「真面目ヒーロー」タグアーカイブ

矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位


矛盾が神を殺すまで 1~その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く~ (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
最強の矛と最強の盾を対決させたらどうなるのか?から始まるファンタジー。

敵同士の家に生まれた恋人というロミジュリっぽい設定のカップルですが、悲恋系ではなく仲良しの幼馴染カップルでした(もう少しロミジュリ設定を生かしても良かったんじゃないかとは思う)
まったく正反対の性格で、その凸凹がかっちりハマってる感じの二人組です。とても可愛かった。

内容的には序章すぎて評価に迷うところ。続きを読ませてほしいな〜

☆あらすじ☆
『絶対貫通の矛』と『絶対防御の盾』。王国に伝わる矛盾する二つの至宝が、何の因果か同じ時代に揃う。それぞれの継承者、矛の騎士ミシェルと盾の騎士ザック。恋人同士であることを隠している二人に、突如「矛盾の結末を明らかにせよ」という決闘の王命が下る。ミシェルとザックはどちらの『絶対』が上かを証明するため激突することになり―― その対決の結果は……あまりにも予想外のものだった!!
世界の裏側を知ったザックとミシェル、二人の運命が動き出す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 矛盾が神を殺すまで1 その矛は世界を穿ち、その盾は神々を砕く /橘九位

薬師の受難は、だいたい自分のせい /さばみそに


薬師の受難は、だいたい自分のせい (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
うっかり惚れ薬を作った薬師と、うっかり惚れ薬を飲んだ騎士が織りなすお仕事ラブコメ。
悪くはないと思いつつ、私とは微妙に波長が合わない部分もある作品でした。特に前半。
何かがダメと言うより、ひとつひとつの要素が私の好みと少しずつズレていく感じかなぁ。
でも後半は面白かったです。お仕事もラブコメも後半に入ってからは楽しく読めました(惚れ薬ラブコメなのは前半だけども)

☆あらすじ☆
ある日、騎士団一の堅物なスタッグ隊長の甘い言葉を聞いた薬師のアルカは、途方に暮れることに。それは自分がうっかり作ってしまった惚れ薬を、彼が誤って飲んだせいだと分かったからだ。しかも、惚れ薬には解毒剤がないばかりか、とんでもない効果があり――。隊長が私に甘く囁いたり、私のそばから離れられなくなったのは、私のせいです。でも、そのせいで四六時中一緒に過ごすことになるなんて!?
うかつな薬師と、不器用で恋に鈍感な堅物隊長のお仕事ラブファンタジーが、書き下ろし中編を収録して書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬師の受難は、だいたい自分のせい /さばみそに

どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。2 /六つ花えいこ


どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。 : 2 (Mノベルスf)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年3月刊。
ときめきシーン大量放出!な第2巻。
めちゃめちゃ良かった〜〜
なんかもう多幸感に浸ってます。すごく笑ったから心地よい疲労感もある。
魔女と騎士の恋物語、最後までとても面白かったです。

☆あらすじ☆
片思い相手だった王宮騎士のハリージュに、惚れ薬を依頼されたことで、彼と心を通わせることができた魔女ロゼ。それだけでも嬉しいのに、ハリージュの婚約者として彼と一緒に住むことに!?
毎日会うハリージュにときめきの止まらないロゼだが、そんな彼女の元に、『魔女の弟子になりたい』という少女がやってきて…?
引きこもりだった魔女と、真面目で上から目線な騎士の、惚れ薬から始まった恋のおはなし。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。2 /六つ花えいこ

魔神少女と孤独の騎士1 /三月ふゆ


魔神少女と孤独の騎士 1 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
やや人には勧めにくいけど(独特な雰囲気なので)、私はとても好きな系統の作品でした。

内気で自罰的で吃音気味のいじめられっ子。
何かあればすぐ謝り、他者と上手くコミュニケーションを取れない自分に嫌悪して、更に内へ内へと逃げていく。
そういう女の子が、残酷な異世界に突き落とされ、望まぬ力を手に入れて波乱の運命を歩みだす物語です。

まさにダークファンタジーという感じで、主人公のキャラクターも合わさり、物語は常にどんよりと暗く重い空気をまとっています。

けれど、そこで主人公は少しずつ変わっていくのです。
3歩進んで2歩下がるように、繰り返されていく成長と後退。
自分がどんな存在になったのかも知らないまま、主人公は異世界の迷宮を進むことになります。
彼女が罪を犯して眷属とした、哀れな騎士と共に。

