「東京レイヴンズ」タグアーカイブ

東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN/あざの耕平

東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年9月刊。
待望の東京レイヴンズ最新刊。
14巻(2015年12月刊)から数えると約2年ぶりの本編です。長かった(T_T)
そして今回から過去編がスタート。
夜光や飛車丸がメインのお話に入ったことで、キャラや時代背景がガラリと変わりました。新鮮で面白かったです。
この巻では話が終わらないのだけど、次巻で現代に話が戻るだろうとのこと。
その次巻はいつ出してくれるのでしょうか・・・・・・ずっと待ってるけどね!
ちなみに今回の表紙は10巻表紙と対になっているとのこと。なるほど!

☆あらすじ☆
時を超え、いま語られる――土御門夜光が辿った激動の運命
やがて呪術界に変革をもたらす伝説の陰陽師・土御門夜光。没落してゆく宗家の当主になった彼の前に、呪術復権の野心を抱く青年・相馬佐月が現れて――。これは転生した夏目の魂が体験する、過ぎ去りし日々の物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN/あざの耕平

東京レイヴンズEX4 twelve shamans/あざの耕平

東京レイヴンズEX4 twelve shamans (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズEX4 twelve shamans (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
十二神将だらけの短編集。
といっても鈴鹿と大友先生のエピソード以外は掌編集という感じでしたが、個性豊かすぎる十二神将達が生き生きと描かれていくのを新鮮な気持ちで楽しめる1冊でした。

☆あらすじ☆
『神童』『黒子』など十二神将の知られざる一面が明らかに!
天才美少女陰陽師、『神童』大連寺鈴鹿が禁忌に手を染めた悲しい理由。陰陽塾の食えない講師・大友陣、かつて『黒子』と呼ばれていた呪捜官時代の一大事件。国家一級陰陽師たちの語られなかった日々を綴る短編集。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズEX4 twelve shamans/あざの耕平

東京レイヴンズ14 EMPEROR.ADVENT

『東京レイヴンズ14 EMPEROR.ADVENT』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★★

東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2015年12月刊。
難産だったらしい第14巻。それも納得の濃厚な1冊でした。
読み応えも抜群で、終盤あたりは涙ぐむ一幕も。
大変動というべき転換点を迎え、一体どんなクライマックスを迎えるのか続きが楽しみで仕方ありません。
が、それはさておきシリーズを最初から読み返したい。これを踏まえて読み返さねばならない!

☆あらすじ☆
カウントは、ついにゼロへ――
示された相馬の悲願と多軌子の力。春虎に語りかける祖霊の導き。敵の手に落ちた『月輪』。仲間と共に策を練る夏目。動揺にざわめく十二神将。すべては上巳――運命の日に向けて、収束していく――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ14 EMPEROR.ADVENT

東京レイヴンズEX3 memories in nest

『東京レイヴンズEX3 memories in nest』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズEX3 memories in nest (ファンタジア文庫)
東京レイヴンズEX3 memories in nest (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから
東京レイヴンズ13 COUNT>DOWN | 晴れたら読書を
2015年9月刊。
東京レイヴンズ短編集EXシリーズの第3弾。
懐かしの陰陽塾時代に笑いながら、なんだか泣きたくなってくるのはいつも通り。
そして今回は夜光飛車角トリオの結成秘話も語られます。これがとても面白かったです!(*゚▽゚)

☆あらすじ☆
雛たちが巣の中で過ごした、かけがえのない日々――その断片。
夏目が意外な趣味にハマってしまったり、もふもふ耳と尻尾のあの子が大増殖……など陰陽塾で流れる時間は、相変わらず賑やかで――。さらに、伝説の陰陽師と彼の護法たちのありし日を描いた書き下ろしを収録!

以下、ネタバレありの感想です。

 

続きを読む 東京レイヴンズEX3 memories in nest

東京レイヴンズ13 COUNT>DOWN

『東京レイヴンズ13 COUNT>DOWN』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ (13) COUNT>DOWN (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ (13) COUNT>DOWN (富士見ファンタジア文庫)

前巻の感想はこちらから
東京レイヴンズ12 Junction of STARs | 晴れたら読書を

じ・・・焦らしますね・・・・・・っ!!(; ・`д・´)
嵐の前の準備回。謎の一部は明らかになりましたが、動くのは次回か。
うう・・・・・・14巻の発売日はいつですか?そこまで頑張って生きる。

☆あらすじ☆
夏目の窮地を機に、身を潜めていた仮初の巣から飛び立ち集結した仲間たち。再会を喜ぶのも束の間、わずか数日後に大規模霊災テロが計画されていることを知る。それは過去2度にわたり上巳の日に起こされてきた霊災テロの3度目―「本番」とも言うべきものだった!陰陽庁のトップ・倉橋ら、強大すぎる敵を前に、夏目たちは味方を増やすそうと行動を開始。が、それを阻むかのように陰陽庁がある声明を発表し…!?奔走する若き闇鴉たち、荒御霊を従えた元講師、独自の行動をとる『十二神将』、退路を断たれゆく春虎―刻々と迫る決戦の日に向け、星々が錯綜し戦況は目まぐるしく変転する!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ13 COUNT>DOWN

東京レイヴンズ12 Junction of STARs

『東京レイヴンズ12  Junctions of STARs 』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★★

東京レイヴンズ (12) Junction of STARs (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ (12) Junction of STARs (富士見ファンタジア文庫)

薔薇マリとエスケが完結した今、もう私の生きる希望は東レしかないんです!それくらい大好きなシリーズの待望の最新刊!
表紙からして滾るものがありますが、口絵を見れば悲鳴をあげること間違いなしです。ぎゃーーーって叫びました。夜中に。
いよいよ本格的に動き出した第2部。
サブタイトルから想像した通りの、待ちに待った展開に興奮がおさまりません!

