「江本マシメサ」タグアーカイブ

自然の中に生きる草原の民の日常を描く遊牧ファンタジー『遊牧少女を花嫁に』/江本マシメサ

遊牧少女を花嫁に (PASH! ブックス)
遊牧少女を花嫁に (PASH! ブックス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年10月刊。
江本マシメサ作品といえば、厳しい北国での新婚生活をあたたかく描いた『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし』(宝島社)が私の大のお気に入り。
見知らぬ異国のお話なのに、どこか人の営みの原風景を感じてノスタルジーに浸れる良い作品なのです。
現代社会に生きる私からすれば厳しく感じる日々の生活を、手を取り合って仲良く過ごす新婚夫婦の姿に心がときめくところも好き。あれは名作なので是非たくさんの人に知られてほしい。ちなみにコミカライズが最近発売したばかりです。

 

そして本作は、そんな『北欧貴族』を描いた江本さんの本領発揮を感じる新作異国婚姻譚。
トルコの文化と遊牧民の暮らしをモチーフとした遊牧ファンタジーです。
『北欧貴族』と舞台は異なるのだけど、こちらもノスタルジックな心境を気持ちよく感じながら異国情緒を堪能できる良い作品でした。
遊牧民の文化や風習が丁寧に描かれており、優しくて温かい人々に癒やされながら自然と物語に没入できました。
「精霊から与えられる加護」というファンタジー設定がまた程よい味付け。
不遇な羊飼いの少女が調停者の青年と出会い、少しずつ「心」を取り戻していく―― というラブストーリーも素敵でした。ふたりの初々しい距離感がたまりません。
たぶんシリーズものですよね? 続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
江本マシメサ 異国恋愛物語・最新作!
“調停者”の青年と羊飼いの少女。新婚夫婦が紡ぐ、甘くて優しい遊牧ファンタジー
風の精霊の加護を受ける“調停者”一族「ユルドゥス」の青年・リュザールは、都からの帰路、羊飼いの少女・アユと出会う。ワケありな彼女を見かね、一族の遊牧地に連れ帰ると、なんとそのまま二人は結婚することとなり、思いがけない新婚生活がスタート。
乳製品を作り、絨毯を織り、料理に洗濯…大忙しでも賑やかな遊牧生活。
故郷では虐げられ生きてきたアユは、ユルドゥスの文化に戸惑いながらも、リュザールとの暮らしのなかで、次第に生きる希望を見出していく光を取り戻していく――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 自然の中に生きる草原の民の日常を描く遊牧ファンタジー『遊牧少女を花嫁に』/江本マシメサ

身代わり生活の先にエリザベスが選んだ人生とは――『令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活3』/江本マシメサ

令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 3 (ビーズログ文庫)
令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 3 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年9月刊。
綺麗に完結。
エリザベスらしいクライマックスがとても素敵でした。
隠し持つ弱さを虚勢で押し殺しつつも、必死に強くあろうとする姿が格好良い。それでいて不器用なところが魅力的な主人公でした。
しかし変態さんのHENTAIっぷりが最後まで堂に入っていて流石でした。ラストプレイは一段と特殊でしたね!笑

☆あらすじ☆
高慢令嬢の痛快身代わり劇、 ファンタスティックに終幕――!!
エリザベスは、双子かもしれない――その事実に衝撃を受けるなか、シルヴェスターが事故に遭って意識不明の重態に!  犯人を突き止めるため、エリザベスはユーインと裏情報が集まる紳士クラブに潜入するが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 身代わり生活の先にエリザベスが選んだ人生とは――『令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活3』/江本マシメサ

薬草令嬢ともふもふの旦那様/江本マシメサ

薬草令嬢ともふもふの旦那様 (コバルト文庫 え 3-1)
薬草令嬢ともふもふの旦那様 (コバルト文庫 え 3-1)

評価:★★★☆☆
2018年5月刊。
狼に変身する田舎領主の青年と、薬草好きの優しい貴族令嬢。
コミュ下手な二人の月夜の出会いから始まるラブロマンスです。
表紙も可愛ければ内容も可愛い、ひたすら可愛くて可愛くてほのぼのする少女小説でした。
特に獣化するヒーローの一人二役な奮闘が見どころ。
正体を隠したまま自分で自分をフォローする可笑しみよ・・・・・・ズルいな!でも可愛いから許す!

