「森沢晴行」タグアーカイブ

Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時


Babel I 少女は言葉の旅に出る (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年6月刊。
面白かったー!
『Unnamed Memory』と同じ世界、違う時代に迷い込んだ少女の旅を描く異世界トリップファンタジー。

かつて電撃文庫で2巻まで刊行された作品ですが、電撃の新文芸にてリブート。
結局WEB版の続きを読めずにいたので、書籍版で再び読む機会を得られて嬉しかったです。
そしてリブート版は旧版よりも読み応えが大幅にアップ。こちらの方が格段に面白かったです。

元の世界に戻るために旅に出た少女。
彼女を助けながら、彼女から「文字」を学ぶ青年。

少しずつ違和感をにじませていく物語は、どのような全貌をみせてくれるのか。

とても楽しみです。続きは秋!

☆あらすじ☆
WEBで読者を熱狂の渦に巻き込んだ、珠玉の異世界ロードファンタジー
現代日本から突如異世界に迷い込んでしまった女子大生の水瀬雫。剣と魔法が常識の世界の辺境に降り立ってしまい途方に暮れる彼女だったが、魔法文字を研究する風変わりな魔法士の青年・エリクと偶然出会う。
「――お願いします、私を助けてください」
「いいよ。でも代わりに一つお願いがある。
僕に、君の国の文字を教えてくれ」
日本に帰還する術を探すため、魔法大国ファルサスを目指す旅に出る二人。その旅路は、不条理で不可思議な謎に満ちていて。――そうして、運命は回りだした。
これは、言葉にまつわる物語。二人の旅立ちによって胎動をはじめたばかりの、世界の希望と変革の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 1 少女は言葉の旅に出る /古宮九時

Babel 2 剣の王と崩れゆく言葉/古宮九時

BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)
BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
物語が動き始めたことで、さらに面白くなってきた異世界ファンタジー第2弾。
保護者であるエリクの過去が掘り下げられたり、なかなか魅力的なキャラクターが登場したりと、人間ドラマとしても読み応えが増してきました。
「言語」にまつわる独特の世界観も意味深だし、続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
『―立ち去るがよい、外部者よ』
ついに辿り着いた、魔法大国ファルサス。しかし世界を害する“異物”と判ざれた雫は、非常にも王・ラルスに剣を向けられる。ラルスと戦う決意をし、瀕死の重傷を負った雫だが、その一方でエリクは過去を追憶する。自らが殺した、ある一人の少女のことを…。そして“死者蘇生”の禁呪による事件で国中に暗雲が漂うなか、雫とエリク、二人の運命は分岐点を迎え―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 2 剣の王と崩れゆく言葉/古宮九時

Babel 異世界禁呪と緑の少女/古宮九時

Babel ―異世界禁呪と緑の少女― (電撃文庫)
Babel ―異世界禁呪と緑の少女― (電撃文庫)

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
不思議な本によって異世界に転移してしまった女子大生と、彼女に興味を抱いた魔法士の青年の旅を描く異世界召喚ファンタジー。
まだまだ謎の多い物語ですが、「言葉が通じる」という設定とタイトルの意味深な関係を予感させる世界観がワクワクします。
二人旅の中でそれぞれの知識を分け与えていく二人の距離感も良かった。
熱心なファンのいるWEB小説の書籍化ということですし、今後の展開が楽しみです。

☆あらすじ☆
WEBで読者を熱狂の渦に巻き込んだ珠玉の異世界ロードファンタジー、大幅加筆修正で待望の書籍化!
『小説とかドラマって不思議だと思わない? 異世界でも言葉が通じるなんて』
ごく平凡な女子大生・水瀬雫は、砂漠に立ち尽くしていた。不思議な本を拾った彼女は気づけば”異世界”にいたのだ。唯一の幸運は「言葉が通じる」こと。魔法文字を研究する魔法士の青年・エリクに元の世界の言語を教える代わり、共に帰還の術を探す旅に出る雫。しかし大陸は二つの奇病――子供の言語障害と謎の長雨による疾患で混乱を極めていて……。
自分に自信が持てない女子大生と、孤独な魔法士。出会うはずのない二人の旅の先、そこには異世界を変革する秘された物語が待ち受けていた。「言語」と「人間」を描く、感動のファンタジー登場!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Babel 異世界禁呪と緑の少女/古宮九時

とある飛空士への誓約9

『とある飛空士への誓約9』(犬村小六著/小学館ガガガ文庫)★★★★★

とある飛空士への誓約 9 (ガガガ文庫)
とある飛空士への誓約 9 (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年11月刊。
「とある飛空士への追憶」から始まった飛空士シリーズの終着点。
まずカラー口絵を見た段階で胸がギュッとなり涙が浮かんできました。
「追憶」「恋歌」「夜想曲」「誓約」の全17巻。人を変え、場所を変え、時代を越えても、空はつながっていたのだと思える完結巻でした。
本当に素晴らしかった。最高です。読めて良かった。ありがとうございました。

☆あらすじ☆
飛空士シリーズ、ついに感動のフィナーレ! ついに二千年来の悲願であった「天地領有」のために動き出すウラノス。一千隻を越えるウラノス飛空艦隊が西進を開始したなら多島海は滅亡するしかない。世界の命運をかけ、多島海連合軍首席参謀バルタザールは史上最大の奇襲作戦「オペレーション・オーディンズ・スピア」を立案する。片道切符の作戦に参加した清顕とイリアは、仲間たちと共に王都プレアデスを目指すが……。「神さまの造ったこの星が太陽に呑まれ爆発して文明も人類も永劫に消滅してもなおきみと共にいたい」。 空にあこがれた少年少女が織りなす恋と空戦の物語――『とある飛空士への追憶』から始まった七年以上にわたる壮大な飛空士シリーズが、これにて完結……!

以下、ネタバレありの感想です。(飛空士シリーズ全てについてのネタバレも含みます)

続きを読む とある飛空士への誓約9