「異世界召喚」タグアーカイブ

魔神少女と孤独の騎士3 /三月ふゆ


魔神少女と孤独の騎士 3【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年5月刊。
ボロボロに泣いてしまいました。
これは、過酷な運命に立ち向かった家族の愛を描いた物語でした。
暗い迷路を彷徨うようなお話だったけれど、それだけに、ラストシーンは感慨もひとしお。
とても良かった・・・・・・が、最後の一文で大混乱!えっ、続くんですか!?

☆あらすじ☆
こんなラノベが読みたかった! 絶賛相次ぐ骨太ファンタジー。本格志向におすすめ。読後満足値急上昇中!
無力化され、ゲテナ統一帝国に捕らえられた七子はうつろな意識のまま暗黒の海に導かれたが、そこで、かつて起きた――これから起こる「記憶」を覗き込んでしまう。
衝撃を受ける七子だが、ファースト階層から送り込まれた子だぬきに励まされ、全ての真実を知るための一歩を踏み出す。一方、七子が死亡したことになっている現実世界でも滝彦や礼津から、自身の運命について衝撃的な話を聞かされる。
そこである《答え》を得た七子は、世界の崩壊を止め、未来を変える決意を胸に立ち向かうのだが――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔神少女と孤独の騎士3 /三月ふゆ

【WEB小説感想】she&sea /ia(糸森環)

糸森環先生のサイト「27:09の地図」(http://ash-map767.riric.jp/index.htm)にある小説をいい加減読むぞ!第2弾!!

第1弾は『Fーエフー』でした。感想はこちら。

続く第2弾は『she&sea』(サイト版はここ→http://ash-map767.riric.jp/sheandsea-TOP.htm)。
こちらもFと同じく書籍化されており、書籍版は読んでいます。その時の感想はこちら。

she&sea、私が読んだ糸森環作品の中ではダントツで鞭打ち展開がきついんですよ。私的に。
異世界で海賊に拾われた少女がたどる運命が残酷すぎて、読めば読むほど精神が摩耗していく。
しかし読むのをやめることはできない、魔性の魅力がある作品だと思うんです。うう、なぜ4巻以降が出ないのか・・・・・・

もう一度あの荒海に飛び込むのは勇気がいったけれど、サイト版の続きもすごかった。
めっちゃ面白かったです。でも更新分を全部読み終わって悲鳴あげちゃったよ!

というわけで以下はWEB版の感想、ネタバレありです。

 

続きを読む 【WEB小説感想】she&sea /ia(糸森環)

【WEB小説感想】 F-エフ- /ia(糸森環)

糸森環先生の新作『かくりよ神獣紀』が良すぎて、糸森環熱が爆発しました。

 

もうダメだ!我慢できぬ!と、なんだかんだ躊躇していた糸森環先生のia名義のオンノベサイト『27:09の地図』にようやく着手。

正直、未完の沼に落ちるのが怖かったんですよね。あとスマホ対応してないオンノベは読みにくいなって。

 

でも腹をくくったのでもう逃げません。
スマホ非対応オンノベはSafariのリーダー表示を使えばヨシと言う知見も得たし(遅い)

 

全部読むつもりですが、まずは『F−エフ−』(http://ash-map767.riric.jp/F-TOP.htm)から。

『F』は角川ビーンズ文庫から書籍化されている作品で、そちらは読んでいます。

しかし1巻が出たのが2014年かぁ。もうそんなに経つの??月日の流れは恐ろしいですね。

 

で、読んできましたよ、サイト版『F』!

ほどよく内容を忘れていたので書籍化された第1部も超楽しかったし、完璧に初読な第2部も最高に面白かったです。

なーーーーーーーーーんでこんなに面白いのに書籍版は打ち切りなんだろ!ふしぎだね!(泣)

そんな感じでWEB版の感想いきます。例によってネタバレありです。

続きを読む 【WEB小説感想】 F-エフ- /ia(糸森環)

魔神少女と孤独の騎士2 /三月ふゆ


魔神少女と孤独の騎士 2 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
面白い!めちゃめちゃ面白い!
内向的でいじめられていた少女の、憂鬱な異世界召喚譚。
この第2巻では、第1巻で仕込まれていた「謎」が大きく動き、徐々に物語の空気が変容してきました。

異世界と現実世界の交錯。過去は未来で未来は過去。
部外者すらも引きずり込み、この世界で一体何が起こっているのか。

ワクワクが止まりません。続きが楽しみ!むしろ今すぐWEB版に飛ぶか!?

