「異世界召喚」タグアーカイブ

マルタ・サギーは探偵ですか? 3〜7(完)/野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか?7 マイラブ (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★★
3巻2006年8月刊。4巻2006年12月刊。5巻2007年7月刊。6巻2008年2月刊。7巻2008年8月刊。

富士見ミステリー文庫版『マルタ・サギーは探偵ですか?』、全て読了しました。
最高でした。最ッッッッッ高だった・・・!

鷺井丸太という日本の少年が異世界でマルタ・サギーとなり、『名探偵』となって助手と共に怪盗に立ち向かい、そして一つの街を救うまでの物語。

全ての謎や問題が綺麗に解決される話ではありません。
それでも、運命とカードに振り回された「マルタ・サギーの物語」として、文句のつけようもなく素晴らしい内容でした。

特に4巻以降は、マルタの内面に深く静かに潜り込むような心情描写が秀逸でした。
マルタが積み重ねてきたもの、選んできたもの。そこから生まれる心の機微に軽やかに触れていく。その触れ方の優しさよ・・・・・・

あれだけの感情をストレスなく読者に受け止めさせるのって凄くないか。
ありったけの言葉を尽くさずとも、シンプルな言葉の裏にたくさんの想いが詰まっているのが伝わるんです。
だから読み口は軽いのに読み応えがある。こういう文章とても好きです。

いやぁ、本当に面白かった。この満足感と喪失感。紛うことなき名作の読後感です。
何度でも言いましょう。最高でした!

☆あらすじ☆
いつでも、愛を返して欲しかった。だから、誰かを嫌いになったりしないようにしてた。でも、もう僕はこどもじゃないから知ってる。自分にとって大事な人は、選べる。自分を軽んじない、無視しない、蔑ろにしない、尊敬できる人―好きなひと。そのひとと一緒に、僕は僕を幸せにしていいんだ。そのために、マルタ・サギーは走っていた。暗い山道を、ぼろぼろになりながら。大好きな家族のリッツを助けるために。親しくなった隣人がいるオスタスを、死の都市にしないために。そして…最愛のバーチを守るために。暗躍していたデアスミスが、ついに動き出す。リッツをさらい、『賢者の石』を手にするために、オスタスでの大量虐殺を計画するのだが!?名探偵マルタ・サギー、最大の事件簿は彼の“愛”をかけた物語―。

4巻以降の展開は絶対にネタバレを踏まずに読んだほうがいいです。
そして以下の感想はネタバレを大量に含みます。ご注意ください。

 

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか? 3〜7(完)/野梨原花南

マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス +短編集2 /野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
『マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス』2005年3月刊。
『マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.2』2006年4月刊。

少しずつ読み進めています、マルタ・サギー。
この作品の醸し出す空気、最高すぎません?
異世界の街にひとり、馴染みつつあっても、溶け込むまではいかなくて。
楽しくやってるんだけど、どこか寂しそうでもあって。
なんだか胸がしんみりしつつ、ふわっと包まれるような温かさも存在するんですよ。その感覚がとても心地良いんだ・・・・・・

☆あらすじ☆
大人気ファンタジックミステリー、お待たせの長編第二弾!
舞台は異世界、霧の街・オスタス。スレイリー・ドラゴン誘拐事件で一躍その名をあげたはずのマルタだったが相変わらず貧乏だった。そんな折、オスタス市民に愛される、怪盗ドクトル・バーチが突如消息を絶った……。

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか?2 冬のダンス +短編集2 /野梨原花南

マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南


マルタ・サギーは探偵ですか? (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
『マルタ・サギーは探偵ですか?』2003年12月刊。
『マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s. 』 2004年7月刊。

野梨原花南先生といえば、私にとっては『ちょー美女と野獣』。
愛嬌たっぷりでクセが強いキャラクターと、ほどよい抜け感と優しさのある台詞回しが魅力的で、大好きなシリーズでした。

だから『マルタ・サギーは探偵ですか?』もいつか読みたいとは思っていたんですよね。
でもズルズルと積んでいたので、Twitterでオススメ本を交換する話がなかったら、また後回しにしていたかも。良い機会をもらえました。

でも、でも、もっと早く読んでおけばよかった・・・!

