「最強主人公」タグアーカイブ

陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで /松尾からすけ


陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2020年1月刊。
これは良いケンカップルラノベ!

幼なじみの存在感に潰されてきた主人公が、本当の実力を魔王に見初められ、そのまま魔王軍に引き抜かれるファンタジー。
正直、序盤は読むのがキツかったです。クセの強い陰キャのノリが合わず・・・・・・

ただ、そんな主人公が魔王軍に入ってから物語はどんどん面白くなりました。これから読む方はもし途中で投げ出したくなっても最後まで読んでみてほしい。
上にも書いたけれどケンカップルが良いんですよ。ラブコメパートが本当に良い。
養い子に「パパ」「ママ」と懐かれる、恋愛関係すらない男女の距離感が絶妙なんです。
喧嘩しつつ意識し合うツンデレ×ツンデレの恋人未満夫婦もどきとか、もうこれ大好きなやつ・・・!

☆あらすじ☆
本当の幸せは魔王軍≪ココ≫にありました
完全無欠の親友の陰に隠れて実力を出し渋っていたクロは、ある日魔王軍に引き抜かれることに。””本気””を出して魔王軍の改革を進めたり、サキュバスの秘書や魔族幼女と暮らすうち居心地がよくなってきて……!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 陰に隠れてた俺が魔王軍に入って本当の幸せを掴むまで /松尾からすけ

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦8 /細音啓


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 8 (富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年12月刊。
好敵手として戦場で出会い、惹かれ合う最強同士の波乱を描くファンタジー第8弾。
物語が新たな局面へと突入しました。盛り上がってきたなぁ!

☆あらすじ☆
魔女の楽園の崩壊で、新たな始祖の血脈たちが動き出す!
魔女狩りの夜が明け、混乱の責任を問われ政権が大きく揺らぐ中、女王代理であるアリスは、シスベル奪還をイスカに託す。イスカもまた自分たちの目的のため、ヒュドラ家の研究施設『雪と太陽』への潜入を試みる!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦8 /細音啓

冥王様が通るのですよ! /木口なん


冥王様が通るのですよ!【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年10月刊。
魔力の高い人間を殺せば殺すほど凶悪に進化していく亡霊主人公の虐殺ファンタジー。
物理や化学の知識を下敷きに強力な魔法が練り上げられていく、理系なファンタジーだったことも印象的でした。
個人的には主人公とヒロインの関係が結構好き。
人間たちからすると迷惑極まりない関係になりそうな雰囲気ですが、ここまできたら二人の道がどこへ辿り着くのか見てみたいものです。
というわけで2巻に期待。

☆あらすじ☆
不治の病で入院していた青年・修がある日目を覚ますと、そこは異世界の見知らぬ森だった。
……しかも、死の魔法を司る幽霊として。
原因不明の状況に、当然彼も取り乱すかと思いきや、むしろ彼のテンションは爆発寸前。好奇心旺盛な彼は、生前からの願いだった「未知の存在を研究し尽くす」ことを胸に、魔力や魔法、モンスターなどなど、異世界の不思議を探求することに。
ひとまずは出会った少女アイリスを引き連れ、モンスターの魔力を吸収してみたり、騎士団のメンバーを魔法の実験材料にしたり、街も王都も研究と称して火の海へ変えたりなど、心の赴くまま旅をしていく。
その折、アイリスが人間たちに連れ去られてしまい……。
異世界を恐怖のどん底へと突き落とす、慈悲なき冥王様の爽快瞬殺アクションファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 冥王様が通るのですよ! /木口なん

王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 3.暗躍せし影 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年10月刊。
面白かった!
転生した1000年後の世界で蠢き始める陰謀の気配。
そこにレティシエルの運命も絡み始めてきました。これは楽しくなってきた・・・!
前世の記憶を取り戻す前の「失われた記憶」も謎めいた形で蘇りつつあり、こちらはどういう展開になるのか想像もつきません。
続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
最強王女VS邪悪なる意志
フィリアレギス公爵家との縁を切り、自由を謳歌するレティシエルの元に、公爵家の長女・サリーニャが訪れる。
公爵家の忌み子である『ドロッセル』を嫌っていたサリーニャの思惑が読めず困惑するレティシエル。
その裏では、クリスタがレティシエルの学友・ジークへと近づいており……?
違和感を拭えないまま始まった学園の課外授業の真っ最中、人々を誘拐する謎の集団にジークとヒルメスが捕まってしまう。
友人を狙われ怒るレティシエルは集団を制圧するも、敵の未知の力は不穏な匂いを感じさせ……?
レティシエルを取り巻き暗躍する影と、蘇り始める『ドロッセル』の記憶。転生した王女殿下を待ち受ける新たな謎とは――!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです3 暗躍せし影 /八ツ橋皓

