「景」タグアーカイブ

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。8 /CHIROLU

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 8 (HJ NOVELS)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 8 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2019年2月刊。
アニメ化決定おめでとうございます!
ラティナ可愛いラノベ、本編完結後の後日談を収録した第8巻でシリーズもついに完結(一応?)
表紙のラティナがとても綺麗です・・・・・・とても・・・・・・うっ(泣)
あんなに小さかった少女がついにお嫁さんになるのか・・・・・・と感慨深くなりつつ、その小さなラティナをもう一度堪能できるアニメが今から待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
クロイツでの平穏な日常を取り戻したラティナのもとに、お忍びで訪問中な一の魔王フリソス。しかし人間族側との正式な外交も兼ねているため、遊びもそこそこに本業へと戻ることに。するとフリソスは人間族側との通訳として、ラティナを外交の場に同行させるために行動を開始する。一方、ラティナの結婚式がクロイツではなくデイルの故郷で挙げられる予定だと知った虎猫亭の常連客たちは、可愛い娘の花嫁衣装をなんとしても拝むべく、デイルに戦いを挑むことに!? 最後まで大騒ぎな大人気アットホームファンタジー、幸せ最高潮の第8弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。8 /CHIROLU

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6・7 /CHIROLU

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6 (HJ NOVELS)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
ラティナ可愛いアットホームファンタジーの6巻と7巻。
「前巻で綺麗に話が終わったのにまだ続くの?」と疑問だったのだけど、6巻も7巻も後日談と前日譚と幕間で構成された短編集のようなものでした。
外伝的には楽しめました。ただ、特に新展開があるわけではないのかー、と少し残念だったり。
このまま8巻で完結になるのかな?

☆あらすじ☆
容赦なく魔王たちを屠り続けた結果、予想外の事態はあったものの、無事にラティナをこの手に取り戻すことが出来た白金の勇者デイル。問題解決と同時に、勇者としての威厳が完全に抜け落ちた彼は、ラティナの傍を動こうとせず、離れていた時間を埋めるように、周囲が呆れるのも無視してイチャイチャ三昧の日々を満喫していた。一方、自分の選択により多くの犠牲者が出たことを悔やむラティナの前に現れた、意外な人物とは――? ラティナの両親が紡ぐ、切なくも温かな珠玉の前日譚も完全収録の、大人気アットホームファンタジー、第6幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。6・7 /CHIROLU

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。5/CHIROLU

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。5 (HJ NOVELS)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。5 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
いよいよタイトル回収に入った(元)父娘のアットホームファンタジー第5弾。
魔王討伐のあっさり具合に肩すかしを感じつつ、デイルとラティナのラブコメで全てを許しました。ラティナ尊い。

☆あらすじ☆
遂に長年の恋心が実を結び、デイルとの婚約を果たしたラティナ。しかし、その直後にラティナは『八の魔王』としての自分に課せられた、逃れられない宿命を知ってしまう。自分の所為で大切な人を傷つけられたくない――その一心からラティナが自らを犠牲にする選択をしたことにより、デイルもまた、大きな決断を下す。「取り戻す。絶対に」すべては消えてしまった愛するたったひとりの少女の為に。今ここに、元保護者による七人の魔王殲滅の旅路が幕を開ける!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。5/CHIROLU

宝石吐きのおんなのこ5 ちいさな宝石店といつわりの魔法使い/なみあと

宝石吐きのおんなのこ(5) ~ちいさな宝石店といつわりの魔法使い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ(5) ~ちいさな宝石店といつわりの魔法使い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年10月刊。
宝石を吐きだす不思議な女の子と、彼女を見守るひねくれ者の宝石店店主の日常を描くファンタジー第5弾。
ほのぼの癒やされる前半と緊張感が漂いはじめる後半というメリハリのきいた構成となっていて、今回もとても面白かったです。そろそろ物語が転がり始めたかな??

☆あらすじ☆
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。
――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。
その日「宝石を吐き出す」少女クリューと、宝石店店主スプートニクのもとを訪れたのは、ユキからの使いだった。使いから受け取った、封筒の中身には魔法使い・ファンションにまつわる「一つの仮説」が記されていた。
一方、病床の魔法使いソアランは、部下イラージャに、かつての婚約者・ファンションの姿を語っていた。クリューとスプートニクにより二人のもとへ届けられた「仮説」に、ソアランが願うことは、イラージャが決意することは。そしてクリューが、そんな魔法使いたちの姿に、思うこととは…。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。覚悟と決意の第五幕、開演。
★警察官ナツの休日と、スプートニク宝石店の思い出を描いた短編「つなぐ」収録。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ5 ちいさな宝石店といつわりの魔法使い/なみあと

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。4/CHIROLU

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。4 (HJ NOVELS)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。4 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
うわぁあああ甘酸っぱい! というか甘い! ダダ甘い!!!
まさかここまで砂糖吐きまくるシリーズになるとは。
恋心を募らせる描写がすごく繊細で素敵で、読んでいるだけで幸せな気持ちになれました。
ファンタジー的にも面白い展開へ。こちらはちょっと不穏な感じもあるので、続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
夜祭りの日に愛する養い子のラティナから「父親の代わりだと思ったことなんて無い」と宣言されてしまった凄腕冒険者の青年デイル。可愛いうちの娘の思わぬ反抗期(?)に激しく落ち込むデイルだが、兄貴分であるケニスとのやり取りの末、遂にラティナの言葉が示す本当の意味に気づく。その結果としてデイルが起こした驚きの行動とは!? 一方、ラティナは幼い頃からの友人であるルドルフから「好きだ」と告白され、こちらも大混乱――!?保護者と養い子だった二人の関係性にも大きな変化が訪れる、大人気アットホームファンタジー、第4幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。4/CHIROLU

