「梨沙」タグアーカイブ

木津音紅葉はあきらめない/梨沙

木津音紅葉はあきらめない (集英社オレンジ文庫)
木津音紅葉はあきらめない (集英社オレンジ文庫)【Amazon】

評価:★★★★☆
2017年10月刊。
反骨精神たくましい女子高生が、自分を利用しようとする義父への報復を画策する現代ファンタジー。
勝ち気で傲慢で我が道を行く、女王様のごときヒロインがとても魅力的でした。
彼女の型破りな生き様は見ていてすごく楽しいのだけど、その裏に抱える孤独が切なかったり、神狐と寄り添う姿に萌えたりと、うん、なんというか「梨沙さん、ほんと分かってらっしゃる〜」と言いたくなる新作でした。好き。超好き。
一応は綺麗に終わっているけれど、ぜひシリーズ化してほしい!

☆あらすじ☆
巫女の神託によって繁栄してきた木津音家。
分家の娘ながら御印を持つ紅葉は、本家に迎えられた。
だがその目的が神狐とつがい、次代の巫女を産むためと知り、反逆を決意。
家族や友達と離され道具扱いした本家当主に報復するため、神狐を巻き込み反旗を翻す!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 木津音紅葉はあきらめない/梨沙

鍵屋甘味処改5 野良猫少女の卒業/梨沙

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
子猫のような女子高生と愛想のない鍵師の鍵屋物語完結巻。
色んな人間関係にきっちり決着がつく良い最終巻でした。

☆あらすじ☆
テストに文化祭、修学旅行と高校生らしい行事を終え、鍵屋へ顔を出したこずえ。祐雨子との関係は気になるものの、ひさびさに淀川と会えてうれしい。和菓子屋から来た客へお茶を出し、時々は淀川の助手として駆り出される―平凡な日々が続くかと思いきや、淀川の元カノが現れる。過去に苦しむ淀川、そして、そんな彼を見守るこずえは…?人気シリーズ、完結!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改5 野良猫少女の卒業/梨沙

お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係/梨沙

お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
凜々しい男装王女と健気な少年執事見習いが、竜の卵を預かって一緒に育てることになったり、王宮内の騒動に巻き込まれたりする物語。
両片想いで性差逆転な感じの楽しい主従ラブコメでした。執事見習いくんの理性と本能がせめぎ合ってた・・・w
途中までごちゃっとした内容に手こずってしまったけれど、バラバラだった伏線が回収される終盤の展開は面白かったです。

☆あらすじ☆
「この忠誠はあなただけのために」
幼き日、姫は少年から生涯変わらぬ真心を送られた。姫の名はミシェル・バースト、少年の名はアンバー・クリムゾン。跡取りとして精力的に暮らす彼女の日常は、弟の誕生により一変する。政略結婚の駒となることを余儀なくされた彼女が選んだ新たな道―それは、誰にも負けない“王子”になること!?
美しく勇ましい姫君と、そんな姫君に振り回される執事見習い+竜の両片想いラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係/梨沙

鍵屋甘味処改4 夏色子猫と和菓子乙女/梨沙

鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
無愛想な天才鍵師と猫のような女子高生の鍵屋の日常を描いたシリーズ第4弾。
今回はラブコメにようやく進展が。ちょっとだけだけど。でもこの焦れったさがすごく良い!

☆あらすじ☆
今さら淀川と祐雨子の関係が気になるこずえ。折悪しくテスト前で、鍵屋への出入りを禁じられてしまう。そんな中、こずえが通う高校のプールに不審物が投げ込まれる事件が起きる。鍵を開けられた形跡があり、鍵屋として淀川が呼ばれ…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改4 夏色子猫と和菓子乙女/梨沙

神神神は、罪に三度愛される

『神神神(かがみしん)は、罪に三度愛される』(梨沙著/朝日エアロ文庫)★★★★☆

神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)
神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

2016年2月刊。
「華鬼」で知って以来、梨沙さんの著作は色々と読んできたはずなのですが、本作はまさしく新境地の作品といえるのではないでしょうか。
主人公と幼なじみが合宿で訪れた廃校。そこで起こった猟奇的な殺人事件。
誰なのか分からない殺人犯への恐怖と、誰が何をするか分からない恐慌状態。
嵐に取り残されてしまった廃校を舞台に描かれるミステリーは、スリリングでとても読み応えがありました。
が、しかし。
この結末は予想していなかった・・・・・・。
とても切なくて、胸が苦しくなるような読後感。それでも、もう一度最初から読みたくなる作品でした。

☆あらすじ☆
高校生の僕と幼なじみの日和が所属する、超常現象研究部が夏合宿で訪れたのは、廃校になったばかりの中学校。台風直撃の予報の中、強行された合宿で先輩の変死体が発見される。惨劇を機に、嵐の廃校で明かされる三つの罪、愛しくも残酷な真実──。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 神神神は、罪に三度愛される

鍵屋甘味処改3 子猫の恋わずらい

『鍵屋甘味処改3 子猫の恋わずらい』(梨沙著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

鍵屋甘味処改 3 子猫の恋わずらい (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 3 子猫の恋わずらい (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
愛想のない青年鍵師と警戒心の強い女子高生の鍵屋物語第3弾。
「恋わずらい」というサブタイトルからして思わせぶりですが、徐々に恋愛描写が増えてきた様子。
でもこの二人、カップルを通り越して熟年夫婦のような雰囲気が先に出ちゃってるのはどういうことなのか・・・・・・とても良いと思います╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

