「桜井光」タグアーカイブ

灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary

『灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary』(桜井光著/星海社文庫)★★★★☆

灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary (星海社文庫)
灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary (星海社文庫)

人類が滅んでしまった終末の世界を二人で旅する白衣の女と半機械の男。そんな男女が主人公のディストピア小説です。
割と序盤からオチをうっすらと読めてしまうものの、支え合い依存し合う二人の儚さがとても好みな作品でした。
スチームパンクシリーズと同じ世界観だそうですが、私みたいな未プレイの人間でも楽しく読めたのでかなり独立性が高い作品なのだと思います(あとがきにもそうありましたし)
挿絵もイチオシです。こういう重厚感と迫力のある絵はほんと良いです、作品にもぴったりでした。

☆あらすじ☆
異形に歪んだ超大な“大機関時計”が墓標のようにこの星の全土に突き立ったその日、世界は終わった。機械死人が呻きを上げ、生き残った僅かな命を貪り尽くして静かになった世界に残された最後の“人”、青年・キリエと少女・ジュヌヴィエーヴ。ふたり寄り添いながら、すれ違いながら、死んでしまった世界の果てで最後の場所を求め、旅を続ける―「スチームパンクシリーズ」の桜井光が綴る“美しい終末世界”

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 灰燼のカルシェール What a beautiful sanctuary

殺戮のマトリクスエッジ3

『殺戮のマトリクスエッジ3』(桜井光著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ3(イラスト完全版)
ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ3(イラスト完全版)

面白くなりそうな予感はあるのですが、今回までが全体の序章なのかもしれませんね。
1巻はソーマの話、2巻はユノの話、そして3巻は1巻と2巻の人物をつなぐもの、という感じでしょうか。デート回?の割にはシリアスですが、恋するユノの浮かれっぷりにとてもニヤニヤしましたw
謎が多すぎてそろそろ大きな盛り上がりが欲しいなぁ、と思っていたところでラストの展開。心理描写が冴えてますね。続きが早く読みたい!

☆あらすじ☆
旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。地上最後の楽園と呼ばれるこの街にそびえる、総合ショッピング施設『ゾス・モール』にデートへと出かけたユノとソーマ。ククリも勿論ついてきて―。だが、彼らは突如として封鎖されたモール内に閉じ込められてしまう。出現する、新たなホラー。ユノとソーマは互いに「自分の正体」がばれないように、ホラーを止めるべく奔走する。なぜホラーは人を襲うのか。ホラーとは何か…。企業複合体の更なる暗部がついに動きだす―!サイバーアクションシリーズ第三弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 殺戮のマトリクスエッジ3

殺戮のマトリクスエッジ2

『殺戮のマトリクスエッジ2』(桜井光著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ2(イラスト完全版)
ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ2(イラスト完全版)

1巻よりSF色が強くなっている気がします。電脳都市という世界観をゆっくりと掘り下げて行っている印象。
まだシリーズの全体像は全然見えてこないのですが(というかこの巻までが序章かな)、面白くなっている、気がする?
今回は、ユノ主役回。彼女の夜の姿を描くお話でした。それにしても、ユノは本当にソーマが好きなんですね・・・・・・。昼間ソーマのことしか考えてないよこの子。

☆あらすじ☆
旧東京湾上に建設された積層都市トーキョー・ルルイエを襲う連続怪死事件。血を流すことなく人が死ぬ。魂を抜き取られるが如く、人が死ぬ―。過去に連なる悩みを抱え、自暴自棄のユーノ・柏木は立入禁止区域である地下層へと向かっていた。事件を知ったユーノは、唐突に表れた軽口ばかりの荒事屋、何を考えているのか分からない実践的錬金術教団の構成員と共に、事件の真相に肉薄していく。その裏にいる“銀の腕”に気づかぬまま…。電子と鮮血の満ちる暗闇で、少女は走馬燈を見る。サイバーアクションシリーズ第二弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 殺戮のマトリクスエッジ2

殺戮のマトリクスエッジ1

『殺戮のマトリクスエッジ』(桜井光著/小学館ガガガ文庫)★★★☆☆

ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ(イラスト完全版)
ガガガ文庫 殺戮のマトリクスエッジ(イラスト完全版)

サイバーパンク。て何だったっけか。
ふと気になってウィキペディア先生に聞いてみたのですが(後述)、確かにこれは正しくサイバーパンク作品です。攻殻機動隊的な。このジャンルの定石を踏んでいるため、がっつりとしたSFの割には分かりやすく世界観が描かれているように感じました。
市民の電脳化が進められた電脳都市に流れる「ホラー」と呼ばれる化け物の都市伝説。主人公はそのホラーを狩る掃除屋の少年です。彼が不思議な少女と出会うことで電脳都市とホラーに隠された秘密を暴いてしまう、というお話でした。
まだまだ序章という感じで、主人公がどういう人物なのか、とか、ルルイエがどういう世界なのか、とかをふんわりと説明して1巻は終わってしまいました。1巻だけだと評価しづらい作品です。ヒロインのうち1人は顔出し程度でしたし。
でもかなり好きな世界観だったので続きに期待します!

☆あらすじ☆
西暦20××年。旧東京湾上に建設された次世代型積層都市トーキョー・ルルイエ。この都市には、電脳を喰らう獣がいる。それは、電脳ネット上、どこにも存在しない、人喰いの化け物どもだ。そして、彼・小城ソーマは奴らを狩る。鮮血と電子の満ちる裏路地で、彼は独り、獣を狩る。ある晩出会った不思議な少女と共に、彼は都市の大いなる陰謀に巻き込まれ、翻弄される。ライアーソフト「スチームパンクシリーズ」や『Fate/Prototype蒼銀のフラグメンツ』を手がける桜井光が紡ぎ出す、サイバーパンクアクション始動!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 殺戮のマトリクスエッジ1