「焦茶」タグアーカイブ

彼女が俺を暗殺しようとしている /大平しおり


彼女が俺を暗殺しようとしている (電撃文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
高校入学直後に出会った女の子に一目惚れ。彼女も自分を好きだという。
しかし彼女の手にはカッターナイフ。そうして次から次に襲いくる命の危機。
いったい何が起こっているのか。彼女の殺意はどこに向かうのか。
そういうサスペンスな青春小説でした。デッド・オア・ラブな話って好き。
コワモテゆえに誤解されやすい主人公の語り口も元気がよく、読んでいて楽しかったです。
ただ、オチは途中で察してしまうし、終盤の展開が一部ちょっと雑だったことも惜しいかなぁ。

☆あらすじ☆
待ちに待った初デートの日、俺は——彼女の愛は殺意だと知った。
「あのね。私とつきあってくれる?」
美少女に告白された。ヤンキーに絡まれがちな日常から抜け出すため、元お嬢様校である杏子ヶ丘学園高等部に進学した俺は、ついに初彼女をゲットしたのだ。
これで夢にまでみた幸せな高校生活が送れる、そう思っていたのに——
「ハルくんのことが好きだから。永遠に自分のものでいてほしいって、思うでしょ?」
なぜ、俺は初デートで彼女に殺されかけているのだろう?
衝撃の結末から目が離せない。これは、不器用なふたりの愛と殺意の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 彼女が俺を暗殺しようとしている /大平しおり

スカートのなかのひみつ。/宮入裕昂

スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)
スカートのなかのひみつ。 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★★
2018年5月刊。
面白かったー!
「風がスカートをめくったあの瞬間、すべてが始まった。」
男の娘と巨漢のコラボレーションから始まるパワフル系青春群像劇です。
男の娘が「世界一の女装アイドル」を目指したり、三人娘が「時価8000万円のタイヤ」を盗み出そうとしたり、巨漢が恋煩いでおいおい泣いたりと、なかなかにカオスな物語。
しかしエネルギッシュで純粋一途な少年少女の青春に圧倒されるばかりでした・・・!

男の娘たちが女装にかける真摯な想いが素敵。
希望を絶たれた少女が再起する姿には胸が熱くなる。
そして何より八坂幸喜真という男の破天荒さが楽しすぎて!

是非、是非、この八坂という男のことを知ってほしい。
彼の言葉を聞いてほしい。
彼の不器用な恋の結末を見届けてほしい。

特に終盤が最高なんです。
爽やかな疾走感に背中を押され、休む間もなく一気読みでした。
彼らの青春にたくさんの元気をもらった気分。大満足です!

☆あらすじ☆
男の娘も、女の子も、そこにはひみつを隠している――。
「面白いものが面白いものを呼ぶんだ。考え方一つで世界が変わる」
高校で同じクラスの八坂幸喜真は、その名の通り“好奇心”に足が生えたような男だ。
謎の棒、植木鉢、そしてボレロ。アイツの行動はいつも何がなんだかサッパリ。
でもそんな“八坂らしさ”が起こすある奇跡のことを、その時の僕らはまだ知らなかった。
「天野、俺たちは飛べるんだ。希望があれば俺たちはどこまでも飛べる!」
世界一の女装アイドル、赤いラインカーの美少女、そして時価八千万円の……タイヤ??
足下を吹き抜ける“蛇の息”が僕(わたし)と私のひみつをさらけ出した時、八坂と“あの子”の愛の物語が幕を開ける――。
第24回電撃小説大賞≪最終選考作≫よりお届けする、初夏薫る疾風青春グラフィティ!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む スカートのなかのひみつ。/宮入裕昂