☆あらすじ☆
空を舞う『スワローウィップ』の群れ、くちばしからたなびくピンクのリボン―それは、天馬から夏目への“秘密の伝言”。そのメッセージは夏目だけでなく、決起の日を待つ仲間たちのもとにも届いていた。そして、都内にて潜伏する春虎にも。夏目が東京へ戻ってきたことを知った春虎は、焦燥を募らせる。夏目とは会えない事情があった。早く“捜し物”―『鴉羽』と対になる呪具を見つけなければいけないのだが、成果のないまま徒に時が過ぎていく。そんな春虎を追い詰めるように、夏目の危機を知らせる報がもたらされ…!?東京の闇の中、運命を背負う星々が瞬き、交錯する―!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 東京レイヴンズ12 Junction of STARs

東京レイヴンズ11 change:unchange

『東京レイヴンズ11  change:unchange』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★★

東京レイヴンズ11change:unchange (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ11change:unchange (富士見ファンタジア文庫)

いよいよ第2部本格始動。
あれから1年半が経ち、何が変わり何が変わらないのか。
あの人もこの人も出てきますが、肝心のあの人は出てきません。
目まぐるしく視点が移動し情報も大量に出されるのに、どうしてここまで分かりやすいんだろう。ほんとに素晴らしい。
そしてラストの展開に鳥肌がたちました。仲間って、いいですね。

☆あらすじ☆
新年、東京。春虎を追い続ける夏目は、久しぶりにこの街に帰ってきた。呪術界を揺るがしたあの夜から一年半。かつての仲間たちの現状が気になりながらも、会えば迷惑をかけると己を律する夏目に、秋乃の素朴な言葉が突き刺さる。
「夏目はいいの?友達に会えなくていいの?」
一方、夜の東京の片隅で、陰陽庁の仕掛けた「餌」に大きな獲物が食いついた。始まる激しい呪術戦。出動した『十二神将』と対峙するのは―。
変わりゆくもの、変わらないもの。呪術と陰謀渦巻く東京で、再び運命が動き出す!

以下、ネタバレありの感想です。興奮のまま書いているので長くなるのはご容赦ください。

続きを読む 東京レイヴンズ11 change:unchange

東京レイヴンズEX2 seasons in nest

『東京レイヴンズEX2』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズEX2 seasons in nest (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズEX2 seasons in nest (富士見ファンタジア文庫)

待ちに待って待ち焦がれた東京レイヴンズの新刊!!
短編集ですけどね。でも良い。読めるだけで幸せ!そして面白かった!!

アニメのほうはいよいよ「あのクライマックス」に向けてラストスパートに入っていますね。春虎覚醒回があんまりな出来だったんで涙を禁じ得なかったのですが、来週放送の8巻ラストは1巻ラスト回(アニメ第3回)並の力が入っていることを祈るばかりです。

☆あらすじ☆
クリスマス、節分、入塾式に三者面談。普通の学校とは少し違う陰陽塾にも、四季折々のイベントが訪れる。ただ勿論、一筋縄ではいかなくて!? 大友・木暮・すず――『三六の三羽烏』始まりのエピソードも明らかに!
BOOK☆WALKER限定版は、文庫未収録のショートショート「なつめ日記」ほか、あざの耕平の「アニメ制作ここだけ話」も特別収録!!

以下、各話の感想です。

 

続きを読む 東京レイヴンズEX2 seasons in nest

東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE

『東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★★☆

東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)

ついに新章開幕!!春虎、夏目、冬児ときて、ついに「秋」が登場!!
呪術バトルが派手で面白かったのですが、伏線もドドーンと張られちゃってます。
つづき!つづきを早く・・・っ!!!!

☆あらすじ☆
「ごめんな、夏目」その言葉を残し、春虎は夏目の前から姿を消した。そして――物語の舞台は、とある山寺へ。寺預かりとして雑用をこなす少女・秋乃の前に、蛟の生成りという新入りが入ってきて……。新章突入!

感想を!

続きを読む 東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE

東京レイヴンズEX1 party in nest

『東京レイヴンズEX1 party in nest』(あざの耕平著/富士見ファンタジア文庫)★★★☆☆

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)
東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)

東京レイヴンズ初の単独短編集。作中の時間は前回の短編と同じく2巻と3巻の間かな?
表紙に出てる鈴鹿は表紙にしか出てきませんでした・・・(詐欺だ!!泣)あ、いや?途中で1回出てくるか??

☆あらすじ☆
緊急事態発生!平和な陰陽塾に突如、謎の『敵』襲来!!陰陽師を育成する陰陽塾。そこは、強力な結界に守られた日本屈指の安全な学舎、の筈だった。しかし今、その平和は破られた。謎の『敵』は数々の術を駆使し陰陽塾を攪乱、生徒の中には負傷者も発生する異常事態に!狙いは、稀代の陰陽師・夜光の生まれ変わりと噂される土御門夏目なのか!?塾内に響き渡る警戒警報を背に『敵』は愛刀の刃をキラリと光らす。ふさふさしっぽに狐耳…どっかで見たようなその『敵』の正体は!?陰陽塾でのてんやわんやな日常のほか、春虎と北斗、夏の日の出会いを描いた書き下ろしを含む、シリーズ初の短編集!

なんというあらすじ詐欺。

続きを読む 東京レイヴンズEX1 party in nest