「牧野圭祐」タグアーカイブ

月とライカと吸血姫5 /牧野圭祐


月とライカと吸血姫 (5) (ガガガ文庫 ま 5-8)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
新章スタートの宇宙飛行士たちの物語第5弾。
いよいよ月面着陸を目指すのだけど、問題は山積み、フラグも山積みで、本当にどうなっていくのやら。
続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
誰がために、月を目指すのか。
共和国の宇宙開発が停滞するなか、それまで後手に喫していた連合王国は資金力と組織力を武器に目覚しい成果を上げ続けていた。一方、焦りを募らせる共和国政府上層部は、人命を軽視した無理難題を現場に押し付ける。
〈ライカ44〉の訓練センターの副長官に昇進したレフは、同じく教官を務めるイリナと後進の育成に励みつつ、自らも月への飛行のため訓練を続けていた。
そんな中、レフの同期であるミハイルとローザが結婚するというニュースが飛び込む。しかしそれは、停滞気味の宇宙開発を隠蔽したい政府によって仕組まれた強制結婚。憤るレフとイリナだが、さらなる理不尽が彼らを待ち受けていて……。
宇宙飛行士は、技術者は「人類の夢」のため、いつだって命がけだ。しかし、国家の威信という名の下に、政府の駒であり続けるのは本当に正しいことなのだろうか。
これは、世界が東西に二分され、月を目指し争っていた時代の物語。その光と陰、表と裏の歴史に、宙に焦がれた人と吸血鬼がいた。
宙と青春のコスモノーツグラフィティ、新章「月面着陸計画編」ここに始動!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 月とライカと吸血姫5 /牧野圭祐

月とライカと吸血姫4/牧野圭祐

月とライカと吸血姫 (4) (ガガガ文庫)
月とライカと吸血姫 (4) (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
いよいよ新旧主人公コンビが揃い踏み。
宇宙開発に切り離せない問題を物憂げに描きつつも、それでも尽きぬ宇宙への憧れに心が打たれます。
でもラストが不穏〜〜〜!

☆あらすじ☆
そして、宙を夢見る彼らは出会う。
『フライ・ユー・トゥ・ザ・ムーン』の合い言葉が宇宙ブームを盛り上げ、UFO騒ぎにまで発展する一方、月面着陸計画は行き詰まりを見せていた。そんななか連合王国では、『宇宙時代の人類』がテーマの万国博覧会が開幕。『アーナック・ワン』の広報を務めるバートとカイエは『宇宙の平和利用に関するカンファレンス』への参加を要請される。ロケット開発主任のクラウス博士や、若き女王サンダンシアなど、錚々たる面々の参加が決まるなか、あの共和国の英雄二人も急遽登壇することに。
例の行進以来、すっかり仲を深めたバートとカイエ。二十一世紀の未来や宇宙旅行の疑似体験など、仕事を忘れ万博を楽しむ。そして、待ちに待った英雄との対面。二人は未来に思いを馳せ、同じ夢を見る。
―――しかし。
「もはや核戦争は避けられません……ならば、先にしかけるべきです」
東西超大国のいがみ合いが、世界に未曾有の危機をもたらす。夢が消えかけるなか、二大国の若者たちは何を想い語るのか。
いまだ宇宙に行くことが奇跡だと思われていた時代……これは、宙に焦がれた人と吸血鬼が目指す、三十八万キロという途方もない旅への序章。宙と青春の物語、待望の第四幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 月とライカと吸血姫4/牧野圭祐

月とライカと吸血姫3/牧野圭祐

月とライカと吸血姫3 (ガガガ文庫)
月とライカと吸血姫3 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年2月刊。
宇宙開発競争の最前線を舞台にした、人間と吸血鬼のボーイ・ミーツ・ガールから始まる青春物語第3弾。
1、2巻では敵国として描かれてきた連合王国に舞台を移し、新たな場所、新たな登場人物をメインにしたストーリーとなっています。
史実をモデルとしているからこその奥行きのある読み応えは変わらず。人種差別問題の過酷さは前巻以上に強く感じました。
その逆境の中で生まれゆく主人公とヒロインの絆は尊く、今回もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
宙と青春の物語、連合王国編始動!
――これは人類史に残る偉大なる一歩。連合王国に、その礎を築いた若き二人がいた。
人類史上初をかけた有人宇宙飛行計画で、共和国に惨敗した連合王国。劣勢に立たされた王国議会は、途方もない計画を宣言する。
「我々は、人類を月面へ送り込み、帰還させることを約束する!」
王国南部の宇宙開発都市<ライカ・クレセント>の研究所では、同時にとあるプロジェクトが進んでいた。アーナック・ワン――それは『民族融和と科学技術大国推進』を打ち出し、汚名を払拭するための広報プロジェクトだった。
新人技術者のバート・ファイフィールドは、連合王国初の宇宙飛行士アーロンの弟であることを理由に、その人間代表に選ばれてしまう。そして、吸血鬼の末裔である新血種族代表は、アーロンの飛行を成功に導いた才媛カイエ・スカーレット。
研究所での仕事と、宣伝活動の二足の草鞋。不慣れな日々の中、バートはカイエの秘めたる想いを知っていく。
「――私は月なんて、大嫌い」
華々しい宇宙飛行の裏側には、語られることのない数多の人々の情熱が確かに存在した。宇宙を夢見る技術者の青年と新血種族の才媛が紡ぐ、宙と青春の物語がここに!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 月とライカと吸血姫3/牧野圭祐