すごく好きです、この設定!
推理はできない『名探偵』が、人間以外にも様々な種族が存在する街で、神出鬼没の怪盗に立ち向かう。
決してミステリーではありません。推理をすっ飛ばして事件を解決するのでロジカルを求めてはいけない。
それでも、独特な語り口が楽しいし、異邦人マルタをはじめとするキャラクター陣の魅力が素晴らしくて。

あとなんだか昔のコバルト文庫っぽいんですよね。個人的に。
初めて読むのに懐かしい気持ちになる。そりゃそうか野梨原花南先生だもの。

ラブコメパートもばっちり好みです。探偵と怪盗の絶妙な距離感が最高!

続きも読んでいきたいと思います。

☆あらすじ☆
彼の名前はマルタ・サギー。本当は少し違うけれど、オスタスに来てからはそう呼ばれている。職業は『名探偵』。けれど推理はしないし、できない。マルタにあるのは“事件を強制的に終結”させる力だけ。彼がその力を行使すると“世界の法則さえ捻じ曲げて事態が解決”してしまうのだ。「だってどんな世界でも働かなきゃ、生きていけないし。僕にできるのは『名探偵』だけだし」完璧な探偵であり、同時にまったく探偵でないマルタ・サギーは、如何にして『名探偵』になったのか? 彼の“秘匿されている”過去が、そして宿命の好敵手、怪盗ドクトル・バーチとの出会いの顛末が、今初めて明らかになる! マルタは、へらりと笑う。「不安なのは、どこでだって一緒だ。だから新しい世界で、僕はどんな僕になろうか考えたのさ」

以下、ネタバレありの感想です。本編1巻と短編集1巻の感想をまとめて書きます。

続きを読む マルタ・サギーは探偵ですか? /野梨原花南

Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時


Babel I 少女は言葉の旅に出る (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年6月刊。
面白かったー!
『Unnamed Memory』と同じ世界、違う時代に迷い込んだ少女の旅を描く異世界トリップファンタジー。

かつて電撃文庫で2巻まで刊行された作品ですが、電撃の新文芸にてリブート。
結局WEB版の続きを読めずにいたので、書籍版で再び読む機会を得られて嬉しかったです。
そしてリブート版は旧版よりも読み応えが大幅にアップ。こちらの方が格段に面白かったです。

元の世界に戻るために旅に出た少女。
彼女を助けながら、彼女から「文字」を学ぶ青年。

少しずつ違和感をにじませていく物語は、どのような全貌をみせてくれるのか。

とても楽しみです。続きは秋!

☆あらすじ☆
WEBで読者を熱狂の渦に巻き込んだ、珠玉の異世界ロードファンタジー
現代日本から突如異世界に迷い込んでしまった女子大生の水瀬雫。剣と魔法が常識の世界の辺境に降り立ってしまい途方に暮れる彼女だったが、魔法文字を研究する風変わりな魔法士の青年・エリクと偶然出会う。
「――お願いします、私を助けてください」
「いいよ。でも代わりに一つお願いがある。
僕に、君の国の文字を教えてくれ」
日本に帰還する術を探すため、魔法大国ファルサスを目指す旅に出る二人。その旅路は、不条理で不可思議な謎に満ちていて。――そうして、運命は回りだした。
これは、言葉にまつわる物語。二人の旅立ちによって胎動をはじめたばかりの、世界の希望と変革の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時

魔王の右腕になったので原作改悪します /木村


魔王の右腕になったので原作改悪します (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年6月刊。
pixiv裏サンデー女子部「異世界転生・転移マンガ原作コンテスト」大賞受賞作品で、先行のコミカライズが面白かったので原作小説も読んでみました。
漫画の世界に落ちた主人公が、やがて死ぬ運命にある魔王を幸せにしようと頑張る物語。
推しへの愛に狂ってる女サイコーです。薄幸体質の魔王様をその愛で包み込んでほしい。
原作もコミカライズも続きが楽しみです!