王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 2.精霊王の来訪 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2019年4月刊。
1000年後に転生した最強王女がマイペースにわが道を突き進むファンタジー第2弾。
世界情勢が少しずつ明らかになり、国が抱える問題も見えてきた感じ。
レティシエルの新しい環境もゆっくりと整い始めているのを感じます。
まぁでも2巻は準備回という雰囲気で、大きな動きはそこまでなく(重要そうな新キャラは出てきましたが)
一方で様々な伏線が気になって仕方ありません。次巻も期待。

☆あらすじ☆
常識外れの最強魔術譚、第二幕!!
異形の怪物を退け、穏やかな日常へ舞い戻ったレティシエル。
しかし強大な魔術の力を求める国王に喚び出され、息をつく間もなく王城へ。自由を求めるレティシエルに、したたかな国王はとある条件を提示して……?
謁見を終え、学園に戻ったレティシエルは「魔法同好会」を立ち上げる。
同好会の仲間と期末試験を乗り越えてから数日、絶滅していたとされる双子の精霊王ディトとティーナがレティシエルの前に現れるが、二人はレティシエルに突然襲い掛かってきて!?
二人を無力化するべく、レティシエルはついに本領を発揮する──!
常識外れの王女殿下が我が道を往く最強魔術譚、第二幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです2 精霊王の来訪 /八ツ橋皓

王女殿下はお怒りのようです1 転生王女と古の力 /八ツ橋皓


王女殿下はお怒りのようです 1.転生王女と古の力 (オーバーラップ文庫)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2018年12月刊。
面白かった〜!
1000年後の世界に転生した最強魔術師が、自分を軽んじる周囲に頓着することなく我が道を突き進む転生ファンタジー。
高性能な女性主人公で、美青年がたくさん登場して、前世から大切にしている恋があって―― と、個人的には女性向けラノベっぽい読み味でした。
主人公のマイペースっぷりは読んでいて不思議な心地良さがあり、とても好きなタイプ。
周囲に侮られたり、不審がられたり、褒めそやされたりと、彼女に対する反応は実に様々。しかしその全てに関心はなく、一方で、一度懐に入れた人のことは大切に守り抜く。
良い良い。そのままマイペースに突き進んでくれって思う。
恋愛要素も好きな感じになりそうだし、魔法技術が後退した世界に古の魔術が持ち込まれることで何が起こるのかも気になります。続きが楽しみ。

☆あらすじ☆
戦乱の王女として生まれ、最強の魔術師と謳われたレティシエル。
隣国の侵攻によって家族と伴侶を失い、魔術の力を敵国に奪われないため自ら命を手放した──はずが、目を覚ますとそこは見知らぬ天井だった。
情報をかき集めてみると、レティシエルはどうやら別の人間として千年後の世界に転生していたらしい。
しかも家族や周囲の人間、婚約者にすら疎まれている無能令嬢として。
色々と物申したいことがある中、千年後の世界における魔術の術式を目の当たりにし──そのお粗末さに“魔術バカ”のレティシエルはブチ切れた!?
「この世界の魔術レベル低すぎっっっっ!!!」
常識外れな王女殿下が我が道を突き進む最強魔術譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 王女殿下はお怒りのようです1 転生王女と古の力 /八ツ橋皓

女皇だった前世を持つ織物工場の女工は、今世では幸せな結婚をしたい! /風見くのえ


女皇だった前世を持つ織物工場の女工は、今世では幸せな結婚をしたい! (フェアリーキス ピュア)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
帝国の女皇が属国の平民女工に転生。
しかしチートな能力と女皇の知識を引き継いでいるため、振る舞いが平民の少女には全く見えない。
おかげで婚活がうまくいかない!と嘆くところから始まるラブコメファンタジー。
主人公のキャラを受け入れられるかどうかで評価が変わりそうな作品。個人的には少し苦手なタイプ(上から目線のTUEEEキャラ)でした。
でも国家規模の危機に巻き込まれていく後半のストーリーはとても面白かったです。

