が小説を書けなくなったことで事態は一変する。梓は遥川を救う為に彼のゴーストライターになることを決意するが――。
才能を失った天才小説家と彼を救いたかった少女、そして迎える衝撃のラスト!
なぜ梓は最愛の小説家を殺さなければならなかったのか?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 少女の救済から始まる崩壊と祈りの物語 『 私が大好きな小説家を殺すまで』/斜線堂有紀