異世界と現実世界の交錯や、迷宮を巡る各国の思惑、そして人を惑わす「魔」の恐怖。
今まさに動乱が起こりつつある異世界で、少女の運命はどこへ転がっていくのか。

まだまだ謎の多い物語です。続きも楽しみ。

☆あらすじ☆
内気な女子中学生が、亡国の騎士を従えて魔の王になる。現実と異世界が交差する、残酷で美しい珠玉の異世界冒険譚。
気が弱く、クラスで孤立している女子中学生・篠原七子。
ある日、七子は同級生の活発な少女・瑞樹優花 に、秘密にしていたノートを貸してほしいと頼まれる。
そのノートが翌日クラスで回し読みされていることを知り、ショックで図書館へと逃げ込むが、そこで不思議な本と出会う。
「この世界から逃げ出したいなら、お手伝いしてあげる——」
七子は本に取り込まれ、気がつくと異世界にいた。
恐怖に震えながら森を彷徨っていると、血まみれの騎士に会い、「眷属」へと変えていく。
内気な少女・七子と、無口な孤独の騎士・エリアス。
歪な主従関係の二人は、「魔の森」を歩きだすのだが……。
これは一人の少女が残酷世界を生きていく物語である。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔神少女と孤独の騎士1 /三月ふゆ

マリエル・クララックの求愛 /桃春花


マリエル・クララックの求愛【特典SS付】 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻までの感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
萌えを追求し暴走癖のある覆面作家と、その変な生態にうっかり惚れてしまった騎士のラブコメ第6弾。
今回は、ついにあの不憫属性王子様のターン!
マリエルの親友の腐女子を相手に、懸命に自分を売り込んだシーンにめちゃくちゃ笑いました。それでいいのか王子様!
マリエルとジュリエンヌの自然体な友情もよかった。交わす言葉のひとつひとつに絆を感じるふたりでした。

☆あらすじ☆
地味と平凡が売りのマリエルの旦那様は、名門伯爵家嫡男にして近衛騎士団副団長シメオン。本宅で甘い新婚生活をはじめた矢先、王太子の求婚騒動が勃発。マリエルまで王宮へ召し出され、王妃の侍女をすることに。身分違いの恋を応援していたはずだったのに、気付けば暗殺事件にまで巻き込まれ――!?
旦那様とその周りに萌える娘の物語第六弾、オール書き下ろしで登場。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マリエル・クララックの求愛 /桃春花

どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。1 /六つ花えいこ


どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。(1) (女性向けMノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2019年10月刊。
決して届かない人に恋をした魔女が、何の因果か彼と関わるようになり、一人でジタバタドタバタと転げまわるラブコメディ。
この恋する魔女があまりにも可愛くて可愛くて可愛くて、もう、どうしてくれようか!!

行き場のない恋心を持て余しすぎて常時パニック状態の魔女。
そんな魔女の気も知らず、せっせと餌付けしては更に惚れ込ませていく騎士。

底なし沼のような片思いに沈んでいく魔女の懊悩が、切なくもキュートに描かれるお話です。
いっぱい笑って、死ぬほどときめきました。恋する魔女の心情描写が最高すぎる・・・!
本当に面白かったです。ナンバリングしてあるけど1冊で綺麗に終わっています。でも続きも楽しみ。

☆あらすじ☆
ひっそりと暮らす魔女ロゼは、秘かに片思いをしていた王宮騎士に惚れ薬を依頼され、失恋した。
せめて少しでも長く一緒にいたいと、彼に様々な材料の調達を頼むロゼ。ところが憧れの騎士様は、毎日関係のない食べ物を運んでくるようになり…?
引きこもり魔女と、真面目で上から目線な騎士の、惚れ薬から始まる恋のおはなし。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む どうも、好きな人に惚れ薬を依頼された魔女です。1 /六つ花えいこ

らすぼす魔女は堅物従者と戯れる1 /緑名紺


らすぼす魔女は堅物従者と戯れる 1 (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年4月刊。
どこまでも不憫な男をドロドロに甘やかして依存させたい魔女と、そんな魔女の誘惑を必死に抗いつつ心が揺れる従者の関係を描いたラブコメディ。
悪役令嬢転生+婚約破棄モノなのだけど、不憫で健気な当て馬キャラを好きになりがちな人にオススメ。
私はそのタイプなので、当て馬純情男を妖艶にタラシ込む魔女のやり口がすごく楽しかったです。とてもイイ性癖をお持ちだ。捻じ曲がってる。

☆あらすじ☆
アニメの“らすぼす”に転生してしまった魔女のソニア。彼女は自分が悪しき魔女として討たれる未来を知っていた。そんな物語からの離脱を望んだソニアは、破滅へのきっかけである王子との婚約破棄を受け入れることに。その代償として前世でお気に入りだった騎士・ヴィルを従者として手に入れることに成功した。本来刺し違える役目を背負っていたヴィルと故郷で平穏に暮らすことを望むソニアだけれど、ヴィルは彼女を悪い魔女だと決めつけ反発ばかりで…!? 奇妙な運命に抗う“らすぼす魔女”の快進撃がスタート!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む らすぼす魔女は堅物従者と戯れる1 /緑名紺

