「桑島黎音」タグアーカイブ

転生少女の履歴書3/唐澤和希

転生少女の履歴書 3 (ヒーロー文庫)
転生少女の履歴書 3 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
元ハイスペック女子高生の異世界転生物語第3弾。
引き続き学園編。元の世界の知識で商売繁盛&領地繁栄を目指す物語として着々と進んでいる感じですね。
面白いけれど、もうちょっとテンポ上げて欲しいかなぁ。

☆あらすじ☆
リョウは王立学校に入学して2年目を迎えていた。魔法使いではない生徒にも魔法に関する書物を閲覧する権利を求めて、デモ活動に力を入れるリョウ。ドッジボールを広め、社交場を作ることで、様々な生徒から署名を得ていた。だが、学園で最も権力のある生徒、ヘンリー王弟と思わぬところで遭遇したことで、魔法使いや王族に対して複雑な思いを抱くようになる。また、嘆願書を通すために、自分の立場向上をはかるリョウは、商人としての名声を得るため活動を始める。しかし、ある日、腐死精霊使いでもあるシャルロットの魔法を見て、とある物の作成を思いつく。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生少女の履歴書3/唐澤和希

転生少女の履歴書2/唐澤和希

転生少女の履歴書 2 (ヒーロー文庫)
転生少女の履歴書 2 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
元ハイスペック女子高生の異世界転生物語第2弾。
今回から学園モノになったこともあり、前巻のような波瀾万丈感は薄れてしまいましたが、それでもエンジン全開なリョウの活躍が楽しめる1冊でした。
最後めっちゃ気になる終わり方だったので続き早く!

☆あらすじ☆
伯爵家の養女に迎えられたリョウは、貴族の学校へ入学する。学校では、昔小間使いとして仕えていたレインフォレスト伯爵家の兄弟カイン・アランと再会。二人との再会を喜ぶも、子分でもあるアランがリョウを心配しすぎるが故に様子がおかしいことに頭を悩ませ、リョウは一計を案じる。一方、学校に入学したからには、友達を作りたいと意気込むリョウ。しかし、特殊な境遇で入学していることで周りの生徒からは警戒され、リョウと関わろうとする女生徒はごく少数だった―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生少女の履歴書2/唐澤和希

転生少女の履歴書1

『転生少女の履歴書1』(唐澤和希著/ヒーロー文庫)★★★★☆

転生少女の履歴書 1 (ヒーロー文庫)
転生少女の履歴書 1 (ヒーロー文庫)

2016年1月刊。
学業優秀スポーツ万能なハイスペック女子高生の異世界転生ファンタジー。
ややテンションの高い軽快な語り口で綴られていくのですが、その裏から少しずつ滲み出る陰鬱な感情が最高に好みでした。
何でも器用にこなせるけれど肝心なところで不器用な少女が、流されるままにたどり着いた先で何を見つけるのか。
前世で必死に求めたのに手に入らなかったものを、新しい人生の中で手に入れることはできるのか。
1巻は序章的な内容でしたが、主人公の快刀乱麻な大活躍にワクワクできて楽しかったです!
魔法使いのいる世界観も背景が薄暗くてとても好み。
これは続刊も期待できそうです(*^ω^*)

☆あらすじ☆
優秀な成績を収めていた少女は、親の愛に恵まれずに不慮の事故でその人生を終える。転生先は、ろくに畑の知識もなく、魚を捕まえる術さえ知らない農民達が暮らす開拓村。その村の6人兄弟の末娘としてリョウと名付けられる。あまりにも極貧な生活のなか、身売りされないため、飢え死にしないため、また、前世では得られなかった親の愛を求めて、村の改革に奔走する。リョウの活躍で、とりあえず飢え死には免れたと思ったところに、魔法使い達がやってくる。魔法使いが絶対の支配階級である異世界で、リョウは前世の知識や技術を役立たせながら、農家、貴族の小間使い、山賊…居場所を転々としていく―。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 転生少女の履歴書1