「武闘派ヒロイン」タグアーカイブ

【WEB小説感想】 F-エフ- /ia(糸森環)

糸森環先生の新作『かくりよ神獣紀』が良すぎて、糸森環熱が爆発しました。

 

もうダメだ!我慢できぬ!と、なんだかんだ躊躇していた糸森環先生のia名義のオンノベサイト『27:09の地図』にようやく着手。

正直、未完の沼に落ちるのが怖かったんですよね。あとスマホ対応してないオンノベは読みにくいなって。

 

でも腹をくくったのでもう逃げません。
スマホ非対応オンノベはSafariのリーダー表示を使えばヨシと言う知見も得たし(遅い)

 

全部読むつもりですが、まずは『F−エフ−』(http://ash-map767.riric.jp/F-TOP.htm)から。

『F』は角川ビーンズ文庫から書籍化されている作品で、そちらは読んでいます。

しかし1巻が出たのが2014年かぁ。もうそんなに経つの??月日の流れは恐ろしいですね。

 

で、読んできましたよ、サイト版『F』!

ほどよく内容を忘れていたので書籍化された第1部も超楽しかったし、完璧に初読な第2部も最高に面白かったです。

なーーーーーーーーーんでこんなに面白いのに書籍版は打ち切りなんだろ!ふしぎだね!(泣)

そんな感じでWEB版の感想いきます。例によってネタバレありです。

続きを読む 【WEB小説感想】 F-エフ- /ia(糸森環)

にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者6 /香月航


にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者: 6(一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2020年3月刊。
タイトルそのまま新婚生活スタート!の第6巻。
慣れないながらも必死に「王太子妃殿下」を頑張るリネット。
そんな彼女の日々はやはり穏やかではないようです。

☆あらすじ☆
ワケあり王太子殿下とようやく結婚した、貧乏伯爵令嬢リネット。アイザックの素敵な旦那様ぶりにうっとりしつつ、自分も王太子妃として相応しくなろうとがんばっているけれど……。王太子妃づきの侍女選びは難航するし、初めて主催したお茶会も不測の事態で中止することになってしまって!? これって私が新米の王太子妃だからですか! それなら、なめられないように、男装してでも切り抜けてみせます!!
ワケあり王太子殿下と貧乏令嬢の王宮ラブコメディ第6弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者6 /香月航

雲神様の箱 /円堂豆子


雲神様の箱 (角川文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
面白かった!
古代日本を舞台にしたファンタジーというと『勾玉三部作』や『銀の海 金の大地』を思い出す私ですが、それらの作品と並べて語りたくなる魅力的な古代ファンタジーだと思います。

朝廷から生命を狙われる、聡明で可能性に満ちた若き王。
災いの子として忌まれ育った、神秘の一族の孤独な少女。
二人の出会いは、古代世界を揺るがす壮大な物語へと変貌していくことでしょう。そんな予感に高揚する第1巻でした。

だがしかし、面白いけど怖い話だとも思う。
この男を信じてもいいの?と何度も自問する主人公の姿に不安が煽られるんですよね。
悪い男に騙されてる女にしか見えないよ〜〜〜怖いよ〜〜〜その男について行った先に待つ未来が怖いよう!

続きがとても楽しみです!

☆あらすじ☆
異能の少女と若き王の反逆の旅路——壮大な古代日本ファンタジー誕生!
薬毒に長け、どの地の支配も受けず霊山を移り住む古の民、土雲の一族。一族の少女・セイレンはある日、『山をおり、雄日子(おひこ)という若王の守り人となれ』と里を追い出される。双子の妹という出自ゆえ「災いの子」とされてきた彼女は、本来求められた姉媛(あねひめ)の身代わりにされたのだ。
怒りと孤独を抱え里を飛び出したセイレン。しかし、類い稀な技を持つ彼女と、大王への叛逆を目論む雄日子の予期せぬ邂逅は、倭国の歴史を大きく変える運命の出会いとなるのだった……!
第4回カクヨムWeb小説コンテスト、キャラクター文芸部門特別賞受賞!
古代日本の美しい風景、豪族たちの渦巻く野望、そして『土雲の一族』というファンタジー要素が融合し、胸躍る壮大な物語が誕生したーー!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 雲神様の箱 /円堂豆子

絶対城先輩の妖怪学講座12 /峰守ひろかず


絶対城先輩の妖怪学講座 十二 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
古今東西の妖怪の正体を、独自の視点から新たに描き出す妖怪学シリーズ第12弾。
まるでシリーズの軌跡を振り返るような展開で、最終巻にふさわしい内容だと思います。
派手に盛り上がっていた前巻ではなく、身近な存在である「猫」をテーマにした話がラストだったのは、『妖怪』という存在に向き合ってきた本作らしいなと思ったりして。

