「染井由乃」タグアーカイブ

破滅の魔術師は、人形姫に終焉の恋を捧ぐ /染井由乃


破滅の魔術師は、人形姫に終焉の恋を捧ぐ (電撃の新文芸) 【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★
2022年3月刊。
生贄となる日を粛々と待つ姫と、彼女の隣で物語を語る朗読師。
二人の恋がバッドエンドを迎えたところから始まるやり直しの物語です。
読みながら「血みどろ皆殺しのヤンデレ発狂エンドと、○○○○○○エンドどっちが良い?」と聞かれている気分になりました。地獄の二択か?
正直どっちも大好きですが、やり直しによって紡がれる幸せな悲恋の物語はとても美しかったです。心に響く表現がとても多かったなぁ。
終盤の展開も好み。最後までとても面白かったです!

☆あらすじ☆
生贄の姫と孤独な魔術師が織りなす、悲しき【運命のやり直し】の物語
王国を守る生贄の「人形姫」として育てられた王女コーデリアは、幼い頃失明して以来、専属朗読師の青年レイヴェルを心の支えに生きてきた。しかし生贄の儀式も間近のある日、レイヴェルの魔術によって国が滅ぼされてしまったと知る。優しい彼が何故……? 絶望するコーデリアに“女神”が救いの手を差し伸べた。視力を与えられ、一年前に戻った彼女は、レイヴェルが起こす災厄を必ず防ぐと決意する。たとえ彼を殺してでも。悲劇の運命を書き換えるために――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 破滅の魔術師は、人形姫に終焉の恋を捧ぐ /染井由乃

オルコスの慈雨 天使と死神の魔法香 /染井由乃


オルコスの慈雨 天使と死神の魔法香 (メディアワークス文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★
2021年1月刊。
あとがきに書かれていたコンセプト(?)がこの作品の魅力を見事に示していると思うので引用します。
“暗い過去のせいで仲違いしてしまったが、今も互いに憎み切れず、軽口をたたき合いながら一緒にいる“
これが本作の主人公と幼馴染の関係性ですよ!めちゃくちゃ良かった!

殺意と憎悪で心が掻き乱れるのに、かつて抱いた慕わしさが消えてくれない。
今すぐ消えてほしいと思いながら、隣にいることが当たり前で自然に思う。
少年への愛憎に苦しむ少女と、少女だけに慈愛と執着を見せる少年のお話でした。
とても面白かったけれどプロローグみたいな内容だったので、絶対に続刊が欲しいです。よろしくお願いします!

☆あらすじ☆
その魔法には、香りと想いが込められている――。
 互いに偉大な魔術師と同じ魔法香を持つ孤児のシルヴィアとルグ。二人は優しい魔術師に引き取られ、日々幸せに過ごしていた。しかし、ある事件を境に溝が出来てしまう。
 それから数年後。16歳になった彼らの元に、名門と名高いフォルトゥナ魔法学園への入学案内が届く。期待に胸を膨らませるも、あまりにも珍しい二人の魔法香に、様々な噂が立ってしまい……?
 彼らの魔法香に秘められた謎、そして忌まわしき事件の秘密。魔法学園を舞台に、運命の歯車が回りだす――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む オルコスの慈雨 天使と死神の魔法香 /染井由乃

【WEB小説感想】ヤンデレ至上主義の悪役令嬢はハッピーヤンデレカップルを慈しみたい! /染井由乃

https://twitter.com/amenaraneru/status/1437339742870257668

Twitterで「ヤンデレが好き」と定期的に鳴いていたらオススメいただきました。めちゃめちゃ面白かった〜!

『公爵令嬢レイラの逃避行』の染井由乃先生による悪役令嬢転生もの。
ヤンデレばかり揃えた乙女ゲームの世界に悪役令嬢として転生し、各種ヤンデレカップルを愛でながら、彼らのバッドエンドを回避しようと奔走する物語です。

様々な病んだ恋愛が描かれ、それらをニヨニヨしながら見守る悪役令嬢。
「ヤンデレ×美少女のココが良い!」という熱い主張に、何度「わかる!」と叫んだことか。ヤンデレスキーの性癖に対する解像度が異様に高い。

そして、もちろんヤンデレものとしても楽しい作品でした。
よそのヤンデレカップルを愛でる悪役令嬢の背後で、ひっそりふつふつと煮詰まるように育っていく執着心……
こういうの、大変美味しいですねっ!!

