「石田リンネ」タグアーカイブ

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず/石田リンネ

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず (ビーズログ文庫)
茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず (ビーズログ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年7月刊。
「おこぼれ姫と円卓の騎士」の石田リンネさんの新作。
「ちょっと物覚えがいい」というチート持ち少女が、皇帝との出会いをきっかけに持ち腐れ状態だった宝の使い方を知り、自分の才能を開花させていく中華風ファンタジーです。
少女の立身出世物語の序章という感じ。これ1冊で綺麗に終わってはいるけれど、シリーズ化すればどんどん面白くなっていきそう。
前半は主人公の過剰な卑屈さにモヤっとしたのだけど、それを吹き飛ばす後半の爽快感は好みでした。

☆あらすじ☆
優しい笑顔と声の皇帝に(官吏として)寵愛されています!?
後宮の女官の茉莉花(まつりか)は『物覚えがいい』というちょっとした特技がある。
そんな彼女は、名家の子息のお見合い練習相手を引き受けることに。しかしその場にきたのは、お見合いをしてみたかったという皇帝・珀陽(はくよう)で!?
しかも茉莉花の特技を気に入った珀陽は「とりあえず科挙試験に合格してきて」と言い出し……!?
皇帝に見初められた少女の中華版シンデレラストーリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士17 新王の婚姻/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 17 新王の婚姻 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 17 新王の婚姻 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年7月刊。
ビーズログ文庫の人気作「おこぼれ姫」シリーズの完結巻。
いやぁ、ついにここまできた!という感慨が深い最終巻でした。色々と。
国を割る内乱がクライマックスだっただけに苦い部分もあったけれど、最後は大団円といっていいのではないでしょうか。
とても満足しました!
石田リンネ先生の新作は既に発売され積んでいるので、そちらも早めに読みたいと思います。

☆あらすじ☆
全ての決着がここに。最強女王伝説――その始まりの物語、ついに完結!!
将来自分が女王になることを“知って”いたレティーツィア。
だけど、いつ、どんな理由でその日が来るかは知らなかった。
王の素質を備えたフリートヘルムを王座に担ぎ上げるべく、軍師ゼノンが引き起こしたクーデターへの反撃の準備は整った。
争いが続けば必ず犠牲が出ることを心に刻み、レティは己の元に集った王の専属騎士(ナイツオブラウンド)と王都奪還を目指す! ――圧巻の最終巻!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士17 新王の婚姻/石田リンネ

おこぼれ姫の円卓の騎士16 反撃の号令/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
いよいよラストスパート突入。
サブタイ通りに反撃開始!の16巻なのだけど、それよりも、えっ、表紙が・・・!
メインストーリーも面白かったけれど、表紙を見たときの「まさか!?」という期待にも応えてくれる内容でした。最高か。

☆あらすじ☆
白魔の山脈を越え、無事イルストラ国に辿り着いたレティーツィア。長兄フリートヘルムに対抗するには、まずこの国の協力を得なければならない。“未来の女王”としての威厳を保ちつつ、交渉の席につく。一方、レティの騎士達もそれぞれに作戦を決行!しかし、軍師ゼノンの方が一枚上手で……!?
レティとデュークの恋の行方も気になるクライマックス目前第16弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫の円卓の騎士16 反撃の号令/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士15 白魔の逃亡/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 白魔の逃亡 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 白魔の逃亡 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年10月刊。
いよいよ最終章に突入したシリーズ第15弾。
緊迫の状況の中でこそ輝くレティと騎士たちの絆がとてもまぶしく、ラストのレティの決意に胸が熱くなりました。

☆あらすじ☆
「わたくしは、この国の王になる」白銀の雪山で固めた決意。そして――。
長兄フリートヘルムがクーデターを起こした!! 女王になるはずだった王女レティーツィアは、捜索の目をかいくぐり、一人逃亡することに。先の見えない不安を抱きつつも、どうにか騎士のメルディと合流。厳しさを増す追跡から逃れるため、【白魔】と呼ばれる山脈を越えようと考えるが……。一方、レティの騎士デュークは、フリートヘルムに「俺の騎士になれ」と言われ!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士15 白魔の逃亡/石田リンネ

神さまになりまして、オヤスミなさいを言いました。/石田リンネ

神さまになりまして、 オヤスミなさいを言いました。 (ビーズログ文庫アリス)
神さまになりまして、 オヤスミなさいを言いました。 (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
新米神さま・千鳥の物語を過不足なく描ききって完結。
バトルありの伝奇要素と目頭を熱くさせるシーンによる緩急のつけ方が相変わらず巧みだったし、切なさもあるストーリーはとても楽しめました。
長い時間を生きる神様の悲哀と、人との関わりから生まれる優しさが、面白い切り口で描かれていく素敵な作品だったと思います。

☆あらすじ☆
神さまと人の優しい絆の物語・完結!
先日の“神隠し事件”以降、<守護代>たちの距離が近い。それを不思議に思っていた関東の<守護>千鳥は、帯刀が正式に<守護代>になる決意をしたと聞き、思わず反対してしまう。そんな時、先代さまから「那須に百目鬼が現れた」との報せが。柏と帯刀と共に那須へ向かい、懐かしい先代さまとの再会を喜ぶ千鳥。一方、先代さまは東雲が千鳥に執着する理由に気づき……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神さまになりまして、オヤスミなさいを言いました。/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士14 王女の休日/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 王女の休日 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 王女の休日 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
気になる騎士をお供に優雅な休日を、というレティのお休み回。
番外編みたいなノリでほんわかお気楽ムードの漂う14巻でした。