☆あらすじ☆
ゴールデンウィーク、こずえは淀川の鍵屋を手伝っていた。謎めいた依頼が入り、こずえたちは『鍵屋敷』へ向かうことに。
そこには若手の鍵師が集められていた。そして屋敷中の鍵を開け、コインを集めるという奇妙なゲームが始まり…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改3 子猫の恋わずらい

第七帝国華やぎ隊2 その恋、語ることなかれ

『第七帝国華やぎ隊 その恋、語ることなかれ』(梨沙著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

第七帝国華やぎ隊 その恋、語ることなかれ (一迅社文庫アイリス)
第七帝国華やぎ隊 その恋、語ることなかれ (一迅社文庫アイリス)

前巻の感想はこちらから


2016年1月刊。
怪力腹ぺこ少女と生真面目聖職者の騎士団ファンタジー第2弾。
前巻よりも甘さが出てきて恋愛パートは楽しめたのですが、ストーリーの運び方とキャラの魅せ方がちょっと粗いような?
引っかかる部分が少々あるものの、物語自体は楽しめました。
1巻から少し間があいた刊行でしたが、このシリーズまだ続くのでしょうか。
なんとなくここで終わっても大丈夫な気がするラストでした。

☆あらすじ☆
第七帝国華やぎ隊―高額給与につられメイが入ったのは、ツキモノ憑きが集められた騎士団だった!堅物聖職者のバージルや、変わり者揃いの美形隊員たちに囲まれて半年、水の都に魔獣の出没事件が発生!?そんな中、旅の遊戯団によるステージが開かれることに。急接近するメイとバージルに、事件は思わぬ方向へ加速して―!?魔神に溺愛される少女の波乱万丈な騎士道ライフ第2幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 第七帝国華やぎ隊2 その恋、語ることなかれ

第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき

『第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき』(梨沙著/一迅社文庫アイリス)★★★☆☆

第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき (一迅社文庫アイリス)
第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき (一迅社文庫アイリス)

2015年7月刊。
守銭奴な怪力少女が高給につられて入隊したのは、第七王子が作った「華やぎ隊」。
同期入隊(?)となったクールな聖職者と一緒に、主人公は町の平穏を守る(ことで得る収入の)ために戦うことになるのです。
水の都を守る水神や、主人公に取り憑く魔神や、ツキモノと呼ばれる悪しき存在などなどちょっと設定過多な印象を受けました。
そのため少し分かりづらいところがあるのですが、呑み込んでしまえば魅力的な設定で面白かったです。物理攻撃メインの主人公は可愛かったですし。
シリーズ化するなら追っていこうと思います٩( ‘ω’ )و

☆あらすじ☆
第七帝国華やぎ隊―それは、大国の王子が作った究極の娯楽部隊。とある理由からお金がほしいメイは、幸運にも華やぎ隊に入隊することに!美形ばかりが集められた、水の女神の警護をするお飾り部隊。そう聞いていたのに、待っていたのは愛をささやき合う双子、軟派な屍術師、麗しの死者、病弱な王子、そして冷酷な聖職者という変わった隊員たちで…!?水の都を舞台に、魔神に愛された少女の波瀾万丈な騎士道ライフが幕を開ける!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき

鍵屋甘味処改2 猫と宝箱

『鍵屋甘味処改2 猫と宝箱』(梨沙著/集英社オレンジ文庫)★★★★☆

鍵屋甘味処改 2 猫と宝箱 (集英社オレンジ文庫)
鍵屋甘味処改 2 猫と宝箱 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから
鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 | 晴れたら読書を

2015年6月刊。
ノラ猫女子高生と無愛想な鍵屋さんの日常を描くシリーズの第2弾。
今回も面白かったです。コメディありシリアスありの連作短編形式も変わらず。
ラブ方面については・・・・・・この微糖具合がたまりません(⌒~⌒)

☆あらすじ☆
冬休み、母とケンカをして家出した女子高生こずえは、ひょんなことから鍵師の淀川と知り合い、彼の家で数日間の居候生活を送った。今は母とも仲直りし、週末だけ淀川の仕事を手伝いに行っている。かつての依頼人から謎の荷物が届いたり、こずえを心配する母・夏帆がこっそり様子を見に来たり、必死の形相で女の子が飛び込んできたり―鍵屋は今日も忙しくて…?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鍵屋甘味処改2 猫と宝箱

狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に

『狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に』(梨沙著/一迅社文庫アイリス)★★★★☆

狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)
狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
狂伯爵と買われた花嫁3 不器用な蜜月 | 晴れたら読書を

ヒーロー成長系ラブファンタジー完結。
色んなゴタゴタがありましたが、やっぱりこれはクリストファーの成長物語でした。1巻の頃と比べると別人のように逞しくなって・・・・・・。
楽しいシリーズでした。梨沙さんの次回作も楽しみです。

☆あらすじ☆
最近、胸がどきどきして旦那様を直視できないんです!舞踏会以来、旦那様を意識してしまう新妻の私。彼の目的は、趣味の剥製作りの素材としての私の体だけなのに…!美貌の青年伯爵クリストファーと、彼に一目惚れされ購入された花嫁リリアン。心を通いあわせはじめた二人に迫る最大の危機とは!?究極の愛を求める伯爵の“死”からはじまる新婚ラブファンタジー第4弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に