☆あらすじ☆
16歳の誕生日、エレノアは自分が、ヤンデレ系恋愛シミュレーションゲーム「狂愛のスノードロップ」の世界に転生していることに気づく。
ヤンデレ塗れのこのゲーム、バッドエンドは悲惨も悲惨。ヤンデレたちの拗らせ執着の末に、ヒロインですら死亡、監禁は当たり前。
肝心のエレノアの立場はというと、これまた死亡フラグだらけの悪役令嬢。だが、歪んだ愛をこよなく愛する彼女は、自らの境遇に絶望することもなく一人ほくそ笑む。
フラグ回避? 改心していい子ちゃんになる?
それももちろん大事だけれど、最も大切なことは「ヤンデレ×美少女」の恋路を見守ることではなくって?
悪役令嬢の対場を利用して、ハッピーヤンデレルートを見届けるまでは死んでも死にきれない!
「さあ、見せて頂戴! 歪んだ愛の美しさを!!」
これは、ヤンデレ至上主義の悪役令嬢が、ヒロインたちのバッドエンドを全力で回避しながら、尊いヤンデレカップルの成立を見届けるために奔走する喜劇の物語。

以下、最終話および番外編までのネタバレあり感想です。

続きを読む 【WEB小説感想】ヤンデレ至上主義の悪役令嬢はハッピーヤンデレカップルを慈しみたい! /染井由乃

傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 /染井由乃


傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 (電撃の新文芸)【Amazon】【BOOK⭐︎WALKER】

前巻の感想はこちらから

評価:★★★★☆
2020年8月刊。
泥沼ヤンデレ三角関係という濃い内容のラブロマンスですが、下巻は更にパワーアップして濃厚でした。
選ばれなかったヤンデレは恐ろしく、選ばれたヤンデレも本当に大丈夫か?と不安になり。
でもこういう作品って、その不安定な関係性こそが楽しいもの。
本作もとても面白かったです。

☆あらすじ☆
溺愛×監禁。身を焦がす執着愛のたどり着く先は――。
元婚約者である王太子によって塔に監禁されたレイラ。彼女の心には、喧嘩別れになってしまった最愛の魔術師の事が残り続けていた。複雑に絡み合う、歪な執愛の末に公爵令嬢がたどり着いた恋の結末とは――?

以下、ネタバレありの感想です。WEB版の後日談にも触れるのご注意を。

続きを読む 傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下 /染井由乃

傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上 /染井由乃


傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年5月刊。
性癖で殴る系のドロ沼ヤンデレ三角関係もの。
女性向けラノベ界隈を見渡しても、なかなかのディープ路線じゃないだろうか。
病みっぷりがやばいぞと薦められて読んだのだけど、正直こういうの好きだよ・・・・・・

そんな本作は、電撃文庫が宣伝する「電撃の新文芸」から出ている作品です。どうしたの電撃??

右を向いても左を向いてもヤンデレがスタンバイしてる薄幸公爵令嬢の物語。
展開も地獄みが深いです。そういうの好きな人はめっちゃ楽しいと思う!

☆あらすじ☆
溺愛×監禁。婚約破棄の末に逃げだした公爵令嬢が囚われた歪な愛とは――。
事故による2年もの昏睡から目覚めたその日、レイラは王太子との婚約が破棄された事を知った。彼はすでにレイラの妹のローゼと婚約し、彼女は御子まで身籠もっているという。全てを犠牲にし、厳しい令嬢教育に耐えてきた日々は何だったのか。たまらず公爵家を逃げ出したレイラを待っていたのは、伝説の魔術師からの求婚。そして婚約破棄したはずの王太子からの執愛で――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 傷心公爵令嬢レイラの逃避行 上 /染井由乃