月とライカと吸血姫2/牧野圭祐

月とライカと吸血姫 2 (ガガガ文庫)
月とライカと吸血姫 2 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年4月刊。
米ソ宇宙開発競争をモチーフにした宇宙飛行士たちの物語第2弾。
前巻が綺麗に終わっていたのでまさか続くとは思わなかったけれど、読んでみると前巻と対になっている1冊なのだと実感しました。
前回はサポートに回っていたレフが主人公として大活躍。今回もとても面白かったです。
そして巻末を見るに、このシリーズはまだまだ続くのか!

☆あらすじ☆
高度百キロメートルの宙から君を想う。
『ノスフェラトゥ計画』の一件を評価されたレフ・レプス中尉は、晴れて念願の宇宙飛行士候補生に復帰する運びとなった。それに合わせて吸血鬼の少女イリナ・ルミネスクを監視する任務からも解かれることになる。昼を生きるレフと夜を生きるイリナ。ふたりは同じ基地内でもすれ違ってしまう、そんな生活が続いていた。イリナの様子を気にかけつつも、レフは自身の夢を叶えるために「人類史上初」をかけた宇宙飛行士選抜試験に挑み、優秀なライバル達と鎬を削る。その一方で、不穏な空気がイリナの周りを包もうとしていた。
「実験体が帰還したようです」「……もう用済みだろう。廃棄処分を」
回り始めた運命の歯車は、果たしてどこに行き着くのか――。
世界に渦巻く巨大なうねり。一枚岩ではない共和国政府。追いつけ追い越せと躍起になっている連合王国。いまだ人類が宇宙に行くことが奇跡だと思われていた時代。様々な思惑に翻弄されながらも、命を懸けて遥か宇宙を志すふたりがいた。宇宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女が織りなす、宙と青春のコスモノーツグラフィティ第二幕。

以下、ネタバレありの感想です。 続きを読む 月とライカと吸血姫2/牧野圭祐

月とライカと吸血姫/牧野圭祐

月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)
月とライカと吸血姫 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年12月刊。
とても良かった!
宇宙へ憧れる宇宙飛行士候補生の青年と、人類未到達の宇宙に実験体として送り込まれる吸血鬼の少女のボーイ・ミーツ・ガール。
米ソの宇宙開発競争をベースとした物語で、史実にかなり忠実とのこと。背景がしっかりしているためか、まだ見ぬ宇宙への純粋な憧れと競争意識による焦躁は真に迫っていて、とても読み応えがありました。
そんな場所で出会い、種族を超えて絆を深めていく主人公とヒロイン。異色の青春小説としても本当に面白かったです。

☆あらすじ☆
宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女の物語。
人類史上初の宇宙飛行士は、吸血鬼の少女だった――。
いまだ有人宇宙飛行が成功していなかった時代。共和国の最高指導者は、ロケットで人間を軌道上に送り込む計画を発令。『連合王国よりも先に、人類を宇宙へ到達させよ!』と息巻いていた。その裏では、共和国の雪原の果て、秘密都市<ライカ44>において、ロケットの実験飛行に人間の身代わりとして吸血鬼を使う『ノスフェラトゥ計画』が進行していた。とある事件をきっかけに、宇宙飛行士候補生<落第>を押されかけていたレフ・レプス中尉。彼は、ひょんなことから実験台に選ばれた吸血鬼の少女、イリナ・ルミネスクの監視係を命じられる。厳しい訓練。失敗続きの実験。本当に人類は宇宙にたどり着けるのか。チームがそんな空気に包まれた。
「誰よりも先に、私は宇宙を旅するの。誰も行ったことのないあの宇宙から月を見てみたいの」
イリナの確かな想い。彼らの胸にあるのは、宇宙への純粋な憧れ。上層部のエゴや時代の波に翻弄されながらも、命を懸けて遥か宇宙を目指す彼らがそこにはいた。宇宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女が紡ぐ、宙と青春のコスモノーツグラフィティがここに。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 月とライカと吸血姫/牧野圭祐