「真面目ヒロイン」タグアーカイブ

元・傾国の美女とフラグクラッシャー王太子 転生しても処刑エンドが回避できません!? /瑠美るみ子


元・傾国の美女とフラグクラッシャー王太子 転生しても処刑エンドが回避できません!? (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年9月刊。
とても可愛いカップルのラブコメでした。赤面しつつ痴話喧嘩する姿が初々しくてニヤニヤしちゃった。
破天荒なヒーローと、彼の手綱とりを任された真面目なヒロインの関係、良いです。好きです。
でも前世絡みのあれこれが中途半端なところで終わっているので、うーん、これは続刊前提かな?
続きが出るなら読みたいです。

☆あらすじ☆
WEB発! 超人王太子と超ツッコミスキル持ち公爵令嬢の超純愛コメディ!
傾国の寵姫として処刑された前世の記憶をもつ公爵令嬢・アザレア。今世では権力争いなんてお断り! と思っ ていたのに王太子・ロータスの婚約者に!? 逃れたいけれどこんなトンデモ王太子、放っておけません! 巻末には、アザレアとロータスのほのぼの書き下ろしエピソード「二人の日常」を特別収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 元・傾国の美女とフラグクラッシャー王太子 転生しても処刑エンドが回避できません!? /瑠美るみ子

薬師の受難は、だいたい自分のせい /さばみそに


薬師の受難は、だいたい自分のせい (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
うっかり惚れ薬を作った薬師と、うっかり惚れ薬を飲んだ騎士が織りなすお仕事ラブコメ。
悪くはないと思いつつ、私とは微妙に波長が合わない部分もある作品でした。特に前半。
何かがダメと言うより、ひとつひとつの要素が私の好みと少しずつズレていく感じかなぁ。
でも後半は面白かったです。お仕事もラブコメも後半に入ってからは楽しく読めました(惚れ薬ラブコメなのは前半だけども)

☆あらすじ☆
ある日、騎士団一の堅物なスタッグ隊長の甘い言葉を聞いた薬師のアルカは、途方に暮れることに。それは自分がうっかり作ってしまった惚れ薬を、彼が誤って飲んだせいだと分かったからだ。しかも、惚れ薬には解毒剤がないばかりか、とんでもない効果があり――。隊長が私に甘く囁いたり、私のそばから離れられなくなったのは、私のせいです。でも、そのせいで四六時中一緒に過ごすことになるなんて!?
うかつな薬師と、不器用で恋に鈍感な堅物隊長のお仕事ラブファンタジーが、書き下ろし中編を収録して書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬師の受難は、だいたい自分のせい /さばみそに

わるいこと、ぜんぶ。 /榊あおい


わるいこと、ぜんぶ。 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年12月刊。
エブリスタ小説大賞2018別冊フレンド原作賞受賞作。
漫画原作用の作品で、漫画版の1巻も読みました。
秘密の恋をしている生徒会長と、彼女の秘密をしったチャラい後輩の青春恋愛もの。
インモラルな序盤にドキドキしながら読んだのだけど、読んでみたら真っ当な高校生のラブストーリーでした。
少し拍子抜けしたけれど、「悪い子ですね」という決め台詞と、それが意味する想いは良かったです。

☆あらすじ☆
ドキドキ必至! 腹黒後輩イケメンとの、ヒミツの契約ラブ!
「会長、悪い子ですね」
生徒会長の雛子にはヒミツがある。ある日、生徒会の後輩・知花に知られてしまった雛子は、彼とある契約をすることになり!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む わるいこと、ぜんぶ。 /榊あおい

恋と悪魔と黙示録10 降り積もる恋のための寓話集/糸森環

恋と悪魔と黙示録10(仮) (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録10(仮) (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年4月刊。
過酷な運命を背負った少女と乙女な悪魔の冒険と恋を描いたラブファンタジー。その後日談を含めた短編集です。
これで本当に終わりなんですね。ああ、終わってしまった・・・!
後日談以外にも、本編の前日譚、幕間の掌編、そして「起こり得たかもしれない結末」を描いた闇落ちIFルートなど、驚くほど沢山のエピソードが詰め込まれた豪華仕様の1冊でした。すごい満足感。楽しかったです!

☆あらすじ☆
神魔を使役し《名もなき悪魔》の名を書に記す朔使(さくし)。人と獣の姿を持つ美しき神魔アガルと契約したレジナは、彼と恋に落ち共に生きていくことに。平和な地で悪魔の力によって起こった事件、魔となることが決められている少年の物語、優しい天使とのひととき……欠片たちが集まり、旧き物語と新しき物語が描き出されていく――。一途な魔物と乙女が織りなす、大人気悪魔召喚ラブ★ サイドストーリーと本編のその後を描いた物語集登場!!

以下、ネタバレありの感想です

続きを読む 恋と悪魔と黙示録10 降り積もる恋のための寓話集/糸森環

恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁

『恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁』(糸森環著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)
恋と悪魔と黙示録 契約の獣と身代わりの花嫁 (一迅社文庫アイリス)

「花神遊戯伝」(角川ビーンズ文庫)と同じ著者の作品です。
花神のほうもけっこう好きなので、読もう読もうと思っていたシリーズ。
読んでみたら、赤面乙女系ヒーローにやられました。なにこの生きもの、可愛すぎます。
主人公であるレジナも自分の目的をしっかり持った強い女の子なので、とても好感がもてます。アガルを言い負かしたりするしね。
文体自体も、花神と違って三人称視点だからか、読みやすい。花神より好きかもしれません。
2014年2月現在、3巻まで刊行されていますが、この1冊だけでも完結しています。気になっている方にはぜひ読んで欲しい作品でした。

☆あらすじ☆
「あなたは特別。契約して差し上げる」。悪魔の名を記した書を複製する森玄使であるレジナ。ある日、彼女は教会内で美しい獣型の高位の魔物を召喚してしまう。慌てて自室に獣を匿うけれど、聖祭の“神の花嫁”候補が悪魔に襲われる事件が発生!レジナは囮役として花嫁の身代わりをすることに―。そんな中、彼女の危機に美青年に姿を変えた獣が契約を迫ってきて…!?一途な魔物と乙女が織りなす、悪魔召喚ラブファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 恋と悪魔と黙示録1 契約の獣と身代わりの花嫁