・・・・・・・・・という感想で締めることになると予想してたのに。
これは控えめに言ってかなりやばい(; ・`ω・´)
そしていよいよ本シリーズも次巻から最終章突入とのこと。寂しいけれど続きがとても待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
普段は凛々しい王女様。でもこの一日だけは、普通の女の子に――。
ウルク帝国から帰国の最中、「恋愛」を難しいと思ってしまった未来の女王レティーツィア。そんな彼女の十八歳の誕生日。“専属騎士(ナイツオブラウンド)”から休日をプレゼントされたレティは、お忍び用の服を身に着け、城を抜け出すことに!! 『親切な青年』デュークと共に『花屋の少年』や『本場の占い師』に扮した騎士達の導きで束の間の休息を楽しむ……はずが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士14 王女の休日/石田リンネ

神さまになりまして、ワガママを叶えました。/石田リンネ

神さまになりまして、ワガママを叶えました。 (ビーズログ文庫アリス)
神さまになりまして、ワガママを叶えました。 (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年4月刊。
新米神さまと過保護な守護代たちが不可思議な事件を解決していく和風ファンタジー第2弾。
前巻よりもさらに千鳥の秘められた内心に迫っていき、その結末に感動しました。前巻といい今巻といい、本当に切なくて優しい良い作品だと思います。

☆あらすじ☆
自分を支える〈守護代〉の面々と、関東の土地神〈守護〉としての道を歩みはじめた千鳥。最近の楽しみは新米守護代・帯刀の成長を見守ること! そこへ、京都で幼い子供が消える“神隠し事件”が起きているとの報せが。見た目から「京都立ち入り禁止」を言い渡された千鳥は、柏を代役にして神さま会議も欠席に。衝撃を受けながらも、代わりに「あちらの世界」のカラスが多数出没しているという浅草に出向くが――そこでも“神隠し”が発生して……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神さまになりまして、ワガママを叶えました。/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士13 再起の大地

『おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地』(石田リンネ著/ビーズログ文庫)★★★★☆

おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 再起の大地 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
ウルク帝国編の後編。
今回も安定の面白さでした。
しかし何だか色々と次回以降への布石が見られて、事件は終わったのに落ち着くどころかソワソワと・・・・・・w

☆あらすじ☆
病に侵された人々と、国を救え――。最強女王伝説第13弾!
砂漠の女神が告げた『沼地の魔物』とは――。意味が分からぬまま都に戻ろうとした未来の女王レティ―ツィアを、ウルク帝国第一皇子カリムの兵が阻止してきた! 何かが起きたと察したレティは彼を問い詰め――兄が死亡率の高い流行病に侵されたことを知る。怒りが湧くものの、国を憂うカリムの言葉で協力を決めたレティだが、そこへあの軍師ゼノンが近付いてきて……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士13 再起の大地

神さまになりまして、ヒトの名前を捨てました。

『神さまになりまして、ヒトの名前を捨てました。』(石田リンネ著/ビーズログ文庫アリス)★★★★☆

神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)
神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2015年11月刊。
「おこぼれ姫と円卓の騎士」シリーズの石田リンネさんの新作。
土地神である「守護」になったばかりの新米神さまと、彼の手足として働く「守護代」たち。
そんな彼らが土地を守り亡霊と戦うという内容の和風ファンタジーなのですが、予想外に感動的な物語でした。
「400年守護代として仕えてきて、最近代替わりで守護になった」という主人公の背景の意味。
そこに隠された想いを知れば、わがままな彼のことを苦笑しながらも愛しく思ってしまう。そんなお話でした。
設定とストーリーがうまく調和した良い作品でした。ぜひシリーズ化をお願いします!

☆あらすじ☆
「ご隠居と呼べ!」。気楽な神さま生活、始まり始まり……の、はずが!?
現代日本。関東の『土地神』である千鳥(←四百歳越え)は、神さま歴一カ月半! 忙しい人間生活をようやく引退した千鳥は「ご隠居と呼べ」と皆に要求しつつも、やっぱりなにか仕事ない……? とそわそわする毎日。ある日、頼りになる右腕の柏、現代っ子の帯刀と共に、月に一度の神さま会議に出向くが……先輩神さま方から「平氏の亡霊が蘇った」と厄介な仕事を押しつけられて!? 土地の記憶に眠る『伝説の武器』を手に、彼らの戦いが始まる――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神さまになりまして、ヒトの名前を捨てました。

おこぼれ姫と円卓の騎士12 女神の警告

『おこぼれ姫と円卓の騎士 女神の警告』(石田リンネ著/ビーズログ文庫)★★★★☆

おこぼれ姫と円卓の騎士 女神の警告 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 女神の警告 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
おこぼれ姫と円卓の騎士11 臣下の役目 | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
砂漠の大国ウルク帝国編スタート!
弱冠ファンタジー度が増しているのは舞台設定のせいでしょうか。砂漠の中でも格好いいレティが素敵。でも今回はいつもよりだいぶ可愛げが・・・・・・(幻覚かな
新章の序章という感じで本題はこの先にありそうですが、とても面白かったです(*゚▽゚)

☆あらすじ☆
兄が行方不明――!? 最強王女が向かう先は“古の力”が残る砂漠の国!
フリートヘルムが、ウルク帝国の砂漠で消息不明――。知らせを受けた未来の女王レティーツィアは、兄の行方を探しに“砂漠の女神”神話が残る南の大国へ。ところが道中【奇妙な砂嵐】に遭い、騎士達と離れ離れに!――「この国は、何かがおかしい」違和感を抱きつつも、どうにか帝都に到着したレティは、ウルク帝国の皇子に助力を求めるが……!? 最強女王伝説第12弾!

以下、ネタバレありの感想です。
続きを読む おこぼれ姫と円卓の騎士12 女神の警告