「本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない!」タグアーカイブ

本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない! /しめさば


本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない! (ダッシュエックス文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2019年8月刊。
虚弱な本屋の店員が、その知識を買われてダンジョンに連れ出されてしまう冒険ファンタジー。
貧弱な主人公が悲鳴をあげながら走り回る姿が面白く、テンポの良さが最高でした。
サクサク読めて、ふふっと笑えて、最後は意外にも胸がぶわっと熱くなる。
知識は豊富だけど頭でっかちじゃなくて、誰よりも弱いけれど必死に身体をはって頑張る男の子。こんな主人公、好きにならずにいられない!
すごく楽しかったです。シリーズ化希望!

☆あらすじ☆
本をこよなく愛している青年、アシタ・ユーリアス。「一生本を読んで暮らしたい!」というアシタだったが、彼が働く本屋にはいつもひっきりなしに冒険者たちがやって来る。理由は簡単。彼の“知識”が欲しいのだ。本が読めたらそれでいいというアシタの想いとは裏腹に、顔馴染みの女冒険者、エルシィにダンジョンへ連れ出されたのが運の尽き。彼の博識さがダンジョン探索の鍵になると目を付けたエルシィは、貴重な文献をエサにしてアシタを更なるダンジョン探索へ誘い……。
“最も博識”で“最も貧弱”な本屋の店員が、「帰りたい!」と嘆きながらダンジョンを駆け回る!ドタバタファンタジーコメディ開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 本屋の店員がダンジョンになんて入るもんじゃない! /しめさば