宝石吐きのおんなのこ4 彼女の想いと彼の想い/なみあと

宝石吐きのおんなのこ(4) ~彼女の想いと彼の想い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ(4) ~彼女の想いと彼の想い~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
今回もとても癒やされました〜。
クリューの無邪気な可愛さは最高に天使だし、スプートニクのイジワルで捻くれた優しさは最高に萌える。
次巻からまた話が動き出しそうな気配もあって、続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
「君。どうして彼女を守っている?」
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。「宝石を吐き出す」少女クリューと彼女の働く宝石店の店主・スプートニクはフィーネチカ市から戻り、平和な日常を送っていた。しかし、フィーネチカ市で聞いた「ある言葉」が胸に引っかかったままのクリューは、自分の内の波立つ想いに戸惑ってしまう。悩んだ末に、彼女はスプートニクと距離を置くため、家出を決意するが…。そしてそれから数日後、二人のもとに再び、見覚えのある二人組が訪ねてくる。彼らがリアフィアット市に訪れた目的とは。――彼の想う、彼の過去とは。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。想いを紡ぐ第4巻。
★特別短編「スプートニク宝石店 四季のおはなし」収録!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ4 彼女の想いと彼の想い/なみあと

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。3

『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。3』(CHIROLU著/HJ NOVELS)★★★☆☆

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。3 (HJ NOVELS)
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。3 (HJ NOVELS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
前半は旅の復路を描きつつ、後半からは新展開。
嵐の前の静けさを感じる第3巻でした。タイトル回収の予感!

☆あらすじ☆
養い子である訳有り魔族少女ラティナを連れた長旅を終え、活動拠点であるクロイツへと戻ってきた凄腕冒険者の青年デイル。ケニスやリタをはじめ、笑顔で出迎えてくれた面々にお土産を渡すラティナの姿にほっこりしたのも束の間、デイルにとって浅からぬ縁を持つ美女ヘルミネが『踊る虎猫亭』を訪れたことにより、ラティナの様子にも明確な変化が現れて――

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。3

宝石吐きのおんなのこ3 再会の街にひそむ影

『宝石吐きのおんなのこ③ 〜再会の街にひそむ影〜』(なみあと著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★☆

宝石吐きのおんなのこ(3) ~再会の街にひそむ影~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ(3) ~再会の街にひそむ影~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

前巻の感想はこちらから


2016年2月刊。
相変わらずクリュー可愛すぎる宝石ファンタジー第3弾。
新章の序章的なお出かけ回だったのですが、今回はスプートニクがすごくアレなことになっていてビックリでした。

☆あらすじ☆
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。「宝石を吐き出す」少女クリューは、彼女の働く宝石店の店主・スプートニクと共に、リアフィアット市を離れ別の街を訪れていた。街の名はフィーネチカ、クルーロル宝石商会が支部を構える街である。二人は、スプートニク宝石店の管理担当・ユキに会うために、このフィーネチカ市へやってきたのだった。二人きりの遠出に胸を高鳴らせつつも、従業員としての職務をまっとうしようと意気込むクリュー。しかしその一方、スプートニクのもとには、少々やっかいな事件が舞い込んできて…さらに街の片隅では、何やら不穏な影が動きを見せる…。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。日常の裏側で物語が静かに動き始める、再会にはじまる第3巻。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ3 再会の街にひそむ影

宝石吐きのおんなのこ ちいさな宝石店のすこし不思議な日常

『宝石吐きのおんなのこ 〜ちいさな宝石店のすこし不思議な日常〜』(なみあと著/ぽにきゃんBOOKS)★★★★☆

宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~ (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

最高だ!表紙が好みなら読んで損はない作品です。
「宝石吐き」というタイトルが不思議だったのですが、意味はそのままw そして、そんな体質を持つためにトラブルに遭いやすい女の子と、彼女を守る宝石店店主の青年のお話です。
疑似親子(兄妹)というか、こういう保護者的関係がどストライクすぎて萌え転がりました・・・・・・

☆あらすじ☆
第2回「なろうコン」からの追加書籍化タイトル。イラストは、イラストコンテスト「Crafe」の第5回から、「ぽにきゃんBOOKS賞」受賞者の景が担当。
大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。–『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。従業員のクリューは、どこか言動の幼い、よく笑いよく怒る、栗色の髪の女の子。一方、店主のスプートニクは、嫌みっぽく口の悪い、そのくせ外見だけは無駄に良い意地悪な青年。そんなふたりが営む宝石店では、今日も穏やかに、賑やかに時間が過ぎていく。しかし、クリューにはある不思議な体質があった…–「宝石を吐きだす」体質。それはふたりだけの秘密。この体質のせいなのか、ふたりの日常は、ゴロツキやら警察局や魔法少女やら魔女協会やら…なんだか不思議な出来事に巻き込まれていく…。
宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル開演。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石吐きのおんなのこ ちいさな宝石店のすこし不思議な日常