「現代ファンタジー」タグアーカイブ

【WEB小説感想】夜猫ジュブナイル /佐々木匙


夜猫ジュブナイル(カクヨム)

オススメされて読んだのだけど、お世辞抜きでハマりました。

自分ではない別の何かに変身してしまう不思議な現象。
それによって暴かれる、自分を見失うほどの不安や不満を抱えた少年少女の憂鬱な心情。

思春期の繊細な心にそっと触れつつ、まるごと優しく包み込んでくれるかのような物語でした。

辛くてしんどくて座り込んでしまう時、「がんばれ」も「わかるよ」もいらないから、ただ誰かに隣に座ってほしいことってありません?
私の印象だけど、これはそういうお話だと思うんです。
そういう風に読んじゃったから、なんかもう刺さるわ癒やされるわで感情が大変だった。

友情と恋愛の青春小説としても大満足です。青春小説特有の終盤の疾走感が満点すぎる。

これは是非とも書籍化してほしいなぁ。手元にずっと置いておきたい小説だ・・・・・・

☆あらすじ☆
音楽が好きな高校生・三田村真也はある日、夜の散歩中にクラスで浮いた存在の美少女・長瀬夜子と出会う。どこかおかしな彼女の態度に、彼は自分が黒猫の姿に変わっていることに気づく。その日からふたりは、人が別の姿へと変わってしまう、不思議な事件に遭遇していく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】夜猫ジュブナイル /佐々木匙

呪われ陰陽師 賀茂斎の千年越しの憂鬱 /藤崎都


呪われ陰陽師 賀茂斎の千年越しの憂鬱 (富士見L文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2020年1月刊。
非モテ陰キャ陰陽師(ただしイケメン)という、なんだそれ???なヒーローのキャラが楽しい現代ファンタジーでした。
前世で結ばれなかった元恋人が現世で再会する話でもあるんだけど、本人たちは転生の事実は知っていてもあくまで別人格の扱い。
ただし振られた女が男にかけた呪いだけは持ち越しているので、なんだか他人の修羅場の尻拭いをしているような雰囲気が。
その前世の話は期待していたほど掘り下げられなかったので、微妙に消化不良ではありました。
陰陽師ならぬ「まじない師」のお仕事ものとしては結構面白かったので、続刊での掘り下げに期待したいです。

☆あらすじ☆
前世の呪いで陰キャになった陰陽師。「大事なもの」を代償に望み叶えます!
毎夜悪夢にうなされていた女子大生・楓。十二単の姫が「憎らしい……」とさめざめ泣く夢だった。
あるとき友人の恋愛相談で、変わり者だが腕利きと噂のまじない屋を訪れると、出迎えたイケメン陰陽師・斎から「今度はどんな呪いを掛けるつもりだ!?」と追い返されてしまう。初対面でそれってどういうこと!? それは連日のあの夢が関係しているようで——?
前世の呪いで陰キャになった残念陰陽師が、大事なものを「代償」に望みを叶えてくれるとしたら!?非モテ陰陽師と呪いをかけた張本人(?)の奇妙なまじない事件帖!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 呪われ陰陽師 賀茂斎の千年越しの憂鬱 /藤崎都