☆あらすじ☆
ド田舎の領主レナルドは、19歳で長身の男前、だが極度の恥ずかしがり屋のせいで結婚相手が見つからず焦っていた。一縷の望みをかけて出席した王都の夜会で、ある秘密を一人の少女に知られてしまい……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 薬草令嬢ともふもふの旦那様/江本マシメサ

令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活2/江本マシメサ

令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 2 (ビーズログ文庫)
令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 2 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2018年3月刊。
失踪した公爵令嬢の身代わりとなった貴族令嬢の奮闘を描く物語第2弾。
表紙の雰囲気は前巻に続き三角関係モノのようですが、内容的にはシルヴェスター√に入ってるような??
そのシルヴェスター氏は色々と動きが面白くて楽しくなってまいりましたw
彼は毎回跪いてセクハr・・・じゃなかったお仕置きをするつもりなのでしょうか。どうせまた何やかんや理由をつけるに決まってる(いいぞもっとやれ!)
闇属性寄りのHENTAI(注私見)に弱いので大変に楽しみです(^O^)

☆あらすじ☆
高慢令嬢の身代わり劇、 本物エリザベスの登場でラブ&戦闘が急展開!!
身代わりを継続することにしたエリザベスは、腹黒シルヴェスターと情報収集のため“恋人のフリ”をして舞踏会に参加することに。そこへ婚約者のユーインが現れ、エリザベスとの婚約破棄を宣言し……!?
【電子限定!書き下ろし短編付き】「エリザベスと、取り巻く男達の終わりなき争い」収録

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活2/江本マシメサ

令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活/江本マシメサ

令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 (ビーズログ文庫)
令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年9月刊。
カクヨム×ビーズログ文庫 恋愛小説コンテスト「大賞」受賞作。
婚約発表前に駆け落ちした公爵令嬢の身代わり役を引き受けた子爵令嬢の物語です。
歯に衣着せぬ物言いで偉そうな態度をとりつつ、素直じゃない優しさに可愛げを感じるヒロイン。
そんな彼女を挟むのは、共犯者となる公爵令嬢の兄と、二人で騙すことになる公爵令嬢の婚約者。
Wヒーローは正反対なキャラ付けがとても素敵でした。恋愛面は三角関係になっていくのか、それともこの巻の印象通りに兄がメインなのか。
私は婚約者推しになりそうです。なので現状すごく当て馬くさい婚約者氏にはぜひとも頑張ってほしいところ・・・!
少し中途半端なところで物語が終わっているので続きが楽しみです。

☆あらすじ☆
身代わりの条件は、靴にキス!? 本物より苛烈!こんな令嬢見たことない!
公爵令嬢エリザベスと瓜二つだからと、彼女の兄シルヴェスターに身代わりを頼まれた普通の令嬢エリザベス。狡猾なシルヴェスターと腹の探り合いの末、陰湿メガネの婚約者ユーインとの婚約パーティーに出るが……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 令嬢エリザベスの華麗なる身代わり生活/江本マシメサ

長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本/江本マシメサ

長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)
長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)

評価:★★★★☆
2017年4月刊。
面白かったー!
長崎を舞台にした地元グルメ(甘味多め)満載の恋愛小説。
雨の夜にしか営業しない不思議な洋館カフェと謎めいたオーナーに出会った女子大生が、長崎の様々な魅力に触れていく物語です。
著者の江本マシメサさんが長崎県出身なだけあって、郷土愛にあふれていて実に良いです。読めば長崎旅行に行きたくなること間違いなし。食い倒れしたい・・・!
一年を通して長崎の魅力的な顔を色んな角度からたくさん紹介してくれるのも楽しいし、なにより、頑張り屋の主人公と挙動不審系ツンデレオーナーの距離感が!最高!!

☆あらすじ☆
長崎の女子大学に入学した東京出身の乙女は、オランダ坂の外れに一軒の洋館カフェを見つけ、バイトをすることに。クラシカルで雰囲気たっぷりのカフェのメニューは、一日一品のデザートセットのみ。不機嫌顔のイケメンオーナーは、本業不明でやる気ゼロ。その上、雨降る夜にしか開店しないという謎システム。乙女は怪しすぎるバイトをやめようかと思うが、提供される極上スイーツに攻略され、徐々にカフェと長崎の歴史に夢中になって…。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本/江本マシメサ

悪辣執事のなげやり人生2/江本マシメサ

悪辣執事のなげやり人生〈2〉 (レジーナブックス)
悪辣執事のなげやり人生〈2〉 (レジーナブックス)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
人生なげやり悪辣執事と引きこもり伯爵の主従ラブコメ完結巻。
主従のジレジレ感で楽しませつつ、王道ラブロマンス的に物語が盛り上がった最終巻でした。最後まですごく面白かったです。
やっぱりこのシリーズはアルベルタの優しくて図太いところが本当に魅力的。アルベルタに振り回されつつも彼女を愛する伯爵家の人たちもキュートで可愛いかったです。
特に終盤の展開は、ヴィクターがんばった!と褒めてやりたくなりましたw

