「王女殿下はお怒りのようです」タグアーカイブ

王女殿下はお怒りのようです4 交錯する記憶 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 4.交錯する記憶 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年4月刊。
ついに失われた「ドロッセルの記憶」に切り込む第4巻。
なんですが、なんか謎が謎を呼んだというか、なんだかよく分からないまま終わってしまった感。
ここから盛り上がっていくのでしょうか。続きが気になるので期待したいところです。

☆あらすじ☆
公爵家の圧政を断罪する!
屋敷を襲った謎の青年と黒い霧の関連を知るため、レティシエルはジークと王立図書館へ向かう。
秘書庫を訪れ、ついに黒い霧との関係がある力の正体に近づいたかと思った矢先、レティシエルは不可解なメッセージを発見し……?
なかなか答えにたどり着けない中、レティシエルの元に、公爵家の領地内で発生した暴動の報せが届く。
その中心がニコルの故郷近くと知ったレティシエルは、原因である公爵家の圧政を終わらせ、暴動を収束させるべく領地へ赴いた。
そこに現れたのは公爵家の長男・フリード。
黒い霧を操り、民草を道具と切り捨て蔑ろにするフリードを、王女殿下が断罪する――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです4 交錯する記憶 /八ツ橋皓

王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 3.暗躍せし影 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年10月刊。
面白かった!
転生した1000年後の世界に忍び寄る陰謀の気配。
そこにレティシエルの運命も絡み始めてきました。これは楽しくなってきた・・・!
前世の記憶を取り戻す前の「失われた記憶」も謎めいた形で蘇りつつあり、こちらはどういう展開になるのか想像もつきません。
続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
最強王女VS邪悪なる意志
フィリアレギス公爵家との縁を切り、自由を謳歌するレティシエルの元に、公爵家の長女・サリーニャが訪れる。
公爵家の忌み子である『ドロッセル』を嫌っていたサリーニャの思惑が読めず困惑するレティシエル。
その裏では、クリスタがレティシエルの学友・ジークへと近づいており……?
違和感を拭えないまま始まった学園の課外授業の真っ最中、人々を誘拐する謎の集団にジークとヒルメスが捕まってしまう。
友人を狙われ怒るレティシエルは集団を制圧するも、敵の未知の力は不穏な匂いを感じさせ……?
レティシエルを取り巻き暗躍する影と、蘇り始める『ドロッセル』の記憶。転生した王女殿下を待ち受ける新たな謎とは――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓

王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 2.精霊王の来訪 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年4月刊。
1000年後に転生した最強王女がマイペースにわが道を突き進むファンタジー第2弾。
世界情勢が少しずつ明らかになり、国が抱える問題も見えてきた感じ。
レティシエルの新しい環境もゆっくりと整い始めているのを感じます。
まぁでも2巻は準備回という雰囲気で、大きな動きはそこまでなく(重要そうな新キャラは出てきましたが)
一方で様々な伏線が気になって仕方ありません。次巻も期待。

☆あらすじ☆
常識外れの最強魔術譚、第二幕!!
異形の怪物を退け、穏やかな日常へ舞い戻ったレティシエル。
しかし強大な魔術の力を求める国王に喚び出され、息をつく間もなく王城へ。自由を求めるレティシエルに、したたかな国王はとある条件を提示して……?
謁見を終え、学園に戻ったレティシエルは「魔法同好会」を立ち上げる。
同好会の仲間と期末試験を乗り越えてから数日、絶滅していたとされる双子の精霊王ディトとティーナがレティシエルの前に現れるが、二人はレティシエルに突然襲い掛かってきて!?
二人を無力化するべく、レティシエルはついに本領を発揮する──!
常識外れの王女殿下が我が道を往く最強魔術譚、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓

王女殿下はお怒りのようです1 転生王女と古の力 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 1.転生王女と古の力 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年12月刊。
面白かった〜!
1000年後の世界に転生した最強魔術師が、自分を軽んじる周囲に頓着することなく我が道を突き進む転生ファンタジー。
高性能な女性主人公で、美青年がたくさん登場して、前世から大切にしている恋があって―― と、個人的には女性向けラノベっぽい読み味でした。
主人公のマイペースっぷりは読んでいて不思議な心地良さがあり、とても好きなタイプ。
周囲に侮られたり、不審がられたり、褒めそやされたりと、彼女に対する反応は実に様々。しかしその全てに関心はなく、一方で、一度懐に入れた人のことは大切に守り抜く。
良い良い。そのままマイペースに突き進んでくれって思う。
恋愛要素も好きな感じになりそうだし、魔法技術が後退した世界に古の魔術が持ち込まれることで何が起こるのかも気になります。続きが楽しみ。

☆あらすじ☆
戦乱の王女として生まれ、最強の魔術師と謳われたレティシエル。
隣国の侵攻によって家族と伴侶を失い、魔術の力を敵国に奪われないため自ら命を手放した──はずが、目を覚ますとそこは見知らぬ天井だった。
情報をかき集めてみると、レティシエルはどうやら別の人間として千年後の世界に転生していたらしい。
しかも家族や周囲の人間、婚約者にすら疎まれている無能令嬢として。
色々と物申したいことがある中、千年後の世界における魔術の術式を目の当たりにし──そのお粗末さに“魔術バカ”のレティシエルはブチ切れた!?
「この世界の魔術レベル低すぎっっっっ!!!」
常識外れな王女殿下が我が道を突き進む最強魔術譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです1 転生王女と古の力 /八ツ橋皓