わたしの知らない、先輩の100コのこと1 /兎谷あおい


わたしの知らない、先輩の100コのこと1 (MF文庫J)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年8月刊。
真面目な先輩と小悪魔な後輩の一問一答な日々を描く青春ラブコメディ。
二人のなにげない日々の積み重ねが描かれていくのだけど、1冊の小説としては盛り上がりに欠けるかな。
ただ、質問を交わして互いを少しずつ知っていく、その「過程」を楽しむ二人のイチャイチャは可愛くて良かったと思います。

☆あらすじ☆
わたし、せんぱいのこと知りたいです。1日1問ずつ――教えてくれますか?
“最寄り駅が同じ”以外接点がなく、毎朝顔を合わせるだけだった先輩と後輩。そんな二人がある日、約束を交わしました。その内容は『1日1問だけ、どんな質問にも絶対正直に答える』というもの。
「わたしはせんぱいのことが知りたいですし、せんぱいも知らないことを知るのが好き。だからお互い、1日1問ずつ──100コの質問をできることにしましょう」
これは、1日1問ずつお互いの距離を縮めていく、二人のお話――早く付き合っちゃえよ!と思わず言いたくなる、Web発のイチャイチャ青春ラブコメ、待望の書籍化でお届けしちゃいます!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む わたしの知らない、先輩の100コのこと1 /兎谷あおい

『マリエル・クララックの婚約』シリーズ(1巻〜5巻+コミカライズ1巻) /桃春花


マリエル・クララックの婚約 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
萌えに生きる覆面小説家の貴族令嬢と、腹黒参謀系鬼畜メガネ(見た目)な騎士団副長の婚約から始まる恋を描いたラブコメディ。
欲望に忠実で暴走を繰り返すヒロインに笑い、彼女に振り回され毒される真面目なヒーローに笑い、なんかズレてるんだけど仲良しな二人の恋に笑える楽しい作品でした。
Wメガネという見た目だけなら優等生な組み合わせ。それなのに、なぜこうも問題児なカップルとなってしまったのか(マリエルのせい)
女の趣味がアレだったために、一身に苦労を背負うことになったヒーローの受難が最高でした。

☆あらすじ☆
地味で目立たない子爵家令嬢マリエルに持ち込まれた縁談の相手は、令嬢たちの憧れの的である近衛騎士団副団長のシメオンだった!?
伯爵家嫡男で出世株の筆頭、文武両道の完璧美青年が、なぜ平凡令嬢の婚約者に?
ねたみと嘲笑を浴びつつも、マリエルは幸せです。だって彼は私の大好物、見た目穏やかな腹黒系眼鏡美青年なのだから!
婚約者とその周りにひそかに萌える令嬢の物語。WEB掲載作を加筆修正&書き下ろしを加え書籍化!!

以下、1巻から5巻までのネタバレありの感想です。

 

続きを読む 『マリエル・クララックの婚約』シリーズ(1巻〜5巻+コミカライズ1巻) /桃春花

金の女領主と銀の騎士 /伊簑木サイ

金の女領主と銀の騎士 (アイリスNEO)
金の女領主と銀の騎士 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年2月刊。
男性主人公の女性向けラノベでここまで甘いやつって珍しい・・・!
そんなド級に甘い主従ラブロマンスでした。
密かに想いを寄せる女主人のため、身も心も尽くす覚悟で傍にいる元騎士の執事。
しかし超鈍感×クソ真面目×朴念仁の彼は、自分に向けらた彼女の言動の意味に全く気づかないのです。
知らぬは本人ばかりなり・・・・・・いやいや、なんで!そこまでされてるのに!気づかない!?!?
すれ違う主従の想いが切なくて可愛くて甘ったるくて最高でした。とても楽しかったです。

☆あらすじ☆
幽霊城と噂される陰気な城に住むライエルバッハ家の女当主・サリーナ。領地経営に追われる彼女のたった一つの道楽は、恋愛小説家を育てること!
そんなサリーナに仕えるのは、処刑寸前だったところを彼女の父親に救われた、元騎士の執事 (バトラー)・エディアルド。現実的なようでいて、夢見る乙女な一面を持つ女領主と、朴念仁な執事との誤解とすれ違いの恋の行方はーー?
WEB掲載の人気作に書き下ろしを加え書籍化!! ※電子版はショートストーリー付。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 金の女領主と銀の騎士 /伊簑木サイ