☆あらすじ☆
「面白すぎる」「続きが待てない」と大反響! ドキドキが止まらない2ヶ月連続リリース!
黒い本に呑み込まれ、異世界の森へと彷徨いこんだ少女、七子。
七子は自らの「眷属」へと変えた騎士、エリアスとともに、現実世界に帰る手掛かりを探すため、魔の森の「最下層」を目指していた。
七子たちは最下層へ降りる協力を仰ごうと、魔の森で出会ったグレンに連れられ、ティフ神聖国に向かうことになる。
女王アビゲイルと交渉した七子は、大陸会議への参加が決まるが、会議までの滞在中、何の因果か、クラスメイトの瑞樹優花と再会する。
一方、現実世界。
「篠原七子の葬儀」の参列を終えた木島礼津は、その帰り道、突如出現した黒い本に呑み込まれてしまう。
次に礼津が目を覚ますと、そこは過去の世界だった。
――物語は世界と時空を越え、動きだしていく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔神少女と孤独の騎士2 /三月ふゆ

豚のレバーは加熱しろ /逆井卓馬


豚のレバーは加熱しろ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊。
第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作。
公式PVにめちゃめちゃ笑ったので買いました。癖が強い!

豚になったオタクと底抜けに優しい少女の出会いから始まる異世界ファンタジー。
予想外にしんどくて、思った以上に面白い作品でした。

オタクの思考をもつ以外は正真正銘ただの豚。
そんな主人公は一人の少女のために何ができるのか。

終わり方が終わり方だから絶対にシリーズ化してほしい。続きを待ってます!

☆あらすじ☆
転生したら豚だった!美少女にお世話されるなら、こんな冒険も悪くない?
豚のレバーを生で食べて意識を失った、冴えないオタクの俺。異世界に転生したと思ったら、ただの豚になっていた!
豚小屋で転がる俺を助けてくれたのは、人の心を読み取れるという少女ジェス。
ブヒッ! かわいい! 豚の目線なら、スカートの裾からチラリと純白の……。
「あの、心の声が聞こえていますが……」
まずい! 欲望がだだ漏れだ!
「もしお望みでしたら、ちょっとだけなら」
え、ちょっ……!?
まるで獣のような俺の欲望も(ちょっぴり引き気味ながら)受け入れてくれる、純真な少女にお世話される生活。う〜ん、豚でいるのも悪くないな?
これはそんな俺たちのブヒブヒな大冒険……のはずだったんだが、なあジェス、なんでお前、命を狙われているんだ?
さあ魔法もスキルも持たぬブタよ、過酷な運命に囚われた少女を、知恵と機転と嗅覚で救い出せ!
第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作、豚転生ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 豚のレバーは加熱しろ /逆井卓馬

魔神少女と孤独の騎士1 /三月ふゆ


魔神少女と孤独の騎士 1 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
やや人には勧めにくいけど(独特な雰囲気なので)、私はとても好きな系統の作品でした。

内気で自罰的で吃音気味のいじめられっ子。
何かあればすぐ謝り、他者と上手くコミュニケーションを取れない自分に嫌悪して、更に内へ内へと逃げていく。
そういう女の子が、残酷な異世界に突き落とされ、望まぬ力を手に入れて波乱の運命を歩みだす物語です。

まさにダークファンタジーという感じで、主人公のキャラクターも合わさり、物語は常にどんよりと暗く重い空気をまとっています。

けれど、そこで主人公は少しずつ変わっていくのです。
3歩進んで2歩下がるように、繰り返されていく成長と後退。
自分がどんな存在になったのかも知らないまま、主人公は異世界の迷宮を進むことになります。
彼女が罪を犯して眷属とした、哀れな騎士と共に。

異世界と現実世界の交錯や、迷宮を巡る各国の思惑、そして人を惑わす「魔」の恐怖。
今まさに動乱が起こりつつある異世界で、少女の運命はどこへ転がっていくのか。

まだまだ謎の多い物語です。続きも楽しみ。

☆あらすじ☆
内気な女子中学生が、亡国の騎士を従えて魔の王になる。現実と異世界が交差する、残酷で美しい珠玉の異世界冒険譚。
気が弱く、クラスで孤立している女子中学生・篠原七子。
ある日、七子は同級生の活発な少女・瑞樹優花 に、秘密にしていたノートを貸してほしいと頼まれる。
そのノートが翌日クラスで回し読みされていることを知り、ショックで図書館へと逃げ込むが、そこで不思議な本と出会う。
「この世界から逃げ出したいなら、お手伝いしてあげる——」
七子は本に取り込まれ、気がつくと異世界にいた。
恐怖に震えながら森を彷徨っていると、血まみれの騎士に会い、「眷属」へと変えていく。
内気な少女・七子と、無口な孤独の騎士・エリアス。
歪な主従関係の二人は、「魔の森」を歩きだすのだが……。
これは一人の少女が残酷世界を生きていく物語である。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔神少女と孤独の騎士1 /三月ふゆ

マフィアの落胤、異世界ではのんびり生きたいのでファミリーを創る /殻半ひよこ


マフィアの落胤、異世界ではのんびり生きたいのでファミリーを創る (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年2月刊。
マフィアの後継者として生きるはずが、暗殺されかけて異世界へ。
ようやく手にした平穏な日々が壊されたとき、少年は大切なものを踏みにじる「秩序」への反逆を決意するのです。
孤独な少年が薄幸の少女と出会い、彼女を守るために戦いを繰り広げる物語としては、展開がすごく好みだったし、要所要所でケレン味もあって楽しかったです。

