「由利子」タグアーカイブ

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様/はるおかりの

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫)
後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年6月刊。
後宮を舞台に、毎回テーマを変えながら謎と愛憎と陰謀が描かれる中華FTシリーズの最新作。
今回は「吉祥文様」を愛する妃嬪と傀儡皇帝の恋の物語です。
皇帝カップルは皇太子時代のものを含めると3組めになるのかな。「後宮で恋をすることの苦しみ」を当事者視点で描かれると本当にきっついですね・・・・・・
読み応えがあって面白かったけれど、ハーレムへの苦手意識を再確認。こればかりは好みの問題だからなぁ。

☆あらすじ☆
冷遇されていた皇子、高垂峰は悲願の玉座にのぼった。しかし実際には太上皇の傀儡で、名ばかり皇帝に甘んじる日々。競って媚びを売る後宮の美女たちにも全く興味を持てずにいた。風変わりな妃嬪・危夕麗を知るまでは。吉祥文様を愛する生き生きとした勝気な瞳に、垂峰はなぜか目を奪われてしまう。哀しき亡霊たちが彷徨う絢爛豪華な宮中で、恋を信じられない二人はやがて互いに惹かれ合い!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様/はるおかりの

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭/はるおかりの

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 (コバルト文庫)
後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2018年2月刊。
中華後宮ミステリー第7弾。
今回は「花」をテーマとする謎解きと、初恋の人に嫁いだ異国人の姫の健気な恋心を描くストーリーでした。
このシリーズは後宮のドロドロ愛憎劇が面白いのだけど、それが強すぎると胸焼けするなっていうのを再確認してしまった・・・・・・

☆あらすじ☆
“聖女の箱庭”を意味する瑠弥麗火宮で園林の花々と共に隔離されて育てられた泥蝉王女、朶薇那。後の名を戻露珠は、凱の軍兵に襲われそうになった折、助けてくれた異国の皇子・高透雅のことを片時も忘れることはなかった…。紆余曲折の末、透雅の妻として迎えた初夜。二人の想いはすれ違って―!?愛を信じることのできない透雅を、露珠は愛する花に想いを託し解きほぐしてゆく―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭/はるおかりの

後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む/はるおかりの

後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む (コバルト文庫)
後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む (コバルト文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年10月刊。
純愛と泥沼と謎解きの中華後宮ミステリー第7弾。
今回は「後宮楽華伝」の13年後、前作であまりにもあんまりな目にあった皇子がヒーローです。
そして中華風にアレンジされた「作家もの」の趣もあり。編集者的なポジションのヒロインと趣味で小説を書いていたヒーローのやり取りが可愛らしくてツボでした。
ちなみに今回のヒーローはツンデレ(強)。まぁ彼の過去を考えれば人間不信になっても仕方ない・・・・・・
純愛の影でエグみが爆発するところも相変わらずでした。今回もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
幼い頃、母が皇族殺しという大罪を犯し、自身も母に斬りつけられたため、心身に深い傷を負った高秀麒は、崇成帝の皇子でありながら“ごくつぶしの六皇子”として日陰を生きてきた。そんな秀麒のもとに、皇太子の花嫁候補・念玉兎が花嫁になりたいと名乗り出てきた。秀麒に一目惚れしたというのが表向きの理由だったが、本当の理由は密かに関わっていた本の刊行の仕事を続けたかったためで!?この上なく本を愛する出版姫×人知れず物語を綴るごくつぶし皇子。中華後宮ミステリー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮刷華伝 ひもとく花嫁は依依恋恋たる謎を梓に鏤む/はるおかりの

後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる/はるおかりの

後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる (コバルト文庫)
後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年6月刊。
皇族たちの恋を描く中華後宮ミステリー第6弾。
今回は恋愛嫌いで武官嫌いの舞姫と、彼女に一目惚れした一途な武人の恋を描いた物語です。
私がこれまでの後宮シリーズで一番好きなのは「後宮錦華伝」のカップルなのですが、それに勝るとも劣らない魅力的な息子夫婦の恋物語でした。ほんと甲乙つけがたい。特に今回のヒーローのウブさがすごくすごく良いものだったので・・・!
ちなみに毎回変わる謎解きのテーマは『音楽』。
舞、童謡、楽器などなど、中華風に雅な音楽の世界がとても素敵でした。

