「短編集」タグアーカイブ

川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(2) /川上稔


川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(2) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
2020年9月刊。
電子書籍限定の川上稔先生のラブコメ短編集第2巻(1巻と同時発売)

1巻が最高すぎて短編1本読むごとに撃ち抜かれて召されていたのですが、なんとびっくり2巻の方が面白いという!!

短編1本1本が年間ベスト級に好きなのに、それが×10
やばいです。こんなのってないよ。どうしたらいいか分からない。
ここに収められた全ての恋が尊すぎて死ねる。全ての恋が美しくて可愛くて甘酸っぱくて素晴らしい。

まだ9月なのに2020年の新作ラブコメ私的ナンバーワンが決まったような気がします。
全人類、パワコメを読んでくれ・・・・・・頼む・・・・・・
だって私は3巻以降も続いてほしいのです。たくさん摂取したいんだ・・・!

☆あらすじ☆
WEB限定!! 『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る珠玉のラブコメ短編集!
・『幸せの基準』
「意地汚い豚です私……!」弁当を、つまらなく食うヤツがいるんだなあ、と、そう思った。そんな“ウマメシ”少女と“マズメシ”少年の弁当交換会。
・『星祭りの夜』
「女のプライド一本勝負です」彼は気付いていない。いやホント、困っちゃうくらい気付いてなくて困る。想い人に別の女性との恋愛相談をされてしまった家業が神社の私。得意の占いで彼の恋愛成就を手助けしようとするが……?
・『鍵の行き先』
「……うわあ生々しい……」本を読んでいる間は、他を気にしなくていい。自分のことも気にせず、心に鍵を掛ける。そんな少年“俺”は、入部した文芸部で、風変わりな先輩に出会うが、彼女もまた心に鍵を掛けていた。
・『自由の置き場』
「弟! 今、エロ本落ちてた!」自由ってあるじゃん。まあノーパン未満の自由ってのに、不意に気づいたんだ。元秀才女子と才覚男子の勉強攻略。
・書き下ろし短編『再会の夜』
「お前はモブの自覚あんの?」夜の町で会ったら告白しようと決めた。何の話だっけ。ああ、ゴリラ女子の私と、オスの人類のちょっと恥ずかしい昔話をしようか。
川上稔が贈る、最高にハッピーでキュンとくる珠玉のラブコメ短編集、第二弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(2) /川上稔

川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(1) /川上稔


川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(1) (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2020年9月刊。
実は初めての川上稔作品です。
いつか読んでみたいと思いつつ鈍器に怯んでました。でも新作は短編集ということで挑戦してみたんですが・・・・・・

もうさぁ、大変だよこれは!!

最高すぎた。
短編の1本1本が最高にキマるので、毎話読むたびに長いクールタイムで息を整える必要がありました。
煽り文の「珠玉」という言葉にこれほど同意することって中々ないと思うんだ。

てかこれ電子書籍限定の本なの、勿体なさすぎない??
これを電子書籍派だけで独占するのは惜しいというか、こういうの大好きなラブコメ民の一部に届かない可能性があるってだけでも気が気じゃなくなるんだけど!
電子書籍オンリーの実験的な取り組みらしいので、紙派も電子書籍導入して読んで頼む・・・!

まじで全ハピエンラブコメ好きは読もう???動揺するくらい最高だったよ????

☆あらすじ☆
WEB限定!! 『境界線上のホライゾン』の川上稔が贈る珠玉のラブコメ短編集!
・『恋知る人々』
「ホント、バッドステータス」私は人の心が読めると、そう自惚れた事はないだろうか。人の心が読める。そんな私に訪れた一つの変化――好き? 色恋? 私が? 無口系少女の不器用な初恋の物語。
・『素敵の距離÷2』
「マー頑張って下さいよ少年」恋愛成就の「告白の木」が三本もある町。その一本をお気に入りスポットにしている私と、ある日、対岸の丘にあるもう一本の木の下に現れた黒のジャージ少年。300メートルの、安全な、卑怯な思い。
・『地獄の片隅で笑う』
「笑ってよ。そうして欲しいんだ」地獄広場って、知ってる? 開かずの踏切とその周辺の喫茶店に集まる作家と編集者たちの奇妙な恋愛物語。
・『嘘で叶える約束』
「こんにちは、虫です」よう、幽霊です。まあこの学校の学生みたいなことやってんだけどね、俺。そんなある日。俺のことが“見える”後輩が現れて……?
・『未来の正直』
「巨乳、解りやすいよな」漫画家を目指していた少女の初めての挫折と、解決する感情。美術部の彼に「通じないと」そう言われたときから全てが始まる。
川上稔が贈る、最高にハッピーでグラッとくる珠玉のラブコメ短編集、第一弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 川上稔短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(1) /川上稔