☆あらすじ☆
複雑なお家事情のある伯爵家で、女だてらに執事を務める、田舎令嬢のアルベルタ。自身の素性を少し偽り、ややなげやりに働いていた。そんな中、主人一家に変化の兆しが!癖のある面々がなぜだかアルベルタに信頼を寄せ、旦那様との結婚話が持ち上がったのだ。あれこれ悩んだ彼女だったが、ついに一大決心!…しようとしたところで、最後の事件が巻き起こってしまい―大胆不敵な女執事、なげやり人生に終止符を打つ!?異色のラブファンタジー、華麗なる最終章!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪辣執事のなげやり人生2/江本マシメサ

悪辣執事のなげやり人生/江本マシメサ

悪辣執事のなげやり人生 (レジーナブックス)
悪辣執事のなげやり人生 (レジーナブックス)

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
とっても面白かった!
傍若無人な女執事が、家族関係が壊れた伯爵家を振り回していくうちに彼らを変えていく、というお仕事小説。
主家への忠誠心はなく、要領がよくて図太い性格。しかし仕事ぶりは有能。そして色っぽさは未亡人級、という女執事のキャラクターが最高に好みでした。
飄々とした物言いで相手を挑発してニヤッと笑うところなんか、こちらもつられてニヤニヤしてしまいますw
人生なげやりの女執事と人生やけくその元軍人伯爵のラブコメとして笑えて萌えて楽しい作品。特に伯爵のヘタレでやけくそ気味な奮闘は必見です。

☆あらすじ☆
貴族令嬢でありながら工場勤めをしている苦労人のアルベルタ。けれどある日、国内でも有数の大伯爵家からなぜか突然の呼び出しが……。てっきり厄介事に巻き込まれるのかと思いきや、なりゆきで使用人にならないかと持ちかけられる。その厚待遇に思わず引き受けたところ、よくよく聞くと、命じられたのは執事の仕事だった!
かくして女執事となったアルベルタだが、伯爵家の複雑なお家事情と気難し屋の旦那様に早くもうんざり!
あきらめモードで傍若無人に振る舞っていると、使用人らしからぬその態度が家人を振り回し、事態は思わぬ方向へ動き出し――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 悪辣執事のなげやり人生/江本マシメサ

借り暮らしのご令嬢/江本マシメサ

借り暮らしのご令嬢
借り暮らしのご令嬢

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
素直じゃない苦労性の騎士と不遇な没落令嬢のすれ違いを描いた王道ラブコメ。
ツンデレヒーローの言動にやきもきさせられつつ、ヒロインとのじれったい微妙な距離感を楽しめる作品です。
健気に主人公を慕うヒロインが可愛すぎてきゅんきゅんするので、主人公には早く素直になってもらいたい。
シリーズ化に期待しています!

☆あらすじ☆
社交界で「麗しの薔薇」と讃えられる高嶺の花、美しき伯爵令嬢アニエス。騎士で貧乏貴族のベルナールは、アニエスに夜会の晩、生まれや育ちを嘲笑うような蔑んだ目で見られたことを根に持っていた。最悪の出会いから5年、アニエスの家は突然没落する。何もかも失い、代わりに悪評のみが残ったアニエス。そんな彼女に手を差し伸べたのは、ベルナールだけだった。ただし、「使用人としてなら」という条件付きで―。誤解から始まる、不器用な恋愛劇、開幕!書き下ろし短編『ジジルの日記帳』も収録!特別収録『悪辣執事のなげやり人生』コラボ短編。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 借り暮らしのご令嬢/江本マシメサ

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし4 そして、愛しき日々/江本マシメサ

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 4 そして愛しき日々
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 4 そして愛しき日々

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年7月刊。
貧乏領主と元軍人女性の雪国生活を描くシリーズ最終巻。
あまりにも穏やかであたたかい幸せの形に感極まって涙ぐんでしまいました。
飯テロにお腹を鳴らし、イチャイチャ夫婦に砂を吐き、少しずつ日々を豊かにしていく彼らの姿に、読んでいるこちらの心まで豊かになる。そんなシリーズらしさは、最終巻まできっちりと保たれています。
細部まで丁寧に作り込まれた世界観も本当に読み応えがありました。この本を開くとき、いつも私の心は北欧旅行の気分なのです。
本の装丁は常に凝っていて目に楽しく、イラストも世界観を見事に表現。
この素晴らしいシリーズを完結まで読めて良かったです。とても面白かった!

☆あらすじ☆
第3回なろうコン大賞 金賞受賞作!
大人気「北欧」シリーズ、待望の第4弾!
一目惚れからのプロポーズ、一年間のお試し婚を経て、愛を確かめ合ったリツハルドとジークリンデ。リツ両親の帰郷、そして奇跡のような第一子誕生。二年前には想像もしなかった、二人の姿がそこにはあった。季節がめぐるように、家族の形は変化し、辺境の村にも新風が吹き込まれていく――狩って、採って、食べる。ただそれだけの、だからこそ愛しき大切な日常。リツとジークの愛あふれる日々は今日も続いていく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし4 そして、愛しき日々/江本マシメサ