☆あらすじ☆
三年前の春、帝の従弟で武人の高元炯は、紫の衣をひるがえして舞う後宮の宮妓・幽彩媚に一目惚れをした。以来彼女のことが忘れられずにいたが、恋愛に奥手な元炯は心の中で彼女を想うことしかできない。しかし蛮族の制圧で武勇を馳せた元炯は、褒美として皇帝から彩媚を下賜されることになり、二人は結婚することになる。元炯の初恋は実ったかに見えたが、実は彩媚は大の武人嫌いで…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮樂華伝 血染めの花嫁は妙なる謎を奏でる/はるおかりの

後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす/はるおかりの

後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす (コバルト文庫)
後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年3月刊。
後宮純愛&愛憎劇を描くシリーズ第5弾。
今回エグみ半端ない。よく考えたら主人公が後宮入りしたのってなにげに初めてだったんですね(1作めは皇太子時代だから)
恒例のテーマは「科学」ということで理系ヒロインなのだけど、あとがきに書いてあるとおり「宦官」がテーマで良いと思います。むしろ宦官のアレコレしか印象に残ってないレベル。
面白かったけれど、糖分が補充されたそばから枯渇していく・・・・・・萌えをください・・・・・・。

☆あらすじ☆
12人の妃を一度に娶った凱帝国の崇成帝・高遊宵は、すべての花嫁を出自に関係なく同じ位に拝命し、床を一緒にした者から順に位を上げていくと宣言した。そのため、花嫁たちは皇帝の気を惹こうと必死に競い始めるのだが、ただ一人、科学好きの令嬢・緋燕には全くその気が起きない。緋燕が後宮に入ったそもそもの理由、それは「貴重な科学の本が読めること」、そして「復讐」にあって…!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮幻華伝 奇奇怪怪なる花嫁は謎めく機巧を踊らす/はるおかりの

後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す/はるおかりの

後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す (コバルト文庫)
後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
主人公カップルの甘々で可愛い恋愛と、その裏で蠢く後宮のドロ沼愛憎劇を同時に楽しめる(?)連作シリーズ第4弾。
今回は前作「後宮錦華伝」の18年後の物語で、あの哀しい出自の公主が主人公です。
相変わらず面白いのは間違いないのですが、今回はちょっと恋愛パートが好みから外れてたかなぁ。

☆あらすじ☆
凱帝国の三人いる公主のうち、今まで一度も縁談が来たことのない長女・鳳姫を見初めたのは、野蛮な国と名高い鬼淵国の若き王・神狼。周囲が同情を寄せるなか、鳳姫は父王の命令ならば従います、と覚悟を決めていた。というのも、鳳姫は母妃の不実によって生を受けたにもかかわらず、父王の慈悲により真公主として育てられた負い目があったから…。そんな鳳姫が見つけた、真実の愛とは!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す/はるおかりの

後宮錦華伝 予言された花嫁は極彩色の謎をほどく/はるおかりの

後宮錦華伝 予言された花嫁は極彩色の謎をほどく (コバルト文庫 は 6-14)
後宮錦華伝 予言された花嫁は極彩色の謎をほどく (コバルト文庫 は 6-14)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年7月刊。
「後宮詞華伝」「後宮饗華伝」に続くシリーズ第3弾。
前作の10年後の物語です。今回も面白かった!
毎巻、異なるテーマのもとに夫婦が後宮の謎を解き明かしていくシリーズですが、今回は刺繍や機織りが得意な奥様が主人公。色鮮やかで雅やかな謎の数々は、そこに隠されたほの暗い情念にやはり心が惹きつけられます。
そして、本当は両親のために後宮に入りたかった妻と、密かに彼女を慕う形だけの夫のラブロマンスは、今回も変わらずに秀逸でした。

☆あらすじ☆
赤子のときの予言により、後宮入りを期待されて育った翠蝶。ところが皇帝ではなく皇弟・氷希と結婚させられてしまう。彼は右目に傷痕があり、夜をともにした女性にもうつるといわれている。だが結婚して半年、氷希が翠蝶の臥室を訪れることはいまだなくて・・・・・・!? 翠蝶の、とある秘密を知られてしまったことから氷希との距離が縮まっていくのだが——。すれ違う想いが絡まり合う中華後宮恋物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮錦華伝 予言された花嫁は極彩色の謎をほどく/はるおかりの

