「睦月ムンク」タグアーカイブ

自然の中に生きる草原の民の日常を描く遊牧ファンタジー『遊牧少女を花嫁に』/江本マシメサ

遊牧少女を花嫁に (PASH! ブックス)
遊牧少女を花嫁に (PASH! ブックス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
江本マシメサ作品といえば、厳しい北国での新婚生活をあたたかく描いた『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』(宝島社)が私の大のお気に入り。
見知らぬ異国のお話なのに、どこか人の営みの原風景を感じてノスタルジーに浸れる良い作品なのです。
現代社会に生きる私からすれば厳しく感じる日々の生活を、手を取り合って仲良く過ごす新婚夫婦の姿に心がときめくところも好き。あれは名作なので是非たくさんの人に知られてほしい。ちなみにコミカライズが最近発売したばかりです。

 

そして本作は、そんな『北欧貴族』を描いた江本さんの本領発揮を感じる新作異国婚姻譚。
トルコの文化と遊牧民の暮らしをモチーフとした遊牧ファンタジーです。
『北欧貴族』と舞台は異なるのだけど、こちらもノスタルジックな心境を気持ちよく感じながら異国情緒を堪能できる良い作品でした。
遊牧民の文化や風習が丁寧に描かれており、優しくて温かい人々に癒やされながら自然と物語に没入できました。
「精霊から与えられる加護」というファンタジー設定がまた程よい味付け。
不遇な羊飼いの少女が調停者の青年と出会い、少しずつ「心」を取り戻していく―― というラブストーリーも素敵でした。ふたりの初々しい距離感がたまりません。
たぶんシリーズものですよね? 続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
江本マシメサ 異国恋愛物語・最新作!
“調停者”の青年と羊飼いの少女。新婚夫婦が紡ぐ、甘くて優しい遊牧ファンタジー
風の精霊の加護を受ける“調停者”一族「ユルドゥス」の青年・リュザールは、都からの帰路、羊飼いの少女・アユと出会う。ワケありな彼女を見かね、一族の遊牧地に連れ帰ると、なんとそのまま二人は結婚することとなり、思いがけない新婚生活がスタート。
乳製品を作り、絨毯を織り、料理に洗濯…大忙しでも賑やかな遊牧生活。
故郷では虐げられ生きてきたアユは、ユルドゥスの文化に戸惑いながらも、リュザールとの暮らしのなかで、次第に生きる希望を見出していく光を取り戻していく――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 自然の中に生きる草原の民の日常を描く遊牧ファンタジー『遊牧少女を花嫁に』/江本マシメサ

鳥は星形の庭におりる/西東行

鳥は星形の庭におりる (講談社X文庫ホワイトハート)[Kindle版]
鳥は星形の庭におりる (講談社X文庫ホワイトハート)[Kindle版]【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2009年3月刊。
神々が去ったあとの世界に残された鳥の塔と迷宮の謎を巡る、聡明な少女と名もなき吟遊詩人の冒険譚。
奥行きのある世界観がとても素敵。主人公の気高さも読んでいて気持ちの良いものでした。
そしてラストの切なさと透明感には胸を打たれます。幸せな余韻に浸れる素晴らしいファンタジーでした。

☆あらすじ☆
双都オパリオンの貴族の娘プルーデンスは、ちょっぴりおませな13歳。亡くなった祖母を弔うため、家族とともにアラニビカ島に向かうが、遺品から護符が見つかって――。島の迷宮の謎をめぐり、プルーデンスは大人たちの陰謀に巻き込まれていくことに。味方となるのは、蒼い衣をまとった名無しの吟遊詩人。容易く女たちを魅了する彼の正体は――。壮大な迷宮ファンタジー、堂々のデビュー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鳥は星形の庭におりる/西東行