☆あらすじ☆
異世界転移して、大好きな魔王様をデッドエンドから救い(幸せにし)ます!
社畜OLの刈谷透が見つけた唯一のオアシス――漫画『ラピスラズリ・ワールド』の最推し《魔王》が死んだ。
絶望の中、ビルから落ちていく透。
しかし次に目を覚ますと、そこは魔王城の前だった!?
異世界転移した透はまさかの魔王に保護され、“トール”として仕えることに。
それならやることはひとつ!
「私が絶対魔王さんを幸せにしてみせます!」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔王の右腕になったので原作改悪します /木村

魔神少女と孤独の騎士3 /三月ふゆ


魔神少女と孤独の騎士 3【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年5月刊。
ボロボロに泣いてしまいました。
これは、過酷な運命に立ち向かった家族の愛を描いた物語でした。
暗い迷路を彷徨うようなお話だったけれど、それだけに、ラストシーンは感慨もひとしお。
とても良かった・・・・・・が、最後の一文で大混乱!えっ、続くんですか!?

☆あらすじ☆
こんなラノベが読みたかった! 絶賛相次ぐ骨太ファンタジー。本格志向におすすめ。読後満足値急上昇中!
無力化され、ゲテナ統一帝国に捕らえられた七子はうつろな意識のまま暗黒の海に導かれたが、そこで、かつて起きた――これから起こる「記憶」を覗き込んでしまう。
衝撃を受ける七子だが、ファースト階層から送り込まれた子だぬきに励まされ、全ての真実を知るための一歩を踏み出す。一方、七子が死亡したことになっている現実世界でも滝彦や礼津から、自身の運命について衝撃的な話を聞かされる。
そこである《答え》を得た七子は、世界の崩壊を止め、未来を変える決意を胸に立ち向かうのだが――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔神少女と孤独の騎士3 /三月ふゆ

【WEB小説感想】she&sea /ia(糸森環)

糸森環先生のサイト「27:09の地図」(http://ash-map767.riric.jp/index.htm)にある小説をいい加減読むぞ!第2弾!!

第1弾は『Fーエフー』でした。感想はこちら。

続く第2弾は『she&sea』(サイト版はここ→http://ash-map767.riric.jp/sheandsea-TOP.htm)。
こちらもFと同じく書籍化されており、書籍版は読んでいます。その時の感想はこちら。

she&sea、私が読んだ糸森環作品の中ではダントツで鞭打ち展開がきついんですよ。私的に。
異世界で海賊に拾われた少女がたどる運命が残酷すぎて、読めば読むほど精神が摩耗していく。
しかし読むのをやめることはできない、魔性の魅力がある作品だと思うんです。うう、なぜ4巻以降が出ないのか・・・・・・

もう一度あの荒海に飛び込むのは勇気がいったけれど、サイト版の続きもすごかった。
めっちゃ面白かったです。でも更新分を全部読み終わって悲鳴あげちゃったよ!

というわけで以下はWEB版の感想、ネタバレありです。

 

続きを読む 【WEB小説感想】she&sea /ia(糸森環)

【WEB小説感想】 F-エフ- /ia(糸森環)

糸森環先生の新作『かくりよ神獣紀』が良すぎて、糸森環熱が爆発しました。

 

もうダメだ!我慢できぬ!と、なんだかんだ躊躇していた糸森環先生のia名義のオンノベサイト『27:09の地図』にようやく着手。

正直、未完の沼に落ちるのが怖かったんですよね。あとスマホ対応してないオンノベは読みにくいなって。

 

でも腹をくくったのでもう逃げません。
スマホ非対応オンノベはSafariのリーダー表示を使えばヨシと言う知見も得たし(遅い)

 

全部読むつもりですが、まずは『F−エフ−』(http://ash-map767.riric.jp/F-TOP.htm)から。

『F』は角川ビーンズ文庫から書籍化されている作品で、そちらは読んでいます。

しかし1巻が出たのが2014年かぁ。もうそんなに経つの??月日の流れは恐ろしいですね。

 

で、読んできましたよ、サイト版『F』!