光の巫女を放つ風/前田珠子・ひずき優

光の巫女を放つ風 (コバルト文庫 ま 2-114)
光の巫女を放つ風 (コバルト文庫 ま 2-114)

評価:★★☆☆☆
2016年5月刊。
前田珠子原案のファンタジー世界を2人の作家が小説化するというちょっと変わった企画もの。
光の巫女を主人公に2人のヒーローが用意されていて、今回は表紙の黒髪青年が正ヒーロー。
ゲーム的にいうとエイシャラムルートになるのかな。6月刊行予定の「光の巫女を抱く夜」では、表紙奥にいる銀髪のハワルアトを選ぶストーリーになるそうです。
前田珠子作品に触れるのは初めてだったのですが、割と面白そうな世界観だと思います。
うーん、でも魅力に感じるほどではなかったかも・・・・・・途中の展開が腑に落ちなかったからかもしれませんが。

☆あらすじ☆
光闇の化身からの恩寵『ミユキ』にあふれた島・トランキザム。島の特別な守り手に選ばれ、神殿で日々を送る少女ヒアルキト。ある青年との出会いが、運命を変える──前田珠子の新作世界を気鋭が小説化!

以下、ネタバレありの感想です。ネガティブ注意。

続きを読む 光の巫女を放つ風/前田珠子・ひずき優

後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜

『後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜(レシピ)』(はるおかりの著/集英社コバルト文庫)★★★★☆

後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜 (コバルト文庫)
後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜 (コバルト文庫)

前作の感想はこちらから


2016年3月刊。
「後宮詞華伝」の20年後の物語ということで楽しみにしていた続編。期待に違わず面白かったです。
身代わり花嫁となった料理人の少女が、美味しい手料理で皇太子や皇族たちの心を開いていく中華後宮ミステリー。
前作は「書」マニアの夫婦でしたが、今作は一緒に料理を作る可愛いカップルが主人公。
各エピソードは後宮のドロドロ感を煮詰めたようなものでしたが、その都度主人公カップルに癒されるため、その巧みな緩急のつけ方についつい読みふけってしまう作品でした。
しかしこれ、個人的には地雷認定しかねない内容だったり・・・・・・前作を思うと虚ろな気持ちになるので・・・・・・。
面白いので許しますけどね!(何様)

☆あらすじ☆
『後宮詞華伝』と同じ世界観!あれから…20年後の物語―。都で腕利きの料理人として働いていた鈴霞は、ひょんなことから皇太子・圭鷹の正妃に迎えられることになって―!?しかし、圭鷹は妻を愛せない。それどころか、誰のことも…。君王となるために周囲から心を閉ざし、自ら育てた奈落芋だけを口にしている“偏食”皇太子を前に鈴霞は!?始まりは、偽りだらけの政略結婚だった…。身代わり花嫁の美味なる食譜が謎を解く、中華後宮恋物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮饗華伝 包丁愛づる花嫁の謎多き食譜

後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき

『後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき』(はるおかりの著/集英社コバルト文庫)★★★★☆

後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき (コバルト文庫)
後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき (コバルト文庫)

2015年11月刊。
継母に虐げられ感情を顔に出せなくなってしまった主人公が、皇兄のもとに嫁ぐところから始まる中華風後宮ミステリー。
「書」という共通の趣味を持つ夫婦が徐々に距離を縮めていく物語でもあり、そんな二人が「書」にまつわる様々な謎を解き明かす物語でもありました。
序盤のもどかしい夫婦のすれ違いや、中盤以降で繰り広げられる後宮小説特有の愛憎劇など、見所が盛り沢山の作品でした。面白かった!
とりあえずこの夫婦は「書」の前に「自重」を学びましょうね。ベタ甘ごちそうさまでした(´∀`*)

☆あらすじ☆
継母から冷遇され笑顔を失った淑葉の慰めは、亡き母に教えられた書法に親しむこと。しかし、その能書の才さえも継母によって奪われてしまう…。そんな絶望の淵に沈む淑葉の元へ突然、皇兄・夕遼との政略結婚の命が下る。しかし、真に望まれていたのは淑葉の妹・香蝶ということが分かり!?すれ違う二人を繋ぎ、想いを伝えるのは、笑わぬ花嫁の筆ひとつ…!婚儀から始まる中華麗麗恋物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 後宮詞華伝 笑わぬ花嫁の筆は謎を語りき