☆あらすじ☆
女皇だった前世の記憶を持ちながらも、田舎の織物工場で働く女工のシェーラ。今世の平凡な生活に満足しつつ、前世で叶わなかった結婚を果たそうと婚活に精を出すが、無意識に女皇オーラを発しすぎて男性に逃げられるばかり。「どうして? 私の何がいけないのっ!?」そんなある日、皇族の末裔らしき悪徳商会の会長に見初められ……。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 女皇だった前世を持つ織物工場の女工は、今世では幸せな結婚をしたい! /風見くのえ

ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの


ただし少女はレベル99 出屋敷市子シリーズ (講談社ノベルス)【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2014年2月刊。
『五位鷺の姫君、うるはしき男どもに憂ひたまふ』(メディアワークス文庫刊)が面白かったので他の作品も読んでみようということで、読んでみました「れべきゅー」シリーズ第1作。
不思議な能力と存在感を持つ女子中学生・出屋敷市子を中心に、彼女の周囲で巻き起こる騒動を描いていく連作短編。
実在の人物・作品名が怒涛の如く垂れ流される天狗の早口オタトークに思わず笑い、サブカル薀蓄で殴られつつも異様に分かりやすい例え話に思わず身体が前のめり。夢中になって一気読みしました。
てかこの妙ちきりんな中毒性、まんま五位鷺の読み味じゃん!すごい!同じ作者だ!(当たり前の感動)
これは他のシリーズも追いたくなりますね。とりあえず「れべきゅー」を読破しよう。

☆あらすじ☆
学校で出屋敷市子は「カッパー」と呼ばれている。彼女のまわりではありえないことばかりが起こるからだ。だからカッパー、デビッド・カッパー・フィールド。同級生の葛葉芹香が撮った写真に偶然写りこんだ市子は、その写真を消去するようにと芹香に迫る。消し忘れているうち、小さな幸運が次々と市子に舞い込むが、それは凶事を呼び込む幸運の無駄遣いだった……。博学天狗にもふもふ狐ほかも登場するオカルティックファンタジー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ただし少女はレベル99  出屋敷市子シリーズ1 /汀こるもの

死にゲー転生ブラッドペイン /羽根川牧人


死にゲー転生ブラッドペイン (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2019年9月刊。
死にゲーの世界に召喚された有名プレイヤーが、「ゲームの展開上絶対に死ぬ巫女」を守り抜いてゲームクリアを目指すファンタジー。
と言っても熱血でヒロイックな感じではなく、ある目的のために淡々とやるべきことをこなしていく主人公のドライさが印象的でした。
深い闇を感じる彼の過去に何があったのか。
果たして巫女を守り抜くことはできるのか。
そして、この世界は一体何なのか。あのゲームは何だったのか。
様々な謎が残されたまま終わっているので、続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
「任せておけ。なにせ俺は、天才のお前に召喚された、最強の断罪者だ——」
大人気”死にゲー”をプレイ中に意識を失った黒江海斗は、自キャラ《血錆のカイト》として目覚める。自分を召喚した焔の巫女フラムは戦闘を強要してきたり「撫でてください!」と懐いてきたりと、可愛くもあるがやたらとウザい。ゲームの展開通りなら、序盤の負けイベントで彼女は死ぬ——だがフラムの健気な覚悟を知ったカイトは、最強プレイヤーとして誰も見たことのないエンディングを目指す! リアルで成し遂げる前人未踏の縛りプレイ攻略譚!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 死にゲー転生ブラッドペイン /羽根川牧人

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦7 /細音啓


キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦 7 (富士見ファンタジア文庫)【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年9月刊。
ますます混乱が深まる皇庁動乱編。
次が最終局面だそうですが、一体どうやって収めるの?ってくらいにはグチャグチャなんですけど・・・!

☆あらすじ☆
黒鋼の後継イスカと氷禍の魔女アリスの二度目の決戦が幕を開ける
帝国の襲撃により火の海と化したネビュリス王宮。使徒聖と純血種による激しい戦闘が続く中起きた最悪の事件が、イスカとアリスの運命を狂わせる——「わたしは帝国を滅ぼさなきゃいけない。それが、キミであっても」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦7 /細音啓