ほどよく内容を忘れていたので書籍化された第1部も超楽しかったし、完璧に初読な第2部も最高に面白かったです。

なーーーーーーーーーんでこんなに面白いのに書籍版は打ち切りなんだろ!ふしぎだね!(泣)

そんな感じでWEB版の感想いきます。例によってネタバレありです。

続きを読む 【WEB小説感想】 F-エフ- /ia(糸森環)

魔神少女と孤独の騎士2 /三月ふゆ


魔神少女と孤独の騎士 2 (ヒーロー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2020年3月刊。
面白い!めちゃめちゃ面白い!
内向的でいじめられていた少女の、憂鬱な異世界召喚譚。
この第2巻では、第1巻で仕込まれていた「謎」が大きく動き、徐々に物語の空気が変容してきました。

異世界と現実世界の交錯。過去は未来で未来は過去。
部外者すらも引きずり込み、この世界で一体何が起こっているのか。

ワクワクが止まりません。続きが楽しみ!むしろ今すぐWEB版に飛ぶか!?

☆あらすじ☆
「面白すぎる」「続きが待てない」と大反響! ドキドキが止まらない2ヶ月連続リリース!
黒い本に呑み込まれ、異世界の森へと彷徨いこんだ少女、七子。
七子は自らの「眷属」へと変えた騎士、エリアスとともに、現実世界に帰る手掛かりを探すため、魔の森の「最下層」を目指していた。
七子たちは最下層へ降りる協力を仰ごうと、魔の森で出会ったグレンに連れられ、ティフ神聖国に向かうことになる。
女王アビゲイルと交渉した七子は、大陸会議への参加が決まるが、会議までの滞在中、何の因果か、クラスメイトの瑞樹優花と再会する。
一方、現実世界。
「篠原七子の葬儀」の参列を終えた木島礼津は、その帰り道、突如出現した黒い本に呑み込まれてしまう。
次に礼津が目を覚ますと、そこは過去の世界だった。
――物語は世界と時空を越え、動きだしていく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 魔神少女と孤独の騎士2 /三月ふゆ

豚のレバーは加熱しろ /逆井卓馬


豚のレバーは加熱しろ (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年3月刊。
第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作。
公式PVにめちゃめちゃ笑ったので買いました。癖が強い!

豚になったオタクと底抜けに優しい少女の出会いから始まる異世界ファンタジー。
予想外にしんどくて、思った以上に面白い作品でした。

オタクの思考をもつ以外は正真正銘ただの豚。
そんな主人公は一人の少女のために何ができるのか。

終わり方が終わり方だから絶対にシリーズ化してほしい。続きを待ってます!

☆あらすじ☆
転生したら豚だった!美少女にお世話されるなら、こんな冒険も悪くない?
豚のレバーを生で食べて意識を失った、冴えないオタクの俺。異世界に転生したと思ったら、ただの豚になっていた!
豚小屋で転がる俺を助けてくれたのは、人の心を読み取れるという少女ジェス。
ブヒッ! かわいい! 豚の目線なら、スカートの裾からチラリと純白の……。
「あの、心の声が聞こえていますが……」
まずい! 欲望がだだ漏れだ!
「もしお望みでしたら、ちょっとだけなら」
え、ちょっ……!?
まるで獣のような俺の欲望も(ちょっぴり引き気味ながら)受け入れてくれる、純真な少女にお世話される生活。う〜ん、豚でいるのも悪くないな?
これはそんな俺たちのブヒブヒな大冒険……のはずだったんだが、なあジェス、なんでお前、命を狙われているんだ?
さあ魔法もスキルも持たぬブタよ、過酷な運命に囚われた少女を、知恵と機転と嗅覚で救い出せ!
第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作、豚転生ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 豚のレバーは加熱しろ /逆井卓馬