「森崎緩」タグアーカイブ

隣の席の佐藤さん /森崎緩

隣の席の佐藤さん (一二三文庫)
隣の席の佐藤さん (一二三文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年12月刊。
隣の席の地味な女子。とろい彼女にイライラしつつ、彼女のことばかり考えてしまう少年の恋を描いた物語です。
彼の心情の変化がとても丁寧に描かれていて、繊細にゆらめく想いに目を奪われてしまいます。
素直になれない姿はもどかしく、すれ違う気持ちは切なく。
そしてツンデレ化していく姿はもはや愛しい笑
とても素敵な恋愛小説でした。
本編は短めだったけれどラブコメ度アップする短編が非常に美味しかったので大満足です。

☆あらすじ☆
実写PVがYouTubeにて公開中の第6回ネット小説大賞受賞作!コミカライズも決定!!
地味で、とろくて、気が利かなくて。おまけに大して美人でもないクラスメイトの佐藤さん。なのに隣の席になった途端、気になり始めたのはなぜだろう。
ひねくれもの男子が、隣の席の地味な女の子に惹かれていく話。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 隣の席の佐藤さん /森崎緩

懸想する殿下の溜息/森崎緩

懸想する殿下の溜息 (レガロシリーズ)
懸想する殿下の溜息 (レガロシリーズ)

評価:★★★☆☆
2010年8月刊。
王子と従者の身分差恋愛もの。
さりげなく(?)アピールするのに想いが伝わらなくてヤキモキする殿下と、主の懸想を叶えるために奮闘する生真面目な従者のすれ違いが切なくも微笑ましいラブロマンスです。
穏やかにしっとりと描かれていく身分差の恋。その問題を抱える彼らの結末がどうなるのか、最後までハラハラとさせられる物語でした。

☆あらすじ☆
意を決して告白をした王子・カレル。その恋の相手が自分だと気づかない従者・マリエ。生真面目なマリエは、殿下の想いが叶うよう奮闘するのだが―すれ違いから始まる、不器用な恋の行方は。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 懸想する殿下の溜息/森崎緩

幽谷町の気まぐれな雷獣1・2/森崎緩

幽谷町の気まぐれな雷獣 (レガロシリーズ)
幽谷町の気まぐれな雷獣 (レガロシリーズ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
1巻:2012年5月刊、2巻:2013年3月刊。
これは素晴らしい幼なじみモノ・・・・・・!
小さい頃は仲良しだったのに、高校生になった今では疎遠で寂しい関係となった幼なじみの2人。
そんな2人が、住んでいる田舎町の秘密に関わっていくなかで、少しずつ昔の関係を取り戻していくという物語です。
ハートフルなご近所妖怪モノとしても良かったし、不思議部活系の賑やかな青春物語としても面白かったけれど、なにより幼なじみの揺れ動く距離感と甘酸っぱさが最高でした。好みど真ん中すぎて震えるレベル。
特にヒロインと仲良くできることにはしゃぐヒーローがオモシロ可愛すぎて必見です。感情表現が斬新に恥ずかしくて、正直めっちゃ笑いましたw

☆あらすじ☆
幼なじみは妖怪でした。
片野萩子のイメージは、地味で真面目な委員長。一方、幼なじみの稲多大地は、気さくなイケメンで人気者。会話の数もめっきり減った、カテゴリ違いの二人が、とある事件をきっかけに急接近!?
山間の田舎町、幽谷町で繰り広げられる、恋と青春と、たまに変身(?)のご近所あやかし物語!

以下、2巻まとめてのネタバレあり感想です。

続きを読む 幽谷町の気まぐれな雷獣1・2/森崎緩