☆あらすじ☆
傍若無人な黒衣の妖怪博士・絶対城の活躍を描く伝奇譚、第12弾!
『真怪秘録』をまとめる中で、妖怪学の限界を感じたという絶対城。熱意を失った彼は、文学部の非常勤講師として妖怪学を教えてくれないか、という織口からの誘いも断ってしまう。
そんな中、礼音が何者かに狙われていることが発覚。大切な人を守るため、事件の調査に乗り出す絶対城だったが、一方で、その一件の解決をもって妖怪学徒を廃業するとも宣言し——。
猫また、猫ばば、五徳猫。事件の鍵を握るのは『猫』!?
絶対城阿頼耶、最後の事件!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 絶対城先輩の妖怪学講座12 /峰守ひろかず

京都府警あやかし課の事件簿3 清水寺と弁慶の亡霊 /天花寺さやか


京都府警あやかし課の事件簿 3 清水寺と弁慶の亡霊 (PHP文芸文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年12月刊。
現代の京都を舞台に、あやかし専門の警察チームが大活躍するお仕事ファンタジー第3弾。
今回は清水寺での集団戦を描くド派手なアクションが見どころでした。すごく楽しかった!
主人公の成長と恋の行方も楽しみな本作。まだまだ楽しませてくれそうです。

ちなみに、「アニメ化してほしいライトノベル・小説19下期」というアンケートで『薬屋のひとりごと』『86-エイティシックス-』に次ぐ第3位にランクインしたそうです。めでたい!
袴姿に刀を装備して京都の街を駆け抜ける『あやかし課』はアニメ映え間違いなし。本当に実現したらいいのになぁ。

公式PVもあるよ!

☆あらすじ☆
第七回京都本大賞受賞で話題のあやかし警察小説シリーズ、待望の第三弾!
伝説の太刀に封印されし「亡霊」が放たれた時、清水寺での激闘が幕を開ける――。
化け物や神仏に関する事件を専門に扱う警察組織「京都府警あやかし課」の隊員・古賀大のもとに、ある大男が現れた。その男の正体は、源義経に仕えたかの有名な豪傑「弁慶」。謎の僧兵集団に追われる弁慶の警護を請け負った大達だったが、その過程で『義経記』の裏に隠された衝撃の事実が明らかとなって……。大達は、強大な敵から弁慶を守り切れるのか?
今冬一番熱いお仕事現代ファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 京都府警あやかし課の事件簿3 清水寺と弁慶の亡霊 /天花寺さやか

【WEB小説感想】ルクトニア領百花繚乱円舞曲 /武州青嵐(さくら青嵐)

◎ルクトニア領百花繚乱円舞曲(カクヨム)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054883311781

書籍化された子ども世代編の感想はこちらから

12月に刊行された『ルクトニア領繚乱記 猫かぶり殿下は護衛少女を溺愛中』(角川ビーンズ文庫)が面白かったので、カクヨムで連載されていた親世代編も読んでみました。
なんでも角川ビーンズ小説大賞を受賞したのはこちらだったとか。
『ルクトニア領繚乱記』内で語られたヒーロー両親の話が好きな感じだったので(どこまでも追いかけていくパパ・・・!)、ちゃんと読めて嬉しい。こちらも面白かったです。
「ぶさいくな女どもを(俺の美貌で)蹴散らしてくれる!」とか宣言しちゃう系性格最悪傲慢女装男子が素敵。

☆あらすじ☆
アレクシア・フォン・ヴォルフヤークトは、父の死去に伴い、「働く」か「嫁に行くか」の選択を迫られていた。
嫁ぎ先がなかなか決まらず、焦って就職した先は、先王の遺児ジュリア・オブ・ルクトニア姫の家庭教師。
ところが、この姫君。実は『女装男子』だった。しかも、性格が少々……。あいたたたたた。
政敵・政変・災害が次々に襲いかかるけれど……。
負けるな、アレクシア。頑張れ、アレクシア。
いつか、運命の王子様に出会えるまで!