ただ、マフィア×異世界召喚の異色ファンタジーを期待して読むと、やや物足りなさを感じるかも。
特にマフィア要素はもっと悪どい部分が見たかったかなぁ。

ちなみに表紙とタイトルでスローライフを想像して買ったんですがスローライフではありません(あらすじを読め、私)

☆あらすじ☆
目には目を歯には歯を、悪しき法には“正しき悪”を——。
伝説的なマフィアの後継として育てられた安納辰己は、跡目争いで暗殺され……たはずが、とある女神によって異世界へ招かれた。瀕死のところを助けてもらった少女シーパとともに、今度こそ平穏な人生をすごせると思ったのも束の間、貴族の圧政によりシーパが神への生贄として連れ去られてしまう。辰己は彼女を守るため、女神からもらった魔眼の力と身に染みた “”マフィアとしてのやりかた “”を解禁する——!! 異世界ゴッドファーザー物語、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む マフィアの落胤、異世界ではのんびり生きたいのでファミリーを創る /殻半ひよこ

さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30 /風見鶏


さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年2月刊。
すごく良かった・・・!
滅びかけた異世界。そこで出会い、共に旅をするようになった少年と少女。
たくさんのものを失って、この先に希望があるのかも分からなくて、それでも生きていくことに意味はあるのか。
二人の旅を通して描かれる、孤独と優しさがとても印象に残る物語でした。
他に何もないからこそ、大切なことが鮮やかに浮かび上がるのかもしれません。
本当に良い旅小説だと思う。とても面白かったです。ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
旅に出よう、君を助手席に乗せて。この滅びかけた異世界で。
滅びかけた異世界に迷い込んだケースケは、ハーフエルフの少女・ニトと出会う。彼女の母親が遺した手帳に描かれた“黄金の海原”を探し、二人は辛うじて生き残った人々たちとの出会いと別れを重ねてゆくのだが——。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む さよなら異世界、またきて明日 旅する絵筆とバックパック30 /風見鶏

異世界迷宮の最深部を目指そう13 /割内タリサ


異世界迷宮の最深部を目指そう 13 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2020年1月刊。
めちゃめちゃ面白かった。シリーズ中、最も笑った巻なのは間違いありません。
ずっとニヤニヤしてたし最後の方はひたすら笑ってました。
マジでなんだこの茶番劇!最高かよ!
そしてライナー!君が私の最推しだ!これからも頑張れツッコミ体質の苦労人!!

☆あらすじ☆
――『再誕』する使命。
ジークを主とする騎士、ライナー・ヘルヴィルシャイン。それが僕の名前だ。
迷宮から一年の時を経て帰還し、再びフーズヤーズの騎士に戻った僕は、ラスティアラの密命を受け、任務に励んでいた。
内容は魔石人間に流れる『ティアラ様の血』の回収。その任務にも目処がつき、あとは『再誕』の儀を待つばかり。
だが、そんな僕の前にティアラを名乗る人物が現れる。
彼女は『ティアラ様の血』を全て僕に受け取って欲しいと言い始め――。
「君に『異世界迷宮』の『最深部』を目指して欲しい」
このフーズヤーズ十一番十字路から、僕は『プロローグ』へと歩み出す。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう13 /割内タリサ

突然ですが、聖女になりました。〜世界を救う聖女は壺姫と呼ばれています〜 /六つ花えいこ


突然ですが、聖女になりました。~世界を救う聖女は壷姫と呼ばれています~ (アリアンローズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年12月刊。
面白かった〜!
助けを求める声に応えた女子高生が、異世界で「聖女」として魔王討伐の旅に出る王道異世界召喚ファンタジー。
王道。王道です。主人公は壺だけど。事前に聞いてはいたけれど、なるほど、これは壺・・・!
あと、この主人公とても好きです。
天真爛漫なお人好し。そしてパワフル。
苦しいことも辛いことも沢山味わうけれど、その度に彼女の芯の強さを感じました。ぶっちゃけ序章で恋に落ちました。私が。

ちなみに本作は『聖女の、妹』と同じ聖女シリーズの3作目(と言っても書籍化は2作目)。
単独でも面白い作品ですが、『妹』を先に読んでいたおかげでニヤニヤできる箇所もあり、とても楽しかったです。

☆あらすじ☆
「我が世界をお救いくださいませ、聖女様」
桜が舞う春のある日、虎屋笑美は異世界の魔法使い・サイードに声をかけられた。
幼い頃から異世界に憧れを持っていた笑美は、ふたつ返事で承諾したけれど、彼女が期待されていたのは、“異世界を救うための聖女”ではなかった!?
「ねえサイードさん、謝ってくれてもいいのよ?」
聞いていないことだらけの異世界を救う旅の中で、壺姫と呼ばれるようになった聖女が贈る、涙と笑顔の異世界トリップストーリーが大幅加筆で登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 突然ですが、聖女になりました。〜世界を救う聖女は壺姫と呼ばれています〜 /六つ花えいこ