以下、最終話までのネタバレあり感想です。
書籍版の内容を踏まえた感想ですので、ご了承ください。

続きを読む 【WEB小説感想】ルクトニア領百花繚乱円舞曲 /武州青嵐(さくら青嵐)

Cocoon2 蠱惑の焔 /夏原エヰジ


Cocoon2 蠱惑の焔【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年11月刊。
鬼を倒す最強花魁の活躍を描く吉原時代劇ファンタジー第2弾。
吉原遊女の悲惨さも、鬼退治バトルの厨二感も、なんだか1巻よりパワーアップしているように感じました。
めちゃくちゃ設定盛ってるけれど、正直こういうの大好きだ。

☆あらすじ☆
「Cocoon」シリーズ2作目!
最高級遊女・花魁でありながら、夜になれば鬼退治に奔走する瑠璃。人ならざる彼女の孤独を唯一理解してくれていた朋輩・津笠が鬼になり、瑠璃に斬られてから1年が経った。時間は流れたが、瑠璃の心の傷は癒えない。そんな中、五人衆の一人・錠吉が不自然に瑠璃を避け始め……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Cocoon2 蠱惑の焔 /夏原エヰジ

転生したら武闘派令嬢!? 恋しなきゃ死んじゃうなんで無理ゲーです1 /きゃる


転生したら武闘派令嬢!?~恋しなきゃ死んじゃうなんて無理ゲーです : 1 (Mノベルス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年11月刊。
乙女ゲームのヒロインに転生した恋を知らない元ヤンが、キラキラした男どもを相手に悪戦苦闘を繰り広げるラブコメディ。
「ゲームヒロイン」である彼女は、デッドエンドを回避するために恋をしなければいけない。
けれど本人が鈍すぎるあまりに恋愛フラグがとても遠い。そういう可笑しみを楽しむ作品だと思います。
ヤンデレヤンデレと言う割に、私が求めるタイプのヤンデレはいなかったのが少し惜しい。これから病むのかな?

☆あらすじ☆
趣味はバイク、特技はケンカ、苦手なものは恋愛という硬派な元ヤンキーのあたしは、恋しなければ死んでしまうヤンデレ系乙女ゲームのヒロインに転生したらしい。いくら転生後の姿が儚げで美しくてナイスバディでも、恋愛初心者の元ヤンに恋をしろだなんて……無理ゲーすぎる(涙)ゲームが始まらないように、攻略対象である、執着系の王太子、鬼畜系の義兄、束縛系の王弟、二重人格の近衛騎士の4人には近づかないようにしていたのだけれど――。
「小説家になろう」発!ヤンデレという名の濃厚溺愛ラブコメディ、遂に書籍化!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生したら武闘派令嬢!? 恋しなきゃ死んじゃうなんで無理ゲーです1 /きゃる

にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者5 /香月航


にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者5 (一迅社文庫アイリス)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年8月刊。
貧乏伯爵令嬢と厄介体質王太子の王宮ラブコメ第5弾。
登場人物総出演で、ついに結婚式!
リネットは良い方向に成長し、話も綺麗に区切りがつき、なんだか最終巻な雰囲気ですね・・・・・・
あとがきを読むに続刊の有無は未定なのかな?
コミカライズも始まってるし、ここで終わるのは勿体ないと思います。
戦うヒロインのアクションパートが楽しくて気に入ってる作品なので、続きがあるならぜひ読みたいです。

☆あらすじ☆
ワケあり王太子殿下アイザックと、1ヶ月後についに結婚することになった貧乏伯爵令嬢リネット。結婚式に向けての準備で王宮は活気づき、これからの新婚生活にリネットは幸せを感じていたのだけれど……。突然、アイザックが作った魔導具が暴走し始め、城内は大混乱に陥ってしまって!? 強制転移に、アイザック様が二人に増殖ってどういうことですか! 結婚式を中止にしないためにも、絶対に暴走を止めてみせます!! ワケあり王太子殿下と貧乏令嬢の王宮ラブコメディ第5弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者5 /香月航

本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない! /しめさば


本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない! (ダッシュエックス文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
虚弱な本屋の店員が、その知識を買われてダンジョンに連れ出されてしまう冒険ファンタジー。
貧弱な主人公が悲鳴をあげながら走り回る姿が面白く、テンポの良さが最高でした。
サクサク読めて、ふふっと笑えて、最後は意外にも胸がぶわっと熱くなる。
知識は豊富だけど頭でっかちじゃなくて、誰よりも弱いけれど必死に身体をはって頑張る男の子。こんな主人公、好きにならずにいられない!
すごく楽しかったです。シリーズ化希望!

☆あらすじ☆
本をこよなく愛している青年、アシタ・ユーリアス。「一生本を読んで暮らしたい!」というアシタだったが、彼が働く本屋にはいつもひっきりなしに冒険者たちがやって来る。理由は簡単。彼の“知識”が欲しいのだ。本が読めたらそれでいいというアシタの想いとは裏腹に、顔馴染みの女冒険者、エルシィにダンジョンへ連れ出されたのが運の尽き。彼の博識さがダンジョン探索の鍵になると目を付けたエルシィは、貴重な文献をエサにしてアシタを更なるダンジョン探索へ誘い……。
“最も博識”で“最も貧弱”な本屋の店員が、「帰りたい!」と嘆きながらダンジョンを駆け回る!ドタバタファンタジーコメディ開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない! /しめさば